2大会ぶりのW杯制覇へ…高倉麻子監督「令和という新しい時代に新しい光、強い光を」《女子ワールドカップ》2019.05.10 16:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は10日、フランスで行われる女子ワールドカップに向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。6月7日に開幕する女子ワールドカップで、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表と同居。6月10日(月)の25時からアルゼンチンと、同14日(金)の22時からスコットランド、同19日(水)の28時からイングランドと対戦する。また、開幕前の6月2日は、スペイン女子代表と国際親善試合を行う。

会見にはJFA女子委員長の今井純子氏と、なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督が出席。メンバー発表後、高倉監督は就任してからの約3年間を振り返りながら、選出したメンバーについて言及し、「令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたい」と意気込みを語った。

◆高倉麻子監督(なでしこジャパン)
「ただいま23名のメンバーを発表させて頂きましたけど、私が就任して約3年ほどが経ちます。全てがこのW杯のために準備をしてきたつもりです。総勢63名、チャレンジキャンプを入れると、90名ほどの選手を呼び、様々な選手の可能性、チームの可能性を探る中で、最終的に選ぶ大きな理由の一つは、様々な選手を試合でも、力が足りないという状況であっても、積極的に試合で使い、練習をしていく中で、必ずその壁にぶつかり上手くいかないということが起きてきました。しかし、その時に選手が考え、工夫をして、努力をして、次に会ってプレーした時に、やはりしっかりと修正してきた選手が残ってきたのかなと思います。その跳ね返りの強さというところはいつも注目して見ていました」

「就任した時に、代表選手に求める4つの条件を挙げましたけど、テクニックがあって賢く、走る力がある、代表に対する思いが強い、この4つをベースに選手を常に見てきました。その中で、やはり平均的にレベルの高い選手+何か一つでも強いものを持った選手ということも、選考する中では、大きなキーになりました」

「W杯での戦いですけど、日本の現在地はFIFAランク7位という位置にいますし、今までの勝率を見ても圧倒的な強さを持って、戦うところはなかなか難しいと思います。ただ、そのことをチームがしっかりと自覚して戦っていく。これからW杯で選手を集めて、1カ月ほどの長い戦いになりますけど、その中で様々な起こると思いますし、上手くいくこといかないことということは出てくると思います。やはり、普通にやっていては勝てないということをみんなが分かり、ある時は何かを壊し、また作り上げるという作業をしながら、頂点に強い思いを持って向かっていきたいなと思います」

「チーム一丸となって選手には、勇気と想像する力、そして献身を求め戦っていきたいと思います。今まで、読んだ多くの選手たちは常にサッカーと真摯に向き合って、100%の力でプレーしてくれました。今回、選べなかった選手の分も精いっぱい戦っていきたいと思いますし、この新しい時代、令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

なでしこジャパン、最終節を待たずに決勝トーナメント進出が決定!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019に参戦しているなでしこジャパンが、19日に行われるグループD最終節のイングランド女子代表戦を前に決勝トーナメント進出を決めた。 今大会はグループA~Fの上位2チームと、各グループ3位の6チームのうち上位4チームの計16チームが決勝トーナメントに進出する。イングランド、スコットランド、アルゼンチンが同居するグループDに属するなでしこは、第2節終了時点で首位に立つイングランドに次いで1勝1分けの勝ち点4で2位につけていた。 そんな中、女子W杯は16日にグループリーグ第2節の全日程が終了。その結果、グループEとグループFの下位2チームが2連敗を喫したため、両グループの3位チームが日本の勝ち点4を上回る可能性がなくなり、最終節の結果にかかわらず、なでしこの決勝トーナメント進出が確定した。 なお、なでしこが1位通過の場合は中3日でグループBかグループEかグループFの3位と、2位通過の場合は中5日でグループEの1位と、3位通過の場合は中2日か中3日でグループAかグループBの1位と対戦する。 2019.06.17 04:31 Mon
twitterfacebook
thumb

前半の2Gを守り切ったなでしこが初勝利でGS突破へ前進!《女子W杯》

なでしこジャパンは14日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節でスコットランド女子代表と対戦し、2-1で勝利した。 4日前に行われたアルゼンチン女子代表戦を低調な内容で0-0と引き分けたなでしこは、アルゼンチン戦のスタメンから3選手を変更。横山、長谷川、南に代えて岩渕、遠藤、市瀬を起用した。 初戦のイングランド女子代表戦を1-2と敗戦したスコットランドに対し、フラットな[4-4-2]を継続したなでしこはGKに山下、4バックに右から清水、熊谷、市瀬、鮫島、中盤に右から中島、三浦、杉田、遠藤、2トップに岩渕と菅澤を起用した。 立ち上がりからハイプレスをかける積極性を見せたなでしこは、7分に中島がボレーでゴールに迫れば、17分には岩渕が枠内シュートを浴びせていく。 すると23分、勢いそのままになでしこが今大会初ゴールをこじ開ける。遠藤のパスを受けたペナルティアーク中央の岩渕が豪快なミドルシュートをゴールに突き刺した。 その後も攻勢に出るなでしこは、31分に追加点のチャンス。FKの流れから熊谷がヘディングシュート。だが、ゴールライン前のDFにカットされた。それでも36分、PKを獲得する。清水のクロスボールに反応した菅澤が相手DFに手をかけられて倒された。これを菅澤自ら決めてなでしこがリードを2点に広げた。 前半追加タイム1分には杉田のシュートがバーに直撃したなでしこが迎えた後半も主導権を握る中、58分には中島のカットインシュートでGKを強襲。 その後もスコットランドに反撃を許さずに時間を進める中、66分には遠藤に代えて小林を投入した。 しかし、攻め手となっていた遠藤を下げたことで劣勢を強いられたなでしこは、78分にはポスト直撃のシュートでひやりとさせられる。さらに83分、エバンスのミドルシュートが枠を捉えたが、GK山下がセーブした。 終盤にかけてもスコットランドの攻勢を受けると、88分に失点した。市瀬のミスパスからクレランドにミドルシュートを叩き込まれた。 それでも2-1で逃げ切ったなでしこが初勝利。1勝1分けとし、決勝トーナメント進出に前進した。グループステージ最終節イングランド戦は19日に行われる。 2019.06.14 23:52 Fri
twitterfacebook
thumb

低調なでしこ、格下アルゼンチンに痛恨ゴールレスドロー《女子W杯》

なでしこジャパンは10日、女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第1節でアルゼンチン女子代表と対戦し、0-0で終了した。 前日の試合でイングランド女子代表(FIFAランク3位)がスコットランド女子代表(同20位)に2-1と勝利しているグループD。2大会前の王者であるなでしこジャパン(同7位)は、W杯優勝メンバーの熊谷と鮫島が健在であるものの、W杯初出場組が17名と大幅な若返りを見せた中、アルゼンチン(同37位)との初戦を迎えた。 フラットな[4-4-2]を採用したなでしこはGKに山下、4バックに右から清水、熊谷、南、鮫島、中盤に右から中島、三浦、杉田、長谷川、2トップに菅澤と 横山を起用した。 立ち上がりから押し込む展開としたなでしこは、サイド攻撃を起点に打開にかかる。しかし、アタッキングサードではアルゼンチンの守備を上回れず、決定的なシュートには持ち込めない。 結局、枠外シュート2本に終わったなでしこはチャンスを作るには至らず、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も押し込む展開としたなでしこは、開始5分に横山がミドルシュートでGKを強襲。圧力をかけ続けると、56分にこの試合最初の決定機を迎えた。清水が右サイドを抜け出してクロスを入れた流れから、長谷川がシュート。だが、ミートしきれず枠の左に外してしまった。 直後、横山に代えて岩淵を投入したなでしこだったが、徐々に攻撃がトーンダウン。攻勢が弱まったことを受けて75分、中島に代えて遠藤を左サイドに投入した。 しかし、終盤にかけても拙攻が続き、追加タイムの長谷川のシュートはGKに止められ、0-0で終了。低調な内容で引き分けスタートとなった。 2019.06.11 02:55 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこ、W杯前最後の調整試合でスペインにドロー《国際親善試合》

なでしこジャパンは2日、国際親善試合でスペイン女子代表と対戦し、1-1で引き分けた。 10日にワールドカップ(W杯)初戦を控える中、大会前最後の調整試合として同じくW杯に参加するスペインと相まみえた一戦。 フラットな[4-4-2]を採用したなでしこは、2トップに横山と籾木、両サイドに長谷川と中島を配置する布陣で臨んだ。 試合はスペインにポゼッションされる展開となると、21分に市瀬のハンドを取られPKを献上してしまう。これをエルモソに決められ、なでしこは先制を許してしまった。 その後も攻め手のないなでしこはチャンスを作れずに前半を1点ビハインドのまま終えた。迎えた後半も攻めあぐねたなでしこは、60分に菅澤と三浦を投入。 それでも守勢が続き苦しい展開となっていたが、85分に同点とした。遠藤のパスをボックス左のスペースで受けた杉田が折り返し、ゴール前の菅澤がスライディングシュートで蹴り込んだ。 そして追加タイムのピンチをGK山下が凌ぎ、1-1で終了。強豪スペイン相手に引き分けに持ち込み、初戦のアルゼンチン女子代表戦に向けて、まずまず収穫を得られた一戦となった。 2019.06.02 22:42 Sun
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが大会前にメンバー変更…植木理子out、宝田沙織In《女子W杯》

日本サッカー協会(JFA)は31日、女子ワールドカップ(W杯)に臨むなでしこジャパンのメンバー変更を発表した。 日テレ・ベレーザのFW植木理子が負傷離脱となり、セレッソ大阪堺レディースからFW宝田沙織が追加招集となる。 女子W杯はフランスで6月7日に開幕。同月2日にW杯前最後の国際親善試合でスペイン女子代表と対戦する。 2019.05.31 09:30 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース