アラベスに敗戦のジローナ、ウエスカとラージョに続いて降格決定《リーガエスパニョーラ》2019.05.19 05:50 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ最終節、アラベスvsジローナが18日に行われ、2-1でアラベスが勝利した。降格圏の18位に沈むジローナ(勝ち点37)が11位のアラベスのホームの乗り込んだ一戦。17位のセルタとは勝ち点差が「3」離れており、得失点差も「6」あるため、勝っても降格がほぼ決定的となっているジローナ。7分にボックス左からポルトゥが狙いにいくが枠を大きく越える。

一方、乾をベンチ外としたアラベスは9分、ジョニーが左足でGK強襲のシュートを放つ。その後も互いに順調にシュートを重ねていくが、試合は動かない。

34分、ジローナはカウンターから右サイドを侵攻。ポルトゥのクロスにポンスが頭で合わせたが、枠を捉えることはできなかった。その3分後にジローナはロサーノがケガをするアクシデント。ドゥンビアとの交代を余儀なくされた。

その直後からアラベスが攻勢を強める。まずはカジェリが左サイドを抉ってボックス左に侵入。そのまま角度のないところからシュートを打つも、GKイライソスに防がれる。そのCKでは、ファーサイドで味方が頭で落としたボールをロランがバイシクル気味のシュートを枠に飛ばす。だが、ここもイライソスが立ちはだかった。

それでも40分、右サイドからのクロスが跳ね返されると、ボールの落ち際をワカソがボックス手前左からハーフボレー。インサイドステップで丁寧に合わせたシュートはイライソスの手をはじいてネットに突き刺さった。

後半立ち上がちに決定機を迎える両チーム。48分にアラベスはカジェリがクロスに飛び込んでヘディングシュートを見舞う。対するジローナは51分にポルトゥがボックス左からシュートを流し込みにかかる。どちらのシュートも両守護神のファインセーブに阻まれた。

しかし、その後はこう着状態に。大量得点での勝利が必要なジローナに残された時間は刻一刻と過ぎていく。そんな中78分に、グラネルのクロスをドゥンビアがヘディングシュート。フリーで完璧なタイミングでの一発だったが、左ポストに嫌われてしまった。

1点が遠いジローナ。83分にアラベスに2点目を奪われ万事休す。それでも86分、ポンスの浮き球スルーパスに抜け出したポルトゥが意地の一発を決めて1点を返した。

しかし、逆転には及ばず1-2で敗戦。この結果、ジローナはウエスカとラージョに続いて2部降格が決定した。
コメント
関連ニュース
thumb

ソシエダ、ジローナから今季リーガ9ゴールのMFポルトゥを獲得

レアル・ソシエダは18日、ジローナのスペイン人MFポルトゥ(28)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 バレンシアの下部組織で育った攻撃的MFのポルトゥは、2014年夏に移籍したアルバセテで頭角を現し、2016年夏からジローナでプレー。ジローナでは公式戦115試合に出場して29ゴール17アシストを記録。今季はリーガエスパニョーラで34試合に出場し、9ゴール3アシストをマークする活躍を見せていた。 ソシエダは今夏、ドルトムントからスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサク(19)を獲得している。 2019.06.19 03:46 Wed
twitterfacebook
thumb

2部降格ジローナ、元バルサのウンスエを新指揮官に招へい

ジローナは14日、フアン・カルロス・ウンスエ氏(52)の新監督就任を発表した。契約期間は1年間となるが、クラブがプリメーラ昇格を果たした場合、2年の契約延長オプションが発生する。 現役時代にGKとしてオサスナやバルセロナ、セビージャで活躍したウンスエ氏は、現役引退後古巣バルセロナでフランク・ライカールト監督、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下でGKコーチを務めてきた。その後、ヌマンシアとラシンで監督を務めた後、2013年にルイス・エンリケ監督の副官として、セルタのコーチングスタッフに入閣。その翌年にはルイス・エンリケ監督と共にバルセロナに渡り、在任3年間で9つのタイトル獲得に貢献した。 2017年には古巣セルタに指揮官として3年ぶりの復帰を果たし、チームを12位で残留させたが、昨夏にはクラブと双方合意の下で契約を解消していた。 なお、今シーズン、エウセビオ監督の下でプリメーラ2年目を戦ったジローナだったが、最終的に18位フィニッシゅとなり3年ぶりのセグンダ降格となっていた。 2019.06.15 15:36 Sat
twitterfacebook
thumb

バレンシア、降格ジローナの逸材右SBポッロ獲得に動く

バレンシアがジローナのU-21スペイン代表DFペドロ・ポッロ(19)の獲得に動いているようだ。スペイン『Superdeporte』が伝えている。 2017年にジローナのリザーブチームにあたるペララーダでプロデビューを飾ったポッロは、右サイドバックと右ウイングバックを主戦場とする新進気鋭のサイドアタッカーだ。 昨年、ジローナでトップチームデビューを飾ると、今シーズンはチームが2部降格を強いられた中、リーグ戦32試合に出場し4アシストを記録した。10代ゆえの粗さが目立つものの、圧倒的な走力とスタミナを武器に攻守両面での仕事量が多く、ウイング出身らしい突破力にも定評がある。 昨夏にジローナと2023年までの新契約を結んだポッロの契約解除金は5000万ユーロ(約60億円)に設定されているが、バレンシアはジローナの降格に伴い、より安価な金額での獲得を目指しているようだ。 なお、ポルトガル代表DFジョアン・カンセロのユベントス移籍以降、バレンシアではイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニと、本職中盤のデンマーク代表MFダニエル・ヴァスが右サイドバックでプレーしていた。 2019.06.04 17:02 Tue
twitterfacebook
thumb

降格ジローナ、エウセビオ監督が退任…

ジローナは20日、エウセビオ・サクリスタン・メナ監督(55)の今シーズン限りでの退任を発表した。 今シーズン、セビージャに引き抜かれたパブロ・マチン前監督の後任としてジローナの新指揮官に就任したエウセビオ監督。しかし、チームは今シーズンのリーグ戦を18位で終え、2016-17シーズン以来のセグンダ降格となった。 エウセビオ監督とジローナの契約は2020年6月までとなっていたが、降格の責任を感じた同監督はクラブ側に自身の処遇を任せ、来季の契約を放棄。そして、クラブは最終的に同監督との契約解除を選択した。 エウセビオ監督はバルセロナBやセルタでの監督を経て、2015年11月にレアル・ソシエダの監督に就任。2016-17シーズンは6位に導き、ヨーロッパリーグ出場権を獲得していたが、2017-18シーズンは成績不振に陥り、3月に解任されていた。 2019.05.21 14:49 Tue
twitterfacebook
thumb

低調セビージャ、6連敗中のジローナに痛恨敗戦… 4位ヘタフェにプレッシャーかけられず《リーガエスパニョーラ》

セビージャは28日、リーガエスパニョーラ第35節でジローナとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗戦した。 3日前に行われた前節ラージョ戦を5-0と圧勝した5位セビージャ(勝ち点55)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ヘタフェに同勝ち点で並んだ中、ラージョ戦からプロメスとメルカドに代えてエスクデロとセルジ・ゴメスの2選手を変更した。 残留圏内の17位バジャドリーに1ポイント差の降格圏に位置する18位ジローナ(勝ち点34)に対し、引き続きフラットな[4-4-2]を採用したセビージャは2トップにイェデルとフランコ・バスケスを起用した。 そのセビージャは開始4分にストゥアーニに決定的なシュートを許した中、13分に先制のチャンス。ロングフィードに抜け出したムニルがシュート。だが、飛び出したGKボノのセーブに阻まれた。さらにルーズボールをイェデルがシュートに持ち込むも、わずかに枠の左に外れた。 その後も主導権を握りきれないセビージャは23分にピンチ。FKからエスピノーサのヘディングシュートがバーを直撃した。ハーフタイムにかけても流れを引き寄せきれないセビージャは38分にサラビアが枠内シュートを浴びせるも、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もジローナに攻め込まれるシーンを作られる入りとなったセビージャは、54分にピンチ。だが、ボックス左からムニエサの放ったシュートはわずかに枠の右に外れて助かった。 流れの悪いセビージャは56分にムニルに代えてプロメスを投入。それでも60分、ディフェンスライン裏を取られてポルトゥに際どいシュートを打たれてしまうと、62分に先制された。 バネガのボールロストからロングカウンターを受けると、ストゥアーニ、ポンス、ポルトゥの3人に崩され、最後はポルトゥにシュートを流し込まれた。 追う展開となったセビージャは、70分にロケ・メサに代えてアタッカーのブライアン・ヒルを投入。それでも、流れを引き寄せられないセビージャは、終盤にかけても全くチャンスを作れずに敗戦。この後に試合を行うヘタフェにプレッシャーをかけられなかった。一方、連敗を6で止めたジローナは残留圏内の17位に浮上している。 2019.04.28 22:53 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース