柏DF橋口拓哉がテゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍 昨季町田に期限付き加入2019.01.11 16:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
柏レイソルは11日、FC町田ゼルビアに期限付き移籍していたDF橋口拓哉(24)が、テゲバジャーロ宮崎(JFL)に期限付き移籍することを発表した。橋口は、宮崎日本大学高校、流通経済大学を経て、2017年から柏でプレー。昨シーズンは期限付き移籍で町田に加入し、明治安田生命J2リーグ1試合に出場した。

橋口は、柏と宮崎のクラブ公式サイトを通じてそれぞれ以下のようにコメントしている。

◆柏レイソル
「柏レイソルのサポーターの皆様、このたびテゲバジャーロ宮崎に移籍することになりました。プロとして結果を残せていないことを非常に申し訳なく思っています。でも僕はまだまだ諦めません。必ず這い上がってみせます。またいつか柏のユニフォームを着てピッチに立つため、精一杯努力してきます。これからも応援よろしくお願いいたします」

◆テゲバジャーロ宮崎
「テゲバジャーロ宮崎のサポーターの皆様。はじめまして。橋口拓哉です。地元でプレーする機会をいただけて感謝しています。チームも個人も大きく成長するシーズンになるよう精一杯プレーします。昇格に向けてチーム、サポーター、ファン一丸となって頑張りましょう! 応援よろしくお願い致します! 」
コメント
関連ニュース
thumb

柏MF菊池大介に第一子の長男が誕生

柏レイソルは8日、MF菊池大介(28)に第一子が生まれたことを発表した。 男の子が新たに家族に加わった菊池は今シーズン、明治安田生命J2リーグでここまで先発11試合を含む14試合に出場。浦和レッズからの加入初年度で、上位に食い込む柏に貢献している。 2019.06.08 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

柏、チーム得点王のFWオルンガがケニア代表に招集! 21日から開催のANC2019に参戦

柏レイソルは6日、FWオルンガが6月21日からエジプトで開催されるアフリカ・ネーションズカップ2019に臨むケニア代表に選出されたことを発表した。なお、同選手は6日からチームに合流している。 セネガル代表とアルジェリア代表、タンザニア代表と同居するグループリーグの日程は、6月23日から7月1日までとなっている。また、ケニア代表が決勝トーナメントの日程は7月5日(ラウンド16)から7月19日(決勝)までとなっている。 なお、加入2年目のオルンガは、今シーズンここまでの明治安田生命J2リーグで11試合に出場し、チームトップの6ゴールを記録。これはチーム総得点(13点)のほぼ半分の数字となっており、現在7位の柏にとっては厳しい主砲の離脱となりそうだ。 2019.06.06 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

古賀太陽がU-22日本代表を負傷離脱…代替招集なし《トゥーロン国際大会》

日本サッカー協会(JFA)は6日、柏レイソルに所属するDF古賀太陽のU-22日本代表離脱を発表した。離脱理由はケガのため。代替招集はない。 古賀は第47回トゥーロン国際大会2019グループステージ第1戦のU-20イングランド代表戦(2-1で勝利)にフル出場。続く4日のU-23チリ代表戦(6-1で勝利)はベンチ入りしたものの、出番がなかった。 2連勝スタートのU-22日本代表は現在、グループA首位。7日に行われる次戦、U-19ポルトガル代表と激突する。 2019.06.06 11:40 Thu
twitterfacebook
thumb

柏DF上島拓巳がプロA契約…今季公式戦12試合に出場

柏レイソルは4日、DF上島拓巳(22)とのプロA契約締結を発表した。 千葉県出身の上島は2018年7月に中央大学から特別指定選手として、育成年代を過ごした柏入りを果たすと、今年から正式入団。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグ8試合、JリーグYBCルヴァンカップ4試合に出場している。プロC契約からプロA契約への移行を受け、次のようにコメントしている。 「このたびA契約を締結できて、嬉しく思います。これからさらにチームに貢献して、ファン・サポーターの方々と喜び合えるように、日々頑張っていきます」 2019.06.04 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

シンガポール代表、新指揮官に柏や甲府を指揮した吉田達磨氏を招へい!

シンガポールサッカー協会(FAS)は30日、同代表の新指揮官に吉田達磨氏(44)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間で2年間の延長オプションが付随している。 吉田監督は、現役時代に柏レイソルや京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)、モンテディオ山形、ジュロンFC(シンガポール)でプレー。引退後は柏の下部組織のコーチや監督を歴任し、ネルシーニョ監督(現ヴィッセル神戸監督)の後任として2015年にトップチームの監督に就任した。 しかし、1シーズンを指揮して柏を退団すると、2016年にはアルビレックス新潟の監督を務めていたが、同年9月に成績不振で解任。2017年からはヴァンフォーレ甲府の指揮官を務めていたが、同年4月に退任していた。 吉田監督は、FASの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ここに座っていられることを私はとても幸せに感じている」 「この機会は私にとって非常に良い挑戦であり、大きなチャンスだと思っている。今回の仕事が簡単ではないことは認識しています。だけど、私は自分の能力を信じています。私はシンガポールのサッカーが国際舞台でさらなる高みで成功を収められると思っています」 2019.05.30 22:45 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース