YS横浜、MF柳雄太郎ら4名と契約更新

2020.01.17 19:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Y.S.C.C.横浜は17日、MF柳雄太郎(24)、MF長澤卓己(27)、FW古山蓮(21)、DF尾身俊哉(24)との契約更新を発表した。

柳は2018年に明海大学からYS横浜へ加入。昨シーズンから背番号「10」を着用して明治安田生命J3リーグに18試合出場し2得点を記録した。

日本体育大学出身の長澤は、卒業後に渡独。ドイツ6部に相当するリーグで経験を積み、2018年にYS横浜の下部組織へ入団。昨季トップ昇格を果たし、J3リーグ10試合に出場した。

古山は2019年に神奈川県1部リーグに所属するFCグラシア相模原からYS横浜へ。昨シーズンはJ3リーグ9試合に出場した。横浜F・マリノスユース出身の尾身は、専修大学を経て2018年にYS横浜入り。昨シーズンはJ3リーグに4試合出場した。

新シーズンもYS横浜でプレーすることが決まった4選手は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆柳雄太郎
「今シーズンもY.S.C.C.でプレーさせて頂くことになりました。今まで以上に覚悟と責任をもち、チームの勝利に貢献できるよう全力を尽くします。応援よろしくお願いします」

◆長澤卓己
「今シーズンもY.S.C.C.でプレーできる事に感謝します。また、昨年お世話になりました田原トレーナーにつけて頂いた愛称”孤高の戦士”らしく、卓越した己を出せるように日々のトレーニングから熱くひたむきに頑張り、2020年も更に成長したY.S.C.C.と長澤卓己を表現できればと思います。2020年もどうぞよろしくお願いします」

◆古山蓮
「今シーズンもY.S.C.C.でプレーさせて頂ける事になりました。昨シーズンよりチームとしても個人としてもいい結果が出せるように頑張ります! 応援宜しくお願いします!」

◆尾身俊哉
「いろんな方々のおかげで、またこのチームでプレーをさせて頂くことになりました。感謝を忘れず、強い意志と強い覚悟を持って、今年一年チームのために個人のために自分に出来ること、やらなければいけないことをやっていきます」


関連ニュース
thumb

鳥取が神奈川大学MF馬場琢未の来季加入内定を発表、高校時代は米子北で過ごす

ガイナーレ鳥取は23日、神奈川大学のMF馬場琢未(22)の来季加入内定を発表した。 岐阜県出身の馬場は、高校時代は鳥取県の米子北高校で過ごし、神奈川大学へと進学していた。 高校時代以来の鳥取帰還となる馬場は、クラブを通じてコメントしている。 「この度ガイナーレ鳥取に加入することになりました神奈川大学の馬場琢未です。夢であったプロサッカー選手になれたのは自分のサッカー人生に携わってくださった多くの方々のおかげだと思います」 「自分の武器であるスピードに乗ったドリブル突破やフィジカルを存分に発揮しガイナーレ鳥取の勝利に貢献できるよう尽力いたします。応援よろしくお願いします」 2021.10.23 14:41 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿児島MF酒本憲幸が現役引退…C大阪の右サイドを長らく支える「感謝の気持ちでいっぱい」

鹿児島ユナイテッドFCは22日、MF酒本憲幸(37)の現役引退を発表した。 和歌山県出身の酒本は、初芝橋本高校から2003年にセレッソ大阪へと入団。1年目から出場機会を得ると、キャリアの途中からは右サイドバックとして定着。C大阪を支えた。 アカデミー出身の若手選手も多く台頭したC大阪では、2010年からは最古参の選手としてプレー。J2降格、J1昇格、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場など、キャリアでは浮き沈みのある様々な経験をした。 しかし、DF松田陸の加入後は出場機会が減り、2017年、2018年はリーグ戦での出番はなし。2019年に鹿児島へと完全移籍すると、中盤へポジションを移し、2019シーズンは明治安田生命J2リーグで40試合に出場し2得点。2020シーズンは明治安田生命J3リーグで34試合に出場し7得点を記録。今シーズンもJ3で16試合に出場していた。 なお、11月28日(日)の明治安田J3第29節、AC長野パルセイロ戦後に引退セレモニーが実施される。 酒本はクラブを通じてコメントしている。 「この度、2021年シーズンをもちまして現役を引退することにしました。19年間の現役生活のなかで、本当に色々な方に支えてもらいました。僕みたいな選手がこの年まで続けてこれたのは、こういった方達のおかげです。本当にありがとうございました、感謝の気持ちでいっぱいです」 「まだ残り7試合あります。最後まで自分のやれる事をやりぬきチームに貢献出来るように頑張ります」 「次はホームでアスルクラロ沼津戦です。是非スタジアム、リモートで応援よろしくお願いします!」 「最後に、引退セレモニーを11月28日のAC長野パルセイロ戦後に行なってくれる事になりました。皆さんとお会いして、ご挨拶出来ることを嬉しく思ってます。11月28日 スタジアムでお待ちしております。急に寒くなったので、体調にはお気をつけ下さい」 2021.10.22 10:59 Fri
twitterfacebook
thumb

鳥取が飯塚高FW高尾流星の加入内定を発表 「日本一のストライカーになります」

ガイナーレ鳥取は21日、飯塚高校に在学するFW高尾流星(17)の来季加入内定を発表した。 高尾は宮崎県出身のストライカー。鳥取でのプロ入り内定を受け、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語っている。 「こんにちは。来季からガイナーレ鳥取に加入することになりました高尾流星です。1日でも早くピッチに立ち、得点でチームに貢献できるよう頑張ります。日本一のストライカーになります。応援よろしくお願いします」 2021.10.21 15:15 Thu
twitterfacebook
thumb

富山が京都共栄学園高校MFガブリエルの来季加入内定を発表 「サポーターから応援してもらえる選手になりたい」

カターレ富山は20日、京都共栄学園高校に所属するMFガブリエル・エンリケ・ナシメント・ドス・サントス(19)の来季入団内定を発表した。 ブラジル人のガブリエルは名門サントスの下部組織出身。2018年に京都共栄学園高校に短期留学すると、翌年に正式に入学し、同校のサッカー部に入部した。 富山は「ブラジルのフットサルで磨かれたテクニックと抜群のフィジカル能力を兼ね備えたプレーヤー」とガブリエルを紹介。クラブを通じて喜びの思いとともに意気込みを語っている。。 「Jリーグでプレーする夢を持って、ブラジルから来ました。その夢がカターレ富山さんのお陰で叶うことになり本当に感謝しています。留学生として日本で勉強した3年間の成長をJリーグで発揮したい」 「まずはチームの為にハードワークし、そしてゴール、アシストなどのチャンスメイクを多く狙いたい。富山のサポーターから応援してもらえる選手になりたい」 <span class="paragraph-title">【写真】京都共栄学園高校に所属するMFガブリエルがカターレ富山に来季入団内定</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">カターレ富山に京都共栄学園高校のガブリエル・エンリケ・ナシメント・ドス・サントス選手が2022シーズンより新加入することが内定いたしましたので、お知らせいたします。 <br>一緒に挑戦していきましょう‼<br><a href="https://t.co/DDgnjKpTHJ">https://t.co/DDgnjKpTHJ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AC%E5%AF%8C%E5%B1%B1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#カターレ富山</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/tt?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#tt</a> <a href="https://t.co/MhwQus00Qz">pic.twitter.com/MhwQus00Qz</a></p>&mdash; カターレ富山 (@katallertoyama) <a href="https://twitter.com/katallertoyama/status/1450711579880660993?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 16:26 Wed
twitterfacebook
thumb

今治のDF園田拓也が現役引退…山形、愛媛、熊本でもプレー「次のステージに進もうと決断しました」

FC今治は20日、DF園田拓也(36)の現役引退を発表した。 宮崎県出身の園田は、国見中学、国見高校、中央大学を経て、2007年にモンテディオ山形へと入団し、プロキャリアをスタートさせる。 センターバックを主戦場に右サイドバックでもプレーした園田は、2012年に愛媛FCへと完全移籍。2014年にはロアッソ熊本へと完全移籍した。 今治では、2019年からプレー。JFL時代に加入し、チームのJ3参入に貢献していた。 J1通算37試合出場、J2通算237試合9得点、J3通算28試合2得点、リーグカップは8試合、天皇杯は16試合に出場した。 また、JFLでは28試合2得点を記録し、2019年のベストイレブンにも選ばれている。 園田はクラブを通じてコメントしている。 「いつも応援ありがとうございます。今シーズンをもって引退する事をご報告させていただきます」 「ここ数年は小さな怪我が続き自分自身納得するプレーが出来ない事も増え、先の事を考えた結果、現役生活に区切りをつけ次のステージに進もうと決断しました」 「モンテディオ山形から始まり、愛媛FC、ロアッソ熊本、そしてFC今治と4チームでプレーさせていただき、偉大な先輩方や頼もしい仲間達に恵まれ、幸せな現役生活を送る事が出来ました。どんな時も共に闘い背中を押してくれたファン、サポーターの皆さん、関係者の皆様、15年間ありがとうございました」 「そして、丈夫な身体に産み育ててくれた両親、一番近くで支えてくれた妻にも直接感謝を伝えたいと思います。セカンドキャリアも自分らしくコツコツ努力していきます!」 「また、今年はなかなか結果が出ず厳しい状況ではありますが、今シーズンも残り約1ヶ月半、変わらず全力でチームに貢献していきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします!」 2021.10.20 10:04 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly