ユナイテッドの伝説ルーニーが心打つ助言 「恐れろ」2019.05.18 10:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが古巣マンチェスター・ユナイテッドの選手に助言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。ユナイテッドは今シーズン途中からオーレ・グンナー・スールシャール監督が就任後、公式戦19試合で14勝の勢いでプレミアリーグのトップ4争いへ。だが、終盤の公式戦10試合でわずか2勝の急ブレーキが大きく響き、最終的に6位フィニッシュに終わり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した。

復権が求められる来シーズンのユナイテッドはどうすべきか。ユナイテッドの黄金期を知るルーニーは、改善すべき点として選手を挙げ、監督から自由をもらって喜ぶだけでなく、締めるべき部分を締めるべきとの意味で「恐れを抱け」とアドバイスした。

「選手たちは誰かを恐れるべきだよ。オーレ・グンナー・スールシャールや、マイケル・キャリックを恐れないと。もちろん、尊重は大事だけど、恐れもないとダメだ」

振り返れば、スールシャール監督就任後に調子を上げた当時、チームの数選手から自由化を喜ぶコメントが…。今シーズンの失敗に加担した選手たちは、クラブのレジェンドであるルーニーの重い言葉をどう受け止めるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

グリーズマン、ユナイテッドに急転移籍か

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が報じた。 今夏のアトレティコ退団を表明したグリーズマン。契約解除金1億800万ポンド(約150億円)が支払われてのバルセロナ移籍が有力的な情勢だが、当のカンプ・ノウ方面から加入を望まない声や、別ポジションの強化を優先すべきとの声も少なくない。 そうしたバルセロナ側の歓迎なきムードを受け、グリーズマンに対して、ユナイテッド行きの可能性も熱を帯びつつある様子。水面下で選手の兄弟や家族と接触しており、一転してユナイテッド行きが実現する可能性が高まっているという。 グリーズマンを巡っては、マンチェスター・シティに興味がなく、ユベントスも金額面に難色を示して獲得レースから撤退。パリ・サンジェルマン(PSG)も現時点でノープランであり、獲得に動いていない模様だ。 なお、長らく興味を示すユナイテッドは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクやチリ代表FWアレクシス・サンチェスに退団の可能性があり、グリーズマンの獲得に動くとなれば、その売却金を充てるものとみられる。 2019.05.25 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがリヨンのムサ・デンベレ獲得に動く! 48億超のオファー打診

マンチェスター・ユナイテッドがリヨンに所属するフランス人FWムサ・デンベレ(22)の獲得に動いているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ムサ・デンベレは昨夏にセルティックから加わり、公式戦45試合20得点6アシストをマーク。今夏の移籍市場で欧州複数クラブの関心を集める注目株の1人だ。 そのなかで、セルティック時代から興味を示すユナイテッドがリヨンに対して、移籍金3500万ポンド(約48億6000万円)のオファーを打診した模様だ。 来シーズンの復権を目論むユナイテッドだが、セリエA行きを夢だと語るベルギー代表FWロメル・ルカクの去就が不透明な状況。ムサ・デンベレの獲得なるか。 2019.05.25 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

セルヒオ・ラモスが今夏マドリー退団を検討…

レアル・マドリーでキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)が、今夏のクラブ退団を考慮しているようだ。スペイン『マルカ』がスペイン『El Chiringuito TV』のレポートを引用して伝えた。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。だが、2018-19シーズンは自身とクラブにとって加入後、最低とも言える厳しいシーズンとなった。 とりわけ、今季のセルヒオ・ラモスは悪癖の退場に加え、エゴイスティックなプレー、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、アヤックス戦での出場停止を巡る騒動など、クラブ、マドリディスタの反感を買う場面が目立った。 そのため、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めたセルヒオ・ラモスは、今夏の退団を考慮し始めているようだ。 なお、そのセルヒオ・ラモスに関しては過去に獲得寸前までいっていたと言われるマンチェスター・ユナイテッドと共に、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得の可能性を問い合わせていたようだ。 マドリー、あるいは古巣セビージャでキャリアを終えると思われたセルヒオ・ラモスだが、今夏国外に活躍の場を移すことになるのか…。 2019.05.24 21:38 Fri
twitterfacebook
thumb

プレミア勢がRBライプツィヒの逸材CBコナテに関心

RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(19)にマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールの3クラブが関心を示しているようだ。『Euro United』が伝えている。 2017年夏に母国のソショーからライプツィヒに移籍したコナテは、193cmの巨躯に加えて、快足揃いのライプツィヒの中でもトップクラスのスピードを誇るアスリート型のセンターバックだ。また、積極的な持ち出しや正確な右足のフィードも兼備している。今季は公式戦42試合に出場し3ゴールを記録していた。 先日にスイスのスポーツ研究国際センター(CIES)が発表した1999年以降に生まれたヨーロッパ5大リーグに所属する20歳以下の若手プレーヤーの市場価値ランキングでは4000万ユーロ(約49億円)で11位にランクインした逸材だ。 『Euro United』が伝えるところによれば、そのコナテには守備の改善が急務のユナイテッド、アーセナルの2クラブが強い関心を示しているという。 また、FWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタと“レッドブル・グループ”産のタレントが主力として活躍しているリバプールも、コナテの獲得に興味を示しているようだ。 2019.05.24 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルからユナイテッドに移籍…ファン・ペルシが当時を回想

現役を退いた元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ氏がアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ファン・ペルシは2004年から8年間にわたり、アーセナルで活躍。公式戦278試合132得点を記録した。だが、個人として得点王に輝いた2011-12シーズンも夢だったプレミアリーグが叶わず、同シーズン終了後に宿敵ユナイテッド移籍を決断。個人として2年連続のプレミアリーグ得点王に輝き、移籍初年度に悲願のリーグ優勝を経験した。 その後、フェネルバフチェを経て、キャリアスタートの地フェイエノールトに戻り、今シーズン限りで現役を引退したファン・ペルシ。イギリス『BBC』のインタビューで、当時、物議を醸したユナイテッド移籍決断の背景を語るとともに、ときを経て、アーセナルファンに感謝した。 「ファンは怒っていたと思う。あの当時(2011-12シーズン)の僕はキャプテンであり、ゴールスコアラー。そして、(プレミアリーグで)3位だった。でも、誰しもが挑戦や新たな冒険の必要性を感じるときがある」 「みんなを傷つけてしまったのなら、ごめん。でも、それが私なんだ。私があの決断を下して、私自身がそれを支持した。ただ、アーセナルのことをネガティブに見ているわけじゃない。彼らを悪く言うことは無理だ」 「彼らは美しいフットボールクラブで、私も素晴らしい時間を過ごさせてもらった。若造として加わり、大人として、より成熟した選手として旅立った。アーセナルの誰にも悪い気持ちはない。むしろ、感謝している」 2019.05.24 12:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース