ベン・アルファ、因縁エメリ見てニヤリ アーセナルに“予告通り”3-1勝利2019.03.08 18:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スタッド・レンヌに所属する元フランス代表FWハテム・ベン・アルファが、アーセナル戦後のインタビューに応じた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。レンヌは7日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグでアーセナルをホームに迎え、3-1で敗戦。開始4分に先制点を奪え割れたものの、前半終盤にアーセナルDFパパスタソプーロスが退場処分となると、直後に同点弾を沈めた後、後半にさらに2得点を重ねて突き放した。

この試合を振り返ったベン・アルファは、アーセナルのウナイ・エメリ監督の方を向いて幾度か笑みを浮かべたことを明かしている。

「僕のモチベーションは、ソリッドな試合をプレーして勝利することだった。勝ち抜けるための優位を得たかったんだ。それが僕が考えていたことだよ。でも、以前同様に興奮している(ウナイ・)エメリを見た」

「何回か彼を見て、ちょっと笑っちゃったんだ。彼は変わっていないね」

「試合前、友達数人に僕らは3-1か4-1で勝つだろうと言った。4点目を決めることは出来なかったけど、僕の予想は正しかったね」

今シーズンからレンヌに加入しているベン・アルファは、昨シーズンまでエメリ監督が指揮していたパリ・サンジェルマン(PSG)に所属。しかし、2017年4月5日のクープ・ドゥ・フランス準々決勝のアブランシュ戦から一切のプレー機会を与えられず、約1年半に渡りプレーヤーとして最大の屈辱を味わうこととなっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ガナーズ、2大主砲のサラリーアップを準備か

アーセナルがガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(29)とフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット(28)の両ストライカーに対して、それぞれ新契約を準備しているという。イギリス『サン』が報じた。 2大主砲として、今シーズンのアーセナルをリードしたオーバメヤンとラカゼット。信ぴょう性こそ定かでないものの、それぞれ中国行きやバルセロナの関心が取り沙汰されている。 アーセナルはそうした懸念を払拭すべく、両者の契約見直しを検討しているという。それに察して、週給20万ポンド(約2700万円)以上のサラリーアップを考慮している模様だ。 なお、19得点13アシストを記録したラカゼットの現週給は18万ポンド(約2400万円)。31得点8アシストのオーバメヤンは20万ポンドに近い額を受け取っているものとみられる。 2019.06.15 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

積極補強のドルトムント、次なるターゲットはガナーズ主将か

ドルトムントが、アーセナルに所属する元フランス代表DFローラン・コシエルニー(33)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏の移籍市場ですでにベルギー代表MFトルガン・アザール、ドイツ代表MFユリアン・ブラント、同国代表DFニコ・シュルツの獲得に成功しているドルトムント。バイエルンからマイスターシャーレを奪還するべく、今後は守備の強化と経験豊富なベテラン選手の獲得を目指しており、コシエルニーに白羽の矢を立てているようだ。 2010年にロリアンからアーセナルに加入したコシエルニー。以降、ガナーズの主力としてここまで通算353試合に出場し27ゴールを記録している。今シーズンはケガの影響で出遅れたが、復帰以降はヨーロッパリーグ全試合に出場し決勝進出に貢献するなど、公式戦31試合に出場した。 アーセナルは今夏の補強費用が4500万ポンド(約61億7000万円)に限られているため、その費用拡大のために2020年夏までの契約となっているコシエルニーの放出を容認している模様だ。 2019.06.14 17:49 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルアカデミー監督、10代女性主審への暴言で懲戒処分に

アーセナルのU-9チームの監督を務めるアレックス・ニコルズ監督が、試合中に主審を務めた10代の女性審判に暴言を吐いていたことが分かった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 記事によると、ニコルズ監督はU-9レディングとの試合で女性主審のジャッジに対し毎度のようにケチをつけ、女性を貶める発言を繰り返していたとのこと。試合終了間際には、ついにその女性は涙を流してしまい、試合後の握手も拒否したという。 暴言について最初は否定していたニコルズ監督だったが、イングランドサッカー協会(FA)の調査や、レディングのコーチ陣からも証言を得られたことから、のちに不適切な行為だったと認めた模様。 アーセナルはニコルズ監督に対し、3試合の活動停止処分と400ポンドの罰金を課し、さらに12年間務めていた監督の立場から、標準的なコーチへと降格させたようだ。 2019.06.14 14:04 Fri
twitterfacebook
thumb

新天地イングランドで仕事順調のトレイラ、私生活で苦労しているそう…

アーセナル加入初年度から存在感を解き放ったウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ。だが、ピッチ外での生活にまだ適応できていないという。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 トレイラは昨夏、サンプドリアから5年契約でアーセナルに加入。公式戦50試合(2得点5アシスト)を出場数を誇り、ボールハンターとしてだけでなく、コンダクターとしてすぐに定位置を掴み、もはやアーセナルに不可欠な存在として地位を確立している。 ピッチ内でそうした適応ぶりを示したトレイラだが、私生活はまだまだ苦悩が続いているという。母国ウルグアイメディアのインタビューでアーセナル移籍初年度を振り返り、次のように苦悩を明かした。 「イタリアの方が良かったよ。イングランドは全くの別世界。言葉の壁があって、チームメイトとかとうまく付き合うことができなくなってしまった。対話ができないのはすごく難しい」 「それと、天気だね。午前中に外出したときから午後に帰宅するまでずっと曇り。ウルグアイから来た僕らは、いつも、あるいはほとんど太陽のもとで生活している。それに慣れているのさ」 「でも、時間が経つにつれて、今の生活に適応していくつもりだよ」 2019.06.14 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

守備的なユーティリティプレーヤーが欲しいラツィオ、アーセナルDFを狙う?

アーセナルの元イングランド代表DFカラム・チャンバース(24)だが、ラツィオへの移籍が浮上した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が報じた。 サウサンプトンの下部組織で育ったチャンバースは、2014年にアーセナルへと完全移籍で加入。その後はミドルズブラへのレンタル移籍を経験。今シーズンはフルアムへレンタル移籍し、プレミアリーグで31試合に出場し2ゴールを記録していた。 本職はセンターバックのチャンバースだったが、フルアムではディフェンシブミッドフィールダーのポジションでプレー。新境地を開き、フルアムで大きな貢献を見せていたが、チームは降格の憂き目に遭っていた。 そんなチャンバースに興味を示しているのが、ラツィオだ。ラツィオは、複数ポジションでプレーできる守備的な選手を探しており、チャンバースが候補に挙がったとのこと。1250万ポンド(約17億1700万円)の移籍金を用意するつもりのようだ。 アーセナルは、サウサンプトンから購入する際に1600万ポンド(約22億円)を要しており、チャンバースの状況を考えれば売り時とも考えられる。果たして、この移籍は成立するのだろうか。なお、ラツィオは同価格で購入可能なニューカッスルのDFジャマール・ラッセルズ(25)にも興味を示しているようだ。 2019.06.13 12:45 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース