元インテルFWミリート氏、均衡したミラノダービーを予想「集中力と根性が必要」

2018.10.19 22:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
現役時代、インテルなどで活躍した元アルゼンチン代表のディエゴ・ミリート氏が、18日付のイタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、古巣インテルやアルゼンチンについて語った。

ミリート氏の古巣であるインテルは21日、セリエA第9節でミランとのミラノダービーへ挑む。現役時代に何度も経験したダービーについて、以下のように語った。

「ダービーはこれまでと同様に均衡した試合になるだろう。特別で唯一無二の試合だ。勝つためには、洗練されたクオリティというより、集中力、そして根性が必要になる。細かい部分が結果を分けることになるだろう」

ラウタロ・マルティネスがキーマンになることを願っている。彼のことは知っているが、素晴らしい若者だ。向こう(ミラン)にも素晴らしい選手はいるが、インテルの勝利を願っている。インテルは集中していなければ、ミランに止められてしまう可能性がある。ミランの中で最も恐るべき選手を挙げるとしたら、(ゴンサロ)イグアインやスソだろう」

■「カルチョと言えばナポリとマラドーナだった」続いてミリート氏は、母国アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏に言及。ナポリ時代のマラドーナ氏に憧れていたことを明かした。

「私にとってイタリアのカルチョとは、ナポリとマラドーナだった。日曜日の朝になると、地域の皆でテレビの前に集まって、マラドーナのナポリを観戦した。彼は僕たちにとって遠く離れたアイドル、伝説だったよ。代表監督となった彼から指導を受けたときは感激したよ。幸せな経験だった」

アルゼンチンが生んだもう1人の天才FWリオネル・メッシとは、アルゼンチン代表の同僚として共にプレーしたミリート氏。現在は代表から遠ざかってるメッシに対し、「まだできるはず」とコメントしている。

「サッカー史上、絶対的な2人の王者がアルゼンチン人であることは幸運だ。残念ながらメッシは並外れた選手でありながら、(代表で)優勝することはできなかった。私は彼と一緒にプレーし、ピッチでの彼のプレーを見ることができて幸運だった。彼はまだ代表でプレーできるはずであり、これからタイトルを獲得してくれることを願っている」


提供:goal.com
関連ニュース
thumb

インテル、ハキミ後釜は新監督の古巣から?

インテルが、ラツィオのイタリア人MFマヌエル・ラッツァーリ(27)に関心を示しているようだ。イタリア『Il Messaggero』が伝えている。 新型コロナウィルス蔓延の影響で緊縮財政を強いられているインテル。今夏に8000万ユーロ(約104億円)の収益が必須とされる中、移籍市場での動きにも制限がかかることから上層部との補強方針に齟齬が生じたアントニオ・コンテは、11年ぶりのスクテッドに導いたにもかかわらず、シーズン終了直後にクラブを退団している。 また、主力選手の売却による収益も見込んでおり、現状で移籍間近とされているのがDFアクラフ・ハキミだ。今季のコンテ政権で右サイドの主軸として活躍したモロッコ代表DFには、チェルシーとパリ・サンジェルマンが興味を持っており、一説ではチェルシーが6000万ユーロ(約80億円)とDFマルコス・アロンソの譲渡という条件のオファーを提示したとも言われている。 いずれにせよ、ハキミの退団は既定路線となっていることから、その後釜が注目されているが、伝えられるところによると、新監督の意向によりラッツァーリがリストに挙がっているようだ。 コンテ前監督の後任に据えられたのはシモーネ・インザーギ監督。今季まで4シーズン率いたラツィオでは安定してセリエA上位に名を連ね、13シーズンぶりの出場となった今季のチャンピオンズリーグではベスト16進出を果たした。 そのS・インザーギ監督が信頼を置いていたのがラッツァーリだった。スピード、アジリティ、運動量を武器に右ウイングバックで絶対的な地位を築き、加入から2シーズンで公式戦79試合出場3ゴール10アシストを記録した。 そのラッツァーリ獲得には2500万ユーロ(約32億7000万円)が必要とされているが、ハキミを上記の金額で売却することができれば問題にはならないだろう。 ただ、今のところラツィオ側に放出の意思がないことも事実。去就は新たに就任するマウリツィオ・サッリ監督次第にもなるだろうが、果たして。 2021.06.19 14:26 Sat
twitterfacebook
thumb

エリクセンが無事退院! 手術も成功し自宅療養へ

デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが18日に退院した。 エリクセンは12日に行われたユーロ2020グループB第1節のフィンランド代表戦に先発したが、前半途中に卒倒。心肺蘇生法(CPR)などの救命措置を受けた後、試合会場の近くにあるコペンハーゲンの病院に搬送され、入院している。 その後、容態が安定しているインテルMFは、心臓発作の再発を防ぐべく植え込み型除細動器(ICD)を装着する手術を受けていた。 そして、デンマークサッカー協会(DBU)は18日、無事手術を終えたエリクセンが病院を退院したことを発表。同選手は退院後、ヘルシンゲルにある代表チームのトレーニング拠点を訪問し、チームメイトたちとコミュニケーションを取り、現在は自宅で家族と共に療養生活に入るとのことだ。 また、同声明の中でエリクセンは世界中のフットボールファミリーに向けて感謝の意を改めて伝えている。 「これまで届いた多くのメッセージに感謝を伝えたい。それを見ることで本当に素晴らしい気持ちになることができたよ」 「手術は無事に終わり、この状況下でも元気に過ごしているよ」 「昨晩、素晴らしいゲームをプレーした仲間たちと再び会えたことは本当に素晴らしいことだった。改めて言うことではないけど、月曜にロシア戦を控える仲間たちを応援するつもりだよ」 今後の戦列復帰の可能性についてはすでに多くの議論がなされているが、ひとまず退院という最初のステップを踏んだエリクセンには愛する家族と共にしっかりと身体を休めてほしいところだ。 2021.06.19 01:57 Sat
twitterfacebook
thumb

アシュリー・ヤング、10年ぶりにアストン・ビラへ復帰!

アストン・ビラは17日、インテルから元イングランド代表MFアシュリー・ヤング(35)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 1995年にワトフォードのアカデミーに入団したヤングは、2003年にトップチームに昇格。その後、アストン・ビラやマンチェスター・ユナイテッドでのプレーを経て、2020年1月にインテルに移籍。 インテルでは公式戦55試合に出場し4ゴール8アシストを記録。昨夏に1年延長オプションが行使され、今季も公式戦34試合の出場で1得点4アシストの数字を収め、チームの11季ぶりとなるスクデット獲得に貢献していた。 2年間を過ごしたイタリアを離れ、10年ぶりにアストン・ビラへ帰還したヤングは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「戻ってこられて素晴らしい気分だ。まるで離れていなかったかのような気がするよ」 「練習場に戻ってきて懐かしい顔ぶれにも会った。練習場の設備の充実ぶりを見て、このクラブがどれほど成長したのかを感じられて嬉しかったね」 「私がいた時代からクラブがどれだけ進化してきたのかがわかるね。もう仕事に取り掛かる準備ができているよ」 2021.06.18 06:00 Fri
twitterfacebook
thumb

卒倒のエリクセン、ICD装着へ 「本人は了承して、国内外の専門家も推奨」

一命を取りとめたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンだが、心臓発作の再発を防ぐためのペースメーカーを取り付けるようだ。 エリクセンは12日に行われたユーロ2020グループB第1節のフィンランド代表戦に先発したが、前半途中に卒倒。心肺蘇生法(CPR)などの救命措置を受けた後、母国コペンハーゲンの病院に搬送され、入院している。 そんなデンマークの司令塔は15日に自らのSNSなどを介して世界中からのメッセージに応えようと無事をアピールしたが、再びの心臓発作を防ぐべく、植え込み型除細動器(ICD)を装着することになったという。 デンマークサッカー協会(DBU)は17日、今後のエリクセンについて、致死性の不整脈を感知すると電気ショックで正常な心拍に戻すICDの装着を発表。チームドクターのモーテン・ボーセン氏は本人了承の治療になると説明した。 「様々な検査を受けた結果、ICDの装着が決まった。不整脈による心臓発作の後はこの装置が必要になってくる。クリスティアンはこれを受け入れ、国内外の専門家も推奨している。我々はクリスティアンとその家族の安静とプライバシーが保たれるよう配慮を願う」 なお、エリクセンの選手生活については明らかにされていないが、オランダ代表DFデイリー・ブリントも過去に心臓病でICDを装着。現在、ユーロ2020の代表として活動するなど、キャリアを続けている。 2021.06.17 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アシュリー・ヤングに古巣アストン・ビラが関心か

元イングランド代表MFアシュリー・ヤング(35)に、古巣のアストン・ビラが関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 昨年1月にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに移籍したヤング。その半年でセリエA18試合に出場し4ゴール4アシストの成績を残すと、同年5月に契約を1年延長した。 今季はチャンピオンズリーグではその経験を活かしてグループステージの5試合に出場したものの、優勝したセリエAでは昨季ほどのインパクトを残せず、今月末で契約満了を迎えようとしている。 そんなヤングには、プロデビューを果たしたワトフォードやバーンリーといったプレミアリーグからの関心が伝えられているが、そこに新たに加わったのがアストン・ビラだ。 同クラブはヤングが2007年1月から2011年夏まで過ごしたクラブで、公式戦通算190試合の出場で37ゴール59アシストをマーク。そこからマンチェスター・ユナイテッド移籍に繋がるほどの成長を促したクラブで、キャリアの最後に選んだとしてもおかしくはない。 一方で、現在バーンリーを率いるショーン・ダイク監督は、ヤングがワトフォードでプロデビューした頃のキャプテンで、今でも大きな敬意を持っているという同選手が恩返しにと助力する可能性も考えられている。 来月には36歳の誕生日を迎えるヤング。果たしてその去就は…。 2021.06.16 16:32 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly