エメリ、ザハ獲得を希望…クラブ上層部に補強費増額を要求か2019.06.24 20:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルが、クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じた。
アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、ポリバレントFWとして、ザハの獲得を望んでいるという。しかし、ガナーズはチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を逃したことで、選手の売却費用を除き4500万ポンド(約61億5000万円)と言われる乏しい補強費と緊縮財政を強いられている。


既報によれば、ザハのプライスタグは1億ポンド(約136億9000万円)。そのため、エメリ監督は、コートジボワール代表FW獲得に向けて、クラブ上層部に補強費の増額を要求したようだ。

そのザハは今年4月に「タイトル争いができるより高いレベルでのプレーを目指さないといけない」とステップアップを希望。同メディアは現状、ザハが古巣のマンチェスター・ユナイテッド復帰に近づいているとし、迅速に交渉する必要があると見解を示している。

2013年夏にクルスタル・パレスからユナイテッドに移籍したザハだったが、鳴かず飛ばずに終わり、レンタル生活を経て、2015年夏にクリスタル・パレスに復帰。それ以降は、切れ味抜群のドリブルで輝きを取り戻すと、今シーズンの公式戦36試合で10ゴール10アシストの数字を残した。
コメント
関連ニュース
thumb

ポルト退団のブラヒミ、新天地はまさかのカタールに! 2022年までの3年契約を締結

カタールのアル・ラーヤンは22日、アルジェリア代表MFヤシン・ブラヒミ(29)をフリーで獲得した。契約期間は2022年6月30日までの3年間となる。 2014年のポルト加入以降、公式戦215試合に出場し、54ゴール43アシストを記録する技巧派ドリブラーのブラヒミは、2018-19シーズンも公式戦49試合に出場し13ゴール9アシストの数字を残すなど主力として活躍した。しかし、今夏のステップアップを望む同選手はポルトとの契約を更新せず、6月30日に契約が満了。そのため、現在はフリーとなっていた。 また、世代別のフランス代表としてプレーしていたブラヒミだったが、フル代表はアルジェリアを選択。2013年3月にアルジェリア代表デビューを飾ると、これまで49キャップで11ゴールをマーク。先日アルジェリアの優勝で幕を閉じたアフリカネーションズカップ(ANC)2019のメンバーにも選出されており、グループステージ1試合と決勝戦に途中出場していた。 フリーでの獲得が可能となるブラヒミに対しては、アーセナルやローマらビッグクラブが獲得に動いていたが、新天地はまさかのカタールとなった。 2019.07.23 05:36 Tue
twitterfacebook
thumb

元アーセナルGKのレーマン氏、アーセナル経営陣に疑問

2003年から2008年の間と2011年にアーセナルで活躍したGKイェンス・レーマン氏が現在のアーセナルに苦言を呈している。フランス『レキップ』が伝えた。 ドイツ代表としても61キャップを誇ったレーマン氏は、アーセナルに加入した2003-04シーズンにリーグ戦全38試合に出場し、プレミアリーグを無敗優勝したインビンシブルズと呼ばれたチームの一員である伝説的GK。 しかしアーセナルはそんな過去の栄光もむなしく、昨シーズンを5位で終了。決勝まで進んだヨーロッパリーグでは同じ街のライバルチームであるチェルシーに完敗を喫した。03-04シーズン以降、プレミア優勝から遠ざかっている近年の古巣に対し、レーマン氏は方向性を見失っていると苦言を呈している。 「アーセナルはヨーロッパリーグ決勝戦に敗れた。もちろん、それに勝つことが出来れば良かったが、彼らは失望のシーズンを送った。まだ3位か4位に入ることが出来たはずだ。クラブは今、どの方向に進むべきか誰もわからない状況にある」 クラブレジェンドも肩を落としてしまう体たらくぶりだったアーセナル。連日報道されているように経営は火の車だが、来シーズンに向けて打開策を講じ、順位を上げることは出来るであろうか。 2019.07.22 20:48 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルに反旗を翻したコシエルニー、レンヌと合意か

アーセナルに所属するフランス代表DFローラン・コシエルニー(33)がレンヌ移籍に向かっているようだ。フランス『RMC Sport』が報じた。 コシエルニーは、アーセナルの一員として参加する予定だったアメリカでのプレシーズンツアー帯同を拒否。今夏の移籍を目指して、アーセナル側に残り1年間の契約を解除するよう求めているものとみられる。 そうした状況のなか、コシエルニーが以前から移籍先として挙がるボルドーではなく、レンヌと個人合意に達したという。だが、アーセナルを納得させる仕事が残っており、クラブの幹部と話し合う予定とのことだ。 なお、厳しい今夏の補強予算が指摘されるアーセナル側は、コシエルニーのフリー移籍に難色。先日のロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』によれば、移籍金として1000万ユーロ(約12億円)を求めているという。 2019.07.22 08:00 Mon
twitterfacebook
thumb

エジルも感激? 憧れの?ラピノーと対面実現

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、新ヘアスタイルのモデルとされる? アメリカ女子代表FWミーガン・ラピノーと初対面を果たした。ラピノーが自身の公式『インスタグラム』のストーリーを通じて、同選手との記念写真を公開した。 現在、アメリカでプレシーズンツアーを行っているアーセナルにおいて注目を集めていたのが、エジルの新ヘアースタイルだ。 今回明らかになった新ヘアースタイルでは、サイドをツーブロックにし、トップ部分をオールバックにするという髪型自体に変化はなかったものの、髪の色がなんとプラチナカラーに。 SNS上に投稿された映像や画像ではエジルがサングラスをかけており、その姿は髪色こそ異なるものの、先日フランスで行われた女子ワールドカップでアメリカの大会連覇の立役者となったラピノーにそっくりだった。 なお、エジルはプラチナカラーに染めた理由に関して、チームメートのFWアレクサンドル・ラカゼットらと行ったクロスバーチャレンジゲームで敗れた末の罰ゲームだったと説明していた。 その後、SNSなどを通じて、この噂を聞きつけたのかは不明だが、ラピノーは20日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のアーセナルvsフィオレンティーナの試合会場を訪問。そして、試合前には渦中のエジルとFWピエール=エメリク・オーバメヤンの2選手と記念撮影を行うと共に、新シーズンの成功を祈っていることを伝えた。 ◆夢の共演! https://twitter.com/themegansmith/status/1152763512969715712/photo/1 2019.07.21 17:30 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新星FWケアンに関心か ユーベは買い戻しOP付随要求

アーセナルが、ユベントスに所属するイタリア代表FWモイゼ・ケアン(19)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ユベントス下部組織出身のケアンは、昨シーズンのセリエAで4戦連発を達成するなど、計6ゴール(13試合出場)をマークしてブレイク。この活躍もあり、エバートンやドルトムント、バルセロナなどが関心を示しているとの報道も噴出している。 そのケアンの争奪戦にアーセナルも加わったという。ウナイ・エメリ監督が新たなアタッカーとして同選手を注視しており、選手の代理人を務めるミノ・ライオラ氏ともコンタクトを図った模様だ。 一方、ユベントスは現行契約が2020年夏までのケアンに関して、2024年までの契約延長を希望しているが、経験を積ませるためにも国外クラブに手放す意向も示しているとのこと。だた、条件として2年以内なら有効な3600万ポンド(約48億5000万円)の買い戻しオプションを付けることを掲げているようだ。 そのユベントスの条件をのむことに否定的な姿勢だともされるアーセナル。移籍金として3600万ポンドを支払う意思も示しているとみられるが、果たして 2019.07.21 15:42 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース