ラツィオ、今夏に契約切れのチェルシー2選手に照準か

2020.03.29 16:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオが、チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーと元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスの獲得を狙っているようだ。イタリア『リパブリカ』が伝えている。

ラツィオは今冬の移籍市場でも獲得の噂が出ていたジルーに加え、新たにペドロも獲得リストに加えた模様。両選手ともに今夏で契約が切れる状況だが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響もあって交渉は進められていない模様。

ペドロは先日にスペインのラジオ局『Cadena Ser』から契約に関するインタビューを受けた。しかし、状況が状況なだけに、今は考えている場合ではないと一蹴。具体的な話は避けた。

一方、ジルーについては今夏にも争奪戦が予想されており、冬にはラツィオのほかにインテルが獲得に名乗りを挙げていた。だが、チェルシーが移籍を拒否したことで残留に。それでもその後のチームでの活躍から、33歳は今でも人気銘柄の1つとなっている。

なお、こちらはフランス『TELEFOOT』のインタビューでインテル行きを希望していたことを告白しており、今夏にもインテルからの関心が続くようであれば、移籍の可能性は高いとみられるが果たして。
コメント
関連ニュース
thumb

3連敗でスクデットへ黄信号のラツィオ、会長が監督らに責任を問う?

セリエAの優勝争いから一気に脱落したラツィオが大きな動きを見せるかもしれない。 イタリア『イル・メッサジェッロ』によると、クラウディオ・ロティート会長がトレーニング施設を訪れたとのこと。現在の状況について説明を求めたという。 報道によると、ロティート会長はシモーネ・インザーギ監督、スポーツ・ディレクター(SD)のイグリ・ターレ氏、マネージャーのアンジェロ・ペルッツィ氏に会ったようだ。 ラツィオは、ユベントスと熾烈なスクデット争いを繰り広げていたが、7月に入り一気に不調に。ミラン、レッチェ、サッスオーロとリーグ戦3連敗を喫し、一気に優勝争いから脱落することとなってしまった。 『イル・メッサジェッロ』によれば、インザーギ監督をはじめ、クラブ幹部全員が責任を問われたとのこと。今週後半には、メディカルスタッフや選手とも会合を開くつもりのようだ。 ラツィオは首位のユベントスと勝ち点差8の2位。残り6試合となった中、スクデット獲得は厳しい状況に陥ってしまった。 2020.07.13 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

スクデット争いの佳境に3連敗 ラツィオ指揮官「現実を直視しなければ」

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が失速傾向のチーム状況にコメントした。 2位ラツィオは11日に行われたセリエA第32節でサッスオーロと対戦。33分に先制したが、1点リードの後半に守備が崩れ、逆転負けを喫した。これでリーグ戦3連敗となり、今節を引き分けた首位ユベントスと勝ち点8差に。新型コロナウイルスによる延期前に21試合無敗を継続して首位に浮上した時期もあったが、再開後6試合の2勝4敗が響いて、ユベントスの背中が遠ざかり始めている。 S・インザーギ監督はサッスオーロ戦後、イタリア『スカイ』のインタビューで「選手たちは全力を尽くしてくれた。しかし、残念ながら、それだけじゃ不十分。ここ数日にわたり、選手たちともかなり話をしたが、今は連戦が続く大変な時期だ」と述べると、故障者続出で揃わない戦力を嘆いた。 「サッスオーロは2日前に戦った試合の先発から9名を変更したが、我々はこの前のレッチェ戦とほぼ一緒の顔ぶれ。またしても前がかったところをやられてしまった。3カ月前ならあり得なかったような失点をしているわけだから、今の我々がシャープさを欠いているのはわかるだろう」 「本当に残念なのはロックダウン中もトレーニングに励んでいたのに、再開してすぐに問題が次から次に出てきたこと。ルーカス・レイバ、ダニーロ・カタルディ、アダム・マルシッチ、ルイス・フェリペ、ホアキン・コレア、ボビー・アデカニェの全員が問題を抱えている」 また、スクデット争いにも言及。優勝を諦めていないことを強調しつつ、「我々にとってのスクデットは来季のCL出場権獲得」だと語った。 「我々にとってのスクデットは来季のCL出場権獲得なのだから、もう少しポイントが必要だ。スクデットの話をするのは常にちょっとしたストレッチ感覚のものであり、現実を直視しなければ。我々がギブアップしたというわけじゃないけどね。来季のCLに出場できれば、もっとチームをローテーションできるようになるだろう」 2020.07.12 12:55 Sun
twitterfacebook
thumb

低調ラツィオ、サッスオーロに逆転負けで3連敗…ユーベにプレッシャーかけられず《セリエA》

ラツィオは11日、セリエA第32節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で逆転負けした。 前節は残留争いに巻き込まれているレッチェに痛恨の敗戦を喫して首位ユベントスとの7ポイント差を縮めることができなかった2位ラツィオ(勝ち点68)は、前節に続きインモービレとカイセドの2トップで臨んだ。 ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランと6ポイント差の8位サッスオーロ(勝ち点43)に対し、ラツィオは開始4分に決定機。ラッツァーリがボックス右深くまで侵入してマイナスにクロス。だが、フリーのインモービレはシュートを枠の左に外してしまった。 すると8分、ラツィオは失点しかける。パローロのクリアがボックス右のラスパルドーリへ。そのままネットを揺らされたが、VARにより味方がラストパスを出していたとしてラスパルドーリがオフサイド判定となり、ノーゴールに覆った。 さらに12分、ジュリチッチのシュートがバーに直撃した中、サッスオーロに押し込まれる展開を強いられたものの、ラツィオが33分に先制する。 ロングカウンターに転じた流れから、長い距離をドリブルで持ち上がったラッツァーリがボックス右深くまでえぐってマイナスにクロス。これを受けたL・アルベルトがシュートをねじ込んだ。 先制後もサッスオーロにポゼッションを譲ったラツィオは、前半を1点リードして終えた。 後半からカプートら2枚代えを行ってきたサッスオーロに対し、ラツィオは52分に同点とされる。ショートカウンターに転じた流れから、カプートにボックス右まで侵入されてクロスを入れられると、前半にゴールを取り消されていたラスパルドーリに決められた。 さらに60分にもピンチ。ボックス右からカプートに決定的なシュートを許したが、ここはGKストラコシャが好セーブで凌いだ。 その後は膠着状態が続いた中、終盤にかけてラツィオはチャンスを生み出せない。すると追加タイム1分に逆転される。CKの流れからフェッラーリにヘッドで折り返され、カプートに頭で押し込まれた。 このままラツィオは敗戦。3連敗でユベントスにプレッシャーをかけることはできなかった。 2020.07.12 02:14 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオのコソボ代表MFベリシャがスタッド・ランスへ完全移籍、4年契約を締結

スタッド・ランスは9日、ラツィオのコソボ代表MFヴァロン・ベリシャ(27)が完全移籍で加入することを発表した。契約期間は4年間となり、背番号は14に決定した。 ベリシャは、ノルウェーでキャリアをスタート。エーゲルスンやバイキングでプレーしたのち、2012年7月にレッドブル・ザルツブルクへ移籍した。 ザルツブルクでは、233試合に出場し45ゴール65アシストを記録。そこでの活躍が評価され、2018年7月にラツィオへと完全移籍した。 しかし、ラツィオでは思うような出場機会を得られず。今シーズンもベンチに座ることが増えると、今年1月にブンデスリーガで残留争いをしていたデュッセルドルフへレンタル移籍。デュッセルドルフではレギュラーとしてプレーするも、最終節はベンチスタートに。しかし、チームはウニオン・ベルリンに敗れ、ブレーメンに抜かれて2部への自動降格が決定していた。 2020.07.10 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

相手に噛み付いたラツィオDFパトリックは4試合出場停止&罰金1万ユーロ、かつてスアレスが受けた処分は?

相手選手に噛み付いた代償はやっぱり大きなものとなった。 ラツィオのスペイン人DFパトリックが、4試合の出場停止処分を受けることとなった。 ラツィオは7日、セリエA第31節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦。前節、ミラン相手に完敗して首位ユベントスとの勝ち点差を「7」に広げられた2位ラツィオは、降格圏の18位に低迷するレッチェを相手に2戦ぶりの白星を目指したが、試合は予想外の結果に終わった。 その試合終了間際、パトリックは相手DFジュリオ・ドナーティの左上腕部にまさかの噛みつき行為。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のレビューにより噛み付いたことが確認され、退場処分となっていた。 セリエAの懲戒委員会は8日午後に開かれ、パトリックの愚行に対し4試合の出場停止処分となった。 これにより、サッスオーロ戦、ウディネーゼ戦、カリアリ戦だけでなく、ユベントス戦も欠場することに。さらに、1万ユーロ(約122万円)の罰金処分も下されていた。 噛み付き行為と言えば、現在はバルセロナでプレーするウルグアイ代表FWルイス・スアレスが思い浮かぶだろう。リバプール時代にチェルシーのDFブラニスラフ・イバノビッチに噛み付いた際は、10試合のプレミアリーグ出場停止処分に。2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付いた際は、4カ月間のサッカー活動禁止の処分を受けていた。 <div id="cws_ad">◆ドナーティの左上腕部をガブり<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Lazio defender Patric was sent off for biting Lecce&#39;s Giulio Donati. <a href="https://t.co/C681xLtPuz">pic.twitter.com/C681xLtPuz</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1280592725570699264?ref_src=twsrc%5Etfw">July 7, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.08 22:57 Wed
twitterfacebook