レガネス涙したブラースヴァイトのバルサ移籍劇…選手の古巣ミドルスブラが2.8億円をゲット!

2020.02.22 09:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
20日、レガネスからバルセロナに移籍したデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイト(28)。移籍市場閉幕後の移籍劇により、煽りを食らったレガネスだが、逆に恩恵を受けたクラブもあるようだ。イギリス『サン』が報じた。ウルグアイ代表FWルイス・スアレスに続き、フランス代表FWウスマーヌ・デンベレを長期にわたる負傷で欠くバルセロナ。5カ月以上の離脱者が出た場合に限り、移籍市場閉幕後もスペイン国内クラブからか、あるいは無所属の選手を獲得できるというラ・リーガの“特例”規定を利用して、レガネスからブラースヴァイトを獲得した。

この不公正さも否めない緊急補強ルールにより、すでに移籍市場が閉幕したこのタイミングでチーム最多のラ・リーガ6得点を記録する主砲を失ったレガネス。ゼネラルマネージャー(GM)を務めるマルティン・オルテガ氏が「ルールは到底理解できないもの。他クラブの問題を押し付けられるものに過ぎない」と遺憾の意を示した。

一方で、賛否両論の移籍劇により、ブラースヴァイトが2017年夏〜2019年夏まで籍を置いたミドルズブラは恩恵を受けた様子。2019年1月にブラースヴァイトをレンタルしたレガネスが同年夏に買い取った際、将来的な移籍時の一部をミドルズブラに譲渡するという条項が盛り込まれていたというだ。

これにより、ミドルズブラはバルセロナに契約解除金額の満額1500万ポンド(約21億6000万円)と引き換えにブラースヴァイトを手放したレガネスから推定200万ポンド(約2億8000万円)のボーナスをゲットしたと模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

イングランドW杯優勝メンバーでユナイテッドのレジェンドMFスタイルズ氏が78歳で死去

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドやプレストン・ノースエンドで活躍した元イングランド代表MFノビー・スタイルズ氏が30日、78歳で死去した。 スタイルズ氏はユナイテッドの下部組織出身。1960年にトップチームに昇格すると1960年から71年まで在籍し、311試合に出場して17ゴールを挙げた。在籍中にはボビー・チャールトン氏やジョージ・ベスト氏、デニス・ロー氏らと共にプレーし、2度リーグ優勝やチャンピオンズリーグ(CL)の前身となるUEFAチャンピオンズカップ制覇に貢献した。 ユナイテッドを離れた後は、ミドルズブラで2シーズンを過ごし、その後ユナイテッドでチームメイトだったボビー・チャールトン氏が監督を務めていたプレストンに加入。2シーズンで公式戦46試合に出場していた。 また、1965年4月にデビューを飾ったイングランド代表では、2度のワールドカップ(1966,1970)やユーロ(1968)に出場。1966年に母国で開催されたワールドカップでは、全試合にフル出場しイングランドの初優勝に大きく貢献した。 1975年に現役を引退したスタイルズ氏は、1977年から指導者キャリアをスタートさせると古巣プレストンやバンクーバー・ホワイトキャップス、WBAなどの監督を歴任した。 今回の訃報を受け、イングランド代表やユナイテッド、ミドルズブラ、プレストンらはそれぞれ声明を出し、スタイルズ氏のご冥福を祈っている。 2020.10.31 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シティのFWロバーツがミドルズブラへレンタル移籍、昨季後半もレンタル

ミドルズブラは12日、マンチェスター・シティのFWパトリック・ロバーツ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ロバーツは2015年7月にフルアムからシティへと完全移籍。その後は、セルティック、ジローナ、ノリッジ・シティへとレンタル移籍を繰り返し、今年1月にはミドルズブラへレンタル移籍していた。 2019-20シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)で、10試合に出場し1ゴール3アシストを記録していた。 ニール・ウォーノック監督はロバーツについてコメント。昨シーズンのプレーからチームの戦力隣、選手として成長できると感じているようだ。 「少し違うものが必要だと感じていたので、彼を迎えることができて本当に嬉しい」 「私はパトリックを待っていた。彼が何ができるかはみんなが知っている。現在のチームで彼をより良い選手にすることができると感じている」 2020.10.13 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

71歳のウォーノック監督が新型コロナウイルス感染、ミドルズブラが発表

ミドルズブラのニール・ウォーノック監督(71)が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した。クラブが発表した。 クラブの発表によると、ウォーノック監督はすでに自己隔離しているとのこと。症状の有無については言及していないものの、元気であるとのことだ。 クラブは声明で「監督のニール・ウォーノックがCOVID-19の検査で陽性反応を示し、ガイドラインに従って自己隔離していることを確認しています。ニールは元気で、隔離された期間の後、彼を迎えることを楽しみにしています」としている。 ミドルズブラは15日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)でバーンズリー相手に2-0で敗戦。しかし、この試合はウォーノック監督はベンチに入らずスタンドで観戦。しかし、11日のチャンピオンシップ(イングランド2部)開幕戦のワトフォード戦(1-0敗戦)では指揮を執っていた。 ミドルズブラは19日に第2節でボーンマスと対戦。政府はパンデミックの中でのファンのスタジアム復帰を試験的に行うため、1000人のサポーターがスタジアムに入れることになる。 2020.09.17 20:15 Thu
twitterfacebook
thumb

約3カ月ぶりの実戦でニューカッスルが逆転勝利! 先発の武藤もゴールネットを揺らす

武藤嘉紀が所属するニューカッスルは9日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラとのフレンドリーマッチを行い、3-2で勝利した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、イギリス国内では全てのサッカー活動が停止。そこからおよそ3カ月が経過しようとする中、リーグ戦の再開が決定した。5月からすでにトレーニングを再開していたニューカッスルは、この日3月7日のサウサンプトン戦以来の対外試合を実施。無観客での開催の中、攻撃陣が結果を出した。 武藤を先発で起用したニューカッスルは、スルーパスでゴール前に抜け出されたサビルにゴールネットを揺らされ先制を許すと、アソモバロンガにもコントロールショットを沈められ2点を先行される。 リードを許したニューカッスルだが、中盤でボールを受けた武藤がドリブルで仕掛けるペナルティアーク左からシュートをゴール右隅に突き刺し、反撃の狼煙を上げる。 その後は一進一退の攻防が続く中、ニューカッスルは65分に武藤やアツ、ラザーロらフィールドプレーヤー10名を交代。ジョエリントンやサン=マクシマン、アルミロンら主力を投入。 すると、相手GKのパスミスを敵陣で奪ったサン=マクシマンのラストパスからボックス内のアルミロンがゴールネットを揺らし、同点に追いつく。さらにマンキージョのスローインをボックス右で受けたジョエリントンが絶妙な反転からシュートを流し込み、ニューカッスルが3-2で逆転勝利した。 守備に不安を見せるも攻撃陣の活躍で勝利を飾ったニューカッスルは、21日にプレミアリーグ第30節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦する。 2020.06.10 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

公式戦5試合ぶりの勝利を飾ったトッテナム4回戦進出!4回戦では吉田所属のセインツと対戦《FAカップ》

トッテナムは14日、FAカップ3回戦の再試合でミドルズブラ(イングランド2部)と対戦し、2-1で勝利した。 5日にアウェイで行われた一戦では、低調なパフォーマンスに終始し1-1のドローで再試合を強いられたトッテナム。公式戦4試合未勝利に加え、エースFWハリー・ケインの離脱など苦境が続くチームは、直近のリバプール戦から先発を5人変更。ソン・フンミンやデレ・アリ、アルデルヴァイレルトらに代えてラメラやロ・チェルソ、ヴェルトンゲンらを先発で起用した。 ルーカス・モウラを最前線に配置した[4-2-3-1]の布陣で試合に臨んだトッテナムは、開始早々にスコアを動かす。2分、相手GKのパスをボックス手前でカットしたロ・チェルソそのままボックス内に持ち込み、シュートをゴール左隅に流し込んだ。 先制点で主導権を握ったトッテナムだが、13分にピンチ。D・サンチェスのパスが大きく乱れると、右サイドでカットしたスペンスが相手DFを引きつけラストパスを供給すると、ボックス右まで侵入したエンメチャにシュートを許したが、これはGKガッサニーガのセーブで難を逃れた。 ピンチを凌いだトッテナムは、直後にチャンスを迎える。15分、中盤でハウソンからボールを奪ったラメラがドリブルで中央を切り裂くと、相手GKの位置を冷静に確認し左足アウトサイドでゴールネットを揺らした。 その後も攻勢を続けるトッテナムは、41分にも自陣からのロングカウンターでチャンスを迎えたが、ルーカス・モウラのシュートはわずかにゴール左に外れ、前半は2-0で終了した。 迎えた後半、先にチャンスを作ったのはミドルズブラ。54分、ペナルティアーク手前でFKを獲得すると、ウイングの直接FKがゴール右隅を捉えたが、これはGKガッサニーガの好セーブに阻まれた。 ミドルズブラが前から圧力をかける積極的な入りを見せた中、やや後手に回ったトッテナムは61分にルーカス・モウラを下げてソン・フンミンを投入。 拮抗した展開が続く中、積極的に交代カードを切るミドルズブラは83分にチャンス。最終ラインからのロングフィードを前線でジェステデが競り合うと、こぼれ球を拾ったサビルがペナルティアークまで持ち込みシュート。狙いすましたシュートはゴール左隅に吸い込まれた。 1点を返されたトッテナムは、86分にD・ダイアーを下げてデレ・アリを投入し試合を落ち着ける。結局、試合はそのまま2-1で終了。公式戦5試合ぶりの勝利を飾ったトッテナムが4回戦へ駒を進めた。 なお、4回戦でトッテナムは、DF吉田麻也を擁するサウサンプトンと対戦する。 2020.01.15 07:02 Wed
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly