コロナ感染爆発地域で2月に試合…バレンシアMFヴァスが心境を明かす「酷いものだった。多くの選手が病気になった」

2020.05.04 20:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアのデンマーク代表MFダニエル・ヴァスが、2月にイタリアで行われた試合について語った。スペイン『マルカ』が伝えた。バレンシアは、2月19日にチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグでアタランタと対戦。アウェイのイタリアでの試合となった。

すでに、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が始まっていた中で強行された試合。後にアタランタがあるベルガモ市長が「生物爆弾だった」と語ったように、イタリアでも特に感染がひどい北部での試合となっていた。

この結果、バレンシアはチームの35%が新型コロナウイルスに感染。また、エセキエル・ガライやホセ・ガヤ、エリアキム・マンガラらが陽性反応を示す事態となっていた。

アタランタとの試合に出場していたヴァスは、スペイン『TV3』にコメント。アタランタ戦が全ての元凶だったと見解を示した。

「アタランタとの試合に出場するなんて、酷いものだった。多くの選手が病気になったんだ」

「できれば今、デンマークに居たかった。妻と2人の子供は、デンマークに居る。何より、ここスペインにいるよりは、デンマークの方が安全だからだよ」

「スペインでは多くの死者が出ており、病院は混んでいる状況だ。通りには人が少ない。過去6週間、僕たちは家を出ることができなかった。デンマークで散歩に出かけることができる家族と話すときは、複雑だよ」

ヴァスが語った試合は、4万4236人の観客が詰めかけており、アタランタが4-1で勝利したために観客は大いに沸いていた。

ベルガモのジョバンニ病院の集中治療ディレクターのルカ・ロリーニ氏は「アタランタが4度ゴールしたように、4万人が1センチの距離で4回ハグをし、お互いにキスをしたと思う。アタランタが4回ゴールしたので、それは感染症の驚くべき加速装置となってしまった」と語り、この試合が感染拡大に寄与したとの見解を示していた。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、オランダ代表GKシレッセンが右足手術…3~4カ月の離脱へ

バレンシアは12日、オランダ代表GKイェスパー・シレッセンが右足の手術を受けたことを発表した。 シレッセンは今月6日に行われたトレーニング中に負傷。その後、右足の大腿四頭筋と前腹直筋の筋断裂が確認され、12日に同箇所の手術に踏み切った。 バレンシアは離脱期間に関して明かしていないものの、スペイン『ElDesmarque』などによると、少なくとも3~4カ月の離脱となる見込みだという。 昨夏にバルセロナから加入したシレッセンは加入1年目は正GKとしてプレーしていたが、今季はスペイン人GKジャウメ・ドメネクとのポジション争いに敗れ、セカンドGKを務めている。 2020.11.13 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

バレンシアGKシレッセン、選手生命脅かす深刻なケガの可能性

バレンシアのオランダ代表GKイェスパー・シレッセンが選手生命を脅かしうる深刻なケガを負ってしまったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 シレッセンが負傷したのは2日後にラ・リーガ第9節レアル・マドリー戦が控えた6日の練習。バレンシアは簡潔な声明を発表し、同選手の負傷を報告していた。 その後、UEFAネーションズリーグに向けたオランダ代表の招集を受けたシレッセンだったが、フランク・デ・ブール代表監督は「シレッセンは深刻な問題を抱えている。しばらくの間試合には出られないだろう」とコメントし、代表離脱を発表していた。 『マルカ』によると、イェスパーのケガは右足の前頭直筋から大腿四頭筋あたり。この箇所のケガはGKにとって選手生命に影響を与えかねない問題のようで、かつてバレンシアに在籍していたブラジル人GKレナン・ブリト・ソアレスも同様のケガで退団に追いやられたそうだ。 今のところケガの具合は明らかになっていないが、無事を祈るばかりだ。 2020.11.11 22:07 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリーに痛手…バルベルデが右足脛骨骨折で戦線離脱

レアル・マドリーは9日、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが、右足脛骨を骨折したと公式サイトで発表した。 バルベルデは、8日に行われたラ・リーガ第9節のバレンシア戦(1-4で敗戦)に先発出場し、76分までプレーしていた。 クラブ公式サイトによると、バルベルデは試合後の検査で右足脛骨を骨折したことが判明。今後の回復状況を見守るとのことだが、スペイン『アス』の情報によると、ケガの程度によるが1~2カ月は離脱を強いられる見込みのようだ。 今季のバルベルデはここまで公式戦12試合に出場し3ゴール1アシストをマークしていた。また、今月行われるカタール・ワールドカップの南米予選に臨むウルグアイ代表に選出されていたが、このケガで辞退することとなった。 2020.11.09 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

レアル相手に21世紀初のPKでハットトリック、ソレールは今季からキッカーに「今年はその責任を負う」

バレンシアのスペイン代表MFカルロス・ソレールが偉業を達成した。 バレンシアは8日、ラ・リーガ第9節でレアル・マドリーと対戦。23分にカリム・ベンゼマに先制ゴールを許してしまったものの、そこから大逆転劇を見せた。 <div id="cws_ad">◆ソレールのハットお膳立て!セルヒオ・ラモスが明らかなハンドでPK<br/><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=ztyj8x53am8h1cyys3contmn9" async></script></div> 35分にカルロス・ソレールがPKを決めると、43分にラファエル・ヴァランのオウンゴールで追加点。後半に入っても54分と63分にソレールがPKを決め、4-1で勝利した。 ソレールはPKでハットトリックを達成したが、『Opta』によればこれは21世紀において初の出来事となったようだ。 マドリー撃破の立役者となったソレールはクラブを通じてコメント。今シーズンからPKキッカーを任されていると明かし、1本目をストップされたものの、そこからゴールを重ねられたことを喜んだ。 「いつも起こる事ではないね。ちょっと珍しい。僕はPKを蹴っていなかったので、今年はその責任を負うこととなるよ」 「1回目は彼に止められたんだけど、やり直せて繰り返せて良かった。決まったあとチームメイトが僕へのサポートを示してくれた」 「マキシは決めるつもりだと言ったし、チェリシェフもだ。みんな僕を助けてくれた」 ハットトリックを達成したソレールには記念として試合球がプレゼントされるが、その置き場はトロフィーと同じところになるようだ。 「これは僕が若い頃にコパ・デル・レイなど獲得した全てのトロフィーと同じところに行く。僕にとってとても特別な日だ」 「僕を信頼してくれ全ての人に感謝する。とても幸せだよ」 「立ち止まらないことをファンに伝えたい。大変な時期だけど、前に進んでいるよ」 2020.11.09 12:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ソレールにPKハット許した守備崩壊のマドリーがバレンシアに敗れ今季2敗目…《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第9節、バレンシアvsレアル・マドリーが8日にメスタージャで行われ、ホームのバレンシアが4-1で勝利した。   前節、ウエスカを破ってリーグ連勝中の2位マドリーは、直近3敗1分けで13位に低迷するバレンシアとのアウェイゲームで3連勝を狙った。   ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦を3-2で勝ち切って初白星を挙げたチームは、良い状態でこの試合を迎えるはずだった。しかし、試合前日にアザールとカゼミロに関して新型コロナウイルスの陽性判定が確認され、主力2選手を欠いての戦いとなった。そのため、イスコやヴィニシウスが代役を担うことになった。   イスコをトップ下に配した[4-2-3-1]の布陣で臨んだマドリーは、いつも通り前線を動き回ってボールを引き出すベンゼマを起点に相手を押し込んでいく。13分にはセットプレーの流れからモドリッチが最初の枠内シュートをゴール左下隅に飛ばすが、ここはGKジャウメの好守に遭う。   その後は相手を崩し切れない状況がしばらく続くが、好調のエースが個の力でゴールをこじ開ける。23分、左サイドの高い位置でボールを持ったマルセロからマイナスのパスを受けたベンゼマがペナルティアーク付近で右足を一閃。ゴール前のDFギジャモンにわずかにディフレクトしてコースが変わると、ゴール右隅に突き刺さった。   ベンゼマの公式戦4試合連続ゴールで幸先良くリードを奪ったマドリーだが、このリードを保つことができない。29分、自陣右サイドでガヤのダイレクトクロスに対応したルーカス・バスケスがボックス内で腕を使ってブロックしてしまい、このプレーでPKが与えられる。   キッカーのソレールの左を狙ったシュートはGKクルトワが好守で凌ぐも、こぼれ球に反応したソレールが放った2本目のシュートが右ポストを叩いたところをユヌス・ムサに流し込まれる。ムサのゴールはPKを蹴る前に先にエリア内に侵入したとのVARによる判定で認められずも、蹴り直しとなったPKをソレールに決められて35分の同点ゴールとなった。   さらに、マドリーは前半終了間際に逆転まで許すことに。43分、バレンシアにロングカウンターを許すと、自陣左サイドでマキシ・ゴメスにグラウンダーのクロスを入れられる。ゴール前でチェリシェフと競ったDFヴァランがクリアし損ねたボールがゴール方向に向かうと、GKクルトワが何とかゴールライン上でかき出した。   ラ・リーガではゴールライン・テクノロジーが採用されていないため、一度このプレーはそのまま流されるが、再びVARによる確認が入った結果、ボールがゴールラインを割っていたとの判定が下され、痛恨のオウンゴールとなった。   試合内容がスコアに反映されない、やや不思議な前半を経て残り45分間で逆転を期すマドリーだが、後半も難しい入りに。   立ち上がり47分のイ・ガンインの強烈な左足のシュートはGKクルトワのビッグセーブで凌ぐが、52分には完全に崩されてゴール前のルーズボールに反応したマキシ・ゴメスをDFマルセロが遅れて蹴ってしまい、この試合2本目のPK献上。これをソレールに決められていきなり点差を広げられた。   その後、すぐさま反撃に転じてバルベルデ、アセンシオと続けて決定的な枠内シュートを放つが、いずれもGKジャウメの好守に阻まれる。すると、直後の59分にはボックス内でムサと競ったDFセルヒオ・ラモスがバウンドしたボールを左手で豪快に叩いてしまい、VARの結果バレンシアに3本目のPKが与えられる。これをソレールに決められてPKだけでハットトリックを達成されてしまった。   先制点以降、すべてがうまくいかない泥沼の状況の中、ジダン監督はアセンシオとヴィニシウスの両翼に代えてロドリゴと負傷明けのウーデゴールを64分に投入。残り25分あまりで同点を目指す。 だが、なかなかゴールをこじ開けられない中、75分過ぎにはそ径部を痛めたベンゼマがプレー続行不可能となり、ビハインドの中でエースを失うことに。その後、セルヒオ・ラモスの攻撃参加やヨビッチらアタッカーの投入で試合を好転させたかったマドリーだが、逃げ切り態勢に入ったホームチームを前に最後までゴールを奪うことはできなかった。 そして、1試合3本のPKにオウンゴールまで献上する自滅感の強い形でバレンシアに5戦ぶりの白星をプレゼントしたマドリーは、カディス戦以来の今季2敗目となった。 2020.11.09 07:04 Mon
twitterfacebook

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly