前半の2Gを守り切ったなでしこが初勝利でGS突破へ前進!《女子W杯》 2019.06.14 23:52 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
なでしこジャパンは14日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節でスコットランド女子代表と対戦し、2-1で勝利した。4日前に行われたアルゼンチン女子代表戦を低調な内容で0-0と引き分けたなでしこは、アルゼンチン戦のスタメンから3選手を変更。横山、長谷川、南に代えて岩渕、遠藤、市瀬を起用した。

初戦のイングランド女子代表戦を1-2と敗戦したスコットランドに対し、フラットな[4-4-2]を継続したなでしこはGKに山下、4バックに右から清水、熊谷、市瀬、鮫島、中盤に右から中島、三浦、杉田、遠藤、2トップに岩渕と菅澤を起用した。

立ち上がりからハイプレスをかける積極性を見せたなでしこは、7分に中島がボレーでゴールに迫れば、17分には岩渕が枠内シュートを浴びせていく。

すると23分、勢いそのままになでしこが今大会初ゴールをこじ開ける。遠藤のパスを受けたペナルティアーク中央の岩渕が豪快なミドルシュートをゴールに突き刺した。

その後も攻勢に出るなでしこは、31分に追加点のチャンス。FKの流れから熊谷がヘディングシュート。だが、ゴールライン前のDFにカットされた。それでも36分、PKを獲得する。清水のクロスボールに反応した菅澤が相手DFに手をかけられて倒された。これを菅澤自ら決めてなでしこがリードを2点に広げた。

前半追加タイム1分には杉田のシュートがバーに直撃したなでしこが迎えた後半も主導権を握る中、58分には中島のカットインシュートでGKを強襲。

その後もスコットランドに反撃を許さずに時間を進める中、66分には遠藤に代えて小林を投入した。

しかし、攻め手となっていた遠藤を下げたことで劣勢を強いられたなでしこは、78分にはポスト直撃のシュートでひやりとさせられる。さらに83分、エバンスのミドルシュートが枠を捉えたが、GK山下がセーブした。

終盤にかけてもスコットランドの攻勢を受けると、88分に失点した。市瀬のミスパスからクレランドにミドルシュートを叩き込まれた。

それでも2-1で逃げ切ったなでしこが初勝利。1勝1分けとし、決勝トーナメント進出に前進した。グループステージ最終節イングランド戦は19日に行われる。
コメント
関連ニュース
thumb

開催国フランスがGS全勝で首位通過! ノルウェーは韓国に辛勝で2位通過を決める!!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループA最終節のナイジェリア女子代表vsフランス女子代表が17日に行われ、0-1でフランスが勝利した。 すでに決勝トーナメント進出を決めているフランスと、引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まるナイジェリアの一戦。試合は立ち上がりからフランスが高いボール支配率で主導権を握るも、アタッキングサードでのプレー精度を欠いてシュートにつなげられない。 フランスは41分、中盤で相手のパスミスを奪ったカスカリーノが右サイドを突破しクロスを供給。しかし、ダイアゴナルに走り込んだゴヴァンにはわずかに合わず。前半はゴールレスで終了した。 後半も主導権を握るフランスは59分、最終ラインからのロングフィードを右サイドで受けたカスカリーノがワンタッチでボックス右まで侵入しマイナスに折り返すと、走り込んだティネイがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠を外した。 膠着状態が続く中、フランスは74分に決定機。左クロスに走り込んだアッセイがボックス内でエベレに倒され、PKを獲得。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたエベレが退場処分となった。 ルナールのPKは左ポストに弾かれたが、相手GKがシュートの前にゴールライン上から出ていたとしてVARの末に蹴り直しとなる。そして、ルナールが蹴り直しのPKを決めてフランスが先制に成功。結局、これが決勝点となり1-0でフランスがナイジェリアに勝利した。 また、同時刻開催の韓国女子代表vsノルウェー女子代表は1-2でノルウェーが勝利した。試合は開始早々の4分、左CKでのポジション争いでゴール前のスラスドーターがチョ・ソヒョンに倒されてノルウェーがPKを獲得。このPKをハンセンが左隅に決め、ノルウェーが先制した。 リードするノルウェーは、後半開始早々の49分にもボックス右から仕掛けたハンセンがカン・チェリムにタックルで倒されPKを獲得。ヘルロヴセンのPKは相手GKに触られたが、そのままゴール左に決まった。 ノルウェーは78分にヨ・ミンジのゴールで1点を返されたが、試合は2-1のまま終了のホイッスル。2勝目を飾ったノルウェーがグループ2位で決勝トーナメント進出を決めた。 ◆グループA順位表 [勝ち点/試合数/得失点] 1.フランス[9/3/6]※ 2.ノルウェ―[6/3/3]※ 3.ナイジェリア[3/3/-2] 4.韓国[0/3/-7] ※が決勝トーナメント進出 2019.06.18 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパン、最終節を待たずに決勝トーナメント進出が決定!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019に参戦しているなでしこジャパンが、19日に行われるグループD最終節のイングランド女子代表戦を前に決勝トーナメント進出を決めた。 今大会はグループA~Fの上位2チームと、各グループ3位の6チームのうち上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進出する。イングランド、スコットランド、アルゼンチンが同居するグループDに属するなでしこは、第2節終了時点で首位に立つイングランドに次いで1勝1分けの勝ち点4で2位につけていた。 そんな中、女子W杯は16日にグループリーグ第2節の全日程が終了。その結果、グループEとグループFの下位2チームが2連敗を喫したため、両グループの3位チームが日本の勝ち点4を上回る可能性がなくなり、最終節の結果にかかわらず、なでしこの決勝トーナメント進出が確定した。 なお、なでしこが1位通過の場合は中3日でグループBかグループEかグループFの3位と、2位通過の場合は中5日でグループEの1位と、3位通過の場合は中2日か中3日でグループAかグループBの1位と対戦する。 2019.06.17 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

GS連勝のアメリカとスウェーデンが順当に決勝トーナメント進出を決める!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループF第2節のアメリカ女子代表vsチリ女子代表が16日に行われ、3-0でアメリカが勝利した。 初戦のタイ代表戦を13-0で圧勝したアメリカと、スウェーデン女子代表に0-2で敗戦したチリによる一戦。立ち上がりから地力で勝るアメリカが主導権を握ると12分、ボックス中央で相手のクリアに反応したロイドが左足のボレーシュートをゴール右に突き刺した。 先制を許したチリは22分、中盤で獲得したFKからソトがゴール前にロングパスを供給。これに抜け出したしたカーラ・ゲレロがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 ピンチを凌いだアメリカは直後に反撃に出る。25分、ティアナの右CKからニアのジョンストンがバックヘッドでゴールネットを揺らすと、35分にも右CKからロイドがヘディングシュートを叩き込んだ。 後半に入ってもチリを圧倒するアメリカは、62分にロイドのパスをボックス左で受けたジェシカが右足を振り抜くが、これは右ポストに弾かれる。65分には、右サイドを突破したピューのクロスをゴール前のジェシカが頭で合わせると、ゴール左に逸れたボールをファーサイドのプレスがヘディングシュートで狙ったが、これはGKエンドラーのファインセーブに阻まれた。 アメリカは80分、セットプレーの混戦でロイドがボックス内でフランシスカ・ララに倒されると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、PKを獲得。しかし、ロイドのPKはゴール左に外れた。結局、試合はそのまま3-0でアメリカが勝利した。 また、同日に行われたグループFもう一試合のスウェーデン女子代表vsタイ女子代表は、5-1でスウェーデンが勝利した。立ち上がりの6分にセンブラントのゴールで先制したスウェーデンは、19分にアスラニ、42分にロルフォがゴールネットを揺らし、3点のリードで試合を折り返す。 後半に入っても主導権を握るスウェーデンは、81分にエリクソンの左クロスからフルティングがヘディングシュートを突き刺して4点目。後半アディショナルタイム1分にタイのソングンに1点を返されたスウェーデンだが、アディショナルタイム6分にルベンソンがPKを沈め、試合は5-1で終了のホイッスル。 この結果、グループステージ連勝を飾ったアメリカとスウェーデンのグループステージ突破が決定。両チームは20日に首位通過をかけて最終節で激突する。 2019.06.17 02:52 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジル女子代表のマルタがW杯通算16得点! クローゼに並ぶ大会トップに

ブラジル女子代表のFWマルタ・ビエイラ・ダ・シルバが、偉大な記録に到達した。スペイン『アス』が伝えている。 現在フランスで開催中の女子ワールドカップ。すでにグループDの第2節まで進んでいる状況だが、13日に行われたグループC第2節のオーストラリアvsブラジルで、セレソンエースのマルタは27分にPKでゴールを奪い、大会通算16得点目を記録した。 伝えられるところによると同大会での通算16得点は、男女合わせてトップタイの記録。男子では元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼが2002年の日韓大会から4度出場し、通算16得点を挙げた。 マルタの16得点の内訳は、2003年に3ゴール、2007年に7ゴール、2011年に4ゴール、2015年に1ゴール、そして今大会で1ゴールとなっているため、その記録を更新する可能性は大いにある。また、5回のワールドカップで得点した史上初のフットボーラーとなった。 現在33歳のマルタ。FIFA最優秀選手に6度も輝いたブラジルの英雄から目が離せない。 2019.06.15 15:06 Sat
twitterfacebook
thumb

2連勝のイングランドが決勝T進出! 守護神奮闘のアルゼンチンは2戦未勝利《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節、イングランド女子代表vsアルゼンチン女子代表が14日に行われ、1-0でイングランドが勝利した。 初戦のスコットランド女子代表戦を2-1と勝利したイングランドと、なでしこジャパンに0-0と引き分けたアルゼンチンによる一戦。 立ち上がりからイングランドが押し込む展開で推移する中、27分にPKを獲得した。ミードの落としを受けたグリーンウッドがボックス左でブラボーに倒された。しかし、キッカーのパリスのシュートはGKコレアのビッグセーブに阻まれ、先制のチャンスを逸してしまう。 さらに41分にもイングランドに決定機。しかし、ボックス左からミードの放ったシュートは再びGKコレアのファインセーブに阻まれる。 イングランドが攻勢をかけながらゴールレスで迎えた後半、開始6分に決定機。セットプレーの流れからボックス中央のパリスがボレーシュート。だが、GKコレアの三度のファインセーブに阻止された。 さらに56分、テイラーのゴール至近距離からのヘディングシュートはGKコレアの正面を突いてしまった。それでも61分、イングランドがゴールをこじ開ける。ボックス左からのミードのダイレクトクロスをゴール前のテイラーが押し込んだ。 先制後もイングランドがハーフコートゲームを展開。追加点に迫るチャンスこそなかったものの、アルゼンチンの反撃を一切許さずに1-0で勝利。2連勝でグループステージ突破を決めた。 なお、最終節にイングランドと対戦するなでしこジャパンは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況となった。 2019.06.15 05:56 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース