代表落選のモラタが巻き返しに意欲! 「まずはクラブでベストを尽くす」

2019.10.08 15:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今月の代表ウィークでスペイン代表から落選したアトレティコ・マドリーのFWアルバロ・モラタが再招集に向けての巻き返しを誓った。2014年のA代表デビュー以降、これまで通算31試合出場で16ゴールを記録しているモラタ。直近のメジャー大会となった2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)は自身の不調もあり落選となったが、ルイス・エンリケ前体制では再び招集され、ユーロ2020予選ではすでに3得点を記録している。

ロベルト・モレノ氏の正指揮官就任決定後、初となった先月の代表ウィークではケガの影響もあって招集外となったが、今回の代表ウィークでは招集の可能性が伝えられていた。

しかし、4日に発表されたユーロ2020予選のノルウェー代表戦、スウェーデン代表戦に向けた最新の招集リストではフォワード陣にビジャレアルのジェラール・モレノ、バレンシアのロドリゴ・モレノ、レアル・ソシエダのミケル・オヤルサバルが名を連ねた中、モラタの名前はなかった。

5日に行われたラ・リーガ第8節のバジャドリー戦(0-0のドロー)の試合後、モラタは代表招集外に関してスペイン『マルカ』で言及。悔しさを口にするとともに次の選考に向けて巻き返しを誓った。

「選ばれたかったよ。だけど、監督が僕を選ばなかったことに関して理由があるはずなんだ」

「まずはクラブでベストを尽くして次回選ばれるように頑張るよ」

モラタは今シーズンここまで公式戦6試合で1ゴールと思うように結果を残せていない。そのため、今後モレノ監督の信頼を勝ち得るためには、ここ最近自身と同じく得点力不足が指摘されるアトレティコでの活躍が必須となる。
コメント
関連ニュース
thumb

2ゴールでアトレティコを逆転勝利に導いたフェリックスが勝利を喜ぶ「チームは素晴らしい試合をした」

アトレティコ・マドリーのポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが、ザルツブルク戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 アトレティコは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節でザルツブルクと対戦。マルコス・ジョレンテのゴールで先制するも、ドミニク・ショボスライ、メルギム・ベリシャのゴールで逆転を許す。 しかし、そこからフェリックスの2ゴールが決まり逆転。3-2で勝利を収めていた。 初戦でバイエルン相手に4-0と大敗を喫していたアトレティコ。苦しい状況ながらしっかりと勝利を収めたことについてフェリックスがコメント。勝利を喜んだ。 「チームは素晴らしい試合をした。良いプレーをしていたので嬉しいよ。こういった道を歩んでいると、結果が出るようになる」 「僕はピッチで全ての試合を楽しむようにしている。CLでプレーすることは僕が最も楽しんでいることであり、僕がどれだけ幸せなのかを見ることができるだろう」 一方で、苦しめられたザルツブルクについてもコメント。相手に称賛の言葉を送った。 「彼らは称賛に値する。とてもよく攻撃し、後半の最初に前に出てきた。僕たちは集中力を失ったかもしれないけど、それを取り戻し、なんとか勝利を収めることができたよ」 2020.10.28 09:09 Wed
twitterfacebook
thumb

フェリックス2発のアトレティコが一時逆転許すもザルツブルクに競り勝つ!《CL》

チャンピオンズリーグ(CL) グループA第2節、アトレティコ・マドリーvsザルツブルクが27日に行われ、3-2でアトレティコが競り勝った。ザルツブルクのMF奥川雅也はベンチ入りも出場機会はなかった。 開幕節でバイエルンに0-4と完敗したアトレティコと、ロコモティフ・モスクワに2-2の引き分けに持ち込まれたザルツブルクの一戦。 アトレティコは3日前に行われ2-0で勝利したベティス戦のスタメンから4選手を変更。フェリックスがスタメンとなり、スアレスと2トップを形成した。 奥川がベンチスタートとなったザルツブルクに対し、アトレティコは右にM・ジョレンテ、左にコレアを配す[4-4-2]で臨み、積極的な入りを見せる。 すると14分に決定機。H・エレーラのフィードに反応したボックス中央のフェリックスが華麗なバイシクルシュートを放ったが、バーに直撃した。さらに16分、CKからスアレスが際どいボレーシュートを浴びせたアトレティコは29分に押し切る。ボックス手前右でルーズボールを拾ったM・ジョレンテが左足でゴール左へ蹴り込んだ。 先制したアトレティコは32分にフェリックスがGK強襲のシュートを浴びせると、1分後には追加点のチャンス。だが、スアレスのスルーパスに抜け出したM・ジョレンテはGKとの一対一を決めきれない。 すると40分にワンチャンスで同点とされる。ベリシャのラストパスに反応したボックス右のショボスライに右足アウトにかけたシュートでゴール左上へ豪快に決められた。 迎えた後半開始2分、アトレティコは逆転を許してしまう。左サイドを抜け出したウルマのクロスをファーサイドのベリシャに押し込まれた。 まさかの逆転を許したアトレティコだったが、52分にフェリックスがすかさず同点弾を奪う。コレアとのパス交換でボックス中央に侵入したフェリックスがゴールを決めきった。 その後は一進一退の攻防が続いた中、終盤の82分にアトレティコは3枚替えを敢行。スアレスらに代えてレマルらを投入した。 すると85分、CKの流れからボックス左のレマルの折り返しをフェリックスが受けてシュートを蹴り込み、勝ち越しに成功。アトレティコがザルツブルクに競り勝ち、1勝1敗スタートとしている。敗れたザルツブルクは1分け1敗スタートとなった。 2020.10.28 07:24 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコのサビッチ、ここまでリーグ1失点の鉄壁ぶりに自信「全員が守備の仕事をこなしている」

アトレティコ・マドリーのモンテネグロ代表DFステファン・サビッチは、現在のチームの守備に自信を持っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ディエゴ・シメオネ監督に率いられるアトレティコ・マドリーは、今シーズンのラ・リーガで5試合を消化し、3勝2分けで暫定5位の位置に付けている。クラブごとに試合数に差があるものの、現在リーグで唯一の無敗を維持しており、失点数はわずか「1」と鉄壁の守備も健在だ。 サビッチはこうしたチームの守備力の高さを示す数字に対して自信を語っており、同時に自身の状態の良さについても触れている。 「この数字(失点数)が僕たちの守備を物語っていると思う。僕らの守備は攻撃陣から始まり、たとえ相手が守備を突破したとしても、世界最高のゴールキーパー(ヤン・オブラク)がいて僕らを助けてくれる。このチームでは全員が守備のために、しっかり仕事をこなしているんだ」 「(自分の状態は)とても良いよ。(キャリアの中でも)最高の年になっていると思う。ケガは僕を強くしてくれたし、それがもっとも重要なことだと思う。僕は自分が継続性を持っていると信じているし、今の状態を維持したいね」 堅牢な守備に自信を見せたサビッチだが、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節では、現欧州王者のバイエルン相手に0-4のスコアで大敗した。ショッキングな結果となってしまったが、サビッチはこのスコアが公平なものではなかったと感じているようだ。 「(バイエルン戦では)良い試合をしたと思っているよ。結果はフェアではなかった。僕たちはとても良い感覚を掴んでいたし、チームとしても良かったと思う。(バイエルンには)チャンスを活かされてしまったけど、チームは悪くなかったと思うしこれを続けていきたい」 また、バイエルン戦ではドイツ代表FWトーマス・ミュラーが主審に対して「アトレティコは欧州屈指の問題児だぞ!」と叫ぶシーンもあり話題になったが、サビッチは「皆が自分の意見を言うことができる。僕らは自分たちのプレーに集中しているから何も言わないよ」と意に介さなかった。 アトレティコ・マドリーは、27日にCLグループステージ第2節ザルツブルク戦が控えている。決勝トーナメント進出に向け連敗は避けたいところだが、サビッチは「僕らはいつものように試合に臨み、勝つことを考えている。ホームスタジアムでは勝たなければならないね」と、冷静に語った。 2020.10.27 15:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ガーナにもルーツがあるオーバメヤンが高評価受けるトーマスに期待「このような選手はこれまでいなかった」

アーセナルの主将を務めるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、今夏加入のガーナ代表MFトーマス・パルティを絶賛している。クラブ公式サイトが伝えた。 今夏の移籍最終日である5日に契約解除金満額の5000万ユーロ(約62億1000万円)を支払う形でアトレティコ・マドリーから加入したパルティ。22日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節のラピド・ウィーン戦で初先発を果たすと、攻守にわたり躍動して2-1での逆転勝利に貢献した。 試合後にはミケル・アルテタ監督から「我々が少しオープンになり、チャンスを増やし、何人かがスペースを突いて攻撃に参加した後半、彼は中盤をケアしていたと思う。彼からもっともっと多くのものを得られるだろう」と守備面を高く評価。さらなる活躍に期待を寄せていた。 加入早々にサポーターのハートを掴んだトーマスだが、オーバメヤンもマッチデープログラムでトーマスを称賛。これからのクラブに必要なピースだと語っている。 「トーマスはここに来て以降、素晴らしいよ。彼はとても上手くチームに溶け込んだ。思いやりがあって、落ち着いていて、笑顔を絶やさない。ピッチ上では彼がゲームで何をもたらしてくれるのかをすでに示した」 「フィジカルがとても強くボールの扱いも上手い。これまで、僕たちのチームにはこのようなプロフィールの選手はいなかった。ボール回しやプレスを掻い潜るのに、今後は彼の存在が非常に重要になるだろう」 「僕の家族はガボン出身だけど、トーマスの出身地であるガーナにもルーツがあるんだ。だから、僕たちはファミリーだ。彼のような能力のあるプレーヤーがトレーニングにいるのも良いことだ。若い選手たちは彼から多くを学べると思う」 2020.10.25 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

難敵ベティスに苦戦も後半の2発で勝ちきったアトレティコがバウンスバック!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは24日、ラ・リーガ第7節でベティスとホームで対戦し、2-0で勝利した。 ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のバイエルン戦を0-4と惨敗したアトレティコ。そのアトレティコは中2日の過密日程で迎える今節に向けて、バイエルン戦から先発を4人変更。フェリックスやカラスコ、H・エレーラらに代えてコレア、レマル、トレイラらが先発に名を連ねた。 3勝3敗で8位のベティスに対し、スアレスとM・ジョレンテが2トップを組んだ[4-4-2]の布陣で臨んだアトレティコは、立ち上がりからボールを保持するベティスに攻め込まれる時間が続いたが、13分には右サイド高い位置でパスを受けたモントーヤのクロスをW・カルバーリョに頭で合わせられたが、このシュートはGKオブラクがキャッチして難を逃れた。 堅い守りでベティスの攻撃を凌ぐアトレティコは20分、トリッピアのパスをボックス右で収めたコレアの折り返しからスアレスがダイレクトシュートを放ったが、これは枠の左に逸れた。さらに27分にも、W・カルバーリョのクリアミスを敵陣で奪ったスアレスがボックス手前からシュートを狙ったが、これもゴール左に外れた。 ハーフタイムにかけては、ボールポゼッションで上回るベティスに押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられ、ゴールレスで前半を終了した。 迎えた後半、アトレティコはトレイラとレマルを下げてカラスコとH・エレーラを投入。すると開始早々の46分、左サイドでスローインを受けたエルモソのパスからボックス左に侵入したM・ジョレンテが縦に切り込むと、飛び出したGKのニアを抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 M・ジョレンテの電光石火弾で先制したアトレティコは、55分にピンチを迎える。W・カルバーリョのスルーパスでボックス右に抜け出したサナブリアに一対一の状況を作られたが、これは飛び出したGKオブラクが好セーブ。 追加点で畳みかけたいアトレティコは、57分にコレアを下げてフェリックスを投入。すると58分、ボックス左手前でパスを受けたH・エレーラのコントロールショットが右ポストを直撃。さらにこぼれ球をボックス右のスアレスがダイレクトで折り返すと、ファーサイドのカラスコが左足ボレーで合わせたが、シュートはGKブラーボのセーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃し続けるアトレティコだが、72分に追い風が吹く。フェリックスのスルーパスでDFの裏に抜け出したカラスコが、ペナルティアーク手前でモントーヤに倒されると、VARの末にモントーヤにはレッドカードが提示され退場処分となった。 数的有利となったアトレティコは76分、相手CKからロングカウンターを仕掛ける。クリアボールを拾ったフェリックスのロングスルーパスで抜け出したカラスコがドリブルでボックス内まで侵入。GKとの一対一を迎えたが、シュートはGKブラーボの好セーブに防がれた。 攻勢をかけるアトレティコだったが、83分にアクシデント。プレー中に右モモ裏を痛めたカラスコがプレー続行不可能となり、ビトロを緊急投入した。それでもアトレティコは、後半アディショナルタイム1分にロージとのコンビネーションでベティス守備陣を翻弄したスアレスがゴールネットを揺らし、2-0で勝利。 難敵相手に苦しみながらも勝ち切ったアトレティコがリーグ戦無敗キープに成功すると共に、ミッドウィークのCLザルツブルク戦に弾みを付けた。 2020.10.25 06:16 Sun
twitterfacebook