柏、新潟からMF戸嶋祥郎とDF川口尚紀を完全移籍で獲得!

2019.12.24 13:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは24日、アルビレックス新潟からMF戸嶋祥郎(24)とDF川口尚紀(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。なお、戸嶋はメディカルチェック後、正式契約となる。

筑波大学を卒業した戸嶋は、2018年に新潟でプロキャリアをスタートさせた。以降、主力として活躍し、今シーズンは明治安田生命J2リーグに34試合出場し1得点を記録している。

川口は新潟の下部組織出身で高校卒業後の2013年にトップチームへ昇格。2016年には清水エスパルスで1年間の期限付き移籍で経験を積んだ。今シーズンは、夏に柏へ期限付き移籍を果たし、J2リーグには新潟で16試合1得点、柏で11試合に出場していた。

来シーズン、柏でプレーする戸嶋と川口は、両クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆アルビレックス新潟
▼戸嶋祥郎
「アルビレックス新潟に関わる全ての方々へ。お世話になっております。戸嶋祥郎です。この度、柏レイソルに完全移籍する決断をいたしました。はじめに、2018・2019シーズンの2年間、アルビレックス新潟で活動し、クラブに関わる皆様と共に闘わせていただけたことに感謝申し上げます。昨年、アルビレックス新潟のJ1復帰という目標を胸にプロサッカー選手をスタートすることになりました。そして、今年はアルビをJ1昇格させるという気持ちでプレーしていました」

「しかし、J1という一番の目標を達成することはできませんでした。みなさんを悔しい思いや辛い気持ちにさせてしまったこと、非常に申し訳なく、また不甲斐なく思っています。この2年間、自分の力不足で悔しいことばかりだったなと思います。加入の際、ピッチ内外で貢献するとコメントしましたが、少しでもそれができたのかと自問自答しています。それでも、僕はこの2年間で成長することができたと思っています。アルビに加入した頃より、自分の思った通りのプレーが増え、体つきや顔つきも変わったのではないかと思っています。だからこそ、今回のオファーをいただくことができたと思います。ありがたいことに、アルビレックス新潟からは、もっと新潟でプレーしてもらえないだろうかというお言葉をいただきました。今現在、このクラブは、育成からトップまで一貫したサッカー、100年続くクラブなど、いろいろな目標を掲げ、さまざまな取り組みをしていますが、その中心になってほしいと言ってもらえました」

「1選手、1人間としてこれほど光栄で嬉しいことはありません。しかしながら、移籍する決断をしました。それは、少しでも早くJ1でプレーしたいということ。その想いが今回の決断の一番の理由です。言い訳や都合のいい言葉に聞こえるかもしれませんが、目標達成できないままこのクラブを離れていいのか、新潟で長くプレーしアルビを強く大きくし、新潟という街を盛り上げるという想い、クラブからの言葉に反する決断が一番いいのか、即決できずにいました。それでも、最終的には自分がこの2年間で目指していた景色をみるチャンスに挑戦したいと思いました。今までの言動、行動からは矛盾するものかもしれません。誰かを欺くようなかたちになったかもしれません」

「それに対して心苦しく申し訳なく思っていますし、この決断に何を言われようと全て受けとめます。1年目から自分のチャントを歌ってもらい、どんな時も熱い声援、サポートをしてくださるなかでプレーできたことは本当に嬉しく幸せでした。アルビレックス新潟のサポーターがどんな時もこのクラブを支え大きくしていくと確信しています。今後は違ったかたちでアルビレックス新潟の発展に貢献し、応援したいと思います。アルビレックス新潟でプロのキャリアをスタートできたことは誰にも変えられない事実で、僕の誇りであり自信です。その誇りを自信に加え、覚悟をもって、より一層の努力をし、柏レイソルでも精進します。改めて、2年間本当にお世話になりました。ありがとうございました」

▼川口尚紀
「ユースのときから9年間、たくさんの方々に支えられ、選手としても人としても、多くの経験をさせていただきました。その中でも、いつも熱い声援で背中を押してくれた、新潟サポーターのみなさんには、心より感謝しています。小さい頃からの夢であったプロサッカー選手を、自分の地元クラブであるアルビレックス新潟でスタートさせることができ、憧れのビッグスワンのピッチに立って、厳しくも温かい、新潟サポーターのみなさんと共に戦えたことは、とても幸せでした」

「このたび、新潟を離れることを決断いたしましたが、また、みなさんに成長した姿を見てもらえるよう、努力をしていきます。アルビレックス新潟サポーターの皆さん、パートナー企業の方々、クラブスタッフやチームメート、クラブに関わるすべての皆さん、9年間のご声援をいただきまして、本当にありがとうございました」

◆柏レイソル
▼戸嶋祥郎
「柏レイソルに関わる全ての方々へ。はじめまして。この度、アルビレックス新潟から完全移籍で加入することになりました、戸嶋祥郎です。柏レイソルという国内主要タイトルの優勝経験やACL・クラブW杯の出場経験などの歴史をもつクラブから、評価し、必要としていただけていることを本当に嬉しく思います。また、柏レイソルの一員となれることを大変光栄に思います。このクラブに新たなタイトルをもたらすことができるよう、日々努力し闘うことを誓います」

「まずは、試合に出場し勝利に貢献すること、皆様に戸嶋祥郎を知ってもらうことを目標に、柏レイソルに関わる全ての方々に愛される人間、選手となることへ向かって精進してまいります。2020シーズンからよろしくお願いします」

▼川口尚紀
「このたび完全移籍で加入することになりました。2019シーズンは途中加入ではありますが、J2優勝そしてJ1昇格という素晴らしい経験をさせていただきました。ですが、個人としては納得のいくプレーができず悔しい思いもしました。2020シーズンはチームとしても個人としても、より良い結果を残し、より良いプレーができるように頑張りたいと思います」


関連ニュース
thumb

新潟MF秋山裕紀が鹿児島に育成型レンタル 「真摯にサッカーと向き合い、結果を」

鹿児島ユナイテッドFCは13日、アルビレックス新潟からMF秋山裕紀(20)の育成型期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号「25」を着用する。 秋山は前橋育英高校から2019年に新潟入りすると、昨年9月から10月までアスルクラロ沼津に育成型期限付き移籍。今季はここまで明治安田生命J2リーグで出番に恵まれず、天皇杯1試合の出場にとどまっていた。移籍を受け、両クラブを通じて次のようにコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「アルビレックス新潟から育成型期限付き移籍で加入しました、秋山裕紀です。チームのスタイルや雰囲気を早くつかみ、J3リーグ優勝とJ2リーグへの再昇格に向けて、誰よりも強い気持ちをプレーに表しながら、全身全霊で戦います。応援をよろしくお願いいたします」 ◆アルビレックス新潟 「鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍することとなりました。新潟でプレーを続けて成長することも考えましたが、試合に出たい気持ちやチャレンジしたいという想いから、このたびの決断をしました。鹿児島で真摯にサッカーと向き合い、結果を残したいと思います」 「今、新潟にいる選手たちはレベルが高く、J1に昇格することを信じていますし、サポーターの皆さんも後押しを続けてほしいです。皆さんの耳に、自分が活躍するニュースを届けられるように一生懸命に頑張ってきます」 2021.08.13 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

新潟DF岡本將成が水戸にレンタル 「試合に出たい想いが強く…」

水戸ホーリーホックは12日、アルビレックス新潟からDF岡本將成(21)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2022年1月31日まで。背番号は「35」を着用する。 岡本は新潟の下部組織出身で、2020年8月から鹿児島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍。今季から新潟に復帰したが、天皇杯1試合のみの出番にとどまっていた。 出場機会を求めて移籍を決断した岡本は水戸を通じて「初めまして! 新潟から期限付き移籍で加入しました、岡本將成です。いち早くチームに慣れ、試合に出場して皆さんと勝利を喜び合えるように頑張ります! よろしくお願いします」とコメントした。 一方、新潟を通じては「水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました」と移籍の報告とともに、新天地での活躍を誓った。 「チームが昇格争いをしている中、期限付き移籍という決断をしていいのかすごく迷いました。しかし、一人のサッカー選手として試合に出たい想いが強く、移籍を決めました」 「再びシーズンの半ばでの移籍となりましたが、後悔はありません。アルビレックス新潟のJ1昇格を応援しています。僕も頑張ってきます! 半年間ありがとうございました!」 2021.08.12 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す新潟が大分FW髙澤優也を期限付きで獲得「昇格のために全力を尽くします」

アルビレックス新潟は3日、大分トリニータのFW髙澤優也(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2022年1月31日まで。背番号は「11」をつける。 髙澤は東京都出身で、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2019年に当時J3のザスパクサツ群馬へと入団した。 群馬ではルーキーながら明治安田生命J3リーグで27試合に出場し17得点を記録。2020年に大分へと完全移籍すると、大分では明治安田生命J1リーグで24試合に出場し6得点を記録していた。 今シーズンはJ1で15試合、YBCルヴァンカップで6試合に出場し1得点、天皇杯で2試合に出場し2得点を記録していたが、FW呉屋大翔の加入もあり、ポジション争いが激化していた。 髙澤は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アルビレックス新潟 「大分トリニータから期限付き移籍してきました髙澤優也です。J1昇格のために全力を尽くしますので、必ず皆さんで昇格しましょう!よろしくお願いします」 ◆大分トリニータ 「この度、アルビレックス新潟へ期限付き移籍することになりました。今年はなかなか結果が出せず、申し訳なく思います」 「新潟で必ず結果を出して成長したいと思います。大分ファミリー大好きです。引き続き応援をよろしくお願いします」 2021.08.03 10:22 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟の選手1名が新型ウイルス感染症で陽性判定

アルビレックス新潟は27日、トップチーム選手1名が新型ウイルス感染症の陽性判定を受けたことを発表した。 新潟は26日、クラブ独自のPCR検査を実施。その際に選手1名が陽性判定疑いとなっていた。 27日に医療機関でPCR検査を実施したところ、正式に陽性判定となったとのことだ。 当該選手は発熱や症状がない状態が続いていたが、26日に37.3度と熱が上昇。PCR検査の結果陽性判定疑いとなった。27日も37.2度の発熱のほか、喉の痛みもあったという。 なお、当該選手は自宅待機。濃厚接触者については所轄の保健所に行動履歴全てを提出・報告し、特定を進めるとのことだ。 新潟は28日にトレーニング再開を予定していたが、延期するとのことだ。 2021.07.27 21:07 Tue
twitterfacebook
thumb

新潟、トップチーム選手1名に新型ウイルス感染症陽性判定の疑い…翌27日に医療機関によるPCR検査実施へ

アルビレックス新潟は26日、トップチーム選手1名に新型ウイルス感染症の陽性判定の疑いが確認されたことを報告した。 新潟は同日、トップチームの練習再開を前に全選手・スタッフを対象としたクラブ独自のPCR検査を実施。その際にトップチーム選手1名に新型ウイルス感染症の陽性判定の疑いが確認されたため、当該選手は翌27日に医療機関によるPCR検査を受けることになったという。 これを受け、クラブはトレーニング再開を1日延期する決定を下すと共に、万全を期すため27日に専門業者によるクラブハウスの消毒を実施する予定だ。 なお、当該選手のPCR検査の結果および28日以降の予定に関しては、改めてアナウンスされる。 2021.07.26 21:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly