デ・ヘア、スペイン代表後輩アセンシオ&バスケスからの“カリウスコール”に苦笑

2018.08.03 13:55 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドのGKダビド・デ・ヘアが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表での同僚から失礼なジョークを浴びせられたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽マンチェスター・ユナイテッドは1日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)でレアル・マドリーと対戦。多くの若手やスター選手が入り混じった試合は、2-1でのユナイテッドの勝利に終わったが、ビッグクラブ同士の激突が両サポーターを沸かせた。

▽しかし、その試合の中でユナイテッドの守護神は不快な思いをさせられていたかもしれない。デ・ヘアがロッカールームに通じるトンネルを歩いていたところ、マドリーのMFマルコ・アセンシオルーカス・バスケスが「カリウス! カリウス! 」と連呼。その様子がカメラに捉えられており、その“コール”の後にはマドリーの2名と苦笑するデ・ヘアが抱擁する場面も確認できるが、かなりリスペクトを欠いた言動だろう。

▽カリウスとはもちろん、リバプールのドイツ人GKロリス・カリウスのことだ。カリウスは、昨シーズンのチャンピオンズリーグ決勝で致命的なミスを犯し、チームはマドリーに敗北。SNSなどではその時のプレーがネタにされている節もあるが、GKという重圧のかかるポジションにおいて、トップレベルの選手にまで冗談のネタにされる心労は計り知れない。

▽また、デ・ヘアはスペイン代表として臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)初戦、ポルトガル代表戦でFWクリスティアーノ・ロナウドのシュートをファンブル。試合は3-3の引き分けに終わったが、ミスさえ無ければ勝てていたとしてデ・ヘアはスペイン各紙から批判を浴びせられていた。しかし、結果的にスペインは決勝トーナメントに進出。PK戦の末に敗北した決勝トーナメント1回戦ロシア代表戦では1-1で90分間を終えており、その試合でのスペインの1失点はバルセロナDFジェラール・ピケのハンドによるPKのみだ。
コメント