もうあの悲劇は繰り返さない! バルサ守護神が相手CKで気を抜くセメドを一喝

2020.02.27 14:25 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンは、昨シーズンのアンフィールドで味わった悲劇を良き教訓としているようだ。イギリス『Caught offside』が伝えている。バルセロナは25日、敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の1stレグでナポリ戦を1-1のドローで終えた。

この白熱の一戦の中で試合終了間際に注目すべき場面があった。相手の左サイドからのクロスをDFネウソン・セメドがブロックし、ナポリに左CKが与えられる。この際にセメドはほぼラストプレーということもあり、相手のセンターバック陣が攻撃参加すると考え、クイックリスタートを警戒することなくキッカーを背にして自分たちのゴール前に戻ろうとする様子が中継映像に映っていた。

だが、セメドは急遽鋭いターンを見せてコーナーフラッグ付近に立っていた相手DFマリオ・ルイのケアに向かうことになった。そして、直後にはセメドに対して厳しい眼差しを向けるテア・シュテーゲンの姿がアップで映された。

この場面では相手のクイックリスタートを警戒するテア・シュテーゲンが気を抜くセメドに大声で指示を出したことで、前述の素早い修正の動きとなっていたようだ。

バルセロナでは昨シーズンのアンフィールドで行われたCL準決勝2ndレグにおいて、ボールボーイ、DFトレント・アレクサンダー=アーノルド、FWディヴォック・オリジの3者の機転から決勝点となるゴールを献上しており、その際に相手のクイックリスタートへの警戒を怠ったことを多くの選手が悔やんでいた。

そのため、その悔しさを誰よりも知る守護神はディテールがものを言うCL決勝トーナメントにおいて相手に付け入る隙を作りかけたセメドを一喝したようだ。

◆もうあの悲劇は繰り返さない!

関連ニュース
thumb

レヴァンドフスキが同胞の後輩キヴィオルをバルサに推薦?「並外れた選手」

バルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、クラブに同胞のDFヤクブ・キヴィオルの獲得を勧めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 キヴィオルは昨季からスペツィアでプレーする22歳のセンターバック。当初はベンチを温めていたが、シーズン半ばからレギュラーに定着すると、セリエAで22試合に出場し、残留に貢献した。 189cmの左利きで身体能力が非常に高く、守備面ではアグレッシブ且つ正確なスライディングを特長を持つ。また、スペツィアのチーム事情はあったものの、現役時代に同じ左利きの守備的MFとして活躍したチアゴ・モッタ監督が中盤で起用し続けたように、戦術眼と高精度のキックを生かしてパスの散らし役としても存在感を発揮していた。 すると、今年6月にオランダ戦でポーランド代表デビューを果たし、4試合連続でフル出場を続けている。クラブでも今季は開幕からフル出場を継続中。レヴァンドフスキは今回のインターナショナルブレイク中に後輩を称賛している。 「彼には大きな可能性がある。オランダ戦の前のウォームアップ中に『この男は誰だ?』と思ったよ。試合になると並外れた選手を目の当たりにした」 なお、イタリア『スカイ』によれば、ミランやウェストハムは夏に獲得を試みたようだが、ウェストハムは1200万ユーロのオファーを断られたようだ。 2022.09.30 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第7節プレビュー】セビージャvsアトレティコ! “FIFAウイルス”懸念の代表戦明け初戦

インターナショナルマッチウィーク前に行われた第6節では、マドリード・ダービーを制した王者レアル・マドリーが開幕6連勝を達成。また、バルセロナやベティス、アスレティック・ビルバオといった上位陣も着実に勝ち点3を積み重ねている。 “FIFAウイルス”が懸念されるカタール・ワールドカップ前最後のインターナショナルマッチウィークを経て再開される第7節では、15位のセビージャと7位のアトレティコ・マドリーによるビッグマッチに注目が集まる。 セビージャは前々節にエスパニョールを破って今季初勝利を挙げたが、以降はチャンピオンズリーグ(CL)でコペンハーゲン、ラ・リーガでビジャレアルに2戦連続ドローと復調の兆しは見受けられず。ロペテギ監督の早期解任は見送られたものの、アトレティコ、アスレティック、CLでのドルトムントとの連戦と、ここからの4連戦が現体制の命運を握る。直近2試合では守備面に一定の改善が見受けられたが、攻撃面は選手個々の不振に加え、未だ最適解を見いだせておらず、アトレティコの堅守攻略に不安を残す。 対するアトレティコもレバークーゼン、ダービーでの敗戦によって今季初の公式戦戦連敗と調子はいまひとつ。CLでは2連勝で首位に立つクラブ・ブルージュとの連戦を控えており、このセビージャ戦でのパフォーマンスを浮上の足掛かりとしたい。やり繰りに苦戦するディフェンスラインではダービーで退場のDFエルモソを出場停止で欠くが、DFサビッチ、DFヒメネス、DFレギロンらに復帰の目途が立ち、MFヴィツェルを本来の中盤に戻し、より安定したゲームコントロールが期待される。一方、開幕以降トーンダウンが顕著なストライカー陣には奮起が求められるところだ。 ヨーロッパ5大リーグでも唯一となる開幕6連勝と絶好調の王者レアル・マドリーは、5位のオサスナを相手に7連勝を狙う。中断前のアトレティコ戦では主砲ベンゼマを欠くことで苦戦も予想されたが、FWヴィニシウス、FWロドリゴ、MFバルベルデの若手トリデンテが決定的な働きをみせ、敵地で2-1の勝利を収めた。週明けに行われるCLではシャフタールとの首位攻防連戦が控えるが、まずは難敵オサスナを相手に結果を残したい。 オサスナ戦ではクラブ、代表でフル稼働だったMFモドリッチの離脱にDFアラバもコンディションに不安を抱えるが、代わって負傷明けのベンゼマの復帰が決定的と見られ、自身不在の中で躍動した若手アタッカー陣との共演による攻撃陣のさらなる爆発が期待される。一方、対戦相手のオサスナはここまで2連勝後に敗戦というサイクルが続き、直近のヘタフェ戦では敗戦を喫しているが、自慢の堅守を武器に王者を撃破して前述のサイクルを継続することになるのか。 その王者を2ポイント差で追う2位のバルセロナは、10位のマジョルカとのアウェイゲームで6連勝を目指す。中断前の前節は前半序盤に数的優位を得た結果、FWレヴァンドフスキのドブレーテの活躍などで3-0の完勝を収めた。ただ、週明けからインテルとの重要なCL連戦を控える中、このインターナショナルマッチウィークでは“FIFAウイルス”に罹患。DFアラウホ、DFクンデ、MFフレンキー・デ・ヨング、FWデパイが代表活動中に負傷した上、チーム残留組のDFベジェリンと4選手が離脱を余儀なくされた。 そのため、今回のマジョルカ戦ではインテル戦に備えて大幅なターンオーバー敢行が見込まれており、緊急事態の右サイドバックに関してはDFセルジ・ロベルトが間に合わない場合、DFクリステンセンかDFエリック・ガルシアを右に回してDFピケをセンターバックで起用するか、3バックへの変更が想定される。FWムリキら馬力のある相手攻撃陣にへの対応に不安を残すだけに、[5-3-2]のソリッドな戦いを志向するホームチームに対して攻撃陣の力で押し切りたい。 MF久保建英を擁する8位のレアル・ソシエダは、11位のジローナを相手に連勝を目指す。久保は前節のエスパニョール戦で果敢なプレスからFWセルロートのゴールをお膳立てし、公式戦2試合連続アシストを記録。チームの2-1の勝利にきっちり貢献した。今回のインターナショナルマッチウィークではアメリカ代表戦で上々のパフォーマンスをみせ、エクアドル戦は完全休養となっており、今回のジローナ戦でもスタメン起用が濃厚だ。チームでは今季絶望のFWサディクに加え、FWカルロス・フェルナンデス、FWチョがコンディションの問題を抱えており、前述のセルロートやカンテラーノらと共にフル稼働が求められるところだ。 その他では連勝を狙う3位のベティスと13位のセルタが対峙するカード、開幕から唯一未勝利が続く最下位のエルチェの試合に注目したい。 《ラ・リーガ第7節》 ▽9/30(金) 《28:00》 アスレティック・ビルバオ vs アルメリア ▽10/1(土) 《21:00》 カディス vs ビジャレアル 《23:15》 ヘタフェ vs バジャドリー 《25:30》 セビージャ vs アトレティコ・マドリー 《28:00》 マジョルカ vs バルセロナ ▽10/2(日) 《21:00》 エスパニョール vs バレンシア 《23:15》 セルタ vs ベティス 《25:30》 ジローナ vs レアル・ソシエダ 《28:00》 レアル・マドリー vs オサスナ ▽10/3(月) 《28:00》 ラージョ vs エルチェ 2022.09.30 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

イニゴ・マルティネスは来夏バルサへ? アスレティック会長「少なくとも今季は…」

アスレティック・ビルバオの会長が、スペイン代表DFイニゴ・マルティネス(31)のバルセロナ移籍の噂について言及した。 イニゴ・マルティネスは今夏、バルセロナからの関心が話題に。最終的に移籍は実現しなかったものの、アスレティックとの契約が2023年6月までとなっており、今季終了後にフリーでバルセロナへ向かうのではとの見方が広まっている。 そんななか、スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、29日にアスレティックのジョン・ウリアルテ会長がゲスト参加したイベントの壇上でこの件について言及したようだ。 「イニゴ・マルティネスは我々のとても重要なプレーヤーだ。少なくとも今季は最後までここでプレーする。我々は彼がアスレティックでキャリアを続けてくれることを望んでいる。私自身はバルサの誰とも話していない」 バルセロナからの接触はなかったと説明したウリアルテ会長。なお、退団希望の選手は「必ずしも引き止めるつもりはない」という旨も述べており、イニゴ・マルティネスの来夏のバルセロナ行きに含みを持たせる形となった。 2022.09.30 17:34 Fri
twitterfacebook
thumb

最終ラインケガ人続出のバルサ、右SBはケガ明けのセルジ・ロベルトか?若手のカサドの可能性も

最終ラインにケガ人が続出しているバルセロナだが、スペイン代表DFセルジ・ロベルトが助けになるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 9月のインターナショナル・マッチウィークで、フランス代表DFジュール・クンデ、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが負傷。アラウホは手術を受け、無事に成功していた。 さらに、チームに残っていたDFエクトル・ベジェリンもふくらはぎを負傷。右サイドバックがいなくなってしまった。 セルジ・ロベルトもアキレス腱に違和感があり、2試合を欠場。ただ、どうやらマジョルカ戦には復帰できる見込みのようだ。 29日のトレーニングでは、チャビ・エルナンデス監督も状態をチェック。金曜日に問題がなければ、起用する見込みのようだ。 ただ、その場合でもセルジ・ロベルトを起用するかは不明。アトレティックに所属しているマルク・カサドを起用する可能性もあるようだ。 今夏のアメリカツアーに帯同しており、チャビ監督も力を知っている状況。野戦病院状態となっている最終ラインの救世主になるか期待がかかる。 2022.09.30 16:02 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサがデンベレとの契約更新を検討、2026年まで延長か

バルセロナがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)との契約更新を検討しているようだ。 昨年11月にチャビ・エルナンデス監督が就任して以降、圧巻のパフォーマンスでチームの巻き返しに貢献するも、契約満了を迎える今夏の退団が濃厚と目されていたデンベレ。だが、最終的には2024年6月まで2年間の延長で合意した。 今季もラ・リーガ全試合に出場するなど主力としてチームをけん引。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、首脳陣らはこの活躍を受け、デンベレの契約更新を最優先事項に据え、新たに2026年までの延長を議論しているという。 さらに、デンベレにはリリース条項として5000万ユーロ(約70億円)が設定されているものの、半分は選手の代理人に支払われるもので、仮に手放すとなった場合、ビジネスとしても痛手を被ることになる現状を危惧しているとのことだ。 選手自身はクラブへの愛着や契約延長希望を、チームメイトや首脳陣のみならずメディアにも公言。かつては問題児ぶりがたびたび世間を騒がせるも、今ではクラブ周辺の誰もが認める必要不可欠な選手へと変貌を遂げたようだ。 2022.09.30 15:44 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly