シャルケ、ノルウェー1部にレンタル中のフェールマンが練習復帰! 新型コロナの影響…

2020.04.16 21:38 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
シャルケは15日、ノルウェーのSKブランにレンタル移籍中のドイツ人GKラルフ・フェールマン(31)がクラブのトレーニングに復帰したことを発表した。

昨夏、プレミアリーグのノリッジ・シティへ1年間のレンタル移籍で加入したフェールマンだが、元オランダ代表GKティム・クルルとのポジション争いに敗れ、在籍約半年で公式戦3試合の出場に留まっていた。
そして、出場機会を求める同選手はノリッジとのレンタル契約を双方合意の下で解消し、先月10日に今シーズン終了までの契約でブランにレンタル加入していた。

しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受けて、エリテセリエン(ノルウェー1部)が一時中断。再開時期に関しては早くて5月中旬と言われているが、現状を考えれば後ろにずれ込む可能性が高い。

そのため、慣れ親しんだ故郷でコンディション調整を希望するフェールマンは、ブランとシャルケの両クラブの許可を取り、今月13日からシャルケのトレーニングに復帰することになった。

シャルケを率いるデイビッド・ワグナー監督はフェールマンの早期トレーニング復帰の経緯を以下のように説明している。

「我々の考えは明確だった。こういった状況下において彼の希望をサポートしたいとね。日常生活を通じてラルフを知ることができるのを楽しみにしている」

「我々は6月30日までにノルウェーのリーグが再開可能な場合、彼のコンディションをできる限り最高な状態に仕上げたいと思っている。さらに、ラルフにはピッチ内外でチームに利益をもたらすことを期待しているよ」

なお、ワグナー監督はノルウェーリーグが早期再開が可能な場合、フェールマンをブランに送り返す意向を明かしているが、シャルケは2020年7月1日付けで同選手の復帰予定を明言。そのため、実質的にはレンタル期間の短縮という形になりそうだ。

なお、ドイツ『ビルト』が伝えるところによれば、シャルケと2023年まで契約を残すフェールマンは来シーズン以降もクラブに留まることを希望しているという。

そのため、クラブ通算234試合出場を誇る元キャプテンは、来季バイエルンへ旅立つドイツ人GKアレクサンダー・ニューベル(23)の後釜の座を、U-21ドイツ代表GKマルクスシューベルト(21)と争うことになる模様だ。

関連ニュース
thumb

鎌田躍動のフランクフルトがシュツットガルトに快勝! 2季ぶりのレヴィア・ダービーはドルトムントに軍配【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第7節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第7節では遠藤、伊藤の所属するシュツットガルトが鎌田、長谷部の所属するフランクフルトと激突。また、吉田が所属するシャルケは、ドルトムントと2年ぶりの“レヴィア・ダービー”を行った。 日本人選手4人が先発したシュツットガルトvsフランクフルトは、開始早々の6分にフランクフルトが先制。鎌田が直接FKでゴールに迫るとGKが弾いたルーズボールをローデが頭で押し込んだ。 1点のリードで前半を終えたフランクフルトは、後半の立ち上がりに追加点を奪う。55分、ボックス手前左で得たFKを鎌田が直接狙うと、ディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 その後、トマスのミドルシュートで1点を返されたフランクフルトだったが、88分に鎌田の左CKからヤキッチのヘディングシュートを突き刺し、試合を決定づける3点を奪取。 結局、試合はそのまま1-3でタイムアップ。日本人選手4人がフル出場した一戦は鎌田の活躍でフランクフルトに軍配が挙がった。 また、ドルトムントとの“レヴィア・ダービー”に臨んだ吉田のシャルケは、78分にヴォルフの左クロスからムココにヘディングシュートを決められ、ドルトムントに先制を許す。 何とか反撃に出たいシャルケだったが、ドルトムントの要所を締める守備に阻まれ、ゴールは奪えず。2年ぶりのダービーは1-0でドルトムントが勝利した。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽9/17 ボルシアMG 3-0 ライプツィヒ ◆ケガのため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426910">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場、55分にゴールを記録 ★長谷部誠[フランクフルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽9/18 ホッフェンハイム 0-0 フライブルク ◆78分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426967">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽9/17 ドルトムント 1-0 シャルケ ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426905">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/18 ウニオン・ベルリン 2-0 ヴォルフスブルク ◆ベンチ入りも出場せず ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽9/17 シュツットガルト 1-3 フランクフルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426903">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽9/18 ボーフム 1-1 ケルン ◆ケガのため欠場 2022.09.19 06:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ロイス、またも大舞台前に不運…シャルケとのダービー戦で足首捻って担架で交代

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスがまたも大舞台を逃す恐れが生じている。 今秋にカタール・ワールドカップを控える今季もドルトムントの顔であり続けるロイス。17日に行われたブンデスリーガ第7節のシャルケとのダービーマッチも先発したが、28分にMFフロリアン・フリックと接触した際の着地で右足首を捻ってしまった。 パッと見でも嫌な捻り方をしたロイスは即座に崩れ落ち、両手で顔を覆って悶絶。メディカルスタッフもすぐさま駆けつけたが、自力での歩行も難しく、チームメイトから心配そうに見つめられながら担架に乗せられ、31分に交代を強いられている。 ドイツ『ビルト』によると、ロイスは後半開始前に右足首に包帯を巻かれ、車でスタジアムを後に。スポーツディレクターのセバスティアン・ケール氏はドイツ『スカイ』で「じん帯を痛めた恐れがある。検査結果を待たないと、全治はわからない」と話した。 一方で、エディン・テルジッチ監督からは6〜8週間の離脱予想を問われ、「彼はこれまで何度も足首を痛めているが、そんなに長引かないと思う」と期待感を持たせる発言もあったようだが、とにかく、今はクラブからの検査結果が待たれるところだ。 2018年のロシア・ワールドカップこそ出場したが、2014年のブラジル大会をはじめ、これまでも数々のビッグトーナメントをケガで棒に振った過去を持つロイス。カタール大会まであと2カ月ほどしかなく、さらなる悲劇も頭をよぎるが、果たして。 2022.09.18 11:20 Sun
twitterfacebook
thumb

ムココ弾でドルトムントが2年ぶり開催のレヴィア・ダービーを制す《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第7節、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが17日に行われ、1-0でドルトムントが勝利した。シャルケのDF吉田麻也はフル出場している。 シャルケが昨季2部に降格していたことから2年ぶりの開催となったレヴィア・ダービー。 ドルトムント(勝ち点12)は前節、ローゼ監督就任のライプツィヒに敗れ、今季2敗目を喫した。そして3日前に行われたチャンピオンズリーグではマンチェスター・シティに善戦するもハーランドに恩返し弾を浴びて逆転負け。公式戦連敗となった中、最前線にはモデスト、2列目に右からブラント、ロイス、マレンと並べた。 対するシャルケ(勝ち点6)は前節、ボーフムとの裏天王山を3-1と快勝。初勝利を挙げたチームは吉田が[4-2-3-1]の左センターバックで先発となった。 ドルトムントが立ち上がりから圧力をかける展開となった中、7分にマレンがボックス内から際どいシュートを浴びせた。そのドルトムントは28分、ロイスが足首を捻って負傷、レイナが代わって投入された。 引き続き押し込むドルトムントは33分に決定機。マレンの左クロスからベリンガムがヘディングシュート。枠を捉えていたが、GKシュウォローの好守に阻まれた。 ハーフタイムにかけても同様の構図で試合が推移した中、45分にはボックス左からヴォルフがGK強襲のシュートを浴びせたが、ゴールレスのまま前半を終えた。 後半開始直後、マレンがGK強襲のシュートを浴びせたドルトムントだったが、徐々に攻めあぐねたことを受けて64分にムココとアデイェミを投入。 すると78分、左サイドからのヴォルフのクロスをムココが頭で合わせてネットを揺らした。 先制したドルトムントは終盤にかけてシャルケの反撃を許さずにシャットアウト勝利。ダービーを制し、公式戦連敗を止めている。 2022.09.18 00:44 Sun
twitterfacebook
thumb

「やっと麻也さんの笑顔が見れた」吉田麻也らリーグ初勝利のシャルケ選手たちの喜びシーンが反響「最高」

シャルケが待望の今季リーグ戦初勝利を飾った。 ここまでのブンデスリーガで3分け2敗の未勝利だったシャルケは10日、第6節で開幕5連敗中のボーフムをホームに迎えた。 日本代表DF吉田麻也もフル出場した試合は、ボーフムの日本代表FW浅野拓磨が開始早々に負傷退場するアクシデントもあり、3-1でシャルケが今季初勝利を飾った。 2年ぶりのブンデスリーガで待望の初勝利を飾ったシャルケの選手たちは、試合後にサポーターたちと喜びを爆発。歓喜のジャンプで観客たちと喜びを分かち合った。 さらに、GKラルフ・フェールマンがスマートフォンを受け取ると、キャプテンマークを巻いて戦った吉田の姿も激写。吉田も満面の笑みで応えていた。 その様子にはファンも「やっと麻也さんの笑顔が見れた お疲れ様でした!」、「ホームでの勝ちは最高」、「勝利おめでとう」と喜んでいる。 吉田は自身のSNSでも「大きな勝ち点3」と喜び。シャルケは17日にドルトムントとのレヴィア・ダービーに臨むが、2勝目を飾れるか。 <span class="paragraph-title">【写真】フェールマンがピッチ上で吉田の笑顔を激写</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"> 勝利の後の笑顔 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%96%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ブンデスリーガ</a> <a href="https://twitter.com/s04_jp?ref_src=twsrc%5Etfw">@s04_jp</a> <a href="https://twitter.com/MayaYoshida3?ref_src=twsrc%5Etfw">@MayaYoshida3</a> <a href="https://t.co/9vqK7NBBcO">pic.twitter.com/9vqK7NBBcO</a></p>&mdash; ブンデスリーガ 日本語版 (@Bundesliga_JP) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_JP/status/1568706000089227264?ref_src=twsrc%5Etfw">September 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.12 20:15 Mon
twitterfacebook
thumb

終盤のPK弾で遠藤&伊藤先発のシュツットガルトが王者とドロー、浅野負傷のボーフムが6連敗…【ブンデスリーガ日本人選手】

ブンデスリーガ第6節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第6節では遠藤、伊藤の所属するシュツットガルトが王者バイエルンと激突。また、吉田vs浅野の日本代表対決が行われた。 遠藤、伊藤が先発したシュツットガルトは、立ち上がりからバイエルンに押し込まれると36分にボックス左深くまでえぐったアルフォンソ・デイビスのマイナスクロスをテルに流し込まれた。 1点のビハインドで後半を迎えたシュツットガルトは、52分にギラシーがネットを揺らすも、VARでその前でのプレーのファウルを取られ、ゴールは認められず。それでも57分、マヴロパノスのインターセプトからボックス右のヒューリッヒがシュートを決め、試合を振り出しに戻す。 しかし3分後、ボックス右で仕掛けたミュージアラが左足のコントロールシュートを流し込み、バイエルンがすかさず突き放す。 このまま試合終了かと思われたが、シュツットガルトは89分にPKを獲得すると、これをギラシーに決めて王者から貴重な勝ち点1を獲得した。 一方、リーグ戦未勝利同士のシャルケvsボーフムは、開始早々に相手選手との接触で右ヒザを痛めた浅野が4分に負傷交代となる。 その後は一進一退の展開が続いたが、38分にボックス左まで切り込んだバルターのシュートを相手GKが弾くと、こぼれ球をドレクスラーが押し込み、シャルケが先制。 ボーフムは51分にS・ツォラーのゴールで追いついたが、73分にセットプレーからマショビッチがオウンゴールを献上。さらに試合終了間際にもポルターにゴールネットを揺らされ、1-3でタイムアップ。 リーグ未勝利同士の一戦は、シャルケに軍配、一方のボーフムは開幕6連敗となった。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽9/11 フライブルク 0-0 ボルシアMG ◆出場停止のため欠場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426492">結果ニュース</a> ★鎌田大地[フランクフルト] ▽9/10 フランクフルト 0-1 ヴォルフスブルク ◆65分までプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽9/10 フランクフルト 0-1 ヴォルフスブルク ◆ベンチ入りも出場せず <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426442">結果ニュース</a> ★堂安律[フライブルク] ▽9/11 フライブルク 0-0 ボルシアMG ◆81分までプレー <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426492">結果ニュース</a> ★吉田麻也[シャルケ] ▽9/10 シャルケ 3-1 ボーフム ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426446">結果ニュース</a> ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽9/11 ケルン 0-1 ウニオン・ベルリン ◆ベンチ入りせず ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽9/10 バイエルン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽9/10 バイエルン 2-2 シュツットガルト ◆フル出場 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426441">結果ニュース</a> ★浅野拓磨[ボーフム] ▽9/10 シャルケ vs ボーフム ◆4分に負傷交代 <a href="https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=426446">結果ニュース</a> 2022.09.12 06:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly