沼津、DF藤原拓也とMF普光院誠の契約更新を発表

2018.12.27 19:31 Thu
▽アスルクラロ沼津は27日、DF藤原拓也(26)、MF普光院誠(25)と来シーズンの契約を更新したことを発表した。

▽藤原は2015年に神奈川大学から沼津へ入団。今シーズンは明治安田生命17試合で2得点を記録していた。一方、普光院は今シーズン、SC相模原から沼津へ加入。リーグ戦31試合で2得点おマークしていた。
▽来シーズンも沼津でプレーすることが決まった両選手はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆DF藤原拓也
「スポンサー企業の皆様、パワーサポート店の皆様、ファンサポーターの皆様、今シーズンもご支援ご声援ありがとうございました。2019シーズンもアスルクラロ沼津の一員としてプレーさせて頂くことになりました。アスルクラロ沼津の歴史を作り上げてきた選手達の気持ちを忘れずに、責任と覚悟を持って全力で闘い抜きます。2019シーズンもより一層のご支援とご声援をよろしくお願い致します」


◆MF普光院誠
「来シーズンもアスルクラロ沼津でプレーさせていただけることになりました。今年、目の前で昇格を決められたあの悔しさは、一生忘れません。ライセンスはないかもしれませんが、来シーズン絶対優勝します。また来年も応援よろしくお願いします」
関連ニュース

神戸がリンコンと双方合意で契約解除 昨年復帰も序列上がらず

ヴィッセル神戸は1日、FWリンコン(23)と双方合意による契約解除を発表した。 リンコンは2021年に母国クラブのフラメンゴから完全移籍加入し、1年目は公式戦18試合で1ゴール。翌年は公式戦13試合で3ゴールだったが、同年夏にブラジル2部のクルゼイロECに期限付き移籍した。 昨年3月からは神戸に戻り、公式戦10試合で4ゴールだったが、年々と出番を減らすなか、契約解除による退団が決まった。 2024.03.01 15:15 Fri

新潟に来季加入内定の東洋大学DF稲村隼翔、今季も特別指定選手に認定「今年こそ勝利に貢献できるように」

アルビレックス新潟は29日、2025シーズン加入内定が決まっている東洋大学のDF稲村隼翔(21)が、2024年のJリーグ特別指定選手に認定されたと発表した。背番号は「45」となる 東京都出身の稲村は、U-15までFC東京の下部組織に所属。昨年6月に新潟への加入内定と、2023年の特別指定選手認定が発表されていた。 今シーズンも特別指定選手に認定された稲村は、クラブを通じてコメントしている。 「今シーズンも特別指定選手に登録していただきました、東洋大学の稲村隼翔です。今年こそは、"てっぺん"を目指すチームの一員として勝利に貢献できるように頑張ります。また、大学サッカーでプレーする姿も応援していただけると嬉しいです。2024シーズンもよろしくお願いします!」 2024.02.29 16:25 Thu

東京V、U-17日本代表FW川村楽人の2025年トップ昇格内定&今季の2種登録を発表!「身体を張って戦います」

東京ヴェルディは29日、ユースに所属するFW川村楽人(17)の2025シーズントップチーム昇格内定、及び2024シーズンのトップチーム登録(2種)を発表した。 東京都出身の川村は、ジュニアユース時代から東京Vの下部組織に所属。2023年にはU-17日本代表に選出されており、6月のU17アジアカップや9月のフランス遠征、11月のU-17ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていた。 昇格内定と今シーズンの2種登録が発表された川村は、クラブを通じて意気込みを述べている。 「2025シーズンからトップチームに昇格することになりました、川村楽人です。チームのために身体を張って戦います。熱い応援よろしくお願いいたします」 2024.02.29 15:50 Thu

長野退団のMF安東輝が関東1部の東邦チタニウムに加入

AC長野パルセイロは29日、2023シーズン限りで退団したMF安東輝(28)が、関東サッカーリーグ1部の東邦チタニウム株式会社サッカー部に加入することを発表した。 浦和レッズの下部組織出身である安東は、2018年に東京国際大学からテゲバジャーロ宮崎に加入。その後は東京ユナイテッドFC、ジョイフル本田つくばFC、栃木シティFCとわたり歩き、2023シーズンから長野に加入した。 長野では、明治安田生命J3リーグで19試合に出場し2得点1アシストを記録。先発出場は7試合に止まると、1年で退団していた。 2024.02.29 15:35 Thu

秋田が金沢退団のMF大石竜平を完全移籍で獲得!「感謝の気持ちでいっぱいです」

ブラウブリッツ秋田は29日、昨シーズンまでツエーゲン金沢に所属していたMF大石竜平(27)の完全移籍加入を発表した。 ジュビロ磐田U-15の出身である大石は、2019年に国士舘大学から金沢へ加入。初年度から明治安田J2リーグ38試合6得点の成績を残した。 その後もコンスタントに出場機会を得ていた大石だったが、昨シーズンは出場機会が減少。J2リーグ12試合1得点の結果に終わると、シーズン終了後に契約満了が発表されていた。 新天地が決定した大石は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆ブラウブリッツ秋田 「はじめまして、大石竜平です。秋田に加入できて嬉しく思うと同時に、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。謙虚に、直向きに、感謝の気持ちを忘れずに、チームの勝利の為に熱く闘いたいと思います。今シーズンよろしくお願いします!」 ◆ツエーゲン金沢 「お久しぶりです。ブラウブリッツ秋田に加入することになりました。ツエーゲン金沢というクラブでサッカーができたこと、素晴らしい方々に出会えたこと、金沢での全てが一生の財産です。これからは金沢のファンとして、J2昇格を願いながら応援させていただきます。またいつかどこかで会える日を楽しみにしています。5年間本当にありがとうございました」 2024.02.29 15:30 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly