【ACLプレビュー】ターンオーバーで勝利を!勝って首位浮上となるか《蔚山現代vs川崎フロンターレ》

2019.04.10 14:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
10日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019の第3節が開催。Jリーグ王者である川崎フロンターレは、アウェイで蔚山現代(韓国)と対戦する。

◆首位に立てるか

連覇中の王者ながら、リーグ戦では1勝4分け1敗で10位と出遅れている川崎F。ACLでは、1勝1敗と五分で2位につけている。

昨シーズンは未勝利で敗退しただけに、今シーズンのACLに懸ける思いは強い。ここで蔚山現代との連戦を迎えるとあって、しっかりと連勝し、グループステージ突破を手繰り寄せたいところだ。

リーグ戦とACLの両面を考えれば、ここでターンオーバーを考える必要もある。中村憲剛や守田英正らはアウェイ遠征に帯同しておらず、日頃出場機会のない選手たちが遠征メンバーに入った。しっかりとターンオーバーをしながら結果を残せるかは、リーグ王者に求められる資質とも言えるだろう。

◆安定した戦いを見せる蔚山
Getty Images

対する蔚山現代は、初戦でシドニーFC相手にゴールレスドロー。2戦目は上海上港に1-0で勝利を収め、グループ首位に立っている。

攻守に突出しているわけではないものの、安定した戦いを見せており、攻守ともに規律を持っているプレーが特徴的。Kリーグ1でも、ここまで4勝2分けで首位に立っており、直近の尚州尚武FC戦でも0-1で勝利している。

また、元Jリーガーが多く、柏レイソルからレンタル移籍中のMFキム・ボギョンや横浜F・マリノスなどでプレーしたMFジョン・ドンホ、ジュビロ磐田や鹿島アントラーズでプレーしたDFパク・チュホなどが主力としてプレー。特にキム・ボギョンは攻撃の中心となっている状況だ。

オスカルやフッキといった大物を擁する上海上港相手にもしっかりと勝利しており、キム・ドフン監督が作り上げたチーム力が持ち味と言えるだろう。

◆川崎フロンターレ予想スタメン

GK:チョン・ソンリョン
DF:マギーニョ谷口彰悟車屋紳太郎登里享平
MF:田中碧下田北斗
MF:小林悠家長昭博長谷川竜也
FW:レアンドロ・ダミアン
監督:鬼木達

前述の通り、大事な試合ながらターンオーバーをすると予想する。右サイドバックにはDFマギーニョ、そしてセンターバックの一角にはDF車屋紳太郎が入ると予想する。また、ボランチの一角には下田北斗が入るとみる。また、2列目も家長昭博を中央に、右に小林悠を配置すると予想。左には長谷川竜也が入るとみる。1トップはレアンドロ・ダミアンになるだろう。

◆注目選手
MF家長昭博(32)
Getty Images

川崎Fの注目選手はMF家長昭博だ。かつて蔚山現代でプレーした経験のある家長にとっては、古巣対決となり、スタジアムには懐かしい思い出もあるだろう。

それだけでなく、攻撃の中心を担う点でも重要な役割となるだろう。ターンオーバーを敷くチームにおいて、何よりも結果を残すことが重要となる。リーグ戦で思うように結果を残せていないだけに、ACLでの勝利を弾みにできるか。今シーズンはまだゴールがないだけに、家長の得点力にも期待が懸かる。

関連ニュース
thumb

名古屋を下した浦項が、蔚山との“東海岸ダービー”を制し2009年以来の決勝進出! アル・ヒラルと対戦《ACL2021》

20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)東地区準決勝の蔚山現代(韓国)vs浦項スティーラース(韓国)が行われ、延長戦に入るも1-1のドロー。PK戦の末、4-5で浦項が勝利し決勝へ駒を進めた。 準々決勝で全北現代モータースを下して勝ち上がった蔚山と、名古屋グランパスを倒して準決勝に進出した浦項の対戦。Kリーグ1では首位の蔚山、7位の浦項という状況での韓国勢同士、“東海岸ダービー”と呼ばれる対決で決勝進出を懸けた戦った。 最初にチャンスを作ったのは浦項。6分、大きなサイドチェンジに抜け出したカン・サンウがボックス左でキープ。マイナスのボールを受けたイム・サンヨプがクロスを上げると、イ・スンモがボックス中央でヘッド。しかし、これは左ポストに直撃し、ゴールとはならない。 浦項がボールを保持して試合を進める中、16分に右サイドからのクロスをGKがパンチングでクリア。こぼれ球を繋ぎオ・セフンがボックス手前中央から反転シュート。しかし、これは枠の左に外れる。 時間が経過するに合わせて徐々に激しさを増していく両者の対決。パスを繋いで攻撃を仕掛ける蔚山に対し、長いボールを使いながらカウンターでチャンスを窺う浦項という構図で時間が進んでいく。 互いに譲らず、ゴールレスで迎えた後半。先にスコアを動かしたのは蔚山だった。 52分、ヴァレリ・カザイシュヴィリがバイシクルパス。左サイドを抜け出したソル・ヨンウの浮き球のパスをボックス内で受けたユン・ビッカラムが、縦に仕掛けてグラウンダーのクロス。これをGKイ・ジュンがセーブ。しかし、ボールが手に付かないと、こぼれ球に反応したユン・イルロクが詰めて、蔚山が先制に成功する。 先制した蔚山に対し、浦項は激しい守備を見せ、ラフプレーが増えて行く。 すると61分、蔚山が再びチャンス。浮き球のパスに抜けたイ・ドンギョンが抜けると、ボックス内右で仕掛けてマイナスのパス。これをユン・ビッカラムがシュートもミートせず。それでもシュートはゴールに飛ぶが、右ポストに嫌われる。 押し気味に試合を進めていた蔚山だったが、67分にアクシデント。ルーズボールに対して奪いに行ったウォン・ドゥジェがイム・サンヨプに両足タックル。一発退場が言い渡され、蔚山は1人少ない状態で試合を進めることとなる。 数的不利になった蔚山に対し、追いかける浦項。しかし、なかなか攻撃がうまくいかない。ゴールが奪えないまま試合は終了の時が近づいてきたが、89分にラッキーな形でゴール。FKからのクロスをアレックス・グラントがボックス内でヘッド。緩いボールがゴールへ飛ぶと、GKチョ・ヒョヌがセーブするかと思われたが、目測を誤りポストに当たったボールが入り、浦項が土壇場で同点に追いつく。 数的不利の状態で延長を戦わなければいけない蔚山だったが、積極的なプレーを見せてゴールに迫っていく。しかし、決定力を欠いてしまい、ゴールを奪えず。対する数的有利な浦項は、1人多いとは思えない試合運び。ボールを持てず、単純なクロスを送るに終始し、チャンスをほとんど作れない。そのまま試合は終了し、120分が終了。PK戦に委ねられることとなった。 PK戦は蔚山が先攻。しかし、1人目のダヴィ・ブルトハイスが大きく外してしまい失敗。浦項の1人目のイム・サンヨプのシュートは、GKチョ・ヒョヌが読んで触るが、シュートに勢いがあり成功する。 蔚山の2人目のイ・チョンヨンは弱めにコースを狙ってシュート。これをGKイ・ジュノがセーブするが、前に出ていたとしてやり直し。イ・チョンヨンは蹴り直しを中央に蹴ってしっかりと決める。 蔚山は2人目以降が全員しっかりと決めた一方で、蔚山のGKチョ・ヒョヌはコースを読むも止めることができず。浦項は5人全員が成功。“東海岸ダービー”を制し、優勝した2009年以来の決勝進出を決めた。 なお、決勝は11月23日にサウジアラビアでアル・ヒラルと対戦する。 蔚山現代 1-1(4 PK 5) 浦項スティーラース 【蔚山】 ユン・イルロク(後7) 【浦項】 アレックス・グラント(後44) 2021.10.20 21:52 Wed
twitterfacebook
thumb

史上最多4度目の優勝を目指すアル・ヒラルがアル・ナスルを下して決勝進出!《ACL2021》

19日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021の西地区準決勝が行われ、アル・ナスル(サウジアラビア)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)が対戦。1-2でアル・ヒラルが勝利し、決勝へ駒を進めた。 サウジアラビア勢同士の準決勝となった一戦。初優勝を目指すアル・ナスルと、2年ぶり、史上最多4度目の優勝を目指すアル・ヒラルが、決勝への切符をかけて戦った。 黄色と青に染まった両スタンド。大勢のファンが大声援を送る中で行われる試合で先手を奪ったのはアル・ヒラル。17分、カウンターを仕掛けるとサルマン・アル=ファラジが前線へパス。これをバフェティンビ・ゴミスがダイレクトで叩くと、ボックス内で受けたマレガ・ムサが落ち着いて決めて先制に成功する。 アル・ナスルは31分にチャンス。右サイドのスペースに抜け出したタリスカがボックス内右から豪快にシュート。これは右ポストを叩きゴールとはならず。跳ね返ったボールを自ら拾うと、ボックス右から左足で強引にシュート。鋭いボールが枠に飛ぶが、サイドネットを揺らすにとどまる。 追いつきたいアル・ナスルだったが、前半アディショナルタイムにアクシデント。なんてことはないボールをムサが受けると、何を思ったかアリ・アル=ラジャミが激しいタックル。ムサの左足にスパイクが入る危険なプレーとなり、一発退場。不必要なファウルにより数的不利で後半を迎えることとなる。 ビハインドの中で数的不利のアル・ナスルだったが、積極的に攻勢に出る。49分には味方のスルーパスを受けたアブドゥルマジド=アル・スレイヒムがボックス内でシュートもGKがセーブする。 しかし、これで得たCKからクロスが上がると、タリスカがボックス中央でヘッドで合わせ、セットプレーからアル・ナスルが同点に追いつく。 同点に追いつかれたアル・ヒラルだったが、数的優位に立っているため落ち着いてプレー。68分には大きなサイドチェンジから、12がパスを受けるとボックス左からクロス。これをファーサイドに走り込んだサレム・アル=ドサリがフリーでヘッド。しかし、シュートは枠を捉えられない。 それでも71分、中盤でボールを持ったアル=ドサリが前線へパス。これは相手DFにブロックされるが、こぼれ球を拾ってそのままシュート。これがDFに当たってコースが変わると、そのまま吸い込まれ、勝ち越しに成功する。 アル・ヒラルは80分にもチャンス。カウンターを仕掛けると、ボックス手前からナセル・アル=ドサリがループシュート。枠に飛んで行ったが、クロスバーに嫌われてしまう。 アル・ナスルは同点を目指して攻め立てるも得点を奪えず。アディショナルタイム5分には右からのクロスをボックス内で落とし、最後はアブドゥラー・マドゥがフリーでシュートを放つが、枠の左。そのままタイムアップとなり、1-2で勝利したアル・ヒラルが決勝へと駒を進めた。 アル・ナスル 1-2 アル・ヒラル 【アル・ナスル】 タリスカ(後5) 【アル・ヒラル】 マレガ・ムサ(前17) サレム・アル=ドサリ(後26) <span class="paragraph-title">【動画】ゴミスの優しい丁寧なラストパス</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> A composed control, finish and a celebration to match! <a href="https://twitter.com/marega91?ref_src=twsrc%5Etfw">@marega91</a> <a href="https://twitter.com/Alhilal_EN?ref_src=twsrc%5Etfw">@Alhilal_EN</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/ACL2021?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ACL2021</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/NSRvHIL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NSRvHIL</a> <a href="https://t.co/AbO5BuPUEX">pic.twitter.com/AbO5BuPUEX</a></p>&mdash; #ACL2021 (@TheAFCCL) <a href="https://twitter.com/TheAFCCL/status/1450570943458385920?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.20 15:55 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が3度目対戦の浦項に“初負け”で4強逃す…アジアの舞台からJリーグ勢全滅《ACL》

名古屋グランパスがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2021準々決勝で姿を消した。 Jリーグ勢で唯一の8強入りとなる名古屋。クラブとして2009年以来となる12年ぶりのベスト4入りにも期待が高まるなか、17日に全州ワールドカップ競技場で行われた準々決勝ではセレッソ大阪とのラウンド16を制して、勝ち上がった浦項スティーラースと激突した。 浦項とグループステージに続いて3度目の対戦となる名古屋は[4-2-3-1]の布陣を敷いて、最後尾にランゲラックが入り、最終ラインに宮原、中谷、キム・ミンテ、吉田。稲垣と木本がボランチを務め、最前線に入るシュヴィルツォクの後ろにマテウス、柿谷、森下が並んだ。 グループステージで1勝1分けと勝ち越した相手と三たびの対決となる名古屋は睨み合いの展開に。相手に攻め込まれる時間をしっかりと凌ぎながら、ボールの主導権を握れば全体を押し上げ、もはやチームのストロングであるマテウスの推進力とアイデアを生かして崩しにかかっていく。 そのなかで突破口を探る状況が続いた名古屋だが、31分に左サイドハーフに入る森下が柿谷のスルーパスで裏を抜け出して、ボックス左からマイナス気味に折り返すと、今大会3得点のシュヴィルツォクが右足フィニッシュ。ようやく作り出した決定機だったが、枠の上に外してしまう。 さらに、カウンターに転じた33分にもマテウスのスルーパスで相手最終ラインの左裏を抜け出したシュヴィルツォクが相手GKとの一対一となるが、右足シュートはゴール前までカバーに戻ったカン・サンウがブロック。その流れで稲垣もこぼれ球に反応するが、ここも押し込み切れない。 後半も前半の流れを続けたい名古屋だったが、相手の圧を受ける入りとなると、右CKのチャンスを許した53分にニアサイドで合わせられ、こぼれ球に群がる展開に。名古屋守備陣がボックスの外に掻き出せずにいると、ファーサイドに流れたボールをフリーのイム・サンヨプに押し込まれた。 そこから巻き返そうと、前田と相馬を立て続けに送り込み、ギアを上げにかかる名古屋だが、70分に後方からのフィードに反応した最前線のイ・スンモが巧みにボールを収め、ボックス内から右足シュートを突き刺して、浦項が追加点。前がかったところを突かれ、さらに追い込まれてしまう。 まず1点を返そうと、最後の交代で金崎と成瀬も投入した名古屋だが、なかなかフィニッシュの形を作り出せない。すると、後半アディショナルタイム5分、先制弾のイム・サンヨプがボックス左から右足インサイドで再びネットを揺らして、浦項が名古屋の息の根を止める3点目を奪った。 浦項と今大会3度目の対戦にして、初黒星となる0-3の敗北を喫した名古屋はこれでアジアでの挑戦が終了。2009年以来のベスト4入りとはならず、Jリーグ勢も全滅した。なお、浦項は準決勝で全北現代モータースvs蔚山現代FCの勝者と激突する。 浦項スティーラース 3-0 名古屋グランパス 【浦項】 イム・サンヨプ(後8、後45+5) イ・スンモ(後25) 2021.10.17 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ゴミス&アル=ドサリ弾でアル・ヒラルが4強入り!準決勝は同国対決に《ACL2021》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)西地区・準々決勝の2試合が16日にサウジアラビアで行われた。 元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスやブラジル人MFマテウス・ペレイラを擁するアル・ヒラル(サウジアラビア)は、2年連続の決勝進出を目指すペルセポリス(イラン)と対戦し3-0で完勝した。 立ち上がりからボールを支配するアル・ヒラルは27分、ロングパスをバイタルエリア左で受けたアル=ドサリがカットインから右足一閃。このシュートがゴール右に突き刺さった。 後半も主導権を握るアル・ヒラルは、開始早々に決定機を迎える。50分、アル=ファラジのスルーパスからボックス左に抜け出したマテウス・ペレイラが折り返しを供給すると、ゴール前のゴミスが冷静に流し込んだ。 さらにアル・ヒラルは、70分にもアル=ファラジのスルーパスでゴール前まで侵入したアル=ドサリが飛び出したGKのポジションを冷静に見極め、チップキックでラストパス。最後はゴミスが押し込み、試合を決定づける3点目を奪った。 結局、試合はそのまま3-0で終了。アル・ヒラルが優勝した2シーズンぶりのベスト4進出を決めた。 また、同日に行われたアル・ワフダ(UAE)vsアル・ナスル(サウジアラビア)は1-5でアル・ナスルが勝利した。 試合は開始早々の7分にA・ハムダラーのゴールでアル・ナスル先制すると、1点リードで迎えた後半立ち上がりの52分にマシャリポフ、56分にA・アシリと追加点を奪取。 攻撃の手を緩めないアル・ナスルは、64分に再びマシャリポフがゴールネットを揺らすと、76分にはアル=ナージーにもゴールが生まれた。その後、アディショナルタイムに1点を返されたアル・ナスルだったが、そのまま1-5で圧勝した。 ◆ACL2021準々決勝 結果(西地区) ペルセポリス(イラン) 0-3 アル・ヒラル(サウジアラビア) 【アル・ヒラル】 アル=ドサリ(前27) ゴミス(後5,後25) アル・ワフダ(UAE) 1-5 アル・ナスル(サウジアラビア) 【アル・ワフダ】 マタール(後47) 【アル・ナスル】 A・ハムダラー(前7) マシャリポフ(後7,後19) A・アシリ(後11) アル=ナージー(後31) 2021.10.17 04:55 Sun
twitterfacebook
thumb

FIFAがアル・ヒラルへの懲戒処分の手続きを開始? ジョビンコとの早期契約解消に違反の疑い…

国際サッカー連盟(FIFA)とサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)が26日に、アル・ヒラルに対する懲戒処分の手続きを開始するようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 今回、FIFAとSAFFが問題視しているのは、アル・ヒラルが先月20日に元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ(34)との契約を解消した一件。 2019年1月にMLSのトロントFCからアル・ヒラルへ加入したジョビンコは、3シーズンで公式戦83試合に出場。2度のリーグ優勝や国内カップ優勝に加え、2019年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇。浦和レッズとの対戦となった決勝では、2ndレグで1アシストを記録した。 しかし、アル・ヒラルは今夏にWBAから獲得したブラジル人FWマテウス・ペレイラ(25)をACLの登録メンバーに入れるため、ジョビンコに対して契約を早期終了させることを強いた疑惑があるという。 スキラ氏によると、今回FIFAとSAFFの調査によって、何らかの違反が確認された場合、アル・ヒラルは準々決勝に進出している今シーズンのACLから除外される可能性もあるとのことだ。 公式『ツイッター』のフォロワーが17万5000人以上いるなど、イタリア国内を中心に信頼に足るジャーナリストとして知られるスキラ氏だが、今回の報道に関してはその他のメディアが取り扱っていないこともあり、その信憑性をしっかりと見極める必要があるかもしれない。 2021.09.23 00:47 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly