西野朗監督はJリーグからチャナティップ、ティーラトンを招集!タイ代表メンバーが発表《カタールW杯アジア2次予選》

2019.11.06 13:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
タイサッカー協会は5日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に臨むタイ代表メンバー24名を発表した。

西野朗監督は、今回のメンバーには、横浜F・マリノスのDFティーラトン・ブンマタン、北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティップを招集。そのほか、FWティーラシン・デーンダー(ムアントン・ユナイテッド)らが招集されている。

タイは14日にマレーシア代表と、19日にはベトナム代表とW杯予選を戦う。今回発表されたタイ代表メンバーは以下の通り。

◆タイ代表メンバー24名
GK
カウィン・タムサチャナン(ルーヴェン)
シワラック・テースーンヌーン(ブリーラム・ユナイテッド)
チャッチャイ・ブープローム(パトゥム・ユナイテッド)

DF
ティーラトン・ブンマタン(横浜F・マリノス/日本)
パンサ・ヘーミボーン(ブリーラム・ユナイテッド)
コラコット・ウィリヤーウドムシリ(ブリーラム・ユナイテッド)
ナルバディン・ウィーラワットノドム(ブリーラム・ユナイテッド)
ニティポン・セラノン(ポートFC)
エリアス・ドアー(ポートFC)
アディソン・プロムラク(ムアントン・ユナイテッド)
ニュエル・ビル(バンコク・ユナイテッド)
トリスタン・ドゥ(バンコク・ユナイテッド)

MF
チャナティップ・ソングラシン(北海道コンサドーレ札幌/日本)
ササラック・ハイプラコーン(ブリーラム・ユナイテッド)
スパチョク・サラチャート(ブリーラム・ユナイテッド)
サラフ・ヨーイェン(ムアントン・ユナイテッド)
ピティワ・スクジッタムマクー(チェンライ・ユナイテッド)
シワコーン・ティアトラクーン(チェンライ・ユナイテッド)
エカニット・パンヤ(チェンライ・ユナイテッド)
タナブーン・ケサラット(ポートFC)
ボディン・ファラ(ポートFC)

FW
ティーラシン・デーンダー(ムアントン・ユナイテッド)
スパチャイ・ジャディード(ブリーラム・ユナイテッド)
スファナート・ムアンタ(ブリーラム・ユナイテッド)

関連ニュース
thumb

国民の8割がワクチン接種のカタール、W杯出場には接種が必須になる可能性

来年11月にカタールで開幕するワールドカップ(W杯)だが、選手たちには悩ましい問題が降りかかることになるかもしれない。 『アスレティック』によると、カタールW杯の参加には、新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種が必須になる可能性があるという。 カタールをはじめとした中東諸国では、ワクチン接種が大幅に進んでおり、すでにW杯を観戦する観客には2度のワクチン接種を義務付けるということを明らかにしており、ファンを迎えるにあたって100万回分のワクチンを確保しようとしているとも報じられている。 カタールではすでに460万回以上のワクチンが投与されており、これは国民の約82%がワクチンを接種していることとなり、世界で最も高い接種率を誇っている。 また、人口密度が非常に高い国家ということもあり、観光などにも大きな影響があるため、カタール国内ではとてもデリケートな問題となっている。 その結果、カタールは選手たちに対しても同じ条件を求めるとのこと。選手のワクチン接種を義務化したいとしているようだ。 しかし、副反応の影響なども含め、様々な理由で接種していない選手がいることも事実。アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカは明確に拒否している選手の1人だが、ワクチン接種を拒否することで、W杯に出場できなくなる可能性が出るかもしれない。 現在は国際サッカー連盟(FIFA)とカタールの医療当局との間で話し合いが行われているとのこと。3日ごとの検査で陰性を報告しなければならないなど、様々なオプションが議論されている。 今夏行われた東京オリンピックでは、毎日検査が実施されたこともあり、クラスターなどの発生はなし。大きな混乱が起こることはなかった。 今後どのような決定がなされるかは未定だが、最終的にはカタールの方針に従わなければいけなくなることになるため、最悪ワクチンを打たない選手はW杯で見られないことになりそうだ。 2021.09.20 22:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表の海外組30名が発表! 9月に話題となったプレミア勢からカバーニが招集《カタールW杯南米予選》

ウルグアイサッカー協会(AUF)は17日、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に向けた海外組のウルグアイ代表メンバー30名を発表した。 オスカル・タバレス監督は、今回のメンバーにFWルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー)やMFフェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー)、MFルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ)、DFディエゴ・ゴディン(カリアリ)らを招集した。 また、9月は南米への派遣拒否が出ていたプレミアリーグからもFWエディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド)を招集している。 ウルグアイは、南米予選で4勝3分け2敗の勝ち点15で3位に位置。10月は7日にホームでコロンビア代表(13pt/5位)と、10日にアウェイでアルゼンチン代表(18pt/2位)、14日にはアウェイでブラジル代表(24pt/1位)とビッグゲームが続く。 今回発表された海外組のウルグアイ代表メンバー30名は以下の通り。 ◆ウルグアイ代表メンバー30名(海外組) GK フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ) マルティン・カンパーニャ(アル・バーティン/サウジアラビア) DF セバスティアン・コアテス(スポルティング・リスボン/ポルトガル) マティアス・ビニャ(ローマ/イタリア) ディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) マルティン・カセレスディエゴ・ゴディン(カリアリ/イタリア) ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン) ロナルド・アラウホ(バルセロナ/スペイン) マキシミリアーノ・ファルコン(コロコロ/チリ) ホアキン・ピケレス(パウメイラス/ブラジル) ジョナタン・ラク(ティフアナ/メキシコ) MF ナイタン・ナンデス(カリアリ/イタリア) ガストン・ペレイロ(カリアリ/イタリア) マティアス・ベシーノ(インテル/イタリア) ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア) ルーカス・トレイラ(フィオレンティーナ/イタリア) マウロ・アランバリ(ヘタフェ/スペイン) フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリー/スペイン) マヌエル・ウガルテ(スポルティング・リスボン/ポルトガル) ジョルジアン・デ・アラスカエタ(フラメンゴ/ブラジル) ダビド・テランス(アトレチコ・パラナエンセ/ブラジル) ニコラス・デ・ラ・クルス(リーベル・プレート/アルゼンチン) フェルナンド・ゴリアラン(サントス・ラグナ/メキシコ) ブリアン・ロサーノ(サントス・ラグナ/メキシコ) ブリアン・ロドリゲス(ロサンゼルスFC/アメリカ) FW ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/スペイン) エディンソン・カバーニ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド) マキシミリアーノ・ゴメス(バレンシア/スペイン) ダルウィン・ヌニェス(ベンフィカ/ポルトガル) ホナタン・ロドリゲス(クルス・アスル/メキシコ) 2021.09.18 17:05 Sat
twitterfacebook
thumb

オランダ代表候補28名が発表! ファン・ダイクやデパイら順当選出《カタールW杯欧州予選》

オランダサッカー協会(KNVB)は17日、10月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むオランダ代表候補メンバーを発表した。 ルイス・ファン・ハール監督が新たに就任したオランダ代表は、9月の予選3試合を2勝1分けで終えており、現在はグループGで首位に立っている。 今回の候補メンバーは28名が招集。DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やFWメンフィス・デパイ(バルセロナ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)らが順当に選出された。 また、GKマルク・フレッケン(フライブルク)、FWノア・ラング(クラブ・ブルージュ)が初招集を受けている。 一方で、MFドニー・ファン・デ・ベーク(マンチェスター・ユナイテッド)は候補にも入らず。ファン・ハール監督は「試合に出る必要があるを伝えた」と語り、選外の理由を説明した。 現在勝ち点13で首位のオランダは、10月8日にアウェイでラトビア代表(5pt/5位)と、同11日にホームでジブラルタル代表(0pt/6位)と対戦する。 今回発表されたオランダ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー28名 GK ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) ヨエル・ドロメル(PSV) ティム・クルル(ノリッジ・シティ/イングランド) マルク・フレッケン(フライブルク/ドイツ) DF ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) デイリー・ブリント(アヤックス) デヴィン・レンシュ(アヤックス) ユリエン・ティンバー(アヤックス) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) マタイス・デ・リフト(ユベントス/イタリア) ティレル・マラシア(フェイエノールト) MF フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(パリ・サンジェルマン/フランス) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) マルテン・デ・ルーン(アタランタ/イタリア) フース・ティル(フェイエノールト) ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) ダヴィ・クラーセン(アヤックス) FW メンフィス・デパイ(バルセロナ/スペイン) ルーク・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) ステーフェン・ベルフワイン(トッテナム/イングランド) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ヴォウト・ヴェグホルスト(ヴォルフスブルク/ドイツ) ノア・ラング(クラブ・ブルージュ/ベルギー) コーディ・ギャクポ(PSV) ステーフェン・ベルフハイス(アヤックス) 2021.09.18 13:53 Sat
twitterfacebook
thumb

ジブラルタル主将がハットトリックを許したハーランドにチクり「誰も彼のシャツを欲しがらなかった」

ジブラルタル代表の主将FWリース・スタイシュがドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを皮肉った。 ジブラルタルは7日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループG第6節でノルウェー代表と対戦した。前半だけで4失点を喫し、終わってみれば1-5の大敗。ハーランドにはハットトリックを許している。 いくら敗れたとはいえ、ハーランドクラスの選手とであれば、ユニフォーム交換を願い出たいと考える選手は多いだろう。だがこの日、ジブラルタルの選手は誰一人としてハーランドにユニフォーム交換を求めなかったという。 イングランド7部のヘドネスフォード・タウン所属し意地の1点を返したスタイシュは、3月に行われたホームでの試合を引き合いに出して「誰もハーランドのシャツを欲しがらなかった」という理由を語った。 「(ジブラルタルのホームでは)ノルウェーが3-0で勝ったけれど、ハーランドは得点できずに60分過ぎで交代した。だから少し気分が良かったんだ」 「(その試合後の)互いのインタビュー後に「私の息子はあなたの大ファンです、ジャージを交換してもらえるかい?」って頼んだら、ハーランドはちょうど僕を見て、笑って立ち去った」 スタイシュは「(ハーランドは)多くのものを買うことができるけど、気品は買うことができない」のだろうと思案。再戦時に大量得点を奪った相手エースを皮肉った。 「彼は小さな子供の日、月、年などを作る機会があるからと、ノーと言った。だからオスロでは誰も彼のシャツを欲しがらなかった」 「ハットトリックをマークするためにそれを持っていたかったのか、Covidの流行後、サポーターと迎える最初のホームゲームだったので、ノルウェーのファンにあげたのかもしれないけどね」 <span class="paragraph-title">【音出し推奨】ジブラルタル戦前に繰り出した“轟音”鳴り響くハーランドの強烈ボレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="lt" dir="ltr">B.O.O.M. <a href="https://t.co/d6bc0nHB6Y">pic.twitter.com/d6bc0nHB6Y</a></p>&mdash; Erling Haaland (@ErlingHaaland) <a href="https://twitter.com/ErlingHaaland/status/1434919104276729857?ref_src=twsrc%5Etfw">September 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 06:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ウォーカーと小競り合いを起こしたグリク、妻のマルタさんが殺害の脅迫被害に

ベネヴェントのポーランド代表DFカミル・グリクの妻が脅迫被害を受けているようだ。イギリス『スポーツバイブル』が伝えている。 グリクは8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループI第6節、イングランド代表戦に出場。前半終了間際にプレーが切れた際、イングランドのDFカイル・ウォーカーと言い合いに。グリクがウォーカーの喉あたりをつねる行為に発展した。 ピッチ内ではお咎めはなかったが、それとは別にピッチの外にも波紋が広がっているようだ。 『スポーツバイブル』によれば、グリクの妻、マルタ・グリクさんが殺害の脅迫被害を受けているとのこと。マルタさんのSNSには心無い声や直接的な脅迫の言葉も届いたようだ。 なお、試合中での事象に関してグリクは「口頭での争いがあったが、それ以上何も起こらなかった」と語っている。ピッチ内で起きたいざこざに関しては、現在FIFAが調査中とのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】夫の行為により殺害脅迫を受けた妻のマルタさん</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CQK43GfNkAC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CQK43GfNkAC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CQK43GfNkAC/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Marta Glik(@martaglik)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】グリクがウォーカーの首の皮を掴む </span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">GLIK <a href="https://t.co/sj8nkI42Ba">pic.twitter.com/sj8nkI42Ba</a></p>&mdash; iga (@polishnt) <a href="https://twitter.com/polishnt/status/1435690809555308545?ref_src=twsrc%5Etfw">September 8, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.11 20:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly