フルアム戦でアグエロが負傷交代…ペップ「足首を痛めた。ただ、リスクを回避した」2018.09.16 15:42 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・シティは15日、プレミアリーグ第5節でフルアムをホームに迎え、3-0で快勝した。だが、同試合でFWセルヒオ・アグエロが足首を痛めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝える。▽開幕3勝1分けと無敗をキープするシティは昇格組フルアムをホームで迎え撃った一戦で3-0の快勝を収めた。だが、同試合でMFダビド・シルバ、FWラヒーム・スターリングの2ゴールをお膳立てした後にFWガブリエウ・ジェズスとの交代で後半序盤にピッチを去ったアグエロが負傷していたようだ。

▽同試合後、公式会見に出席したジョゼップ・グアルディオラ監督はエースFWの状態に関して以下のように説明している。

「彼は足首を痛めた。違和感を抱えたまま前半を終えて、後半もそのままプレーしていた。もちろん、プレーを続けることはできたが、我々はリスクを冒したくなかった」

「リヨン戦でプレー可能かって? 我々は明日状態を確認するつもりだ」

▽幸いにもアグエロの交代が予防措置だったことが判明したが、来週ミッドウィークに行われるチャンピオンズリーグ(CL)、グループステージ初戦のリヨン戦で起用可能かは微妙なところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

エバートン、イングランド代表MFデルフを獲得…3年契約、推定移籍金13億円

エバートンは15日、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFファビアン・デルフ(29)の獲得を発表した。イギリス『BBC』によれば、移籍金は推定1000万ポンド(約13億4000万円)。デルフは3年契約でのエバートン加入となる。 デルフはリーズ・ユナイテッド、アストン・ビラを経て、2015年夏からシティでプレー。本職の中盤だけでなく、左サイドバックをこなすマルチロールな働きを見せ、昨シーズンのプレミアリーグ連覇など計7個のタイトル獲得に貢献した。また、イングランド代表としても2014年にデビュー。通算20キャップを記録している。 エバートン入りのデルフは移籍決定を受け、「ここに来ることができて、本当に幸せだ。絶対に全てを捧げたい。100%以外ないよ。ファンと一緒に何か特別なことを成し遂げられることを願う」とコメントしている。 2019.07.16 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

コシエルニー退団迫るアーセナル、オタメンディに関心?

アーセナルが、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)の獲得に動いているようだ。スペイン『Super Deporte』が伝えている。 バレンシアの地元紙である『Super Deporte』は、クラブが今夏の移籍市場でオタメンディの復帰を画策していると主張。しかし、以前から関心が噂されるパリ・サンジェルマン(PSG)とアトレティコ・マドリーに加えて、アーセナルが同選手の獲得に動いていると伝えている。 アーセナルに関しては元フランス代表DFローラン・コシエルニーが今夏の移籍を巡ってプレシーズンツアー不参加の実力行使に出るなど、去就が不透明となっている。さらに、幾つかのセンターバック候補の交渉も難航しており、豊富な経験に加えて3バック、4バックのいずれでもプレー可能なオタメンディへの関心を強めている模様だ。 その一方で、同メディアはオタメンディが仮にシティ退団を選択した場合、唯一の移籍先候補はバレンシアだと主張している。同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏はバレンシアと深い関係にあり、すでに移籍に向けたコンタクトも取っているようだ。 2015年夏に3500万ユーロ(約42億6000万円)でバレンシアからシティに加入したオタメンディ。加入初年度から主力として活躍したが、昨シーズンは序列が4番手に下がったこともあり、プレミアリーグ18試合出場と思うように出場機会を得られていなかった。 2019.07.14 18:57 Sun
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティがアジアツアー参加メンバーを発表! コパ&ANC組は不参加

マンチェスター・シティは13日、アメリカツアーに参加する27名を発表した。同クラブの公式サイトが伝えている。 今回のメンバーにはFWラヒーム・スターリングやMFダビド・シルバ、MFベルナルド・シウバ、MFケビン・デ・ブライネといった主力に加え、新加入のMFロドリゴ・エルナンデスやPSVから買い戻したDFアンヘリーニョもメンバーに入った。 一方、コパ・アメリカ2019に出場していたアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロやブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスらに加え、現在開催中のアフリカネーションズカップ2019に参加しているアルジェリア代表MFリヤド・マフレズらも招集外に。また、エバートンへの移籍が濃厚なMFファビアン・デルフも招集外となっている。 シティは、17日から中国で行われる“プレミアリーグ・アジアトロフィー”に参加。その後、香港で傑志と対戦し、日本で横浜F・マリノスと対戦する。今回発表されたメンバーは以下の通り。 ◆アジアツアー参加メンバー27名 GK クラウディオ・ブラーボ ギャビン・バズヌ DF カイル・ウォーカー ダニーロ ジョン・ストーンズ アンヘリーニョ アイメリク・ラポルテ テイラー・ハーウッド・ベリス MF イルカイ・ギュンドアン オレクサンドル・ジンチェンコ ロドリゴ・エルナンデス ケビン・デ・ブライネ レロイ・ザネ ベルナルド・シウバ ダビド・シルバ リアム・グリムショー イケル・ポソ トミー・ドイル アレイクス・ガルシア アドリアン・ベルナベ イアン・ポブダ ベン・ナイト フィル・フォーデン※香港遠征から参加 FW ラヒーム・スターリング ルーカス・エンメチャ ナビル・トゥアイジ ルーク・ボルトン 2019.07.14 04:52 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートン、約11億円でデルフ獲得合意か?

エバートンが、マンチェスター・シティに所属するイングランド代表MFファビアン・デルフ(29)の獲得に迫っている。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 2015年7月にアストン・ビラからシティ入りしたデルフ。セントラルMFを本職としながら、サイドハーフ、サイドバックもこなすユーティリティ性を武器に貴重なバックアッパーとして活躍。ただ、昨シーズンは公式戦20試合の出場に留まった。 そのデルフとシティの契約は2020年6月まで。さらに、シティは今夏の移籍市場で守備的MFのMFロドリゴ・エルナンデスの獲得に成功しており、負傷明けのDFバンジャマン・メンディの存在、新契約を締結したMFオレクサンドル・ジンチェンコの残留を考えれば、更なる出場機会の減少が見込まれる。そのため、選手、クラブ双方は今夏の移籍を考慮している。 『テレグラフ』が伝えるところによれば、現在デルフにはエバートンが強い関心を示しており、800万ポンド(約10億8000万円)の金額で合意間近と伝えている。 マルコ・シウバ監督とフットボール・ディレクターを務めるマルセル・ブランズ氏は、インテンシティの高いフットボールに合う若手中心のスカッド構築を優先しているが、デルフの経験や手ごろな移籍金を理由にデルフの獲得を熱望しているようだ。 2019.07.13 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、ネイマール退団ならザネ獲得に動く?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 2017年夏に歴代最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約269億6000万円)でネイマールを獲得したPSG。しかし、今夏に退団を希望していることが盛んに報じられるなか、先日の練習を無断欠席したことが明らかになっており、移籍の可能性に拍車がかかっている。 そのため、後釜候補をリストアップしているフランス王者は、3年前にも獲得に動いたザネに注目。シティ3年目となった2018-19シーズンは公式戦47試合で16ゴール18アシストの数字を残したが、起用法に不満を抱いて移籍の可能性が浮上している状況だ。 そのザネに関しては、バイエルンも目を光らせている上、移籍金として9000万ポンド(約122億3000万円)以上が必要になる見込み。とはいえ、PSGにとって、同額はネイマールの売却金で工面できる範囲であることから、ドイツ王者との争奪戦に発展した場合、財政面で優位に立てるものとみられる。 2019.07.12 14:17 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース