YS横浜、DF西山峻太とDF宗近慧の契約更新

2020.01.18 20:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Y.S.C.C.横浜は18日、DF西山峻太(30)とDF宗近慧(27)の契約を更新したことを発表した。

国士舘大学出身の西山は2012年に当時、日本フットボールリーグ(JFL)のY.S.C.C.(現Y.S.C.C.横浜)へ加入。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに27試合に出場して1得点を記録した。

一方、宗近はサンフレッチェ広島の下部組織から法政大学を経て、2015年にYS横浜へ。昨シーズンはJ3リーグ26試合に出場した。

新シーズンもYS横浜でプレーすることが決まった両選手は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆西山峻太
「2020シーズンもY.S.C.C.でプレーさせて頂けることになりました。この機会を作ってくださったクラブにはとても感謝しています。徐々にホーム・アウェイにも足を運んでくださるファン・サポーターの方々が増えてきているなと実感しています。そういった方々とたくさんの勝利を分かち合えるように毎日ハードワークして自分のやるべきこと・立場でこのクラブのために全てを捧げたいと思います」

「また、シュタルフ監督と闘い・学べることは自分のキャリアにとっても非常に大きくとても幸せなことです。色々なたくさんの想いを背負ってピッチで自分のプレーを表現したいと思います。今シーズンも共に闘ってください!!!」

◆宗近慧
「今シーズンもY.S.C.C.でプレーさせていただくことになりました。素晴らしいシーズンになるように日々努力していきます。応援よろしくお願いします」


関連ニュース
thumb

「改革の歯車は止めません」J3降格決定の北九州が声明「戦力の再構築を図ります」

J3降格が決定したギラヴァンツ北九州は5日、声明を発表した。 前節を終えた時点で降格圏の20位に位置していた北九州。残留圏への浮上は叶わない状況だったが、勝ち点上は19位に浮上できる可能性。J3の結果次第ではJ2に残留できる可能性が残されていた。 そんな中迎えた最終節は、7位のモンテディオ山形との一戦。19位SC相模原との得失点差9を埋めるべく試合に臨み、立ち上がりから積極的な攻勢を見せた。 しかし、序盤のシュートを凌がれると、山形のFWヴィニシウス・アラウージョの餌食に。前半だけで2点を奪われると、後半もヴィニシウス・アラウージョに2ゴールを許すなど、5-1で大敗。僅かな夢も打ち砕かれ、J3への降格が決定した。 その北九州は、玉井行人 代表取締役社長の名義で声明を発表。J3降格を受けての謝罪とともに、 「今節の試合結果をもって、私たちギラヴァンツ北九州は2022シーズンのJ3への降格が決まりました。これまで、どのような状況でも、熱い応援、手厚いご支援をいただいているファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、北九州市はじめ自治体の皆様の期待に応えることができず、深くお詫びを申し上げます。誠に申し訳ありません。皆様には極めて悔しく、残念な想いをさせてしまい経営トップとして責任を痛感しております」 「今シーズンは主力選手の移籍に伴って、まったく新しいチームとして臨む形となり、序盤から苦しい戦いを強いられました。夏以降はJ2残留に目標を定め、昨シーズンまで在籍した選手2人を期限付き移籍で獲得して戦いましたが、ついに目標には届きませんでした。現実を真摯に受け止め、このような事態に至った要因を分析して、来シーズン、復帰に向けた総力戦を始めます」 「ただ、北九州という地域のDNAに基づく強いサッカーを志向するという基軸は決してゆるがせにしません。2019シーズン、2020シーズンのギラヴァンツ北九州の躍進は決して偶然ではないと確信するからです。クラブとしてこうしたサッカーを持続可能にする経営基盤づくりを急がねばなりません。いったん態勢を整えて、戦力の再構築を図ります」 「改革の歯車は止めません。時に後退することもあるかもしれませんが、一コマでも、二コマでも着実に堅実に前に進めていくつもりです」 「そのためにもギラヴァンツ北九州を支えてくださる皆様の後押しが必要です。誠に勝手ではございますが、引き続き、クラブへのお力添えを賜りますよう何卒お願い申し上げます」 2021.12.05 22:35 Sun
twitterfacebook
thumb

逆転でJ3優勝の熊本に村井満チェアマンが祝福メッセージ「今年のクラブスローガン「闘え!」を体現したチームだと思います」

Jリーグの村井満チェアマンが、逆転での明治安田生命J3リーグ優勝を決めたロアッソ熊本へ祝福のメッセージを送った。 熊本はJ3最終節を迎えた段階で3位に位置。勝利すればJ2への昇格を決められる中、優勝には2位のいわてグルージャ盛岡の結果が重要となっていた。 その熊本は、FC岐阜をホームに迎えた試合で前半はゴールれすと苦しんだものの、後半に2得点を奪い2-0で勝利を収めた。 一方2位の岩手はアウェイでアスルクラロ沼津と対戦。こちらも前半はゴールレスと苦しんだ中、60分に先制。しかし、65分に追いつかれるとそのまま引き分けに終わり、2位をキープ。熊本が逆転で優勝を果たした。 村井チェアマンはリーグを通じて熊本を祝福している。 「ロアッソ熊本に関わる全ての皆さま、2021明治安田生命J3リーグ優勝、誠におめでとうございます」 「クラブ新記録の7連勝など、破竹の勢いでシーズンを駆け抜けました。特にリーグ最少失点を誇る献身的な守備陣の働きが、チームの強さを底上げしたのではないでしょうか」 「優勝争いは本日の最終節までもつれ込みましたが、プレッシャーをはねのける安定した守りと、常に前を向きゴールを狙う全員の思いがうまくかみ合った、素晴らしい熱戦を繰り広げてくれました」 「アカデミー出身の1年目、坂本亘基選手の豪快な先制点も目を見張るものがありました。まさに今年のクラブスローガン「闘え!」を体現したチームだと思います」 「4シーズンぶりとなるJ2の舞台でもその強さをいかんなく発揮し、地域でクラブを支えつづける多くの方々へ、笑顔や元気を届けてください」 2021.12.05 18:35 Sun
twitterfacebook
thumb

J3得点王はキャリアハイの13得点を決めた岐阜MF川西翔太、宮崎の躍進支えた2人も上位に

明治安田生命J3リーグの全日程が5日に終了。FC岐阜のMF川西翔太が得点王に輝いた。 岐阜の背番号10を背負う川西は、今シーズンのJ3リーグで26試合に出場。2試合のみ欠場したが、自身のキャリアハイだった昨シーズンの10得点を上回り、13得点を記録。見事にJ3の得点ランキングで1位に立った。 チームは上位を争う時期もあったが、早々に昇格争いからは脱落。6位でフィニッシュしていた。 2位には今季からJ3に昇格したテゲバジャーロ宮崎のFW 藤岡浩介がランクイン。自身初のJリーグの舞台だった、全28試合に出場し10得点を記録。チームの3位躍進に大きく貢献していた。 3位には9得点で6人が並ぶ状況に。最終節でゴールを記録したガイナーレ鳥取のFW田口裕也や鹿児島ユナイテッドFCのFW米澤令衣も9得点として並ぶことに。その他、カターレ富山のFW大野耀平、テゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人、AC長野パルセイロのMF三田尚希、福島ユナイテッドFCのFW樋口寛規が並んだ。 ◆J3得点ランキング 【13】 川西翔太(FC岐阜) 【10】 藤岡浩介(テゲバジャーロ宮崎) 【9】 大野耀平(カターレ富山) 田口裕也(ガイナーレ鳥取) 米澤令衣(鹿児島ユナイテッドFC) 梅田魁人(テゲバジャーロ宮崎) 三田尚希(AC長野パルセイロ) 樋口寛規(福島ユナイテッドFC) 【8】 イスマイラ(福島ユナイテッドFC) 高橋利樹(ロアッソ熊本) 2021.12.05 17:28 Sun
twitterfacebook
thumb

試合のなかったJ3宮崎は3位で1年目フィニッシュ、J3降格圏の相模原は救われず1年でJ3降格

5日、2021シーズンのJリーグの全日程が終了した。 13時に11試合が同時キックオフを迎えた明治安田生命J2リーグは、ザスパクサツ群馬、ツエーゲン金沢、大宮アルディージャ、SC相模原の4クラブが残留を争った。 残り1つとなっていた降格圏のクラブ。群馬と大宮は大宮のホームNACK5スタジアム大宮で行われた。 群馬は7分に加藤潤也のゴールで幸先良く先制する中、勝てば自力で残留を決められる大宮が反撃。16分に菊地俊介が同点ゴールを決めると、35分には三門雄大の鮮やかなミドルシュートが決まり前半で逆転する。 後半に入ると群馬が押し込む展開が続くが、ピンチを凌いだ大宮が67分にロングフィード1発から河田篤秀がネットを揺らして3点目。3-1で勝利し、自力で残留を決めるとともに、16位でフィニッシュした。 敗れた群馬は他会場の結果次第では降格のピンチに。東京ヴェルディと対戦した降格圏の相模原だったが、17分に新井瑞希にゴールを奪われ失点。その後猛攻を見せるも、ネットを揺らした2度はオフサイドで認められず。後半には、佐藤凌我、深澤大輝とゴールを奪われ、3-0で完敗。降格圏を脱せないまま最終節を終えた。 なお、金沢は京都サンガF.C.と0-0のゴールレスドローに終わり、大宮、金沢、群馬が残留を決めていた。 相模原は明治安田生命J3リーグの2位以内に首位のテゲバジャーロ宮崎が入れば残留できる可能性があった。 しかし、ロアッソ熊本が2-0でFC岐阜を下してJ3優勝が決定。2位のいわてグルージャ盛岡はアスルクラロ沼津と対戦し、後半に猛攻を受けたが1-1のドロー。この結果、試合がなかった宮崎と勝ち点で並んだが、得失点差で上周り岩手がJ2に昇格。宮崎は3位に転落してシーズンが終了し、相模原はJ3へ1年で降格することが決定した。 ◆J2最終順位 16位:42pt #大宮アルディージャ/-5 17位:41pt #ツエーゲン金沢/-21 18位:41pt #ザスパクサツ群馬/-21 ーー残留ライン 19位:38pt #SC相模原/-21 ◆J3最終順位 1位:54pt ロアッソ熊本/+19 2位:53pt いわてグルージャ盛岡/+15 ーー昇格ライン 3位:53pt テゲバジャーロ宮崎/+13 2021.12.05 16:29 Sun
twitterfacebook
thumb

2発快勝の熊本がJ3優勝&J2昇格決定! 岩手は引き分けるもJ2初昇格…相模原は1年でJ3降格【明治安田J3最終節】

5日、明治安田生命Jリーグ最終節の7試合が行われた。 首位に立っているテゲバジャーロ宮崎は、前節で全日程が終了。最終節は試合がない状況で、優勝の報告を待つ状況となっている。 2位のいわてグルージャ盛岡は、13位のアスルクラロ沼津とアウェイで対戦。3位のロアッソ熊本はホームでFC岐阜と対戦。岩手は引き分け以上、熊本は勝利しなければ逆転優勝はない状況で最終節を迎えた。 2位の岩手だったが、最初にチャンスを作ったのは沼津。14分、やや離れた位置でのFKから濱が直接ゴールを狙うと、シュートは枠に飛ぶも左ポストを直撃しゴールとはならない。 一方の岩手は29分、ロングボールに抜け出した和田がボックス内で対応されるも粘りを見せると、折り返しをブレンネルがシュート。しかし、ここはGK野村がセーブする。 そのCKからもチャンスを迎えた岩手だったがゴールを奪えず。0-0のゴールレスで前半を終える。 そんな中迎えた60分、岩手はFKを得るとクロスをGKの村がファンブル。これを牟田が押し込んで先制。全員でゴール裏まで行って喜びを爆発させる。 岩手が1点をリードしていた中、沼津がワンチャンスをものにする。65分、右サイドからのクロスをボックス内で受けると、最後は高橋が蹴り込み、沼津が同点に追いつく。 逆転を許せば宮崎を抜けない岩手は攻勢に出るが、ホームの沼津が攻め込む時間帯が続いていく。 そのまま時計の針は進みドローのまま終わるかと思われたが、後半アディショナルタイム4分に岩手は相手ボックス手前でFKを獲得。このFKは決まらなかったが、最後まで守り抜き、1-1のドロー。2位でJ2初昇格を決めた。 3位の熊本は6位の岐阜と対戦。勝利のみがJ2昇格を決められる熊本だったが、4分に岐阜がチャンス。川西がボックス外からシュートを放つが、GK野澤大志ブランドンがしっかりとキャッチする。 一方の熊本は主導権を握って岐阜のゴールへ何度も迫るが、シュートが枠に飛ばない。 32分には黒木がボックス外からシュートも、GK桐畑がセーブ。33分にはボックス内でのこぼれ球を杉山がシュートも、これもGK桐畑がセーブして得点を許さない。 ゴールレスで迎えた中、65分にスコアが動く。熊本はハーフレイライン付近のFKから、ヘディングで落とすと、ボックス外で坂本が右足一閃。糸を引くようなシュートがゴール右上に突き刺さり、熊本が先制する。 このまま行けばJ2昇格が決まる熊本。岐阜も反撃に出る中82分にチャンス。ターレスが右サイドを攻め込みチャンスを迎えるもGK桐畑が対応。しかし、こぼれ球を繋ぎ、右からのクロスを最後は髙橋がヘッドで合わせ、リードを2点に広げる。 その後も熊本がボールを保持し試合終了。2-0で勝利を収めると、岩手がアウェイで引き分けたため、2018年以来のJ2昇格を果たすとともに、J3優勝を決めた。初優勝を待っていた宮崎は残念ながら3位に転落してシーズンを終えた。 なお、この結果J2で19位となっていたSC相模原は1年での降格が決定した。 ◆明治安田生命J3リーグ最終節 アスルクラロ沼津 1-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ロアッソ熊本 2</span>-0 FC岐阜 福島ユナイテッドFC 1-1 カマタマーレ讃岐 AC長野パルセイロ 0-0 FC今治 カターレ富山 1-1 鹿児島ユナイテッドFC 藤枝MYFC 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 Y.S.C.C.横浜</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ガイナーレ鳥取 3</span>-0 ヴァンラーレ八戸 ◆J3最終順位 1位:54pt ロアッソ熊本/+19 2位:53pt いわてグルージャ盛岡/+15 ーー昇格ライン 3位:53pt テゲバジャーロ宮崎/+13 2021.12.05 16:06 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly