国内2冠達成のアヤックス、デ・リフトは去就について「夏の終わりになる」2019.05.16 13:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
多くのクラブが獲得を熱望するアヤックスのキャプテンを務めるオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)だが、決断にはまだ時間がかかるようだ。『FOX Sports』が伝えた。今シーズンのチャンピオンズリーグで躍進を見せ、注目を集めているアヤックス。15日には延期されていたエールディビジでデ・フラーフスハップに1-4で快勝。5シーズンぶり34度目のエールディビジ王者となっていた。

今シーズンはKNVBベーカー(国内カップ戦)では優勝を果たしており、2冠を達成。チャンピオンズリーグで決勝進出を逃した悔しさを、少しは晴らす形でシーズンを終えた。

才能溢れる若手選手が今夏は多くチームを去ることが予想されるアヤックス。キャプテンを務めるデ・リフトもその1人であり、バルセロナ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントス、バイエルンなどが興味を示している中、自身の去就についてはまだ時間がかかることを明かした。

「今は、僕の将来について話すときではない」

「僕がフレンキー・デ・ヨングと共に(バルセロナへ)行くかどうかは分からない。それでも物事を分析して、全てを見る必要がある。何が起こるかわかるだろうね」

「僕には何も言えない。夏の終わりになると思う。まだ何もない」

「僕はカップ、リーグ、そしてチャンピオンズリーグを楽しんだ。特に、チームのスピリットをね」
コメント
関連ニュース
thumb

デ・リフト、ユーベ移籍を決断か…『スカイ』が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス移籍が迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がイタリア『スカイ』を情報源に報じた。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプールといったメガクラブからの関心が伝えられており、中でもバルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱していた。しかし、最近になって有力と見られていたその2クラブが破談に終わったとの報道が。そしてユベントス行きが濃厚となったようだ。 今回伝えられるところによると、デ・リフトはユベントス移籍を決断。個人間の契約に関する詳細はまだ確定していないものの、移籍金6200万ポンド(約84億7000万円)で移籍に近づいているようだ。 先日、デ・リフトはオランダ代表として参戦したUEFAネーションズリーグ決勝戦のポルトガル代表戦で、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドから直接、勧誘されたことを明かしていたが、このままユベントス移籍でデ・リフト争奪戦は決着を迎えるのだろうか。 2019.06.22 20:10 Sat
twitterfacebook
thumb

レアルの元神童ウーデゴール、レバークーゼン移籍へ

レアル・マドリーに所属するノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)に対して、レバークーゼン移籍の可能性が高まっているという。スペイン『マルカ』が報じた。 弱冠15歳でノルウェー代表デビューの“神童”として、いち躍脚光を浴び、2015年にレアル・マドリー入りしたウーデゴール。そのレアル・マドリーで才能を示すチャンスを掴めず、レンタル生活が続いている。 だが、レンタル生活3年目の昨シーズンは、フィテッセで公式戦39試合11得点12アシストをマーク。そうした活躍からアヤックスの関心も取り沙汰されたが、次なる新天地はドイツになる模様だ。 渦中のウーデゴールは先日、自身の父親とともにデュッセルドルフの空港で姿が目撃されており、ドイツの強豪クラブであるレバークーゼンとの契約にサインを済ませたというのだ。 なお、既報によれば、現時点でレアル・マドリーにウーデゴールを売却する意思はなく、来シーズンもレンタルでプレーすることになるとみられる。 2019.06.21 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アヤックスが名将テン・ハグ監督と契約更新!

アヤックスは20日、エリク・テン・ハグ監督(49)との契約を2022年まで延長したことを発表した。 昨年1月1日からアヤックスで指揮を執っているテン・ハグ監督は、2年目を迎えた今季に一躍脚光を浴びることになった。リーグ戦では11連勝や8連勝、さらには総得点119という圧倒的な成績でオランダの覇権を取り戻すと、KNVBカップでも9年ぶりに優勝し2冠を達成。ユトレヒト時代から2度目のオランダ最優秀監督賞を受賞した。 加えてチャンピオンズリーグでは、MFフレンキー・デ・ヨングやDFマタイス・デ・リフト、FWダビド・ネレスら若手を中心とした創造性溢れる魅力的なサッカーで快進撃を続け、レアル・マドリーやユベントスを退けて準決勝進出を果たした。 その手腕からバルセロナやバイエルンからも触手が伸びていたと言われていたが、今季までとなっていた契約を3年更新。その喜びを以下のように語っている。 「とても嬉しいよ。素晴らしいシーズンを過ごした今こそ契約を延長したかったんだ。クラブが前進する助けになりたい。我々は遥かにファンタスティックな成果を得ることが出来た。これを続けるのはかなり難しいが、また同じゴールに向けて我々は準備している」 2019.06.20 20:25 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・リフト代理人、クラブ間合意報道のバルサに断り?

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナへの移籍が破談に終わる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』がスペイン『カデナ・セール』での情報をもとに伝えている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、ユベントスなどメガクラブからの関心が伝えられており、中でも最近では、バルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱している。 移籍金7500万ユーロ(約92億2000万円)でクラブ間合意に達したとされるバルセロナだが、再びアムステルダムでの交渉に臨むと、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏から断りがあった模様。同メディアによれば、PSGやバイエルン、ユベントスの方が好条件のオファーを提示していることが理由だという。また、その中ではPSGがポールポジションにいるようだ。 錯綜し続けるデ・リフトの去就。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.19 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、指揮官古巣アヤックスからDFシンクラーフェンを獲得!

レバークーゼンは17日、アヤックスからオランダ人DFダレイ・シンクフラーフェン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 ヘーレンフェーンの下部組織出身のシンクフラーフェンは、左サイドバックを主戦場に左サイドハーフやセントラルMFでもプレー可能なユーティリティープレーヤー。2014年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した同じファーストネームのオランダ代表DFダレイ・ブリントの後釜として期待された中、在籍4年半で公式戦86試合に出場し1ゴールを記録した。 今シーズンはヒザのケガに加え、前述のブリントの復帰、昨季途中加入のアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコとのポジション争いに敗れて、公式戦11試合の出場にとどまっていた。 ペーター・ボス監督のアヤックス時代の教え子の獲得に成功したレバークーゼンのシモン・ロルフェスSD(スポーツ・ディレクター)は、「ダレイ・シンクフラーフェンは技術的に成熟したプレーヤーだ。彼のゲームインテリジェンス、フットボールのクオリティは我々に完璧にマッチしていると思う。さらに、彼はすでに我々の指揮官ペーター・ボスのアプローチを理解している。彼らはアヤックスで共に成功を収めた」と、クラブに適した補強であることを強調している。 一方、国外初挑戦となるシンクフラーフェンは新天地での意気込みを語っている。 「アヤックスでの時間を経て、ドイツのトップクラブでプレーするチャンスを得られたことにとても興奮しているし、高いモチベーションを感じているよ。レバークーゼンは長年に渡ってブンデスリーガのトップクラブの一角を担ってきた素晴らしいクラブだよ。新しいリーグ、チャンピオンズリーグでの挑戦をとても楽しみにしているよ」 2019.06.18 01:30 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース