森保一監督、首位突破を懸けた第3戦でスタメン大幅変更を示唆「明日の試合はこれまでの2戦からは選手を多く代えて臨もうと思っている」《AFCアジアカップ2019》

2019.01.16 23:50 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
17日に行われるアジアカップ2019のグループステージ第3戦のウズベキスタン代表戦を前日に控えた日本代表の森保一監督と、MF青山敏弘が公式記者会見に出席した。

森保一監督は、これまでの2戦からを多くの選手を入れ代えてウズベキスタン戦に臨むと明言。また、ブレーメンのFW大迫勇也とガンバ大阪のGK東口順昭の起用については「まずしっかりケガを治してもらって、チームに合流してもらえればと思っている」とコメントした。

森保一監督(日本代表)
「明日のウズベキスタン戦はグループリーグ1位突破を懸けた戦いになる。我々は勝って1位でグループリーグを突破することを目指して、今日のトレーニングもやっていければと思っている」
──明日はグループ首位通過が懸かっているがプレッシャーはあるか、それとも自身が自信があるか
「プレッシャーか自信かということですが、我々はグループリーグを1位で突破して次のステージに向かうこと、そして最終的な目標である優勝に向かっていくことをチームとして考えて、この大会に臨んでいる。なので、勝ちたいというプレッシャーもあり、勝てるという自信も選手にはどちらも持って明日の試合に臨んでほしいと思っている」

──勝利して首位通過すれば決勝トーナメント1回戦でオーストラリアと対戦することを避けられるがどう考えているか
「1位突破がオーストラリアを避ける目的ではない。ラウンド16に上がってくるチームはどのチームも強い。我々は高い目標、大きな目標を持っているが、目の前の一戦に勝利することに最善を尽くす、試合でベストを尽くすということをこれまで同様にやっていきたい。オーストラリアは(グループリーグの)初戦で敗戦したが、やはり力のあるチームだと思っている」

──ここまでの2試合で交代枠を残したのは監督としての判断か、それともベンチにいる選手の問題か
「すべてにおいて私の判断だと思っている。力が足りなくて交代枠を使わないという選手はここに招集していない。試合に勝つためのそのときの最善の選択ということで決断してきた」

──オマーン戦後、すべての選手を使いたいと話していたが…
「“できれば”すべての選手を使いたいと話したと思うが、すべての選手を使いたいという思いで明日の試合には臨みたい。グループリーグ突破は決まっているが、勝つために戦うと思っている。これまで試合に出た選手だけでなく、サブの選手、試合に出場する機会のなかった選手もいい準備をしてくれた。明日は日本の総合力を見せられる試合だと思うし、総力戦でこの大会を戦っていく意味でも、できるだけ多くの選手にプレーしてもらいたいと思っている」

「選手もスタッフも高い目標を持ってアジアカップに臨んでいる。全員が自分の立ち位置でチームのために戦っている。それは日々のトレーニングから試合に向けてやっていこう、試合の中でもやっていこうと話している。それぞれがフォアザチームの精神を持って、特徴は個々で違うが、個々が持っているものを最大限チームに生かせるようにしようというのは、今日の練習の前にも伝えて戦いに臨みたい」

──これからチームのパフォーマンスをどう上げていくか
「アジアカップに臨むにあたって国内組、海外組とコンディションのバラつきがあったところを国内キャンプで、そしてUAEに来てからも調整してきた。1戦目、2戦目と選手個々のコンディションも上がってきたと思うし、チームとして戦うコンセプトのもと、意思統一の意味でも一戦一戦良くなってきていると思う」

「まだまだ攻守すべてにおいてクオリティーを上げていこう、高い理想を持ってやっていこうというのは選手にも求めているが、この2戦を通して積み上げてきたものと、さらにやっていかないといけないことを今日の練習から整理して、明日の試合でいい戦いができるようにしたい」

──優勝するためにどのチームがライバルになるか
「我々は優勝を目指して大会に臨んでいるということで、選手も認識してくれていると思うし、チームとしてそういう共通認識のもと大会に臨んでいる。しかしながら、チームとしてはロシアW杯から選手が入れ替わった部分もあり、成長しながら7試合戦っていこうということで選手にも話しているし、チームとしてもその考えを持っている。一戦一戦成長しながら結果を出すということで、我々はチャレンジャーとしてこの大会に臨み、高い目標に向かっていくことを、まずは考えないといけない。優勝争いの本命国と言われるのは光栄ですが、我々はチャレンジャーとしてやっていかないといけない。前回大会(の結果)も含め、今のチームづくりの中で成長していかないといけないことを考えて明日の試合にも臨みたい」

──別メニュー調整の続いている大迫と東口の回復状況は
「2人に関してはメディカルからこの大会中には復帰できると聞いている。それが早ければ私としてもチームとしてもうれしい話だし、2人にも早くケガを治して復帰したいという焦る気持ちもあると思うが、まずしっかりケガを治してもらって、チームに合流してもらえればと思っている。(復帰が)いつというのは、ケガの様子、回復を見て、早ければうれしいということで考えていきたい」

──明日の試合で何がポイントになるか、また日本はどこをさらに調整しなければならないか
「明日の試合はこれまでの2戦からは選手を多く代えて臨もうと思っている。チームのコンセプトとしては練習をやって、ミーティングでも各試合の振り返りをやって合わせているが、実際にピッチに立った選手同士が感覚的にお互いにフィーリングが合うかどうかが大切なので、今日の練習でもそこを合わせていきたい。明日の試合もスタートから100%うまくいくという考えより、試合中で対戦相手との状況も考えながらすり合わせていくことにトライしてもらえればと思っている。そこはチームの戦い方としてもポイントだし、明日の試合に勝利するためにも必要だと思う」

関連ニュース
thumb

フランス代表デンベレ、ヒザ負傷でユーロ終了か

フランス代表FWウスマーヌ・デンベレに今後のユーロ2020を全休する可能性があるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 今大会ではここまで初戦のドイツ代表戦、2戦目のハンガリー代表戦とともに途中出場となっているデンベレ。ドイツ戦では後半アディショナルタイムの時間消費のための交代要員だったが、ハンガリー戦では57分から出場し、流れを変える切り札として投入された。 しかし、30分後の87分に無念の負傷交代。ディディエ・デシャン監督からはヒザの負傷と伝えていた中、『レキップ』は太ももの問題も抱えているとして、最悪の場合は3週間の離脱の可能性があると報道している。 なお、フランス代表は“死の組”グループFにおいて1勝1分けで首位。勝ち点3で並ぶドイツとポルトガルもグループ突破の可能性も残す中、23日の最終節ではポルトガルとの大一番を迎える。 2021.06.21 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表、守護神シレッセンがコロナ陽性で欠場

オランダ代表を率いるフランク・デ・ブール監督は1日、バレンシアのGKイェスパー・シレッセンが11日に開幕するユーロ2020を欠場することを明かした。 オランダ代表の正GKであるシレッセン。しかし、新型コロナウイルスの検査で陽性となり隔離措置が取られていた。だが、F・デ・ブール監督はリスクを冒すことはできないとし、シレッセンの大会参加を諦める形となった。 昨年11月と今年3月の代表戦ではシレッセンが負傷で欠場していた際、代役を担ったのはノリッジのGKティム・クルルとAZのマルコ・ビゾットだったが、どちらがオランダのゴールマウスを守ることになるだろうか。 2021.06.02 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

“妄想”アジアカップキャンペーン結果発表

2019年1月21日から2月1日まで実施致しました、「“妄想”アジアカップキャンペーン」。たくさんのご投稿ありがとうございました。 キャンペーンの詳細は<a href="http://web.ultra-soccer.jp/index/index/c/FREE/id/2019acup_cnp" class="">こちらから</a> ご投稿いただいたツイートの中から、超WS編集部による厳正なる選考が行われ、優秀ツイートが決定しました! 優秀ツイート一覧 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">1.1/24 磯佳奈江 さんのツイート</span> <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS%E5%A6%84%E6%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS妄想アジアカップ</a><br><br>私も妄想してみた<br>みんなの妄想も聞かせて〜<br><br>決勝戦は、日韓対決! <a href="https://t.co/V7RKEk945Q">https://t.co/V7RKEk945Q</a></p>&mdash; 磯佳奈江 (@isokana89) <a href="https://twitter.com/isokana89/status/1088404872091684864?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月24日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 【選考委員の講評】 超ワールドサッカーの華、磯佳奈江さんのツイートです! 残念ながら“妄想的中”とはなりませんでしたが、圧倒的に多い他ユーザーさんからの反響が選考の決め手になりました。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">2.1/24 神戸牛(こうべうし) さんのツイート</span> <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">北川航也がゴールを決めて、松木さんが解説で『ゴールの決め方はこうや!』と叫ぶ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS%E5%A6%84%E6%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS妄想アジアカップ</a></p>&mdash; 神戸牛(こうべうし) (@vksoccer12) <a href="https://twitter.com/vksoccer12/status/1088406334028935170?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月24日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 【選考委員の講評】 シンプルな内容ながら、面白さとリアルさを兼ね備えた絶妙な“妄想”です。 「松木さんの解説」にいち早く目を付けたその着眼点が選考理由になりました。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">3.1/30 reader さんのツイート</span> <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">松木さんが言いそうなコメ<br><br>アナ:さぁ日本対カタール戦<br> いよいよですね松木さん<br><br>松木:カタールに勝ったる<br> (カタール)<br><br>アナ:… まっそう言う気持ちで <br> いきましょうと言う事で、<br> スターティングメンバーで <br> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS%E5%A6%84%E6%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS妄想アジアカップ</a></p>&mdash; reader (@onuki1hede) <a href="https://twitter.com/onuki1hede/status/1090578504608043009?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月30日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 【選考委員の講評】 「松木さんの解説妄想」のジャンルの中でも、担当アナウンサーの冷静な反応を取り入れたツイートです。 アナウンサーの若干冷たい対応のリアルさが選考理由になっています。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">4.1/31 ボビー@KOP さんのツイート</span> <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">松木さん:おいおいおいーPK!PK!<br>絶対今のはPKだよね<br>あんなのサッカー選手じゃないよ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS%E5%A6%84%E6%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS妄想アジアカップ</a></p>&mdash; ボビー@KOP (@nosukeYNWA) <a href="https://twitter.com/nosukeYNWA/status/1090944169156108294?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月31日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 【選考委員の講評】 またまた松木さん妄想から優秀ツイート! 解説の途中でエモーショナルになってしまい、解説者という立場を忘れていちサポーターになってしまう松木さん、という情景が浮かんだ点が選考の理由です。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">5.1/31 chika #転勤組 さんのツイート</span> <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">①「9番いいねぇ」➡普通にたぶん言う。<br>②帰国後優勝記者会見で冨安一発芸「マタニティ」➡やってほしいこと<a href="https://twitter.com/hashtag/%E8%B6%85WS%E5%A6%84%E6%83%B3%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#超WS妄想アジアカップ</a></p>&mdash; chika #転勤組 (@itschicachica) <a href="https://twitter.com/itschicachica/status/1091123746897707008?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年1月31日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 【選考委員の講評】 ①松木さんが言いそうな事 ②日本優勝後に起きそうな事 という2つのお題がありましたが、その両方に答えてくださった“妄想”です。 確かに冨安選手の「マタニティ」、見たいな~と選考委員に思わせたのが選考の決め手となりました。 優秀ツイートに選ばれた皆様、おめでとうございます! 今回は当初の賞品よりグレードアップして、「Amazonギフトカード 500円分」をプレゼントさせていただきます!ダイレクトメッセージをご確認ください。 超ワールドサッカーでは、今後もユーザー参加型のキャンペーンを続けて参りますので、今回は参加できなかったユーザーの皆様も奮ってご参加ください! また、超ワールドサッカーの公式アカウントのフォローも是非ともお願いします! Twitter :<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" class="">@ultrasoccer</a> Instagram:<a href="https://www.instagram.com/ultrasoccerjp/" class="">@ultrasoccerjp</a> YouTube :<a href="https://www.youtube.com/user/ultrasoccerTV" class="">超ワールドサッカーTV</a> 2019.03.29 21:40 Fri
twitterfacebook
thumb

アジアカップ2019総集編!『週刊 超ワールドサッカー!』第6号発売

超ワールドサッカーが発行する電子書籍『週刊 超ワールドサッカー!』の第6号が発売されました。 今号は、アジアカップ2019の総集編! 日本代表が準優勝に終わった今大会を一冊に凝縮しました! グループステージから決勝までの全試合レビューや、日本代表全選手採点など見所満載です! 今号は、アジアカップ特別号となっています。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2RPNFxe" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第6号<br />アジアカップ2019総集編はこちらから</a><hr></div> kindle unlimited会員の方は毎週無料でご覧いただけます! また、読み放題会員でない方は、1冊250円で販売中です! みなさま、普段とは違う形で、「超ワールドサッカー」をお楽しみいただけます! 【サンプル】 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190209_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/kindle20190209_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://amzn.to/2RPNFxe" target="_blank">『週刊 超ワールドサッカー!』第6号<br />アジアカップ2019総集編はこちらから</a><hr></div> 2019.02.12 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表の背番号11/六川亨の日本サッカー見聞録

アジアカップはカタール代表の初優勝で終わり、5度目の戴冠を期待された日本代表は残念ながら準優勝に終わった。準決勝のイラン代表戦では今大会でベストのパフォーマンスから3-0の快勝を収めただけに、後手に回った決勝戦での前半の戦いぶりが悔やまれる。 そのカタール戦、ハーフタイムに控えの選手がピッチでボールを蹴っていたが、乾貴士と遠藤航の姿がなかった。0-2とリードされていただけに、「後半から乾と遠藤の2枚替えか。遠藤がボランチに戻れば守備を立て直すことができるが、体調は大丈夫なのか?」と期待したものの、森保一監督は動かなかった。 最初の交代カードは後半16分、原口元気に代えて武藤嘉紀を起用した。すると19分と21分に武藤が立て続けにヘッドでゴールを狙ったものの、シュートはクロスバーを越え、同点のチャンスを逃してしまった。決めていれば2011年カタール大会決勝の李忠成のようなヒーローになれただけに、武藤にとっては悔いの残るシュートだっただろう。 ただ、最初の交代カードで武藤を抜擢したが、彼の武器であるスピードはスペースがあってこと生きるタイプだ。カタールは自陣のゴール前を固めてカウンター狙いだったため、ゴールをこじ開けるにはクロスに対しガムシャラに飛び込む北川航也の方が効果的ではなかったかと疑問が残る。 それまで5試合に起用し、サブ組のFWでは最長の出場時間だっただけに、なぜ最後までベンチに温存したのか。北川が森保監督の期待に応えることができなかったと言われればそれまでだし、結果論にすぎないという反論もあることは百も承知だ。 そして改めて思うのは、北川は運がないということ。それは北川だけに限らず、今回彼が背負った日本代表の「背番号11」はなぜか結果に恵まれないということだ。 北川の前に「背番号11」を背負っていた選手が誰かと聞かれても、即答できるファンは数少ないのではないだろうか。ロシアW杯での「背番号11」は宇佐美貴史だったが、ほとんど活躍できなかった。 その前は豊田陽平であり、その前はというと柿谷曜一朗、原口元気、ハーフナー・マイク、前田遼一、玉田圭司、播戸竜二、佐藤寿人、巻誠一郎、鈴木隆行、黒部光昭、松井大輔、鈴木隆行、中山雅史、三浦淳寛、呂比須ワグナー、小野伸二、三浦知良らが「背番号11」を背負ってきた。 彼らの中で記憶に残るゴールを決めた選手となると、2002年日韓W杯の初戦ベルギー代表戦(2-2)で同点ゴールを決め、W杯で初めて勝点1をもたらした鈴木くらいではないだろうか。あとは“キング・カズ”の存在感が圧倒的だった。 もともと「背番号11」は左ウイングに与えられるナンバーだったものの、ポジションが流動化した現代サッカーでは9番と10番と同様に攻撃的な選手、ストライカーに与えられる番号でもある。にもかかわらず、日本代表の歴代「11番」は、カズ以降ストライカーとしての輝きを放てていない。 果たして3月に再招集される森保ジャパンにおいて、誰が「背番号11」を受け継ぐのか。そしてゴールという結果を出すことができるのか。23人のメンバーとともに注目したいと思っている。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.02.05 16:45 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly