「安心してくれ…」マドリー打診のファビアン・ルイスがナポリ残留の意向を表明2019.06.15 13:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリに所属するスペイン代表MFファビアン・ルイス(23)が、クラブへの満足感を示している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。ベティス下部組織出身で2014-15シーズンにプロデビューを飾ったファビアン・ルイスは、2018年7月にナポリに完全移籍。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場し7ゴール3アシストを記録した。今月7日に行われたユーロ2020予選のフェロー諸島代表戦でもスペイン代表デビューを飾っている。

先日、ファビアン・ルイスに対して、ベティス時代から注目していたマドリーが獲得に向けてクラブに打診したとの報が。しかし、ナポリ側は「売却不可能である」と返答している。

ファビアン・ルイス本人もナポリに留まることを望んでいるようだ。ファンやクラブが作る環境に感謝し、「安心してほしい」と残留を主張している。

「僕には契約がある。そして、ここで幸せだよ。だからファンの皆には安心してほしい」

「彼らのサポートに感謝している。みんなからの愛に感謝しているし、僕を受けて入れてくれるクラブには、とてもポジティブなものを感じているんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

クロアチア代表MFログが買い取り義務付きレンタルでカリアリに加入

カリアリは23日、ナポリのクロアチア代表MFマルコ・ログ(24)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は1500万ユーロ(約18億円)で、ログとは既に2024年6月30日までの5年契約を結んでいるとのことだ。 18歳の時にクロアチア3部リーグでデビューを飾ったログは、2013-14シーズンに17ゴールを記録して翌シーズンに1部のRNKスプリトに移籍。さらに翌年には名門ディナモ・ザグレブに加入するなど、順調にステップアップを果たした。ナポリには2016年夏に加わったが出場機会に恵まれず、昨季後半はセビージャにレンタル移籍。セビージャではリーガエスパニョーラ10試合に出場していた。 2019.07.24 05:46 Wed
twitterfacebook
thumb

バレッラ流出のカリアリが積極補強! 実力者3人加入迫る

今夏の移籍市場で若きバンディエラを失ったカリアリだが、その売却資金を元手に積極補強に打って出ているようだ。 カリアリは今月12日にイタリア代表MFニコロ・バレッラ(22)がインテルに完全移籍。9歳から在籍した生粋のサルデーニャっ子を失ったクラブだが、その穴を埋めるため実力者3人の獲得に近づいているようだ。 その3選手の中で獲得が決定的となっているのが、ナポリのクロアチア代表MFマルコ・ログ(24)だ。 バレッラと同じセントラルMFを主戦場とするログは、母国の名門ディナモ・ザグレブで台頭すると、2016年にナポリに加入。加入2年目に当時の指揮官マウリツィオ・サッリ監督の信頼を得て、セリエA28試合に出場するも、昨季はカルロ・アンチェロッティ監督の信頼を得られず、今年1月にはセビージャにレンタル移籍していた。 イタリア『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、すでにメディカルチェックを通過した同選手は、総額1500万ユーロ(約18億1000万)といわれる買い取り義務付きのレンタル移籍でカリアリに加入する見込みだ。 また、カリアリはログと共にバレッラの穴を埋める存在としてボカ・ジュニアーズに所属するウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(23)の獲得にも接近している。 より攻撃的なログに比べて、豊富な運動量、球際の強さ、リーダーシップ、推進力とバレッラと共通点が多いナンデスは、南米屈指の名門ボカとウルグアイ代表の主力を担う逸材だ。 『スカイ・スポルト』は、1780万ユーロ(約21億5000万円)の移籍金と、ナンデスが今後他クラブに移籍した際の移籍金10パーセントという条件でクラブ間合意に達したと主張。また、同選手は8月初旬にメディカルチェックを受けるため現地入りする模様だ。 さらに、イタリア版『Goal.com』は、バレッラの交渉時にローマから譲渡が提案されたフランス人FWグレゴワール・デフレル(28)のカリアリ移籍も迫っていると報じている。 昨夏、レンタル先のサンプドリアでリーグ戦11ゴールを記録したデフレルに関しては、先日に代理人がカリアリ行きに前向きなコメントをしており、且つローマとカリアリの良好な関係から、ローマが1300万ユーロ(約15億7000万円)の要求額を最終的に譲歩して移籍が成立する見込みだ。 2019.07.23 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

フェネルの逸材MFエルマスがナポリのメディカルチェック受診へ!インテルやドルトムントらとの争奪戦を制す

フェネルバフチェの北マケドニア代表MFエリフ・エルマス(19)が23日にナポリのメディカルチェックを受診するようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 同メディアによれば、ナポリはエルマスを完全移籍で獲得し、移籍金1500万ユーロ(約18億円)をフェネルバフチェに支払うとのことだ。 インテル、アトレティコ・マドリー、ドルトムントらビッグクラブが注目していたエルマスは、足元の技術が高く、縦への推進力も兼ね備えているセントラルMF。 2016年夏に母国のラボトニツキからフェネルバフチェに移籍すると、在籍3年間で公式戦47試合に出場して4ゴール1アシストを記録。2018-19シーズンはトルコリーグで29試合に出場して4ゴールを挙げ、主力として活躍していた。 2019.07.23 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ハメス獲得難航のナポリ、フェキルにターゲット変更?

ナポリがリヨンに所属するフランス代表FWナビル・フェキル(26)の獲得に動き出したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)の獲得に動いているナポリ。恩師カルロ・アンチェロッティ監督の存在もあり、初のイタリア行きが有力視されていたものの、移籍金を巡るクラブ間の交渉が難航しており、ここに来てアトレティコ・マドリー行きの可能性が高まっている。 ナポリはハメスの交渉難航を受けて、よりアタッカー色が強いものの同じレフティでトップ下やセカンドトップを主戦場とするフェキルの獲得に動きだしたようだ。 リヨンとの契約が2020年夏までとなっており、選手、クラブ双方が今夏のタイミングでの退団を考慮しているフェキルに関しては、個人間での合意に加えクラブ間での交渉も最終局面を迎えているベティス行きが有力視されている。 その一方で、リヨンはより高額のオファーを引き出すべくベティスとの交渉を意図的に遅らせており、ナポリ側が選手とクラブ双方を納得させられるオファーを掲示できれば、逆転での獲得は十分に可能な模様だ。 なお、アンチェロッティ監督とアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は今週初めにフェキルサイドと会談を行っており、具体的な条件を掲示したようだ。 2019.07.21 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリFWカルロス・ヴィニシウスがベンフィカへ完全移籍! 昨季はモナコとリオ・アヴェへレンタル

ベンフィカは20日、ナポリからブラジル人FWカルロス・ヴィニシウス(24)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 また、ベンフィカは移籍金としてナポリに1700万ユーロ(約20億円)を支払い、同選手の契約解除金を1億ユーロ(121億円)に設定したことを発表している。 ブラジル屈指の名門サントスの下部組織出身のヴィニシウスは190cmの長身センターフォワード。母国のカウデンセでプロデビューを果たすと、グレミオ・アナポリスを経て昨シーズンはポルトガル2部のレアル・スポルト・クラブで39試合20ゴールの活躍を見せた。 この活躍がナポリの目にとまり、2018年の夏に完全移籍を果たしたがすぐに今季はポルトガル1部のリオ・アヴェへ半年レンタルで武者修行に出されると、今冬からはモナコにレンタル移籍。モナコでは、控え要員としてリーグアン16試合に出場(先発:3試合)し2ゴール2アシストを記録していた。 2019.07.21 00:05 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース