L・エンリケに追いやられた元スペイン代表監督のモレノ氏、新天地は名将がリストアップされる南米か?

2019.12.26 12:38 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ルイス・エンリケ監督の復帰により、スペイン代表から追いやられたロベルト・モレノ元監督(42)だが、エクアドル代表が招へいに動いているようだ。スペイン『アス』が報じた。

エクアドルサッカー連盟(FEF)のフランシスコ・エガス会長は、16日にエクアドル代表の新監督を選定したと発表していた。具体的な名前は明かされなかったが、スペイン代表を率いていたロベルト・モレノ氏がその候補に挙がっている。

当初は、ドイツ代表やアメリカ代表を率いていたユルゲン・クリンスマン監督を招へいしようとしていたようだが、ヘルタ・ベルリンの監督に就任。そのため、リストの2番目に位置していたモレノ氏が最有力候補に挙がっているようだ。なお、元スペイン代表監督のフェルナンド・イエロ氏や元コロンビア代表監督のホセ・ペケルマン氏も候補にいるようだ。

モレノ氏は、ヨーロッパでのキャリアを続けたいと見られているが、エクアドルはとても野心的なプロジェクトを提案したとのこと。また、給与も135万ユーロ(約1億6400万円)を用意しているようだ。

ルイス・エンリケ監督の個人的な理由による退任で急遽スペイン代表を率いたものの、ユーロ2020予選などで7勝2分けの無敗と結果を残したモレノ氏。突如復帰したルイス・エンリケ監督に「不誠実だ」とされチームを追いやられたが、新たな活躍の場がエクアドルになるかもしれない。

関連ニュース
thumb

ペドリ、スペイン史上最年少でユーロデビューも「悲しい結果」決定機逸のモラタにも言及

スペイン代表史上最年少でユーロデビューを果たしたバルセロナMFペドリが、引き分けに終わったスウェーデン戦を振り返った。 スペインは14日、ユーロ2020のグループE初戦でスウェーデンと対戦。優勝候補の一角と目される中、前半から決定機を生み出したものの、相手GKの度重なるファインセーブに苦しみ0-0の引き分けとなった。 ドロー発進となったスペインにおいて、先発フル出場で存在感を示したペドリ。この試合がユーロデビューとなり、18歳201日という同国史上最年少記録を樹立した。これまでの記録は、1980年大会でデビューしたミゲル・テンディージョ氏の19歳132日だったが、それを約10カ月更新する好記録が生まれることになった。 しかし、ペドリは残念な結果になったと振り返っている。 「素晴らしい大会でデビューできたことに満足しているよ。どんな子供にとっても夢だからね。でも、引き分けてしまったことは悲しいよ。何度もチャンスを作ったにもかかわらず、肝心のゴールを決めることができなかった。間違いを修正するために試合を見返そうと思うよ」 ペドリはまた、この試合の前半に決定機を逃していたFWアルバロ・モラタを労った。同選手は38分に、DFジョルディ・アルバのパスをゴール前で受けたが、GKと一対一の場面でシュートを右に外してしまっていた。 「誰にだってミスはある。彼は人間だ。おかしいことじゃない。アルバロ・モラタは常に多くの仕事をこなしているんだ。だからサポーターも僕たちを信頼してほしい。僕たちは素晴らしいチームであり、これからも前進していく」 2021.06.15 15:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ初戦ドローのスペイン、セスクはチームの課題指摘 「チャンスをものにしなければならない」

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、代表チームは改善が必要だと語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スペインは14日に行われたユーロ2020グループE第1節でスウェーデン代表と対戦。立ち上がりからボールを握ったスペインだったが、相手GKロビン・オルセンの好セーブに阻まれ得点を奪えない展開に。FWアルバロ・モラタとFWジェラール・モレノがそれぞれ訪れた決定機を決めなかったこともあり、ゴールレスドローで試合を終えた。 1点も決められなかった代表チームに対してはホームスタジアムからブーイングが飛び、特にモラタに対しては試合後も強い批判が浴びせられている。 こうした状況を受け、スペイン代表で通算110試合出場15ゴール37アシストの成績を残しているセスクは、イギリス『BBC』のインタビューに応じた際、代表チームの課題を指摘。チームとしての形があまり見えていないことを嘆いている。 「この試合はどう始めるかではなく、どう終わらせるかという例の一つであり、チームの大きな問題点だと思う」 「フランスが(オリヴィエ・)ジルーを起用してワールドカップ(W杯)を制覇した例があるのは知っている。とはいえ、(ストライカーは)チャンスをものにしなければならない。僕たちは試合に勝つため、十分なチャンスを作ったのだから」 「ただ、チームに対する大きな疑問点は他にもある。どのようにして守備を終え、どのようにして攻撃を終えるか、今日はそれが示せていなかった」 チームに対する課題を指摘したセスクだが、一方でスペインはグループステージを突破できるはずだとコメント。同時に、改善も必要だと語っている。 「スペインは少なくとも、グループステージを突破できるだけのクオリティは持っていると思うよ」 「彼らの前半に目を向けて欲しい。チャンスをものにはできなかったが、良いプレーはしていた。スペインは負けたわけではなく、世界の終わりというわけではない。彼らは成長していくと信じているよ。もちろん、確実に改善は必要だ」 2021.06.15 12:23 Tue
twitterfacebook
thumb

ルイス・エンリケ、好機逸モラタがブーイング浴びるも「素晴らしい試合をした」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督がFWアルバロ・モラタを擁護した。 14日のユーロ2020グループE第1節でスウェーデン代表と対戦したスペイン。最終的に相手の約8倍となる800本以上のパスを通すなど、試合をコントロールしたが、スウェーデンの牙城を打ち崩せず、0-0のドローに終わった。 悔しさが募るドローにエンリケ監督は試合後、「いつものようにこの試合を分析するが、今回の場合はいたって明白だ。今晩の試合で何が起きたのかは誰もが目の当たりにしたはず。圧倒したチームは我々だった」と嘆いた。 また、一対一の局面でシュートを外したりと精彩を欠き、ファンからのブーイングが集中したモラタについても「選手に対して2つのリアクションがあったと思うが、私は応援してくれたファンたちを大事にしたい」とかばった。 「私は選手たちの成長、保護を常に心がけている。ファンたちが名前を呼び、声援を送ってくれるのを見ると、当然ながらいつだってより嬉しくなる。愛情やサポートを感じれるのは常に良いことだからね」 「アルバロは素晴らしい試合をしたと思う。もちろん、誰もがチャンスをモノにしたいと思うものだが、他の選手もチャンスがあった。彼はこの状況に慣れっ子だと思う。ただ、声援を受けたいという思いもあるはずだ」 なお、スペインの次戦は19日。初戦でスロバキア代表に1-2で敗戦したポーランド代表が相手となる。 2021.06.15 09:30 Tue
twitterfacebook
thumb

スペイン、スウェーデン守護神オルセンの牙城崩せずゴールレスドロー《ユーロ2020》

ユーロ2020グループE第1節、スペイン代表vsスウェーデン代表が14日にセビージャで行われ、0-0で引き分けた。 直前の試合でスロバキア代表がポーランド代表を下したグループE。 7大会連続11度目の出場となるスペインは、ブスケッツをコロナ陽性で欠く中、[4-3-3]で臨み、3トップには右からフェラン・トーレス、モラタ、ダニ・オルモと並べた。 一方、6大会連続7度目の出場となるスウェーデンはイブラヒモビッチが負傷により大会欠場となった中、フォルスベリやリンデロフがスタメンとなってフラットな[4-4-2]で臨み、2トップはイサクとベリが務めた。 立ち上がりからスペインがボールを持った中、16分に決定機。コケの右クロスにダニ・オルモが頭で合わせたシュートが枠を捉えたが、GKオルセンのファインセーブに阻まれる。 その後はコケがゴールに迫っていった中、前半終盤の38分にビッグチャンス。ジョルディ・アルバの浮き球パスが流れ、ボックス中央のモラタがGKと一対一に。しかし、シュートを枠の右に外してしまう。 すると41分にはスウェーデンに決定機。浮き球パスに抜け出したイサクがボックス右からシュートに持ち込んだが、ゴールライン前のM・ジョレンテにカットされ、ルーズボールは右ポストに直撃した。 ひやりとしたスペインは45分、ダニ・オルモのミドルシュートが枠を捉えるも、ここもGKオルセンの好守に阻まれ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もスペインが押し込む展開となったものの、チャンスを生み出すには至らない。 すると61分にはスウェーデンにビッグチャンス。イサクのチャンスメークからベリにシュートチャンスが訪れるもミートしきれない。 好機を生み出しきれないスペインは66分にモラタを諦めた中、74分にはジェラール・モレノとオヤルサバルを投入。すると終盤の90分、スペインにビッグチャンス。だが、サラビアのクロスに合わせたジェラール・モレノのゴール至近距離からのヘディングシュートはGKオルセンのファインセーブに阻まれてしまう。 結局、スペインはスウェーデン守護神オルセンの牙城を崩せずにゴールレスでタイムアップ。勝ち点1を分け合う形となった。 2021.06.15 05:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ初戦を前に…スペイン代表の選手層を誇るアルバ「誰もがスターターのよう」

バルセロナのスペイン代表DFジョルディ・アルバがスウェーデン代表戦に向け、意気込みを語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 スペイン代表は14日、ユーロ2020グループE第1節でスウェーデン代表と対戦する。ユーロ2012以来、2大会ぶりの優勝を目指して初陣に臨む。 試合を前に、アルバはスペイン代表の選手層の厚さを絶賛。レベルの高い大会を戦うとしながらも、チームの完成度に自信を見せた。 「これは常に考えていたことだけど、このコンペティションは非常にレベルが高く、素晴らしい。盛り上がりは他の大会の決勝と同じくらいだ。このような大会では、選手1人1人の質が重要になってくる」 「何か大きなことをしたいと思っているよ。決勝まで7試合あり、運の要素も影響してくると思うけど、僕らはとてもよく鍛えられたチームだと思っている。誰もがスターターのように感じており、それはチームにとっても良いことだね」 また、中3日という過密日程の中で大会が行われることについても「僕らは中3日のプレーに慣れているし、準備はできている。チーム全員を助けたい」と問題視しなかった。 さらに、新型コロナウィルス陽性のため、離脱したバルセロナのMFセルヒオ・ブスケッツについても言及。代理としてキャプテンを担うものの、「キャプテンはブシ(ブスケッツの愛称)だ。彼の復帰を楽しみにしているよ。彼はサッカーの面でも、人間性の面でも欠かせない存在なんだ」とリスペクトを欠かさなかった。 2021.06.14 18:06 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly