ノリッジ守護神クルル、約1カ月の離脱

2019.09.28 03:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ノリッジの元オランダ代表GKティム・クルルが約1カ月戦列を離れるようだ。ノリッジを率いるダニエル・ファルケ監督が明かしている。

昨季、チャンピオンシップ(イングランド2部)で全試合にフル出場し、プレミアリーグ昇格に大きく貢献したノリッジの守護神を務めるクルルは、今季ここまでリーグ戦6試合にフル出場していた。

そのクルルは21日に行われたプレミアリーグ第6節のバーンリー戦のウォーミングアップ中に背中を負傷したが、鎮痛剤を打って試合に出場していたとのことだ。

クルルについてファルケ監督は「代表ウィーク明けのボーンマス戦(10月19日)でティムが戻ってきてくれることを願っている。現状、背中に張りがあり、練習に合流できずにいる」とコメント。

代役についてはシャルケから加入のドイツ人GKラルフ・フェールマンと、北アイルランド代表GKマイケル・マクガバーンが考えられるが、フェールマンは足の付け根を痛めており、明日の状態を見て起用可能か判断されるとのことだ。

ノリッジはここまで2勝4敗スタートとなっている。


関連ニュース
thumb

ノリッジのB・ウィリアムズが物議醸したSNS投稿を説明! 不適切なファンの振る舞いに対する抗議の意

ノリッジ・シティのイングランド人DFブランドン・ウィリアムズが、物議醸したインスタグラムの投稿に関して声明を発表した。 今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドからノリッジにレンタル移籍したウィリアムズは、すでに1年での降格が決定したカナリーズの左サイドバックのレギュラーを担い、シーズンを通してポジティブなパフォーマンスを見せた一人だった。 その左サイドバックは、8日に0-4で大敗したプレミアリーグ第36節のウェストハム戦の翌日朝にインスタグラムのストーリーを更新。自宅と思われる場所で自身の左手の中指を立てた画像と共に、「良い天気だ」、「Easy up Norwich City」というコメント、サフォークのロケーションをタグ付けして投稿していた。 その後、同選手は当該投稿を削除した後、自身の愛犬2匹に関する投稿を行っていた。 手の甲を向けて中指を立てるジェスチャーはアメリカやイギリスでは侮辱的なジェスチャーとされ、今回ウィリアムズは自身の手の甲の画像に重なる形でノリッジ・シティの文字があり、一部ユーザーはこのジェスチャーがクラブに対する侮辱にあたるのではないかと問題視しているようだ。 そして、イギリス『The Athletic』は、クラブが状況を把握し、同選手に対して、今回の投稿がどのような意図で行われたのか確認した上、懲戒処分の可能性を含めた調査を開始したと報じていた。 そういった中、渦中のウィリアムズは自身のインスタグラムに当該投稿の経緯を説明。さらに、クラブとの話し合いの結果、調査は行われず、前述の報道が誤りであることを主張した。 「昨日、スタジアムを出た後、車に乗っている間にスタジアムを取り囲んでいる一部のファンから嘲笑と罵声を浴びせられた」 「その罵倒の後、僕は個人から尾行されたが、僕が彼らに気づいたことで、相手は尾行を止めていた」 「どんなに熱心なファンであっても、少数の人間がプレーヤーを罵倒したり、今回の場合では尾行したりするのは正しいことではない」 「僕はノリッジに来て以来、(レンタルではなく)完全なチームの一員であるという気持ちでプレーしてきた。そういった中、少数のファンがあのような行動をとるのは残念なことだ」 「また、メディアで間違って報道されているようなクラブの調査はなかった」 「この不安な時期に応援メッセージを送ってくれたファンに感謝したい」 <span class="paragraph-title">【画像】中指を立てた意図は行き過ぎたファンへの抗議</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Brandon Williams on Instagram: <a href="https://t.co/m6zKZcLbC4">pic.twitter.com/m6zKZcLbC4</a></p>&mdash; That&#39;s Football! (@ThatsFootballTV) <a href="https://twitter.com/ThatsFootballTV/status/1523356650903838720?ref_src=twsrc%5Etfw">May 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.05.10 06:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ノリッジがB・ウィリアムズの物議醸すSNS投稿を調査か

ノリッジ・シティはイングランド人DFブランドン・ウィリアムズの物議を醸すインスタグラムの投稿に対して、調査を行っているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドからノリッジにレンタル移籍したウィリアムズは、すでに1年での降格が決定したカナリーズの左サイドバックのレギュラーを担い、シーズンを通してポジティブなパフォーマンスを見せた一人だった。 その左サイドバックは、8日に0-4で大敗したプレミアリーグ第36節のウェストハム戦の翌日朝にインスタグラムのストーリーを更新。自宅と思われる場所で自身の左手の中指を立てた画像と共に、「良い天気だ」、「Easy up Norwich City」というコメント、サフォークのロケーションをタグ付けして投稿していた。 その後、同選手は当該投稿を削除した後、自身の愛犬2匹に関する投稿を行っていた。 手の甲を向けて中指を立てるジェスチャーはアメリカやイギリスでは侮辱的なジェスチャーとされ、今回ウィリアムズは自身の手の甲の画像に重なる形でノリッジ・シティの文字があり、一部ユーザーはこのジェスチャーがクラブに対する侮辱にあたるのではないかと問題視しているようだ。 そして、クラブも状況を把握し、同選手に対して今回の投稿がどのような意図で行われたのかを確認しているようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】中指を立てた意図は?</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Brandon Williams on Instagram: <a href="https://t.co/m6zKZcLbC4">pic.twitter.com/m6zKZcLbC4</a></p>&mdash; That&#39;s Football! (@ThatsFootballTV) <a href="https://twitter.com/ThatsFootballTV/status/1523356650903838720?ref_src=twsrc%5Etfw">May 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.05.09 22:59 Mon
twitterfacebook
thumb

シーズン3度の6連敗、1年で2部降格のノリッジ指揮官「必要なレベルに到達していなかった」

1年での降格となってしまったノリッジ・シティのディーン・スミス監督が、降格について言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 プレミアリーグで最下位に位置するノリッジ。勝ち点は21であり、残留ラインの16位バーンリーとは勝ち点差「10」での試合となった。 シーズン残り5試合となった中、勝利しなければ降格が決まってしまう可能性もあったノリッジ。4月30日に行われたアストン・ビラ戦では、2-0で敗戦。さらに、バーンリーが勝利を収めたため、両チームの勝ち点差は「13」に広がり、残留の道が閉ざされてしまった。 チャンピオンシップ(イングランド2部)を優勝して1年でプレミアリーグに戻っできたノリッジだったが、開幕6連敗を喫するなど苦しいスタートに。成績が好転しなかったノリッジは、昨年11月にダニエル・ファルケ監督を解任してスミス監督を招へい。すると一時は復調するも、2度の6連敗を経験。今回のアストン・ビラ戦で3連敗となるなど、最後まで結果が出なかった。 スミス監督は降格が決まったことについて謝罪。シーズンを通して、苦しんだとし、3月5日に行われた第28節のブレントフォード戦で負けたことがターニングポイントだったと感じたようだ。 「オーナー、サポーター、そしてクラブに関わる全ての人、多くの人々が失望している」 「私は我々を残留させるためにここに来たので、責任を負う。残念ながら、我々は十分なことができなかったが、それは今日のパフォーマンスだけではない」 「残念ながら、今シーズンの多くのビッグゲームで、我々は必要なレベルに完全には到達していなかった。ブレントフォード戦は極めて重要な試合だったと思うし、ワトフォードとブレントフォードを近くに留めておく必要があると感じていたので、そこからは非常に難しい状況となった」 「チャンスはあったが、必要なチャンスをものにできなかった」 「ファンは素晴らしい。みんなは、我々のクラブに対して無関心という言葉を口にするが、それは真実から遠く離れたものだ。今日、サポーターがクラブを応援している姿を見たし、選手たちが最後まで戦っている姿も見た」 「結局のところ、我々は十分に良くなく、プレミリーグに残留するためのチームのクオリティも十分ではなかったので、学ばなければいけない。残り4試合、そして次のシーズンに向けて、より強く戻る必要がある」 「1つの郡のクラブであり、1つの街のクラブである。今やっていることを一緒になって、進んでいかなければいけない」 2022.05.01 11:16 Sun
twitterfacebook
thumb

今季プレミア最初の降格はノリッジ…昨季2部優勝で1年での復帰も再び1年での降格に

ノリッジ・シティが1年でのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格となった。 ノリッジは4月30日に本拠地キャロウ・ロードで行われたプレミアリーグ第35節のアストン・ビラ戦に0-2で敗戦。この結果、同時刻開催の一戦で勝利したバーンリーとの勝ち点差が13ポイントに広がり、残り4節での17位以上の可能性が消滅した。 昨シーズンのチャンピオンシップを優勝して1年でのプレミアリーグ復帰を果たしたカナリーズは、開幕前にDFオザン・カバクや、MFビリー・ギルモア、FWミロト・ラシツァ、FWジョシュ・サージェントらを補強。MFエミリアーノ・ブエンディアら一部主力が引き抜かれたものの、継続路線でシーズンに臨んだ。 しかし、ダニエル・ファルケ率いるチームはリバプール、マンチェスター・シティ、アーセナルといった強豪との連戦が続いた序盤戦で開幕6連敗を含む、10戦未勝利と泥沼の状況に。その後、第11節のブレントフォード戦で待望の初勝利を挙げたが、その試合後にファルケ監督を解任。直前にアストン・ビラの指揮官を解任されていたディーン・スミス監督を新指揮官に据えた。 だが、この監督交代によって状況が改善されることはなく、以降2度の6連敗を喫したチームは5勝6分け23敗の厳しい戦績で最下位が定位置となり、わずか1年での降格が決定した。 降格決定のビラ戦後、スミス監督はこの試合のパフォーマンスを含め、今季のチームがプレミアリーグに留まるための水準に達していなかったと語った。クラブ公式サイトが伝えている。 「オーナー、サポーター、そしてこのクラブに関係するすべての人など、多くの人々に申し訳ないと思っている」 「私はこのクラブを残留させるためにここに来たので責任を負っている。残念ながら、我々は十分なことをできなかった。それは今日のパフォーマンスのことだけではない」 「残念ながら、今シーズンの多くの重要なゲームにおいて、必要なレベルに完全には到達していなかった」 「ファンは素晴らしかった。人々は我々のフットボールクラブに無関心という言葉を使うが、それは真実から遠く離れたものだ。今日、サポーターがこのクラブを応援している姿を見たし、プレーヤーたちが最後まで戦っている姿も見た」 「ただ、結局のところ、我々は十分に良くなく、プレミアリーグにとどまるためのチームの質も十分ではなかった。そこから学ぶ必要がある。残り4試合、そして次のシーズンに向けて、より強くなって戻ってくる必要がある」 2022.05.01 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ノリッジ、主砲プッキら3選手の契約延長OP行使! 今夏のフリー流出をひとまず阻止

ノリッジ・シティは21日、フィンランド代表FWテーム・プッキ(32)、イングランド人MFトッド・キャントウェル(24)、イングランド人MFマシュー・デニス(20)の3選手に関する契約延長オプション行使を発表した。これにより、3選手は2023年6月30日まで1年間契約を延長することになった。 2018年にブレンビーから加入したプッキは、在籍4シーズンで公式戦161試合に出場し、77ゴールを記録。絶対的なエースストライカーとして2度のプレミアリーグ昇格に貢献し、チャンピオンシップ(イングランド2部)を戦った2シーズン共に25ゴール以上、プレミアリーグを戦った2シーズンではいずれも10ゴール以上を挙げている。 一方、アカデミー育ちの攻撃的MFキャントウェルは、プッキと同様に主力として2度のプレミアリーグ昇格に貢献。ただ、今シーズンは出場機会に恵まれず、今年1月にチャンピオンシップのボーンマスにレンタル移籍している。なお、ボーンマスは今夏のタイミングで完全移籍で買い取るオプションを有している。 2020年にアーセナルのユースから加入したデニスは、トップチームデビューは果たしておらず、現在はイングランド下部リーグのサウスエンド・ユナイテッドにレンタル移籍中だ。 今回、3選手の契約延長オプションを行使したノリッジだが、これによって来シーズンの残留が確定するわけではなく、あくまで今夏のフリートランスファーの可能性をなくしたという状況だ。 2022.04.21 23:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly