長谷部、鎌田先発のフランクフルトがホームでバーゼルに完敗…《EL》

2020.03.13 05:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは12日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグでバーゼル(スイス)と対戦し、0-3で敗戦した。フランクフルトのMF長谷部誠は73分までプレー、MF鎌田大地は78分までプレーした。

2月に行われたラウンド32で日本人MF奥川雅也の所属するザルツブルク(オーストリア)を2戦合計6-3で下したフランクフルトは、直近のレバークーゼン戦からスタメンを3人変更。長谷部と鎌田はリーグ戦に続きスタメンに名を連ねた。



新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止として無観客開催となった試合は、ホームのフランクフルトがやや押し気味に試合を運ぶと8分、ローデがバイタルエリア手前から右足を振り抜いたが、このシュートは枠の左に外れた。

その後は一進一退の展開が続いたが、フランクフルトはセットプレーから失点を許す。27分、ボックス右手前で獲得したFKをカンポが直接ゴールを狙うと、これがゴール右上に突き刺さった。

迎えた後半、1点を追うフランクフルトはソウを下げてパシエンシアを投入。すると57分、右サイドで獲得したFKからコスティッチがクロスを供給すると、ゴール前で競り合ったパシエンシアが頭で合わせたが、これは僅かに枠の上に外れた。

前半同様ポゼッションでバーゼルを上回るフランクフルトは、65分にも鎌田のパスをボックス右で受けたA・トゥーレが、狙いすましたシュートを放ったがこれは右ポストを直撃した。

同点のチャンスを逃したフランクフルトは、一瞬の隙からバーゼルに追加点を許す。73分、GKオムリンのロングフィードが前線のカンポに繋がると、カンポのラストパスを受けた途中出場のブアが冷静にゴールネットを揺らした。

さらに85分にも、F・フライにゴールを許したフランクフルトは、0-3で完敗。19日に敵地で行われる2ndレグでの逆転に向けてはかなり厳しい状況となった。

関連ニュース
thumb

レンタル噂のアマド・ディアロ、バーゼル&パレスの関心ありか

マンチェスター・ユナイテッドのコートジボワール代表FWアマド・ディアロ(19)にいくつかのクラブが関心を抱いているようだ。 昨夏に移籍金最大3700万ポンド(約56億2000万円)でアタランタからの加入が決まり、今年1月からユナイテッドのユニフォームに袖を通したアマド・ディアロ。デビューイヤーの昨季は公式戦8試合の出場で1得点1アシストの数字に終わったが、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのミラン戦でバックヘッドから同点弾を挙げるなど爪痕を残した。 先の東京オリンピックでもコートジボワールの背番号「10」として4試合に出場して、ユナイテッドのプレシーズンに合流したアマド・ディアロだが、今夏に新たなライバルとなり得るイングランド代表FWジェイドン・サンチョがドルトムントから加入。それを受けて、今夏のレンタル移籍が取り沙汰されている。 そんなアマド・ディアロは13日にクラブを通じて今季から背番号「16」への変更が発表されたが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、やはり今夏に貸し出される見込み。現時点でクリスタル・パレスだけでなく、スイスの名門バーゼルも今季いっぱいのレンタルで狙っているという。 だが、興味が示されているのは上記2クラブだけにあらず、ブンデスリーガのほか、プレミアリーグの他クラブも獲得レースに参戦。まだ何の決定も下っていないようだが、多方面から獲得に乗り出すクラブがいるようだ。 2021.08.14 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

元蘭代表ファン・ヴォルフスヴィンケルが母国復帰果たす トゥベンテ入りが決定

トゥベンテは21日、バーゼルから元オランダ代表FWリッキー・ファン・ヴォルフスヴィンケル(32)の獲得を発表した。契約は1年延長オプションが付いた2023年までの2年。翌日からチームに合流する。 ファン・ヴォルフスヴィンケルはフィテッセやユトレヒト、スポルティング・リスボン、ノリッジ・シティ、サンテチェンヌ、ベティスを渡り歩き、オランダ代表歴も持つストライカー。2017年6月にバーゼル入りした。 だが、2019年8月にチャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦のリンツ戦で脳震とうを起こすと、後の検査で脳動脈瘤が見つかり、手術。長期の療養時期も経験したが、昨季は公式戦29試合出場で2得点1アシストを記録した。 4年ぶりの母国凱旋となるファン・ヴォルフスヴィンケルは「トゥベンテは僕にとって魅力的なクラブのひとつ。ここでプレーするのが楽しみ。チームが良いパフォーマンスを披露するのに僕も貢献したい」と語っている。 2021.07.23 08:30 Fri
twitterfacebook
thumb

スイス代表DFミヒャエル・ラングが3年ぶりに古巣バーゼルに復帰!

バーゼルは19日、ボルシアMGからスイス代表DFミヒャエル・ラング(30)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 ザンクト・ガレンでプロデビューしたラングは、グラスホッパー、バーゼルでのプレーを経て、2018年の夏にボルシアMGへ完全移籍。加入初年度はブンデスリーガ17試合に出場したが、翌シーズンはブレーメンへレンタル移籍。 昨季はボルシアMGに復帰するも、マルコ・ローゼ監督の構想外となり、公式戦わずか3試合の出場となっていた。 3年ぶりの古巣復帰となったラングは、公式サイトのインタビューでなぜバーゼルに復帰したのかと問われ、次のように話した。 「バーゼルでは自分のキャリアで最高なシーズンを過ごしたからだ」 「バーゼルは今でも野心的なクラブで、僕もそうだ。僕たちの関係は加入当初からとてもうまくマッチしていて、それは今でも変わっていない。個人としては、ピッチで再び全力を尽くす姿を見せたい。そして、チームの中での役割を果たし、これまでの経験をチームに伝えていきたいと思っているよ」 2021.07.19 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルの逸材FWエスポージトがバーゼルへレンタル移籍!

スイスのバーゼルは13日、インテルのU-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(19)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 なお、インテルは契約に買い戻しオプションを盛り込んでおり、同選手の今後の成長次第では将来的に呼び戻すことを検討しているようだ。 2014年にブレシアからインテルの下部組織に加入したエスポージトは、186cmの恵まれた体躯に加え、テクニックやスピード、得点感覚も兼ね備えた万能型ストライカー。 10代前半からその才能を遺憾なく発揮してきた逸材は、2019年3月に行われたフランクフルト戦でヨーロッパリーグ(EL)におけるクラブ最年少デビュー記録(16歳と255日)を樹立。 そして、2019年10月末にはドルトムント戦でチャンピオンズリーグ(CL)デビュー。その3日後のパルマ戦ではセリエAデビューも飾り、同年12月のジェノア戦ではPKによる得点ながらトップチーム初ゴールをマークしていた。 2020-21シーズンは、セリエBのSPALへ武者修行に出されると、リーグ戦28試合に出場し3ゴール2アシストを記録していた。 バーゼルへの移籍が決まったエスポージトは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「バーゼルと契約できたことをとても嬉しいよ。このクラブは世界的に有名で、とても優れたクラブだ。僕はテクニックに長けていて、コミュニケーション能力も高い方だと思っているので、バーゼルで成功するために全力を尽くすよ」 2021.07.14 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

マインツ、バーゼルのスイス代表DFヴィドマーを獲得

マインツは9日、バーゼルのスイス代表DFシルヴァン・ヴィドマー(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までの3年間となっている。 右サイドバックを本職とするヴィドマーは、アーラウでプロデビュー後、2012年夏にウディネーゼに完全移籍。ウディネーゼで主力として活躍し、2018年夏にバーゼルに完全移籍していた。 2020-21シーズンはバーゼルでリーグ戦22試合に出場して2アシストを記録。スイス代表としてユーロ2020の代表に選出され、4試合に出場していた。 2021.07.10 07:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly