首位浮上のFC東京長谷川監督が初受賞! J2は大宮の高木監督、J3は藤枝の石崎監督《月間優秀監督賞》

2019.05.10 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーグは10日、4月度の「月間優秀監督賞」として、J1ではFC東京の長谷川健太監督、J2では大宮アルディージャの高木琢也監督、J3リーグでは藤枝MYFCの石﨑信弘監督を選出した。

同賞は各月のリーグ戦を対象に最も優れた指揮をした監督を表彰する賞。Jリーグの成績などをもとに選考委員が選出する。なお、「月間優秀監督賞」を受賞した監督は12月に開催予定の2019Jリーグアウォーズで表彰される「優秀監督賞」にノミネートされる。

長谷川監督は、4月の4試合で全勝。首位攻防戦も制し、チームを首位に導いた。長谷川監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

長谷川健太監督(FC東京)
ⒸCWS Brains,LTD.
「J1月間優秀監督賞を受賞でき大変光栄です。この賞を励みに引き続き今シーズンも頑張っていきたいと思います。代表して私がいただきますが、選手、スタッフ、クラブに関わるみんなで受賞した賞だと思っています。平成最後の月にこのような名誉な賞をいただくことができ、心から嬉しく、みなさんに感謝しています。まだまだ今シーズンは始まったばかりですが、2回目、3回目、4回目と獲れるように、最後までみんなで力を合わせて頑張ります」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆原博実委員
「4連勝。ケガ人やアクシデントがあっても上手くチームをやりくりし、常にチームの状態を安定させた。攻守のバランスが良い」

◆福西崇史委員
「堅守でチームを首位に導いた手腕を評価」

◆柱谷幸一委員
「4勝して、しかも首位。負けなし」

◆北條聡委員
「破竹の4連勝。しかも首位攻防戦制し、内容も充実。もはや異議挟む余地なし」

◆寺嶋朋也委員
「4月は4戦全勝で首位をがっちりキープ。主力に欠場者が出ても、代わりに出場した選手が穴を埋めながら連勝するなど、見事なマネジメントぶりだった」

高木監督は、3月の5試合で4勝1分け。今シーズンから指揮するチームを上位に押し上げている。高木監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

高木琢也監督(大宮アルディージャ)
ⒸCWS Brains,LTD.
「チームがあっての受賞です。選手、スタッフ、関係者の皆さんに感謝いたします。シーズン開幕直後は波に乗れなかった中で、チームの闘争心が高まっていった月でした。4月の初戦となる4月3日のファジアーノ岡山戦で、ホームで逆転勝ちを飾れたことが大きく、勢いに乗ることができたと思います。私がこの賞をいただくことは、チームが結果を出せている証しですから、また表彰していただけるように取り組んでいきたいと思います」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆原博実委員
「4勝1分 チームをしっかり把握して 安定した戦いを続けている。バランスが良い」

◆柱谷幸一委員
「4勝して3位(4月終了時点)に浮上してきた」

◆北條聡委員
「無傷の4勝、勝ち点13はともに最多。大宮をタフな集団に変えた手腕はさすが」

◆寺嶋朋也委員
「今季からの指揮だが、早くも全体に守備の意識を浸透させ、粘り強いチームを作り、4月は4勝1分で一気に上位に浮上した」

石崎監督は、4月の3試合で2勝1分け。4月終了時点で首位に立っている。石﨑監督のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

石﨑信弘監督(藤枝MYFC)
ⒸJ.LEAGUE
「Jリーグから表彰されるということは初めてで、大変光栄に思っています。ただ、この成績も選手の頑張りがあってこそだと思いますし、チームスタッフも含め、全ての結束があったからいただけけた賞だと思います。チームの皆さん、選手に感謝したいと思います。こういう形をもっともっと続けていけるようチーム全体一丸となり、これからも戦っていきたいと思います」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆福西崇史委員
「2勝1分で負けなし。チームを首位(4月終了時点)に導いた」

◆柱谷幸一委員
「首位(4月終了時点)に導いた」

◆北條聡委員
「昇格請負人が早くも本領発揮。先月最後の大敗も何のその。(チームは)隙のない集団へ」

◆寺嶋朋也委員
「今季補強したベテラン選手をチームに組み込み、4月2勝1分で首位(4月終了時点)に浮上。堅い守備がチームのベースとして定着してきた」

関連ニュース
thumb

川崎Fの家長昭博が今季月間MVP初受賞! 2G3Aの活躍でチームを全勝に導く

Jリーグは13日、8月度の月間MVPを発表した。 J1からは川崎フロンターレの家長昭博が受賞。8月は4試合で2ゴール3アシストの活躍を披露し、チームも4戦全勝で首位の横浜FMに肉薄する成績を収めた。 今月の活躍には審査委員も舌を巻いており、北條聡委員は「ボールを持てば無双状態」と高く評価。家長は今季初受賞、通算では2度目の受賞となる。 「この度は明治安田生命J1リーグ8月度KONAMI月間MVPに選出頂きありがとうございます。喜びと同時に、共に戦ってくれた全ての方に感謝しておりま」 「この賞をこれからも受賞できるように、自分自身が少しでも成長できるように日々努力していきたいと思います」 「残りのシーズンもJリーグ、川崎フロンターレの応援を宜しくお願いします」 なお、J2からはチームの5連勝に貢献し、2アシストも記録したファジアーノ岡山のヨルディ・バイスが選出。J3は3ゴールで攻撃を牽引したいわきFCの有田稜が選ばれた。両選手とも初受賞となる。 2022.09.13 17:05 Tue
twitterfacebook
thumb

広島のスキッベ監督が2度目の月間最優秀監督に! 8月はリーグ戦全勝

Jリーグは13日、8月度の月間最優秀監督賞を発表した。 J1はサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督が受賞。8月はリーグ戦4試合で全勝。鹿島や柏、C大阪との上位戦でことごとく白星を重ねた。また、ルヴァンカップも含めると公式戦6連勝。まさに大躍進の1カ月だった。 「4月度に続き、明治安田生命J1リーグ8月度月間優秀監督賞に選出いただき、大変嬉しく思っています。この素晴らしい賞をいただけたのは決して私一人の力ではなく、チーム全員の成果です。サンフレッチェ広島が魅力的で良いサッカーをしていることが日本中に認められた証だと思っています」 「シーズンは残り少なくなってきましたが、今後も現状よりさらに上を目指し、チーム一つになって戦っていきたいと思います」 なお、スキッベ監督は4月度以来2度目の受賞となった。 J2はリーグ戦5試合で4勝を挙げたファジアーノ岡山の木山隆之監督が通算2度目となる今季2度目の受賞。J3ではいわきFCの村主博正監督が初受賞を果たした。 2022.09.13 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

7月の月間優秀監督賞に横浜FMのケヴィン・マスカット監督! 今季2度目の栄冠

Jリーグは16日、7月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督で、7月は5試合を3勝2分けの無敗。順位も首位を維持して、この8月に入っている。 今年5月に続く受賞となる49歳のオーストラリア人指揮官はJリーグ公式サイトで喜びを語った。 「まず、本受賞についてJリーグに感謝申し上げます。そして、我々のサッカーを表現するためにハードワークしている選手とスタッフにも感謝します。最後に、どんな時も変わらずサポートしてくれているマリノスファミリー全員にこの賞を捧げたいです。共に戦い続けましょう」 また、J2リーグではロアッソ熊本の大木武監督で、J3リーグからは藤枝MYFCの須藤大輔監督が選出。それぞれ受賞に際してコメントしている。 ◆大木武監督 「このたびは、2022明治安田生命J2リーグ7月の月間優秀監督賞に選んでいただき、ありがとうございます。この賞は、選手・スタッフをはじめ、クラブを支えてくださるパートナー企業の皆様、いつも応援してくださるサポーターの皆様、クラブに関わる全ての皆様がいただいた賞であり、心より感謝いたします。リーグも終盤戦となりますが、チーム一丸となり、皆様にまた見たいと思っていただけるようなプレーで、目標を達成できるよう頑張ります」 ◆須藤大輔監督 「この度の受賞に関しまして、藤枝MYFCのクラブとしてのフィロソフィーをクラブに関わる全ての人と共有し、共に歩むことができたことが良い結果に繋がり、この素晴らしい賞を受賞する運びとなったこと、支えてくださった方々に感謝申し上げます。今後も超攻撃的なエンターテイメントサッカーを表現し、観ている方に勇気や感動、そして心を震わせる至福の時間を提供できるよう日々精進して参りたいと思います。サッカーの力で多くの方を幸せにできますように」 2022.08.16 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

7月5戦6発の横浜FMストライカー、レオ・セアラが月間MVP! 「チーム全員で勝ち取った賞」

Jリーグは16日、7月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ。今季のここまで21試合出場で10得点を決め、7月はハットトリックで飾った同月2日の清水エスパルス戦を皮切りに計5試合で6ゴールをマークした。 首位をひた走るチームで得点源として引っ張る27歳のブラジル人ストライカーは喜びの心境とともに、決意を新たにしている。 「昨年に引き続きKONAMI月間MVPを受賞できたことを、とてもうれしく思います。この賞をいただけたのは、チームメイトみんなのおかげです。チームが好調なのはチーム全員が頑張っているからこそと同じように、今回僕が選ばれた理由は、みんなにあると思います。チーム全員で勝ち取った賞だと感じています」 また、J2リーグからはV・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオで、J3リーグは藤枝MYFCのMF久保藤次郎に。それぞれ喜びを語った。 ◆エジガル・ジュニオ 「質の多い選手がそろっている中で、KONAMI月間MVPに選出いただきとてもうれしく思います!選出してくださった皆さんとチームメイト、家族、ファン・サポーターの皆さんに感謝しています。FWとしてゴールの近くでプレーできていることがこの結果につながったと思います。これからもチームの勝利のために、そしてJ1昇格のために100%でプレーします!」 ◆久保藤次郎 「月間MVPに選んでいただき大変嬉しく思います。監督をはじめ、選手、サポーター、クラブ関係者の方々と一緒に掴み取ったクラブ初6連勝があったからこそ受賞することが出来ました。とても感謝しています。残りのシーズンもサッカーはエンターテイメントだという監督の考えのもと、日々の努力を怠らず戦い抜きます。今シーズン、藤枝MYFCのサッカーを観たことがない方には是非一度観ていただきたいと思います。そしてサポーターの皆様、引き続き応援よろしくお願いします!」 2022.08.16 17:55 Tue
twitterfacebook
thumb

湘南を上向かせる山口智監督が6月優秀監督賞に輝く 「これからも新湘南を追求」

Jリーグは12日、6月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは湘南ベルマーレの山口智監督で、初受賞に。6月の2試合を全勝で切り抜けると、今月もここまで3試合を1勝2分けの負け知らずで降格圏から脱出の13位にまで順位を上げている。 直近の10試合でも5勝3分け2敗と勝ち星先行の戦いを続ける山口監督は受賞に際して、Jリーグ公式サイトで感謝の言葉とともに、 「明治安田生命J1リーグ6月度月間優秀監督に選出していただき大変光栄です。ありがとうございます。この受賞は常日頃、選手、スタッフ、クラブが信念を持ってやり続けている証だと思うので、これからも全員で謙虚に地道に大胆にチャレンジし続けていきたいと思います」 「また、スタートしてなかなか難しい状況でも背中を押し、支え続けていただいてるファン、サポーターの方に心から感謝いたします。これからも新湘南を追求していきたいと思います。よろしくお願いいたします」 なお、J2リーグからはファジアーノ岡山の木山隆之監督が初受賞。J3リーグからはカターレ富山の石﨑信弘監督が3度目の栄誉に輝いている。 2022.07.12 18:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly