【Jリーグ出場停止情報】ルヴァンカップで肘打ち見舞ったFC東京のDFチャン・ヒョンスにリーグ2試合の出停

2019.05.24 19:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは24日、2019JリーグYBCルヴァンカップ、グループステージ第6節のサガン鳥栖vsFC東京でのDFチャン・ヒョンス(FC東京)の行為に対しての処分を発表した。

チャン・ヒョンスは、5月22日に行われた当該試合の後半のコーナーキックの競り合いの際、鳥栖MF原川力の顔面を左肘で殴打。これにより、口から流血した原川は激昂してチャン・ヒョンスに詰め寄ると共に、審判団に対して故意のエルボーだったとアピール。だが、試合中にチャン・ヒョンスに対して警告が与えられることはなかった。

しかし、試合後の意見交換にて鳥栖側から確認の申し入れがあり、試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」であるとマッチコミッショナーにより報告された。これによりJリーグ規律委員会にて同行為について映像を用いて確認・検証した。

そして、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、チャン・ヒョンスの当該行為が「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当すると判断され、2試合の出場停止処分が科されることになった。

通常、ルヴァンカップでの出場停止処分はリーグ戦には適用されないが、今回はJリーグ規律委員会の定めにより、直近のリーグ戦が対象に。そのため、チャン・ヒョンスは、明治安田生命J1リーグ第13節と第14節の2試合を欠場することに。

一方、6月19日と6月26日に予定されているルヴァンカップのプレーオフステージ、セレッソ大阪の2試合に関しては出場可能だ。

【明治安田生命J1リーグ】
DFチャン・ヒョンス(FC東京)
明治安田生命J1リーグ第13節
vsセレッソ大阪(5/25)
今回の停止:2試合停止(1/2)

明治安田生命J1リーグ第14節
vs大分トリニータ(6/1)
今回の停止:2試合停止(2/2)

関連ニュース
thumb

絶好調シュヴィルツォクが公式戦3連発も、10人のFC東京に名古屋勝ち切れず【明治安田J1第32節】

22日、明治安田生命J1リーグ第32節のFC東京vs名古屋グランパスが味の素スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わっている。 FC東京は直近となる第29節の横浜FC戦に4-0で快勝。長友の復帰戦となった試合で白星を挙げた。ここからは浦和レッズ、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズといった上位陣との試合が続くだけに、まず最初の1試合で勝利を奪って勢いをつけたい。 一方の名古屋は、第29節で2位の横浜F・マリノスに2-1で勝利。これで公式戦5連勝となり、3位に浮上した。今節も持ち前の堅守を活かした試合運びで6連勝を目指す。 試合は立ち上がりからFC東京が攻勢に出る。2列目の東、レアンドロ、アダイウトンが中央に集まって近い距離でパスを繋ぎつつ、守備では素早いトランジションで即時奪回に努めていく。相手がボールを保持する際は強度の高いハイプレスを実行し、ショートパスを繋ぐ余裕を与えない。 すると26分、そんなFC東京が先制する。相手の縦パスを自陣で青木がインターセプトして東がボールを受けると、ライン間に立つアダイウトンへ繋ぐ。そして、アダイウトンが中央のレアンドロに預けた後にボックス前でもらい直して、ペナルティアークから左足を振り抜くと、GKランゲラックの手に弾かれながらも右ポストに当たってゴールネットを揺らした。 しかし、43分にアウェイチームが追いつく。敵陣左サイドから得たFKで、相馬が小さく横にずらしたボールをシュヴィルツォクがシュート。地を這うようなボールは壁に入ったアダイウトンの踵に当たってコースが変わり、GK波多野の逆方向に吸い込まれた。 1-1で迎えた後半戦。序盤は名古屋がボールを支配。前田に代わって入った柿谷が自由に動いてボールを引き出し、タッチライン際に張ったマテウスと長澤に配球しながら前進していく。 守備を強いられる時間が長くなったFC東京は67分、カウンターから決定機。自陣で三田がボールを奪って永井に預けると、そのまま永井を追い越してボックス中央に侵入。絶妙なスルーパスを受けてGKランゲラックとの1対1を迎えたが、惜しくも防がれてしまい勝ち越しとはならなかった。 その後は互角の戦いとなっていたが、FC東京は81分、アダイウトンが相手DFの顔面に肘打ちを入れて一発退場。1人少ない状態で残り10分を戦うことになった。 以降は数的優位となった名古屋が攻め続けたものの、GK波多野にビッグセーブを連発されてしまい、ゴールを決められず。1-1で試合終了となった。 FC東京 1-1 名古屋グランパス 【FC東京】 アダイウトン(前26) 【名古屋】 シュヴィルツォク(前43) 2021.09.22 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第32節:FC東京vs名古屋】上位4連戦スタートの東京、3位名古屋は堅守&シュヴィルツォクで3連勝へ

【明治安田生命J1リーグ第32節】 2021年9月22日(水) 19:00キックオフ FC東京(8位/45pt) vs 名古屋グランパス(3位/53pt) [味の素スタジアム] ◆上位4連戦の第一ラウンド【FC東京】 前節は横浜FCを相手に4-0と快勝。最下位を相手にしっかりと結果を残し、勝ち点3を積み上げた。 3位争いに加われるかどうかという瀬戸際にいるFC東京。前節から日本代表で活躍し、11年にわたってヨーロッパでプレーしてきた長友佑都が復活。合流から間もない中でもチームへ与える影響力の大きさを示した。 特に試合中の声や強度の部分はさすが日本代表として100試合以上出場しているだけのことはある。しっかりとプレーで示し、選手たちのメンタリティも鍛え上げることで、FC東京に足りなかったものを注入するはずだ。 長らく続いたアウェイ連戦からホーム4連戦となったが、ここからの4試合は重要な連戦となる。 今節は3位の名古屋、次節は3位の争い中の浦和レッズ、そして首位の川崎フロンターレとの“多摩川クラシコ”と続き、その後にも3位争い中の鹿島アントラーズと対戦する。川崎F戦以外はホームゲームであり、連勝すれば3位争いに割って入る可能性は高い。直接のライバルを倒して浮上できるか。真価が問われる連戦がスタートする。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:波多野豪 DF:小川諒也、森重真人、ジョアン・オマリ、長友佑都 MF:青木拓矢、安部柊斗 MF:東慶悟、レアンドロ、アダイウトン FW:ディエゴ・オリヴェイラ 監督:長谷川健太 ◆6戦無敗の勢い継続なるか【名古屋グランパス】 前節はホームに横浜F・マリノスを迎えた一戦。J1最多記録となる19試合目のクリーンシートこそ逃したが、2位の横浜FMを下し、貴重な勝ち点3を手にした。 3位に浮上したチームは継続して堅守を誇っているが、今最も相手に脅威を与えるのはその守備ではない。 前節ゴールを決め、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から好調を維持するポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォクが相手にとっては脅威となっている。 チームへのフィットが進む中、ユーロ2020にも出場するなど、現役のポーランド代表の実力を遺憾なく発揮。ゴールへ向かう姿勢、個の強さは頭一つ抜け出ている印象。堅守でもゴールが奪えなかった名古屋の救世主となっっている。 FC東京の守備陣はこのシュヴィルツォクをどう止めるか。攻撃面では堅守を破るというミッションがあるが、攻守にわたって難しいミッションを相手に与える名古屋は3位キープに向けて突き進む。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、長澤和輝 FW:マテウス、前田直輝、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.09.22 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京が安田虎士朗、梶浦勇輝、野澤零温の来季トップ昇格を発表

FC東京は20日、同クラブU-18に所属するMF安田虎士朗(18)、MF梶浦勇輝(17)、FW野澤零温(18)の来季加入内定を発表した。 3選手はともに今季、2種登録選手としてトップチームに登録され、それぞれJリーグYBCルヴァンカップの1試合に出場。来季からのトップチーム入りが内定し、クラブを通じて喜びの思いとともに、意気込みを語った。 ◆安田虎士朗 「子供の頃からのプロサッカー選手になるという夢を東京でスタートできる事をとても嬉しく思います。ここからが新たなスタートとなるので、何事も前向きに頑張ります。ファン・サポーターの皆さまがワクワクするようなプレーを魅せれるように努力し、勝利の喜びを届けられるように全力でプレーします。応援よろしくお願いします!」 ◆梶浦勇輝 「来シーズンからトップチームへ昇格することなりました梶浦勇輝です。プロサッカー選手のキャリアのスタートを幼い頃から憧れていたFC東京という素晴らしいクラブでスタートできることを本当に嬉しく思います」 「このスタートラインに立てたのは、ここまで成長させてくださった指導者の方々や、助けてくれたチームメイト、いつでも応援してくれたファン・サポーターの方々、そして常に支え続けてくれた家族と全ての人のおかげです」 「感謝と謙虚な気持ちを忘れずにいち早くJ1のピッチに立ってクラブに結果で貢献できるようにさらに努力をして成長していきたいと思います。東京のファン、サポーターの皆様これからもよろしくお願い致します」 ◆野澤零温 「来シーズン、トップチームへ昇格することになりました野澤零温です。プロサッカー選手になるという幼い頃からの夢を東京で実現することができ、とても嬉しく思います。また、今の自分があるのは家族をはじめとし、ファン・サポーターの皆様や今まで自分に関わってくださった指導者の方々のおかげです」 「本当に感謝しています。これからは1人のプロサッカー選手、1人の青赤戦士として、今まで以上に自覚と責任をもち感謝の気持ちを忘れず全力でプレーします。1年目から結果にこだわり必ずチームの勝利に貢献し、リーグ優勝を目指していくので応援よろしくお願いします!」 2021.09.20 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

長友が復帰後初出場のFC東京、D・オリヴェイラ&レアンドロの2得点で横浜FCに4発完勝【明治安田J1第29節】

明治安田生命J1リーグ第29節、FC東京vs横浜FCが18日に味の素スタジアムで行われ、ホームのFC東京が4-0で勝利を収めた。 前節の柏レイソル戦でミスから失点し、0-1で惜敗を喫したFC東京。今節は11年ぶりの電撃復帰が発表された長友佑都がスターティングメンバーに入って注目が高まっているだけに、何としてでもホームでの連敗は避けたいところだ。 対する横浜FCはリーグ戦2連敗中。残留圏との勝ち点差は「8」にまで広がっており、降格の可能性はさらに高まってしまった。残留を目指すために、リーグ戦残り10試合で着実にポイントを積み重ねていきたい。 大雨の中で始まった一戦で、先に決定機を迎えたのはFC東京。10分に右CKを獲得すると、レアンドロのキックにファーの森重が合わせる。しかし、森重のヒザに当たったシュートは、惜しくもゴール左に外れた。 19分にもFC東京にチャンス。小川がボックス内にパスを供給すると、受けたディエゴ・オリヴェイラが反転しながら左足を振り抜く。これがゴール左隅に決まり、FC東京がホームで先手を取った。 ホームチームの勢いは止まらない。21分、前線でのプレスからレアンドロがボールを奪取すると、そのままボックス内へと侵入。ワンフェイクで相手DFをかわしてシュートを放ち、追加点を挙げた。 27分には横浜FCも反撃。マギーニョがボックス手前右から中央にいたジャーメインに渡すと、強引な形でコースを作って左足を振り抜く。しかし、相手GKの好セーブに遭い、得点には至らない。 43分にはFC東京にまたも追加点。東のボックス右からのクロスをディエゴ・オリヴェイラが頭で合わせる。これが相手GKの指をかすめながらもゴール左へ決まり、ホームチームが前半終了間際にリードを3点に広げた。 後半に入ると、アウェイチームがペースを握る。何度もセカンドボールを拾い、分厚い攻撃を展開していく。54分にはボックス内でパスを受けたサウロ・ミネイロがシュート。しかし、これは相手GK正面に飛び、キャッチされてしまう。 57分にはFC東京にも決定機が訪れる。ディエゴ・オリヴェイラがレアンドロとのパス交換でボックス内に侵入し、ボックス左にいたアダイウトンにラストパス。受けたアダイウトンがゴール右隅を狙ったシュートを放つも、相手GKの足でのセーブに遭い、惜しくもチャンスを逃した。 その後も相手に攻め込まれるシーンこそあれど、決定的な場面を作らせなかったFC東京。86分にはとどめの一撃を決める。レアンドロのパスを受け、相手キーパーとの1対1となった渡邊がシュートを放つも、これは相手GKのファインセーブに遭う。しかし、こぼれ球を拾った渡邊がボックス中央にマイナスのパスを送ると受けたレアンドロが、ゴール中央に冷静に流し込み、横浜FCを大きく突き放した。 試合は4-0のまま終了し、FC東京が前節の敗戦を払拭するような完勝。長友の11年ぶりとなるJリーグ復帰戦を白星で飾った。一方の横浜FCはこれで3連敗となった。 FC東京 4-0 横浜FC 【FC東京】 ディエゴ・オリヴェイラ(前19、前43) レアンドロ(前21、後41) 2021.09.18 21:22 Sat
twitterfacebook
thumb

「諒也のピンキーが1番」推しメンは誰?Jリーグが公式インスタグラムにて『奇抜な髪色選手権』を開催「桜木花道=阿部航斗」

プレーに限らず、髪型や色にこだわりを見せる選手は多い。 17日、Jリーグは公式インスタグラムに『奇抜な髪色選手権』と題し、選手の写真を掲載した。ノミネートされたのは以下の5名だ。 ・小川諒也(FC東京) ・小泉佳穂(浦和レッズ) ・阿部航斗(アルビレックス新潟) ・矢島慎也(ガンバ大阪) ・樺山諒乃介(モンテディオ山形) 1枚目に登場する小川の髪は一際目を惹くピンク色。日本代表活動の際にはMF伊東純也にもいじられていた過去がある。 テクニシャンタイプの小泉、矢島はシルバー、アッシュ系統。先日U-20日本代表候補トレーニングキャンプに参加したドリブラーの樺山も同色系だ。 一方で、阿部のインパクトが絶大だ。赤い短髪の守護神は今季リーグ戦19試合に出場し、8つのクリーンシートを記録している。 コメント欄には早速、「諒也のピンキーが1番」、「勿論、浦和レッズの小泉佳穂選手さ」、「桜木花道=阿部航斗」、「推しメン矢島慎也選手です」、「樺山選手久しぶりに見たら…カッコイイ‼️」など、各選手を推す声が届いている。 <span class="paragraph-title">【写真】J公式による『奇抜な髪色選手権』</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT6HGSUFUnb/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jリーグ(日本プロサッカーリーグ)(@jleaguejp)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.18 14:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly