昨年殺人未遂容疑のウエスカDFセメド、「チームの価値を尊重できず」退団へ? 2019.01.06 22:10 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウエスカ指揮官が、ポルトガル人DFルベン・セメド(24)が構想外であることを明かしている。スペイン『アス』が伝えた。ベンフィカやスポルティング・リスボンの下部組織で育ったセメドは、2015年にスポルティングのトップチームへ昇格し、2017年7月にビジャレアルへと完全移籍。高い身体能力を武器とする期待の逸材として注目を集めた。

しかし、セメドは2018年に一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していたとも伝えられており、殺人未遂容疑がかけられている。その後、ビジャレアルとの契約が一時凍結となり、保釈された昨年の夏にウエスカへのレンタル加入が発表となった。

再起を図るセメドは、ウエスカで過ごす今シーズンはリーガ第4節から第12節まで連続でフル出場。だが、その後のリーグ戦では一切の出場機会を与えられず。今冬の放出候補筆頭になっている。

セメドの処遇について問われたウエスカのフランシスコ・ロドリゲス監督は、「チームの価値を尊重できない」と辛らつな評価を口にした。

「私たちはプロフェッショナルであり、決定を下さなくてはならない」

「(ルベン・)セメドは私たちの構想には含まれておらず、クラブは決断しなくてはならない」

「私たちは(チームの)価値を高めていくとともに、それを尊重している。だが、ルベンはそれ(尊重すること)が理解できないんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ビダル、最下位との引き分けに「ユナイテッド戦が一番」

バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがウエスカ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 首位バルセロナ(勝ち点73)は、13日にリーガエスパニョーラ第32節で最下位のウエスカと対戦。FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレスなど大半の主力を遠征メンバーに帯同させず、DFジャン=クレール・トディボやDFムサ・ワゲ、MFカルレス・アレーニャ、MFリキ・プッチなどの若手を多くスタメン起用したが、最後までゴールを割ることができず、ゴールレスドローに終わった。 ビダルはウエスカ戦後、コメント。モチベーションが16日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦にあったことで試合を難しくしてしまったと語っている。 「みんな、火曜日の試合と招集外の選手のことに頭がいってしまっていた。CLはみんなの夢。難しいけど、僕たちはマンチェスターで良い結果を残したね」 「マンチェスター・ユナイテッド戦のことが一番だよ。それから次のリーグ戦で3ポイントを取りに行く」 「出場機会が少ない人が今日の試合でプレーした。彼らはリーグテーブルで最下位のチームに対して上手くやったよ」 「これはとても激しい試合だった。ドローという結果は両チームにとってフェアだったよ」 「MFの3人はこれまで一緒にプレーしたことがない。それは新しいシステムだったから全く違うものだった」 「それにピッチも乾ききっていた。でも、重要なのは負けなかったということだよ」 2019.04.14 20:18 Sun
twitterfacebook
thumb

CL見据えた“2軍バルサ”、最下位ウエスカから得点出来ずゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは13日、リーガエスパニョーラ第32節でウエスカと対戦し、0-0で引き分けた。 残り7試合で首位バルセロナ(勝ち点73)と2位のアトレティコ・マドリーとの勝ち点差は11。連覇は確実とみられる中で、今節はメッシやスアレスなど大半の主力を遠征メンバーに帯同させず、スタメンにはトディボやムリージョ、ムサ・ワゲ、アレーニャ、リキ・プッチ、マウコム、ボアテングなどが顔を揃えた。 フォーメーションは[3-1-4-2]。ユムティティ、トディボ、ムリージョの2バックに、ムサ・ワゲとマウコムの両ウイング、ビダルがアンカーの位置に入り、1列前にアレーニャとラ・リーガデビューのリキ・プッチ、2トップにボアテングとデンベレが並んだ。 “2軍バルサ”がチャンスを迎えたのは16分、19歳のリキ・プッチのパスからデンベレがゴール前に侵入。右足で流し込みにかかったが、GKのファインセーブに遭った。そのプレーで得たCKでは、ムリージョがヘディングシュートを放ったがこれもGKサンタマリアが好セーブを見せた。 その後はバルセロナが8割近いポゼッションで試合の主導権を握る。だが、中盤でなかなか息が合わず前線へ良いパスを送れない。試合はゴールレスで折り返す。 56分にバルセロナは相手のパスミスを奪ってショートカウンター発動。右サイドの深い所から折り返したムサ・ワゲのクロスをデンベレがダイレクトで狙ったが、相手に当たってCKとなる。そのCKの流れから、ユムティティからパスを受けたマウコムがボックス左からシュートを打ったが、不運にもポストを叩いた。 なかなか試合を動かせずにいるバルセロナは68分にリキ・プッチとデンベレを下げて、コウチーニョとジョルディ・アルバを投入。1軍を加えて点を狙いに行く。両選手はそれぞれ、中盤のセンターと左ウイングにそのまま入った。 だが大勢は変わらず。81分にアレーニャを下げてアルトゥールを投入したが、それでも好転しないまま試合は進み、結局最後まで互いにネットを揺らすことなく試合終了。 3日後に控えるチャンピオンズリーグのマンチェスター・ユナイテッド戦に向けて主力を温存したバルセロナだったが、最下位ウエスカの牙城を崩せず0-0で試合を終えた。 2019.04.14 01:12 Sun
twitterfacebook
thumb

流血メッシ、異常なし 週末ウエスカ戦の出場OK

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは大事に至らなかったという。スペイン『アス』が報じた。 メッシは10日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・ユナイテッド戦で、29分に背後からチャージを仕掛けてきたイングランド代表DFクリス・スモーリングの右手が顔面にヒットして、鼻と左目まぶたから流血。処置を受け、フル出場を果たしたが、鼻骨骨折の疑いがあり、11日にも精密検査を受けると取り沙汰された。 だが、その検査の結果、メッシに問題はなかった様子だ。クラブのメディカルスタッフから異常なしの診断を受けたため、13日に敵地で行われるリーガエスパニューラ第32節のウエスカ戦に出場できる見込み。ただ、16日にホームでユナイテッドとのリターンレグを控える兼ね合いから、メッシの出場を見送る可能性もあるとのことだ。 2019.04.13 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

セバージョス、過去にジダン監督への不満吐露も「新たな関係を築いている」

レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)が、ジネディーヌ・ジダン監督との関係性について言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 ベティスの下部組織出身であるセバージョスは、2017年6月にU-21欧州選手権でU-21スペイン代表として大会MVPに選出され、直後にマドリーに入団。しかし、加入初年度のジダン第1政権では、スタメンを奪うことはできず、公式戦22試合(899分)の出場に留まっていた。 そのセバージョスは、3月31日に行われたリーガエスパニョーラ第29節のウエスカ戦に先発出場。ジダン第2政権で初先発を飾ると、62分にチームの2点目を記録し、3-2の勝利に貢献していた。過去に出場機会の少なさからジダン監督への不満を口にしていたが、現在は関係が修復していると主張している。 「過去のことについてジダンと話していない。僕たちは心機一転新たな関係を築いているところだ。そして僕の目標はここで成功することなんだ」 「ベルナベウでの初ゴールを取ることができてハッピーだよ。昨日、家族に得点を決めると話していたからね。そして、重要な3ポイントを獲得できてとても満足している」 「僕たちは簡単な試合にならないことを知っていた。最後まで落ち着いていなければいけないこともわかっていたからね」 2019.04.01 14:44 Mon
twitterfacebook
thumb

マドリー、最下位ウエスカに逆転勝利でジダン就任後2連勝! イスコは2戦連発《リーガエスパニョーラ》

レアル・マドリーは31日、リーガエスパニョーラ第29節のウエスカ戦に臨み、3-2で勝利した。 ジダン監督の復帰戦となった前節セルタ戦をイスコ、ベイルのゴールで勝ち切った3位マドリー(勝ち点54)の相手は最下位に沈むウエスカ(勝ち点22)。リーガ3連勝を目指す今節、スタメンは前節から5選手変更。GKにはリュカ・ジダン、中盤では招集外となったモドリッチやクロースに代わり、ディアスやM・ジョレンテ、ダニ・セバージョスらが起用された。 試合は意外な立ち上がりを見せる。3分、自陣右サイドでボールを奪い素早く攻撃にt念じたウエスカ。右サイド深い位置でボールを持ったチミ・アビラがチェックにきたナチョを掻い潜りグラウンダーのクロスを供給すると、クチョ・エルナンデスが流し込んで先制点を奪った。 ホームで先にリードを許したマドリー。15分にオドリオソラのクロスを受けたベンゼマがゴール正面からシュートを打ったが、トラップが上手くいかず、威力なくGKの正面に。 だが、25分にそのベンゼマが攻撃の起点となり左サイドのディアスへ展開。ゴール前でディアスの折り返しを受けダイレクトで狙うがGKサンタマリアが好セーブに遭う。それでももう一度ボックス左からディアスが折り返すと、今度はイスコが押し込んで同点に。イスコは2試合連続ゴールとなった。 前半のうちに取り返したマドリーだが、その後はゴールまでが遠く、枠内シュートもないまま後半へ。その後半立ち上がりにベンゼマが久しぶりの枠内シュートを放ったマドリーは62分、右サイドのベイルが左足アウトサイドで上げたクロスをベンゼマが頭で折り返すと、ダニ・セバージョスが押し込んでついに逆転。 追加点を目指すマドリーは70分、ボックス右からゴール前に入ったクロスにベイルが飛び込むが、ゴールからほぼゼロ距離のシュートをふかしてしまい、ビッグチャンスをフイにしてしまう。これにはジダン監督も悔しさを露わに。 するとこのツケが回ってくる。74分のウエスカのCK。短く繋いで左サイドからモイ・ゴメスがクロスを上げると、DFの間に入り込んだエチェイタが頭で合わせて再び試合は振り出しに戻った。 だが、ジダン・マドリーはこれで終わらなかった。89分、左サイドからベイルが上げたクロスを起点に、味方が頭で落としたボールをマルセロが素早く縦パス。ボックス左でパスを受けたベンゼマが、右足で見事なコントロールシュートをゴール右に決めて、土壇場で勝ち越しに成功した。 これで試合終了。逆転勝利を収めたマドリーはこれでリーグ3連勝となった。 2019.04.01 05:38 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース