復帰戦ドローのアザール「自分のパフォーマンスには満足だけど…」

2020.02.17 13:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが復帰戦後、コメントした。スペイン『マルカ』が報じた。

昨年11月に負った足首のケガにより、長らく戦線離脱を強いられたアザール。16日にホームで行われたラ・リーガ第24節のセルタ戦で招集メンバー入りを果たすと、即スタメン起用され、73分までプレーした。

ピッチを退くまでにPKのチャンスを獲得するなど、復帰戦から一定の爪痕を残してみせたアザールは試合後、実戦復帰の心境を口にしつつ、2-2のドローに終わったチームの結果に悔しさも滲ませた。

「気持ち良かったね。最初の10分ぐらいは疲れを感じたけど、時間が経つにつれて、気分も良くなった。自分のパフォーマンスには満足だけど、結果はそうなれない。今後のゲームで改善していければ」

残留争いを演じるセルタを相手に86分の失点で追いつかれ、勝ち点を取りこぼしたレアル・マドリー。これにより、2位バルセロナにわずか1ポイント差に詰め寄られてしまったが、アザールは首位死守に意欲を示した。

「まだ多くの試合がある。最後までファイトしていくつもりだ。(チームとしてゴール不足?) 僕はそう思わない。チャンスはあるから、もっと多くのゴールを奪えたはずだけどね」

「僕らは今の順調な歩みとともに、多くのゲームを勝っていきたい。それが僕らにとって、良いことだからね」

レアル・マドリーは22日に行われる次節、13位に位置するレバンテとのアウェイ戦に挑む。
コメント
関連ニュース
thumb

レアルFWヨビッチが自宅隔離、接触した友人が新型コロナ陽性反応

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、自宅で隔離されることとなった。スペイン『アス』が伝えた。 報道によると、ヨビッチは新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応がでた友人と接触していたとのこと。マドリーはプロトコルに従い、ヨビッチを自宅隔離させたとのことだ。 <div id="cws_ad">◆多くの期待を受けたヨビッチがお披露目<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1ZkZ0emZLSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヨビッチの友人は、6日の昼にベオグラードからマドリッドへと渡航。当初の計画では、ヨビッチが友人であっても訪問者を受け入れないということだったが、外国人選手でもあるためにクラブが別の手段を考えたようだ。 マドリーの対応は、選手を訪ねてくる全ての人に検査を実施。その結果、ヨビッチの友人が陽性反応を示したために今回の措置となったようだ。 6日はマドリーのトレーニングが休みであった前、ヨビッチは検査を受けたが結果は陰性。しかし、プロトコルに則り、自宅隔離の措置となった。 なお、マドリーは10日にアラベス戦を控えているが、今後の進行状況によっては、検査の範囲などが拡大される可能性もあるようだ。 ヨビッチは、新型コロナウイルスの感染拡大による中断期間でセルビアへ帰国。しかし、自宅隔離の決まりがある中に外出し、セルビア国民からも大きな非難を受けることに。さらには自宅で骨折したために、中断明けのトレーニングを行えないという不始末も起こしていた。 5日に行われたラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦には終了間際にカリム・ベンゼマと交代して入り試合に復帰していた。 2020.07.09 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏マドリー帰還のセバージョスにアルテタから残留を望む声! 「本当に重要な選手になっている」

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督がスペイン代表MFダニ・セバージョス(23)の確保に意欲を燃やしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 今夏にレアル・マドリーからレンタルで加入したセバージョスは、ここまで公式戦30試合に出場して2得点2アシストをマーク。シーズン中盤戦の負傷で約2カ月間の離脱を強いられたが、復帰後は定位置を再奪取し、ガナーズの中盤を支えている。 <div id="cws_ad">◆セバージョス、マドリーでのベストプレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwVGlsd0sxdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 6月28日に行われたFAカップ準々決勝のシェフィールド・ユナイテッド戦(2-1で勝利)で土壇場の決勝点を挙げ、重要度の増すセバージョスだが、今夏のレンタル契約満了に伴い、マドリー帰還が既定路線となっている。 しかし、アルテタ監督はセバージョスをチームの一部と見ており、クラブにアクションを促進。7日に行われるプレミアリーグ第34節のレスター・シティ戦前に先駆けた会見で、セバージョスへの満足感を示している。 「彼には本当に満足している。彼のサッカーに対する愛だけじゃなく、トレーニングや試合に対する情熱も気に入っているよ。とても素晴らしいね。ピッチ上にいようが、ベンチにいようが、彼は自分の人生を捧げている」 「彼は正しい方向へ進化していて、我々にとって本当に重要な選手になっている。クラブと話し合っている。だが、我々の選手じゃないのは確かだ。クラブはコミュニケーションを取って、何ができるかを見極める必要がある」 2020.07.07 18:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ハキミ代理人、インテル移籍の理由は「ジダン」

インテル移籍が決定したモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(21)の代理人がレアル・マドリーに戻らなかった理由として、ジネディーヌ・ジダン監督の存在を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリー下部組織出身のハキミは2018年夏から今季にかけて、ドルトムントにレンタル。ドイツの地で持ち味である攻撃力に磨きをかけ、今季公式戦45試合で9得点10アシストの数字を残した。 <div id="cws_ad">◆ハキミ、レアル・マドリーでのベストプレー集<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0MTRMc3hiNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ドイツの地で成長を遂げたハキミは今季限りでレンタル期間満了となり、マドリー復帰も選択肢に挙がったが、先日にインテル移籍が決定。ハキミの代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏がモロッコ『outlet Al Mountakhab』で移籍の決め手を明かした。 「ハキミのインテル行きの理由はジダンだ。今、彼(ジダン)はアクラフが去った理由を説明しなければならない。(ダニエル・)カルバハルの存在を考えると、復帰は理想的な選択じゃないと思った。この一歩を踏み出せば、未来は明るいものになると確信している」 また、インテルの指揮を執るアントニオ・コンテ監督の存在がハキミの心を動かしたと明かしている。 「コンテとは常に連絡を取り合っていた。彼はハキミにクラブのプロジェクトについて話をしていたんだ。指揮官がチームに欲しいと主張するのは、クラブのプロジェクトの重要な部分を担うということを意味する」 2020.07.07 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“野獣”ジュリオ・バチスタの驚異的な身体能力、咄嗟の反応でバイシクルシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表MFのジュリオ・バチスタ氏のゴールだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆高い身体能力での咄嗟のバイシクル!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4ZmFMWmxkQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 驚異的なフィジカル能力から“野獣”の愛称で知られたジュリオ・バチスタ氏は、母国サンパウロでの活躍をキッカケにセビージャで欧州初上陸。そのセビージャで公式戦73試合の出場で43ゴールを挙げ、レアル・マドリーへの移籍を果たした。 マドリーでは、公式戦77試合で13ゴール6アシストを記録したが、2007年9月27日に行われたラ・リーガ第5節のレアル・ベティス戦では見事なゴールを決めている。 1-0とマドリーの1点リードで迎えた84分、敵陣右サイド深くでFKのチャンスを獲得すると、キッカーのMFグティがニアサイドに低く速いボールを蹴りこむ。 そのボールは混戦となり、浮いたボールをMFマハマドゥ・ディアッラが相手と空中で競り合うと、ボールはゴール前にいたジュリオ・バチスタの前へ。 ゴールには背を向けていたジュリオ・バチスタだったが、咄嗟に飛び上がり、そのまま右足でバイシクルシュートを放った。至近距離からのバイシクルシュートに相手GKリカルドの反応は間に合わず、ゴールネットを揺らした。 ジュリオ・バチスタ氏は、マドリー以外にもアーセナル、ローマといったビッグクラブを渡り歩き、2013年にクルゼイロで母国復帰を果たした。キャリア終盤はアメリカのオーランド・シティを経て、2019年3月までルーマニアのクルージュでプレーし、昨シーズン限りで現役を引退している。 2020.07.06 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

またしてもPK成功で勝利に導いたセルヒオ・ラモス「唯一考えていることは3ポイント」

レアル・マドリーのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、ラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦の結果を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 5日に敵地でビルバオと対峙したマドリー。試合は長らくこう着状態が続いたが、DFマルセロが獲得したPKのチャンスをS・ラモスがゴール右隅に決めてみせ、1-0で勝利した。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆頼れる男が見せる芸術的ディフェンス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; "><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGYTM2VFd6VyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 再開後、7戦5発とセンターバックながら二桁得点に到達したS・ラモス。試合後のインタビューに応じると、以下のように述べている。 「3ポイントは非常に重要だ。僕たちに残っているリーグ戦の試合で最も重要な試合の1つだとわかっていた。ビルバオはいつも物事を複雑にさせる敵だ」 「再開後、試合は11試合残っていた。試合ごとに3ポイントを獲得するために着実に進まなければいけなかった」 「僕たちはまた、チームとして準備をして、こういった対戦相手に対して素晴らしいフィジカルレベルを示した。幸いにもリーグ戦は自分たち次第だ。優勝したいと思っている。最初の1分から、試合に勝ちに行くという姿勢を見せたが、全試合を3-0で勝つことはできない。これは決勝戦だった」 今シーズン全PKを成功させているS・ラモスは「PKを蹴るときに唯一考えていることは3ポイントだ。不安と緊張が来た瞬間に心地よく感じる。僕が引き受けるのが正しいと思う。責任と結果がそこにはあるからだ。チームを助けるなら、何回でも喜んでやる」とPK時の心境を語った。 2020.07.06 10:15 Mon
twitterfacebook