ディーニーが元相棒イガロに激怒した過去明かす…「事件を起こさないため帰りの飛行機に乗らなかった」

2020.04.06 19:06 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードに所属するイングランド人FWトロイ・ディーニーがかつての相棒である元ナイジェリア代表FWオディオン・イガロとの逸話を明かした。イギリス『101greatgoals』が伝えている。

ディーニーとイガロは2014年夏から2017年1月までワトフォードで前線のコンビを組んでいた。その後、イガロが今冬の移籍市場で上海申花からマンチェスター・ユナイテッドにレンタル移籍で加入したことで、今度は対戦相手として3年ぶりに再会を果たすことになった。

今年2月末に行われたユナイテッドとワトフォードの一戦では先発出場したディーニーがベンチに下がった直後にイガロが投入され、ピッチ上での競演が果たされることはなかった。それでも、ユナイテッドが完全移籍での買い取りに動くとの報道もあり、来シーズン以降の競演が期待されるところだ。

そして、ディーニーはYouTubeチャンネル『The United Stand』のインタビューの中で、かつての相棒との逸話を明かした。

今回、ディーニーが語ったのは2016年3月2日に行われたユナイテッドvsワトフォードの試合後に起きたイガロとのやり取りだった。

同試合はユナイテッドMFフアン・マタの直接FKによってホームチームが1-0の勝利を収めていたが、ワトフォードにも前半に先制点を奪う絶好機があった。しかし、ドフリーのディーニーを無視したイガロが強引にシュートに持ち込む利己的なプレーでチャンスを逸し、チームは敵地から勝ち点を持ち帰ることはできなかった。

そして、相棒のチームに対する背信行為に我慢ならなかったディーニーは、イガロに対する事件を起こさないため、チームメートと共に帰りの飛行機に乗ることを拒否したことを明かした。

「イガロと一緒にプレーしていたとき、一度彼に対する怒りで我を忘れそうになったことがあるんだ。確か(ユナイテッドDFの)フォス=メンサーのデビュー戦だったと思うけど、イガロはその試合で多くのシュートを外していたんだ」

「彼はボックス内での決定機でドフリーの僕にパスを出すのがセオリーだったにも関わらず、強引にシュートを打ってしかも決められなかった。当然、僕のことは見えていたけど、外した後に初めて気が付いたような反応を見せていたんだ」

「だから、ハーフタイムには彼に怒ったよ。『もし、試合に勝ちたいと思うなら、あそこは自分にパスを出せ』ってね。僕たちは勝つためにあの場所に立っているし、そのためには誰がゴールを決めるかは重要なことではないからね」

「その後、試合が敗戦に終わった後、はらわたが煮えくり返る思いだったから帰りの飛行機には乗らなかった。そして、監督には『もし、機内での問題を避けたいなら、僕を飛行機に乗せないでくれ。頭を冷やす時間が必要なんだ』って伝えたよ。そして、最終的に車でマンチェスターからワトフォードに帰った」

「もちろん、彼がユナイテッドのファンでアフリカにいる家族の大半もユナイテッドファンだったことは知っていたよ。ただ、僕にとってはユナイテッド戦でもアストン・ビラ戦も同じ重要な試合なんだ」

イガロに激怒した過去を明かしたディーニーだが、元相棒に対する称賛の言葉も忘れていない。さらに、ユナイテッドがイガロの買い取りに動くはずだと主張している。

「彼は本当によく練習をする男だよ。決してチームに面倒を持ち込むような人間ではないし、ユナイテッドの同僚に尋ねてくれればわかると思うけど、きっと良い奴だって言うはずさ。彼はナイスガイで根っからのユナイテッドファンだ」

「彼はユナイテッドにとって有益な存在になるはずだ。心からそう思うよ」

関連ニュース
thumb

プレミア復帰を目指すワトフォードが監督交代、ビリッチ氏を招へい

ワトフォードは26日、ロブ・エドワーズ監督(39)の解任を発表。新監督にクロアチア人指揮官のスラヴェン・ビリッチ氏(54)を招へいしたことを発表した。 なお、ビリッチ監督との契約期間は1年半となる。 エドワーズ監督は今シーズンからワトフォードの監督に就任。これまではウォルバーハンプトンの下部組織で監督を務めた他、U-16イングランド代表の監督も務めていた。 ビリッチ新監督は、母国のハイドゥク・スプリトやクロアチア代表の監督を務めた他、ロコモティフ・モスクワ、ベシクタシュを指揮。その後、ウェストハム、アル・イテハド、WBA、北京国安で指揮を執っていた。 2022年1月で北京国安の監督を退任。これまではフリーだった。 ワトフォードはプレミアリーグ復帰を目指す中、チャンピオンシップ(イングランド2部)で10位と中位に甘んじている状況だった。 2022.09.26 22:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがPL勢関心のFWジョアン・ペドロと契約延長

ワトフォードは23日、ブラジル人FWジョアン・ペドロ(20)との契約を2028年6月30日まで延長したことを発表した。 今夏の移籍市場ではセネガル代表FWイスマイラ・サールと共に、プレミアリーグの複数クラブからオファーが舞い込んだジョアン・ペドロだが、移籍市場締め切り直前に自身の公式インスタグラムを通じて、「僕はここで本当に幸せなんだ。ワトフォードにいるのが大好きだし、彼らともっと一緒にやりたい」と、残留宣言を行っていた。 そして、相思相愛の関係にある両者は、契約延長で合意に至り、改めて1年でのプレミアリーグ復帰を目指すことになった。 フルミネンセの下部組織時代から国内外で注目を集める存在だった逸材アタッカーは、2018年10月にワトフォードへの加入が内定。その後、18歳となり国際移籍が可能となった2020年冬に正式加入。ここまで同クラブでは公式戦83試合15ゴール7アシストの数字を残し、背番号10を託されている。 なお、ワトフォードはチャンピオンシップ(イングランド2部)第10節終了時点で自動昇格圏内と6ポイント差の10位にいる。 2022.09.24 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

元イングランド代表GKベン・フォスターが現役引退…ユナイテッドやワトフォード、WBAなどでプレー

元イングランド代表GKベン・フォスター(39)が現役引退を発表した。 昨シーズン限りでワトフォードを退団して以降、フリーの状態が続いていたフォスターは15日、自身のYouTubeチャンネルを通じて「大きな発表があるんだ。ついに引退を発表するときが来たんだ」と、キーパーグローブを外す決断を下したことを明かした。 同選手に関してはGKマルティン・ドゥブラフカの移籍に加え、GKカール・ダーローが長期離脱となったニューカッスルが、GKロリス・カリウスを獲得する以前に関心を示していた。だが、フォースターはミッドランドの自宅から車で4時間を要するタインサイドへの単身赴任を敬遠し、オファーを断っていたという。 また、メジャーリーグサッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドやニースとの話し合いを認めたが、いずれのクラブとも合意に至らなかった。 2005年にストーク・シティからマンチェスター・ユナイテッドに加入したフォスターは、ワトフォードでの武者修行を経て2007-08シーズンからセカンドGKとして3年間在籍。公式戦出場は20試合にとどまったが、2008-09シーズンのEFLカップ決勝のトッテナム戦ではPK戦を含め圧巻のパフォーマンスを披露し、チームのタイトル獲得に大きく貢献した。 その後は、バーミンガム、WBAを経て2018年に古巣ワトフォードに帰還。3シーズンに渡って正GKを務め上げた。プロキャリアを通じてはプレミアリーグ390試合を含む、通算536試合に出場した。 また、2007年2月に行われたスペイン代表戦でデビューを飾ったイングランド代表では通算8試合に出場。2014年のブラジル・ワールドカップではグループステージ最終節のコスタリカ代表戦に出場していた。 2022.09.16 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

「ワトフォードにいるのが大好き」、PL勢関心のジョアン・ペドロが残留宣言!

今夏、プレミアリーグのクラブから熱視線を注がれていたブラジル人FWジョアン・ペドロ(20)がワトフォード残留を明言した。 今夏の移籍市場ではセネガル代表FWイスマイラ・サールと共に、プレミアリーグの複数クラブからオファーが舞い込んだジョアン・ペドロ。しかし、ニューカッスルがスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクを獲得し、エバートンからの直近のオファーはクラブサイドが拒絶していた。 それでも、依然として退団の可能性が取り沙汰された20歳のアタッカーだが、自身の公式インスタグラムを通じて残留を明言。クラブと共に1年でのプレミアリーグ復帰に向けた戦いに臨むことを明かした。 「僕はここで本当に幸せなんだ。ワトフォードにいるのが大好きだし、彼らともっとやりたい。昨日、そのことを首脳陣と話した。そして、僕はクラブに完全にコミットしていて、シーズンの成功を楽しみにしているんだ。レッツゴー、ホーネッツ」 フルミネンセの下部組織時代から国内外で注目を集める存在だった逸材アタッカーは、2018年10月にワトフォードへの加入が内定。その後、18歳となり国際移籍が可能となった2020年冬に正式加入。ここまで同クラブでは公式戦80試合15ゴール7アシストの数字を残し、背番号10を託されている。 2022.09.01 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ワトフォード、元イングランド代表ダニー・ローズとの契約解除を発表… 昨季出場は8試合

ワトフォードは1日、元イングランド代表DFダニー・ローズ(32)と双方合意のもとで契約解除に至ったと発表した。 ダニー・ローズは2007年から2021年にかけてトッテナムに在籍。同クラブで通算214試合出場10得点29アシストの成績を残したほか、2016年と2017年に2年連続でPFA年間ベストイレブンに選出されるなど、プレミアリーグを代表する左サイドバックの1人だった。 イングランド代表としては、2016年のEUROや2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)でメンバー入り。また、2012年にはU-23イギリス代表として、自国開催のロンドン五輪にも出場している。 ワトフォードには昨夏にフリーで加入。しかし、昨季のプレミアで8試合の出場にとどまり、チームも19位でチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格。迎えた今季はここまで公式戦の出場がない状況が続いていた。 2022.09.01 20:38 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly