19年間インテルでプレーしたサネッティが選んだ最高のチームメイトは「ロベルト・バッジョ」

2020.04.19 12:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アルゼンチン代表DFで現在はインテルの副会長を務めるハビエル・サネッティ氏が、インテルのチームメイトでの最高の選手を明かした。

サネッティ氏は、アルゼンチンでキャリアをスタートさせると、1995年7月に母国のバンフィエルドからインテルへと完全移籍。引退した2014年7月まで19年間をインテルで過ごしていた。

セリエAの全盛期であった90年代から2010年代まで、数多くのスター選手らとプレーしてきたサネッティ氏。ガラタサライの日本代表DF長友佑都とも強い絆があるなど、多くの国の選手とも接している。

そんなサネッティ氏は、チームメイトであり同胞のエステバン・カンビアッソとインスタグラのライブ配信を実施。その中で最高のチームメイトについて明かした。

ロナウドがバルセロナから来た時、彼は信じられないほど素晴らしい選手だった。でも、私が1人の名前を挙げなければならないならば、それはロベルト・バッジョだろう。彼はクオリティと情熱の理想的なバランスを持っていたんだ」

「私は、誰もがいつも言って来たように、バッジョに対して大きな称賛の気持ちを持っている」

バッジョ氏は、フィオレンティーナやユベントス、ミラン、ボローニャなどでプレーし、インテルには1998年7月から2000年7月まで在籍。公式戦59試合で17ゴールを記録していた。

関連ニュース
thumb

屈筋を痛めたブロゾビッチ、最長で1カ月離脱へ

クロアチアサッカー連盟(HNS)は26日、インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが屈筋を痛めたと発表した。 ブロゾビッチは25日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA最終節のオーストリア代表戦にスタメン出場。しかし、18分に負傷交代していた。 クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督はブロゾビッチの離脱期間が最長で1カ月になると言及していた。 インテルの絶対的主軸であるブロゾビッチ。インテルは代表ウィーク明け、大黒柱を欠いてセリエAのローマ戦(出場停止)やチャンピオンズリーグのバルセロナとの連戦に挑むことになった。 2022.09.27 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル、インテルとの契約延長交渉に未だ応じず… 来夏フリーでPSG行きが濃厚

インテルとスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の契約延長が進んでいないようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。 今夏はしきりにパリ・サンジェルマン(PSG)行きが噂されたシュクリニアル。ひとまずはインテル残留で落ち着き、2023年6月までの契約を延長する運びと思われたが、選手側は現在もクラブとの話し合いに応じておらず、契約延長の見通しは立っていないという。 インテルは今夏、再三にわたってPSGのメガオファーを拒絶していたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、冬の移籍市場では最大でも3000万ユーロ(約41億7000万円)に価値が下がるとのこと。そのインテルがシーズン途中のタイミングで売却に踏み切るか、はたまた契約更新を諦めず最後まで残すかどうかは今のところ不明だ。 ただ、同メディアの見立てでは、やはりインテルが安値で売却する可能性は低く、今シーズンいっぱいはイタリアにとどまる公算が高いようだ。 2022.09.26 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ブロゾビッチが代表戦で負傷交代… CLバルサ戦控えるインテルに痛手か

インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが負ったケガの状態が心配されている。 ブロゾビッチは今月のUEFAネーションズリーグ(UNL)を戦うクロアチア代表に招集され、25日にはリーグA第6節のオーストリア代表戦にスタメン出場。チームは3-1で快勝を収め、来年6月に開催される準決勝への進出が決まった。 しかし、ブロゾビッチはこの一戦で負傷交代。相手選手との接触はなく、パスを出す際にやや地面に足を取られたような形になり、左太ももを痛めてしまった模様。18分にMFロヴロ・マイェルとの交代を余儀なくされた。 ブロゾビッチのケガはインテルにとって大きな痛手に。代表ウィーク明けの10月1日に行われるセリエAのローマ戦を皮切りに、チャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦、難敵サッスオーロ戦、そしてバルセロナとのリターンマッチと、極めて重要なゲームが続く。 イタリア『カルチョメルカート』によると、現時点で診断結果は出ていないものの、バルセロナ戦以降の3試合の出場が危ぶまれているとのこと。なお、ローマ戦については累積警告で出場停止となっている。 2022.09.26 13:46 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル&ローマが来夏フリーのクアドラードに関心

来夏にユベントスとの契約満了を迎えるコロンビア代表MFフアン・クアドラード(34)にインテルとローマが関心を示しているようだ。イタリア『Repubblica Sport』が報じている。 今季終了後にユベントスとの契約が切れるクアドラードだが、クラブは500万ユーロ(約7億円)という現状の年俸を継続させることを渋っており、延長に動かない可能性もあるという。 そのクアドラードには、ユベントスのライバルであるインテルとローマが興味を示しており、今季終了後にフリーでの獲得を目論んでいるとイタリア『Repubblica Sport』は伝えている。 2015年2月にチェルシーから加入し、現在まで公式戦275試合24ゴール61アシストを記録しているクアドラードだが、今夏にフリーでローマへ移籍したFWパウロ・ディバラに続き、ライバルクラブへフリーで移籍することになるのだろうか。 2022.09.24 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

インテルDFゴセンス、今夏のレバークーゼンからのオファー明かすも…「ここでの冒険は終わっていない」

ドイツ代表DFロビン・ゴセンスが、インテルでの充実ぶりを語った。 今年1月にアタランタからインテルへと加わったゴセンス。しかし、加入前に負ったハムストリングのケガから回復が遅れたこともあり、半年間で公式戦9試合のみの出番に留まった。 今夏にはブンデスリーガクラブへの移籍も噂されたが、インテルに残留。今季はここまで公式戦8試合に出場するなど徐々にパフォーマンスを上げており、9月のインターナショナル・ウィークではドイツ代表に約1年ぶりに復帰した。 ドイツ『SPORT1』のインタビューに応対したゴセンスは、クラブでの充実ぶりを語りつつも、ワールドカップに向けてはコンディションを整える必要があると話した。 「僕は世界有数のクラブでプレーしているし、インテルで満足しているよ。僕の目標はこのビッグクラブで自分自身を表現することだ」 「3試合、4試合、5試合と連続してプレーすること。それが僕の目指すところだ。また、ワールドカップを見据えてリズムを整えていかなければならないね」 また、今夏の移籍市場ではレバークーゼンからオファーを貰ったと明かしたが、その上でインテルでのプレーを望んだようだ。 「マネージング・ディレクターのシモン・ロルフェスとは電話で話した。率直な意見交換ができたよ。だけど、僕のここでの冒険は終わっておらず、まだ挑戦したいということを伝えた」 「今のインテルはとても居心地がいいし、自分の意思に反してここにいるわけでもない。やる気に満ちているし、タスクを楽しみにしているんだ。でも、ピッチに立ったときだけは満足できる。僕はそれを期待しているよ」 2022.09.24 22:46 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly