バレンシア、決定機決めきれずエイバルに土壇場被弾…CL出場権獲得へ痛すぎる敗戦《リーガエスパニョーラ》2019.04.28 21:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアは28日、リーガエスパニョーラ第35節でエイバルをホームに迎え、0-1で敗れた。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位・ヘタフェを3ポイント差で追走する6位・バレンシア(勝ち点52)。目標達成に向けて負けらない戦いが続く中、13位・エイバル(勝ち点40)をホームに迎えた。

2日にはヨーロッパリーグ(EL)準決勝1stレグのアーセナル戦を控えるバレンシアは、2-3で撃ち負けたアトレティコ・マドリーとの前節からスタメンを4人変更。ディアカビ、ガライ、ソレール、サンティ・ミナに代えてロンカーリア、ガブリエウ、フェラン・トーレス、ロドリゴ・モレノを起用した。

勝ち点3が欲しいバレンシアは序盤から攻勢に。3分、中盤で細かく繋ぎ、コクランが最終ラインの裏へ浮き球のスルーパスを供給。ガメイロが抜け出し、GKとの一対一を迎えたかに思われたが、オフサイドの判定が下される。

立ち上がりが経過すると、エイバルの速攻に苦戦し、幾度か自陣への侵攻を許す。それでもバレンシアは14分、ボックス右手前でFKを獲得。キッカーのパレホが右足を振り抜いてゴール左枠を捉えたが、ここはGKドミトロビッチにパンチングで阻まれた。
その後、再び決定機を作れないでいると、27分にピンチ。バイタルエリアに侵攻され、ホルダンのパスを受けたペーニャに自陣ボックス左外からのクロスを許す。ファーサイドでフリーになっていたオレジャーナに頭で合わされるも、GKネトがブロックして失点のピンチを防ぐ。

エイバルのハイラインとプレッシングの前に攻めあぐねる時間帯が続くバレンシア。前半終了間際の44分にも相手の左CKがファーサイドに抜けると、ガヤがクリアしようとしたボールがゴール方向に向かい、あわやオウンゴールとなりそうな場面を迎えるも、GKネトが冷静に対処して難を逃れた。

バレンシアは後半、敵陣への侵攻回数こそ増加させるも、フィニッシュまで結びつけることができない。58分にはフェラン・トーレスに代えてソレールを投入し、攻撃の活性化を図る。

すると徐々にバレンシアの攻撃に活気が。62分、縦パスを受けたガメイロがワンタッチで落として相手最終ラインの背後を狙う。この動きを見逃さなかったパレホが浮き球のスルーパスを供給し、ボックス右でガメイロがGKとの一対一を迎えるが、右足で放ったシュートは、GKドミトロビッチの頭上を射抜くことができず。パンチングで防がれた。

さらにバレンシアはその1分後、ハーフウェイライン手前の位置でパレホのフリックを受けたコクランがワンタッチで相手守備陣の裏にスルーパス。走り込んだガメイロがボックス右に侵攻し、再びGKとの一対一を迎えると、ファーサイドにはロドリゴ・モレノも並走していた中、シュートを選択する。しかし、この絶好機で大きくふかしてしまい、先制点を奪うことができない。

その後、バレンシアは77分にソブリーノ、83分にはサンティ・ミナを投入。すると90分にこの日、一番の決定機が。ボックス手前でパスを受けたパレホがボックス左に浮き球を供給。これを受けたガヤがゴール前にラストパスを送る。最後はフリーのサンティ・ミナが右足を合わせたが、うまくミートしきれず。ボールは無情にもゴール右外へと外れた。

絶好機を逸し、ドロー濃厚となったバレンシア。ところが、ここまで決めきれなかったツケが最悪な形で回ってくる。後半アディショナルタイム3分、自陣ボックス手前のルーズボールをデ・ブラシスに触られると、カバーを試みたガヤが頭で触る。しかし、このボールがゴール前に転がってしまうと、これを見逃さなかったシャルレスにゴールへ流し込まれた。

決定機を決めきれず、土壇場で失点したバレンシアが0-1で敗戦。CL出場へ痛すぎる敗戦を喫した。
コメント
関連ニュース
thumb

バレンシア、今夏最初の補強はシレッセンに! ツイッターに投稿された動画から推測

バレンシアの公式ツイッターに投稿されたある動画が話題を呼んでいる。 バレンシアは25日、公式ツイッターにひとつの動画を投稿した。ホテルのフロントのようなところである人物が紙にサインし、バレンシアの象徴であるオレンジのサンダルを受け取っている映像なのだが、顔は最後まで隠されておりそれが誰なのかは確認できない。 だが、ファンはこれまでの報道や映像の少ないヒントからバルセロナのオランダ代表GKイェスパー・シレッセンだと特定し、そのツイートには多くのリプライが寄せられている。 スペイン『マルカ』をはじめとする多くのメディアもシレッセンのバレンシア移籍を報じており、同選手がバレンシアのホテルに宿泊していることまでキャッチしている報道機関もある。 また、スペイン『ムンド・デポルティボ』は以前にシレッセンとバレンシアのブラジル代表GKネトがトレードされるのではないかと報じており、今後の公式発表が注目されている。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していなかった。 <a href="https://twitter.com/valenciacf_en/status/1143592024127524864">◆Big shoes to fill? No problem for this guy...◆</a> 2019.06.26 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレスはリーガ残留を希望! 新天地はバレンシアorセルタ?

今夏のバルセロナ退団が有力視されるスペイン人MFデニス・スアレス(25)が、スペイン残留の意向を示している。スペイン『マルカ』が伝えている。 セビージャとビジャレアルでの活躍を経て2016年にバルセロナに買い戻されたスアレスだが、世界屈指の選手層を誇るチームにおいて思うように出場機会を得られず。今年1月には出場機会を求めて買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに加入。 しかし、新チームのスタイルへの適応の遅れ、コンディションの問題によって、リーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ2試合の合計6試合の出場にとどまり、先発でのプレーは一度もなかった。その後、4月にはそ径部の治療のため今季中の復帰が絶望となったことを明かし、アーセナルを退団していた。 バルセロナと2021年まで契約を残すものの、今夏の退団が有力視されるスアレスは、自身が設立したフットボールスクールの開校イベントの場で去就に関して言及。国外からのオファーを認めながらもスペイン残留を最優先としていることを明かした。 「自分のリズムをもう一度掴んで、どこでプレーするにしても定期的にプレーする必要があると思っているよ。これから数週間のうちに何か決まればいいね」 「個人的に最も重視しているのはスポーツ面で金銭面よりも重要だと考えている。来年ユーロが行われるし、どうにかスペイン代表でプレーしたいんだ」 「僕の優先事項はスペイン残留だ。もちろん、海外からオファーもあるけど、ラ・リーガでプレーしたいんだ」 また、スアレスは移籍候補に挙がるビジャレアル時代の恩師マルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いるバレンシア、生まれ故郷でありかつてアカデミーに在籍していた古巣セルタについても言及している。 「以前にも話したことがあるけど、マルセリーノは自分のキャリアにおいて最も成果を収めることができた時期に指導を受けた監督なんだ」 「また、いつかセルタ・ヴィーゴに戻ると思っている。それがこの夏になるのか、数年後になるのかはわからないけどね」 2019.06.25 00:04 Tue
twitterfacebook
thumb

引く手あまたのブッフォン…バレンシアとアタランタも挙手か

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するも引く手あまたの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)だが、新たに2クラブが手を挙げる可能性があるようだ。『フットボールエスパーニャ』がポルトガル『A Bola』を引用して伝えている。 今シーズンに加入したPSGで公式戦25試合に出場したイタリアが誇る偉大な守護神ブッフォン。すでにバルセロナやブレシア、ポルト、リーズに加えて古巣のパルマなど複数のクラブが獲得に興味を示している状況だ。 ブッフォン争奪戦に関しては現在、リーズがポールポジションに立っている模様。しかし今回、バレンシアとアタランタも獲得に乗り出す可能性があるという。 ただ、バレンシアに関しては現在、ブラジル代表GKネト(29)とバルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とのトレード交渉が進行中であることも噂されており、こちらの状況によっても左右されそうだ。 2019.06.24 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ退団を望むシレッセンとバレンシア守護神ネトのトレード交渉が進行中か!?

バルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とバレンシアに所属するブラジル代表GKネト(29)のトレードに向けた交渉が進行中のようだ。スペインのラジオ局「RAC1」が報じた。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況からシレッセンには移籍の噂が取り沙汰されてきたが、2021年まで契約を残しているバルセロナは同選手の契約解除金を6000万ユーロ(約73億円)に設定しており、一部メディアが獲得報道を出していたベンフィカとの交渉も停滞していた。 だが今回の報道によると、バルセロナとバレンシアはシレッセンとネトのトレードに向けて17日の午前中に交渉を実施したようだ。 ネトは2017年の7月にユベントスからバレンシアへ加入。バレンシアでは守護神として2シーズンで公式戦80試合に出場。今季もリーガエスパニョーラ34試合に出場し2年連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。それでもバレンシアは、ネトよりオランダ代表GKを高く評価しており、今夏での獲得を目指しているようだ。 2019.06.18 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレスの新天地はバレンシア? 移籍成立にはバルサの譲歩が必要…

バレンシアがバルセロナのスペイン人MFデニス・スアレス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Superdeporte』が伝えている。 今シーズン、ヘタフェ、セビージャとの最終節までもつれる4位争いを制して来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に成功したバレンシア。だが、今シーズン序盤戦はCLとの二足の草鞋に大苦戦を強いられ、深刻な不振に陥っていた。 そして、新シーズンに向けてその反省を生かしたいバレンシアは、チームの明確な課題である得点力不足解消に向けて前線の補強に着手。その中で目を付けているのが、バルセロナに所属する攻撃的MFのようだ。 セビージャとビジャレアルでの活躍を経て2016年にバルセロナに買い戻されたスアレスだが、世界屈指の選手層を誇るチームにおいて思うように出場機会を得られず。今年1月には出場機会を求めて買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに加入。 しかし、新チームのスタイルへの適応の遅れ、コンディションの問題によって、リーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ2試合の合計6試合の出場にとどまり、先発でのプレーは一度もなかった。その後、4月にはそ径部の治療のため今季中の復帰が絶望となったことを明かし、アーセナルを退団していた。 なお、『Superdeporte』が伝えるところによれば、バルセロナは2021年まで契約を残すも構想外のスアレスの移籍金を、2000万ユーロ(約24億5000万円)に設定している模様。一方、バレンシアはこの金額が法外なものであると考えており、バルセロナが減額交渉に応じた場合のみ獲得に動く構えのようだ。 2019.06.11 18:08 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース