人気銘柄ティーレマンスが注目発言「今後数週間以内に決まると思う」2019.06.07 18:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)が去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。今冬の移籍市場でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(30)と入れ替わる形でレスターにレンタル移籍で加入したティーレマンス。すぐさま主力に定着し、プレミアリーグ13試合に出場し3ゴール5アシストを記録した。

今夏の去就を巡ってはレスターが完全移籍での獲得を目指しているほか、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナム、アーセナルなどが関心を抱いている。

この状況にティーレマンスが今夏の去就についてコメント。ビッグクラブからの関心について喜びを口にしている。

「僕に言えることは物事が動いているということだけ。多くのクラブが興味を示しくれている。今後数週間以内に決まると思うから見ていてよ」

「ユナイテッドやスパーズからの関心は嬉しく思うよ。彼らはイングランドだけでなくヨーロッパでもビッグクラブだからね」

「そういった名前を耳にすると自信が湧くんだ。僕はピッチでベストを尽くすだけだけどね」
コメント
関連ニュース
thumb

岡崎慎司らいまだ未契約のプレミアリーグ優勝経験者たち

昨シーズン限りでレスター・シティを契約満了になった日本代表FW岡崎慎司(33)ら5選手を「いまだ未契約のプレミアリーグ優勝経験者たち」として、『FOX Sports Asia』が特集を組んでいる。 岡崎は2015-16シーズンにマインツからレスターへ移籍し、前年には残留争いをしていた同クラブの「奇跡の優勝」に大きく貢献。しかし、昨シーズンはプレミアリーグ21試合に出場するもノーゴールと得点力ではチームに貢献できず、契約満了を通達された。 同特集の中で、岡崎について「レスターでは4-4-2システムで相棒ジェイミー・ヴァーディのためのスペースを耐えず作っていた」とその献身性が高く評価されている。また、移籍先としてはオーストラリアのAリーグが有力だが、今季プレミアリーグに復帰したアストン・ビラも獲得の噂があると同メディアは伝えた。 また、岡崎の他に、イングランド代表FWダニー・ウェルベック(28)、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28)、元イングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)、元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(33)らも、いまだ所属先が決まっていない有力選手として紹介されている。 6月に行われたコパ・アメリカでも改めて存在感を発揮した岡崎。また今回の特集紹介で名前が挙がった他の実力者を含め、来シーズンはどのクラブで躍動するのか注目される。 2019.07.16 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

レスターがイングランド代表CBルイス・ダンク獲得間近! マグワイアの後釜か

レスター・シティが、ブライトンのイングランド代表DFルイス・ダンク(27)の獲得に迫っているようだ。地元紙『leicestermercury』がイギリス『サン』の情報をもとに伝えている。 記事によると、レスターとブライトンはすでに合意済み。移籍金は4500万ポンド(約60億9600万円)に上る模様だ。 レスターではイングランド代表DFハリー・マグワイアのマンチェスター・ユナイテッド行きの噂が連日報道されている。先日には本人が移籍を希望し、7000万ポンドから8000万ポンドの移籍金で決着するのではないかとイギリス方面から伝えられた。 ダンク獲得はその後釜という見方が強い。イングランド代表キャップを持つダンクはブライトンの下部組織出身で、これまでに公式戦270試合に出場するチームの大黒柱。192㎝という長身が魅力のひとつで、昨季はリーグ戦36試合で2ゴールを記録した。 これまでの報道では、ダンク獲得には3000万から4000万ポンドの移籍金が必要になると見られていたが、今回の情報はそれを上回る額となった。 2019.07.15 17:59 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、マグワイア獲得迫る! 選手自らアクションか

レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)に対して、“赤い悪魔”入りの可能性が高まっているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏、マンチェスター勢の関心が取り沙汰されるマグワイア。だが、マンチェスター・シティは、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクが2018年1月にサウサンプトンから移籍時に記録したDF史上最高額に並ぶ移籍金の支払いに難色を示しており、マンチェスター・ユナイテッドが行き先の本命として浮上している状況だという。 そのマグワイアは現在、フランスで行われているレスターのトレーニングキャンプに参加中。選手側のリクエストがない限り、売却しない方針を示すレスターだが、ユナイテッドから移籍金7500万ポンド(約101億7000万円)のオファーが届いているマグワイアはブレンダン・ロジャーズ監督や、チームメイトに移籍願望を明らかにした模様だ。 オーレ・グンナー・スールシャール監督の下で新シーズンに臨むユナイテッドは今夏、ウェールズ代表MFダニエル・ジェームズと、U-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカを獲得。だが、長らく補強の必要性が指摘されるセンターバックの獲得に至っておらず、スールシャール監督はさらなる新戦力の確保に向けた動きを示唆している。 2019.07.14 15:05 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター、モナコからティーレマンスを完全移籍で獲得! ビッグクラブとの争奪戦を制す

レスター・シティは8日、モナコからベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 なお、両チームの契約により移籍金は発表されていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』はレスター史上最高額の4000万ポンド(約54億円)と予想している。 2017年に5月にアンデルレヒトからモナコに移籍したティーレマンスは、今冬の移籍市場でポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(30)と入れ替わる形でレスターにレンタル移籍。すると、すぐさま主力に定着し、プレミアリーグでは13試合3ゴール5アシストを記録した。 マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムなどが関心を示していたティーレマンスの加入は、レスターにとってスペイン人FWアジョセ・ペレス、イングランド人DFジェームズ・ジャスティンに次ぐ今夏3人目の補強選手となっている。 2019.07.09 03:00 Tue
twitterfacebook
thumb

レスターがイングランド代表DFタルコウスキに関心…マグワイアの後釜か

レスター・シティが、バーンリーのイングランド代表DFジェームズ・タルコウスキ(26)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 イングランド代表DFハリー・マグワイアを巡ってマンチェスターの2クラブから迫られているレスター。これまで多額の移籍金を要求して何とか圧力をいなしてきたが、結局ビッグクラブのマネーパワーに屈することになるかもしれない。 そこで、レスターはマグワイアの後釜としてタルコウスキをリストアップ。2016年冬にバーンリーに加入し、2017-18シーズンには上位6番目の失点数「39」で7位フィニッシュに貢献した。2018年3月には代表初招集を受けイタリア代表戦でデビュー。ここまで2試合に出場している。 『デイリー・メール』によると、タルコウスキの市場価格は4000万ポンド(約54億3200万円)と、マグワイアの最低要求額9000万ポンドのおよそ半分。すでにニューカッスルからスペイン人FWアジョセ・ペレスを3000万ポンドで獲得していることに加え、モナコのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスの買い取り交渉を進めているレスターにとってリーズナブルな値段ではないようだ。 代替選手としてブライトンのイングランド代表DFルイス・ダンク(27)にも注目しているという。こちらの推定移籍金は3000万ポンド(約40億7000万円)となっている。 2019.07.06 14:59 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース