【質疑応答】年齢もチームも関係なし…高倉監督、選ばれし23名に期待「爆発的な力を発揮してくれそうな選手もいる」《女子ワールドカップ》2019.05.10 16:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は10日、フランスで行われる女子ワールドカップに向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。6月7日に開幕する女子ワールドカップで、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表と同居。6月10日(月)の25時からアルゼンチンと、同14日(金)の22時からスコットランド、同19日(水)の28時からイングランドと対戦する。また、開幕前の6月2日は、スペイン女子代表と国際親善試合を行う。

会見にはJFA女子委員長の今井純子氏と、なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督が出席。メンバー発表後、高倉監督はメディア陣からの質疑に応対し、選出したメンバーへの期待や大会の目標などについて言及した。

──前回大会と比べると全体的に年齢が若くなったが、意図や期待している点は。また、ケガで試合に出ていない選手もいるが、招集した理由は?
「若い選手が多いという話がありましたが、先ほども言いましたけど、年齢ということではなく、様々な選手を試す中で、しっかり返ってきた(応えてきた)選手を選んだ結果、若い選手が残ってきたのかなと思います。やはり大会中に何かをきっかけに爆発的な力を発揮してくれそうな選手もいます。その辺には大きく期待しています」

「サッカーをやっている限りは、ケガはつきものです。少し不安要素を持っているかなという選手もいますけど、チームもメディカルも話をした結果、プレーできるということで呼んでいます。不安はありません」

──FW遠藤純(日テレ・ベレーザ)が選出。去年11月に初招集されて代表経験が浅いと思うが、選出理由と期待している点について
「どうしても年齢のところで皆さんは話題になるのかもしれませんが、私自身はグラウンド上でのパフォーマンスを見て、十分にやれるというところで招集しました」

「左利きで突破からシュートまでいく形は素晴らしいものがあります。身体も大きく、当たり負けしない強さやスピードもあります。他の選手も同じですけど、期待を込めて、得点やチャンスメークという部分にFWの選手には期待したいと思います」

──MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)は試合の出場が少ないと思うが、同選手のコンディション状態をどう見ているか。また、ピッチ内外でどういう役割をして欲しいか
「先程も言いましたけど、コンディションは大丈夫だと聞いています。あとは、招集してからパフォーマンスを上げていくということになると思います。もちろん、経験が豊富な選手ですし、チームにも落ち着きをもたらしてくれるという意味でも大きな期待をしています」

──グループリーグでの対戦相手の中で、アルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表のこれまでの印象は
「アルゼンチンは初戦になりますし、FIFAランキングも37位となっていますけど、映像を観てもトリッキーなプレーであったり、技術的に南米の選手らしく強引にゴールを狙ってきたりする点から、簡単な試合にはならないと思います。初戦の難しさもあります。しっかりと勝ち点3を取れるように全力で臨みたいと思います」

「スコットランドも新鋭ではありますけど、ヨーロッパ予選をしっかりと戦って勝ってきているチームです。最近も良い試合をしているので、決して侮れないと思います。未知の力という意味では、今回のW杯は強豪と言われているアメリカ、ドイツ、開催国のフランスが優勝候補して挙げられていますけど、どの国が勝つのか分からないという大会になると思います。しっかりと一つ一つ戦っていくだけだなと思います」

「イングランドも監督が変わり、経験豊富な監督です。優勝を目指して戦ってくると思います。まずこの3つ目の試合も大きな山になるのかなと思います。山ではない試合はないですけど、まずこの予選の3つは、慎重かつ大胆に戦っていけるようにしたいです」

──優勝を目指すと常々に言っているが、改めて今大会の目標は? また、前回大会に比べれば各ポジションでW杯経験者が少ないと思うが、DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)やDF熊谷紗希(リヨン/フランス)、DF鮫島彩選手(INAC神戸レオネッサ)らベテラン選手に求めたいことは
「難しい挑戦ではあると思いますけど、優勝を目指さない限り、手に入れることはできないので、やはり優勝を目指してW杯に臨みたいと思います。ベテランの優勝経験がある選手たちに関しては、月並みではありますけど、本番にしかない緊張感や不測の事態が起きると思うので、その時にチームをしっかりと支えてもらいたいと思います」

──メンバーを見ると、日テレ・ベレーザの選手が10人と多く選出されているが、その意図や期待することは
「チームを見て選んでいる訳ではありません。あくまでも個人のパフォーマンスを見ながら、結果的にベレーザの選手が10人という数になりました。リーグでも非常に良いパフォーマンスをチームとしても見せてくれているので、その辺のコンビネーションも含めて、良いものが出てくれば良いなと思います」

──地元・福島への思い
「Jヴィレッジはこの間、なでしことしてもキャンプをやらせていただきました。非常に思い入れのある、昔から選手の育成を含めて使わせていただいたグラウンドですので、綺麗に元通りになっているピッチを見て、嬉しかったです。そこで選手たちが素晴らしいグラウンドで走っている姿を観るのも、感慨深いものがありました」

「福島出身というところでというよりは、やはり日本の代表として大きな期待と責任持って、選手たちが伸び伸びとグラウンドで輝けるように全力で戦っていきたいと思います」

──なでしこリーグで3年連続得点王になっているFW田中美南(日テレ・ベレーザ)が外れているが、攻撃陣に対してはどういうメッセージ性を持って選出したか。
「近年、女子サッカーのレベルが急速に上がっているということは、皆さんはもちろん、私自身、選手自身も感じる中で、やはり後ろ向きに戦いたくはないですし、攻撃のところで考えた時に、オンで強い武器を発揮できる選手と、オフの中で戦える選手、両方を持ち得ながら戦える選手がいると思います」

「この選んだ選手たちというのは、どの組み合わせになっても何かを作り出すことができるのではないかという期待を持たせる選手が多いと思います。やはり劣勢な試合であっても、3人、4人がコンビネーションを作った時に鉄のディフェンス、大きくて強い選手たちを翻弄できる崩しというのが、できるのではないかという点で楽しみにしていますし、その辺の能力の高さをみんなが持ち得ていると思います」

「もちろん、田中選手の得点力というところも大きな期待を持ってはいましたけど、本当に考えた結果、この選手たちを選びました」

──これまで多くの選手を試している分、チームビルドの時間がなかったり、大幅にメンバーが入れ替わっている中、これからの限られた時間でどういった準備が必要になるか。また、阪口の状態は、初戦から行けるのか、それともある程度、大会が進んでから臨めるというイメージなのか
「チームビルディングに関しては、私がなかなかメンバーを固めないので、普通固めて戦うだろうという意見も多く聞きましたけど、いろいろな状況の中で、ケガ人も多くいましたし、なかなかメンバーを組めなかったことが実際にありました。普通は固めて戦うだろうという普通が、別に私にとっては普通ではありません。色々な選手の可能性を最後まで見極めながら、やることは選手にずっと伝えてきています。これから選手をしっかりと並べて、スペインとの試合がありますけど、練習の中でもしっかりコンビネーションというのは取れていくと思います。大会中にもチームの成長というのが見れると思います。その辺に期待しながら大会を戦っていきたいなと思います。

「(阪口について)もちろん初戦というところもターゲットにはしていますけど、やはり招集して彼女自身のパフォーマンスがどこまで上がってくるかというところも見なければいけません。どの選手にも言えますけど、やはり集まってから選手のコンディションとどれだけ研ぎ澄ましてグラウンドに立ってくるかというところで、メンバーも決まってくるのではないかなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

なでしこジャパン、最終節を待たずに決勝トーナメント進出が決定!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019に参戦しているなでしこジャパンが、19日に行われるグループD最終節のイングランド女子代表戦を前に決勝トーナメント進出を決めた。 今大会はグループA~Fの上位2チームと、各グループ3位の6チームのうち上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進出する。イングランド、スコットランド、アルゼンチンが同居するグループDに属するなでしこは、第2節終了時点で首位に立つイングランドに次いで1勝1分けの勝ち点4で2位につけていた。 そんな中、女子W杯は16日にグループリーグ第2節の全日程が終了。その結果、グループEとグループFの下位2チームが2連敗を喫したため、両グループの3位チームが日本の勝ち点4を上回る可能性がなくなり、最終節の結果にかかわらず、なでしこの決勝トーナメント進出が確定した。 なお、なでしこが1位通過の場合は中3日でグループBかグループEかグループFの3位と、2位通過の場合は中5日でグループEの1位と、3位通過の場合は中2日か中3日でグループAかグループBの1位と対戦する。 2019.06.17 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

前半の2Gを守り切ったなでしこが初勝利でGS突破へ前進!《女子W杯》

なでしこジャパンは14日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節でスコットランド女子代表と対戦し、2-1で勝利した。 4日前に行われたアルゼンチン女子代表戦を低調な内容で0-0と引き分けたなでしこは、アルゼンチン戦のスタメンから3選手を変更。横山、長谷川、南に代えて岩渕、遠藤、市瀬を起用した。 初戦のイングランド女子代表戦を1-2と敗戦したスコットランドに対し、フラットな[4-4-2]を継続したなでしこはGKに山下、4バックに右から清水、熊谷、市瀬、鮫島、中盤に右から中島、三浦、杉田、遠藤、2トップに岩渕と菅澤を起用した。 立ち上がりからハイプレスをかける積極性を見せたなでしこは、7分に中島がボレーでゴールに迫れば、17分には岩渕が枠内シュートを浴びせていく。 すると23分、勢いそのままになでしこが今大会初ゴールをこじ開ける。遠藤のパスを受けたペナルティアーク中央の岩渕が豪快なミドルシュートをゴールに突き刺した。 その後も攻勢に出るなでしこは、31分に追加点のチャンス。FKの流れから熊谷がヘディングシュート。だが、ゴールライン前のDFにカットされた。それでも36分、PKを獲得する。清水のクロスボールに反応した菅澤が相手DFに手をかけられて倒された。これを菅澤自ら決めてなでしこがリードを2点に広げた。 前半追加タイム1分には杉田のシュートがバーに直撃したなでしこが迎えた後半も主導権を握る中、58分には中島のカットインシュートでGKを強襲。 その後もスコットランドに反撃を許さずに時間を進める中、66分には遠藤に代えて小林を投入した。 しかし、攻め手となっていた遠藤を下げたことで劣勢を強いられたなでしこは、78分にはポスト直撃のシュートでひやりとさせられる。さらに83分、エバンスのミドルシュートが枠を捉えたが、GK山下がセーブした。 終盤にかけてもスコットランドの攻勢を受けると、88分に失点した。市瀬のミスパスからクレランドにミドルシュートを叩き込まれた。 それでも2-1で逃げ切ったなでしこが初勝利。1勝1分けとし、決勝トーナメント進出に前進した。グループステージ最終節イングランド戦は19日に行われる。 2019.06.14 23:52 Fri
twitterfacebook
thumb

低調なでしこ、格下アルゼンチンに痛恨ゴールレスドロー《女子W杯》

なでしこジャパンは10日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第1節でアルゼンチン女子代表と対戦し、0-0で終了した。 前日の試合でイングランド女子代表(FIFAランク3位)がスコットランド女子代表(同20位)に2-1と勝利しているグループD。2大会前の王者であるなでしこジャパン(同7位)は、W杯優勝メンバーの熊谷と鮫島が健在であるものの、W杯初出場組が17名と大幅な若返りを見せた中、アルゼンチン(同37位)との初戦を迎えた。 フラットな[4-4-2]を採用したなでしこはGKに山下、4バックに右から清水、熊谷、南、鮫島、中盤に右から中島、三浦、杉田、長谷川、2トップに菅澤と 横山を起用した。 立ち上がりから押し込む展開としたなでしこは、サイド攻撃を起点に打開にかかる。しかし、アタッキングサードではアルゼンチンの守備を上回れず、決定的なシュートには持ち込めない。 結局、枠外シュート2本に終わったなでしこはチャンスを作るには至らず、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込む展開としたなでしこは、開始5分に横山がミドルシュートでGKを強襲。圧力をかけ続けると、56分にこの試合最初の決定機を迎えた。清水が右サイドを抜け出してクロスを入れた流れから、長谷川がシュート。だが、ミートしきれず枠の左に外してしまった。 直後、横山に代えて岩淵を投入したなでしこだったが、徐々に攻撃がトーンダウン。攻勢が弱まったことを受けて75分、中島に代えて遠藤を左サイドに投入した。 しかし、終盤にかけても拙攻が続き、追加タイムの長谷川のシュートはGKに止められ、0-0で終了。低調な内容で引き分けスタートとなった。 2019.06.11 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこ、W杯前最後の調整試合でスペインにドロー《国際親善試合》

なでしこジャパンは2日、国際親善試合でスペイン女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。 10日にワールドカップ(W杯)初戦を控える中、大会前最後の調整試合として同じくW杯に参加するスペインと相まみえた一戦。 フラットな[4-4-2]を採用したなでしこは、2トップに横山と籾木、両サイドに長谷川と中島を配置する布陣で臨んだ。 試合はスペインにポゼッションされる展開となると、21分に市瀬のハンドを取られPKを献上してしまう。これをエルモソに決められ、なでしこは先制を許してしまった。 その後も攻め手のないなでしこはチャンスを作れずに前半を1点ビハインドのまま終えた。迎えた後半も攻めあぐねたなでしこは、60分に菅澤と三浦を投入。 それでも守勢が続き苦しい展開となっていたが、85分に同点とした。遠藤のパスをボックス左のスペースで受けた杉田が折り返し、ゴール前の菅澤がスライディングシュートで蹴り込んだ。 そして追加タイムのピンチをGK山下が凌ぎ、1-1で終了。強豪スペイン相手に引き分けに持ち込み、初戦のアルゼンチン女子代表戦に向けて、まずまず収穫を得られた一戦となった。 2019.06.02 22:42 Sun
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが大会前にメンバー変更…植木理子out、宝田沙織In《女子W杯》

日本サッカー協会(JFA)は31日、女子ワールドカップ(W杯)に臨むなでしこジャパンのメンバー変更を発表した。 日テレ・ベレーザのFW植木理子が負傷離脱となり、セレッソ大阪堺レディースからFW宝田沙織が追加招集となる。 女子W杯はフランスで6月7日に開幕。同月2日にW杯前最後の国際親善試合でスペイン女子代表と対戦する。 2019.05.31 09:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース