ユナイテッドの伝説ルーニーが心打つ助言 「恐れろ」2019.05.18 10:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが古巣マンチェスター・ユナイテッドの選手に助言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。ユナイテッドは今シーズン途中からオーレ・グンナー・スールシャール監督が就任後、公式戦19試合で14勝の勢いでプレミアリーグのトップ4争いへ。だが、終盤の公式戦10試合でわずか2勝の急ブレーキが大きく響き、最終的に6位フィニッシュに終わり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。

復権が求められる来シーズンのユナイテッドはどうすべきか。ユナイテッドの黄金期を知るルーニーは、改善すべき点として選手を挙げ、監督から自由をもらって喜ぶだけでなく、締めるべき部分を締めるべきとの意味で「恐れを抱け」とアドバイスした。

「選手たちは誰かを恐れるべきだよ。オーレ・グンナー・スールシャールや、マイケル・キャリックを恐れないと。もちろん、尊重は大事だけど、恐れもないとダメだ」

振り返れば、スールシャール監督就任後に調子を上げた当時、チームの数選手から自由化を喜ぶコメントが…。今シーズンの失敗に加担した選手たちは、クラブのレジェンドであるルーニーの重い言葉をどう受け止めるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ポグバが『アディダス』のイベントに降臨! エキシビジョンマッチで圧巻のスキルを披露《TANGO LEAGUE TOKYO FINAL》

世界的スポーツブランド『アディダス』が16日、主催する『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』を東京都内で開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>『TANGO LEAGUE』はロンドンや、ベルリン、パリ、ミラノから始まったクリエイティブなリーグで、東京でも2017-18シーズンから活動。若きフットボーラーを対象にしたフットボールリーグだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>2018-19シーズンの覇者を決める『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』開催に伴い、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバがスペシャルゲストとして来場した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>記念すべき初来日のポグバは、愛用するフットウェア『プレデター』の特徴であるマスターコントロールをテーマにしたスペシャルセッション、日本の伝統スポーツ(弓道と相撲)との異種コントロール対決に挑戦。弓道家との的当て対決や、力士が壁に入っての直接FK勝負で会場を盛り上げた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>その後、『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』決勝進出チームの優勝をかけた熱きバトルを観戦。ときおり身を乗り出しながら若きフットボーラーたちの勇姿を見守り続けた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>そして、『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』の優勝チームとのエキシビジョンマッチにもスペシャルチームの一員として参加。懐の深いボールキープや足技で沸かせ、見事に勝利を収めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>最後は優勝チームの表彰式にも参加。トロフィーを贈呈すると、優勝チーム一同とともに、優勝の喜びを分かち合いながら、記念写真を撮るなど、イベントの最後まで終始笑顔だった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>ポグバはイベントの合間や終了後も会場に駆けつけたファンに丁寧に対応。ピッチをぐるりと回り、記念写真やサインに応じるなど、最後まで日本のファンと交流を深めた。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/34iK7ECe2H4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.16 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

初来日のポグバがファンと交流! 「こんなにも僕のファンがいることにびっくり」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが16日、東京都内で行われたスポーツブランド『アディダス』主催のイベントに登場した。 初来日のポグバは多くのファンと交流を深めたイベント終了後、メディアの囲み取材に応対。様々な質問に対して、次のようにコメントした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/34iK7ECe2H4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/フランス代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>──ワールドカップから早1年。今シーズンを振り返って 「シーズンのなかで色々なことがあったが、国を代表して、チームのみんなと一緒にワールドカップで優勝できたので、僕にとって素晴らしい1年だった」 ──愛用する『プレデター』のこだわり、それを選んだ理由<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「プレデターは小さい頃から履いてきたスパイク。(デイビッド・)ベッカムや(ジネディーヌ・)ジダンも履いていたスパイクだったから、僕も『アディダス』と契約する選手になって、履きたいと思った。今、履いているスパイクは僕に合っている。MFである僕にとって、ボールをコントロールするのに優れているから、愛用しているよ」 ──日本の次代を担う選手へのアドバイス<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「今日、見た選手たちも素晴らしいボールコントロールのスキルを持っていた。欧州だと、『タンゴリーグ』というものの知名度があまり高くない。このリーグをもっともっと大きくして、有名にしていければ、きっと欧州の大きなチームでプレーできるチャンスが巡ってくるんじゃないかな」 ──様々な憶測が浮上している自身の去就に関して<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「マンチェスター・ユナイテッドに3年間にわたり在籍していて、良いとき、悪いとき、色々あった。特に、昨シーズンはチームの中でも色々あったが、ワールドカップを優勝したから、個人的にベストシーズンになった」 「ただ、タイミング的に、そろそろ新しいところで、新しいチャレンジをすべきじゃないかと思っている。僕自身も色々考えたい。みんなが噂をしているように、色々なことを考えているよ」 ──日本のフットボールファンへのメッセージ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「今回、日本にやってきてみて、こんなにも僕のファンがいることにびっくりした。みんなが僕のネーム入りシャツを着て、サインを頼まれたことがすごく嬉しかった。だから、本当にありがとうと言いたい」 「あともう1つ伝えたいのは、日本代表の選手についてだ。彼らは試合後のロッカールームをまるで使っていないかのように綺麗にして退室する。欧州のチームであのようなことをやるチームはほとんどない。みんなが真似をすべきだ。これは世界に向けて素晴らしいメッセージだと思う」 「今日は本当にありがとう」 2019.06.16 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマ就任のフォンセカ、教え子フレッジの獲得を望む?

ローマが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するブラジル代表MFフレッジ(26)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 来シーズンの新指揮官に3年間シャフタールを率いたパウロ・フォンセカ氏を招へいしたローマ。同氏はシャフタール時代の教え子であるフレッジをレンタル移籍で獲得することを画策しており、すでに個人合意にも至っているようだ。 そのフレッジは昨夏に推定移籍金5200万ポンドでシャフタールからユナイテッドへ加入。しかし、公式戦25試合のみの出場に留まるなど、プレミアリーグに適応できず金額に見合う活躍ができなかった。 そうしたことからオーレ・グンナー・スールシャール監督はブラジル代表MFの放出を容認しているという。しかし、ユナイテッドは完全移籍での売却を望んでおり、移籍金満額を回収したいと考えているとのことだ。 2019.06.16 19:06 Sun
twitterfacebook
thumb

来日のポグバ、移籍を示唆 「新しいチャレンジをすべき」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が参加したスポーツブランド『アディダス』主催のイベントで今夏の移籍を示唆した。 所属先のユナイテッドが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したこともあり、今夏の移籍市場でレアル・マドリーや、古巣ユベントスの関心報道がひっきりなしに続くポグバ。そうしたなか、スポンサー契約を結ぶ『アディダス』のイベント出席で、16日に初来日した。 日本の伝統的スポーツや、エキシビジョンマッチでファンと交流を深めたポグバはイベント終了後、メディアの囲み取材で様々な質問に応えていくなかで、世界中が注目する去就に関して次のように発言。ユナイテッドからの移籍を匂わせた。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/34iK7ECe2H4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 「マンチェスター・ユナイテッドに3年間にわたり在籍していて、良いとき、悪いとき、色々あった」 「特に、昨シーズンはチームの中でも色々あったが、ワールドカップを優勝したから、個人的にベストシーズンになった」 「ただ、タイミング的に、そろそろ新しいところで、新しいチャレンジをすべきじゃないかと思っている」 「僕自身も色々考えたい。みんなが噂をしているように、色々なことを考えているよ」 2019.06.16 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、獲得難航の右SBにダンフリースをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドが、PSVに所属するオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 今夏の移籍市場で右サイドバックの獲得を目指しているユナイテッド。クリスタル・パレスのU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)やパリ・サンジェルマン(PSG)のベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27) をトップターゲットに見据えているが、移籍金を巡って交渉は難航している状態だ。 スパルタ・ロッテルダムでプロデビューを飾ったダンフリースは、昨夏にヘーレンフェーンからPSVに加入。189㎝と長身ながらスピードが武器の闘志あふれる大型サイドバックで、今シーズンの公式戦43試合で4ゴール7アシストを記録した。 ユナイテッドは、オランダ代表DFの獲得に向けて6日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)準決勝のイングランド代表戦にスカウトを派遣していた模様。ダンフリースは2500万ポンド(約34億1000万円)程度で獲得可能なようだ。 2019.06.16 16:36 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース