ロジャーズ監督との再タッグを望むローズ「チルウェルが移籍してくれないことには…」とジョーク

2020.05.22 17:32 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ニューカッスルでプレーするイングランド代表DFダニー・ローズが、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督との再タッグを希望している。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

両者の関係は2008-09シーズンまで遡る。ローズは2007年にトッテナムに加入した後、2009年3月からワトフォードにレンタル。シーズン終了までの2カ月の間、ロジャーズ監督に師事していた。

そんなわずかな時間だったが、若かりしローズが受けた影響は大きかったようで、再びロジャーズ監督の下で働きたいという希望を明かした。

「2カ月間、彼と一緒に仕事ができたことは素晴らしい経験だった。18歳か19歳だった僕はこれまで一度もあんな練習をしたことがなかったんだ」

「トレーニングに対する彼の工夫は凄かったよ。彼とはいつかまた一緒に仕事がしたいと僕はいつも言ってきた」

そこで、レスターへの移籍の可能性について問われたローズは、「まず、どこかのチームがベン・チルウェルを買わないとね」と冗談を返した。

冬の移籍市場でレンタル加入したニューカッスルではここまで公式戦6試合に出場しているローズ。トッテナムとの契約は2021年までとなっているが、夢を実現させることはできるだろうか。
コメント