初のW杯制覇を目指すベルギー代表をサイ・ヤング賞投手が援護

2018.07.09 21:15 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1986年のメキシコ・ワールドカップ以来となる、32年ぶりのベスト4入りを果たしたベルギー代表。初優勝を目指すベルギーに強力なサポーターが現れた。

▽その名は、ダラス・カイケル。ご存知の方も居るかもしれないが、メジャーリーグのヒューストン・アストロズで投手を務めている。

▽30歳のカイケルは、アメリカはオクラホマ州タルサ出身で、技巧派の左腕。2015年には20勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞投手にも選出された実力者であり、青木宣親(現東京ヤクルトスワローズ)ともプレーした経験がある。

▽そんなカイケルはサッカーも好きなようで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)がアメリカで開催された時には、自身のインスタグラムにマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着た写真を投稿していた。

▽そんなカイケルだが、7月7日に1枚の写真をツイッター(@kidkeuchy)とインスタグラムに投稿。その写真は、スタジアムでの練習中のカイケルの姿だが、身につけていたのはワールドカップを戦うベルギー代表ユニフォームだった。

▽「10」と刻まれたユニフォームは、チェルシーのMFエデン・アザールの物。そして、そのツイートには、準々決勝をでブラジル代表を下し、ベスト4に進出したベルギーを称えるメッセージが添えられていた。

ロメル・ルカクとブラジルを相手に、信じられない勝利を挙げたベルギー代表に敬意を!」

▽ちなみに、カイケルが所属するアストロズは大谷翔平が所属するアナハイム・エンゼルスと同じア・リーグの西地区を戦っており、2位のシアトル・マリナーズと3.5ゲーム差の首位。カイケルは9日に登板し、6勝目を記録。4日にも勝利しており、カイケルとアストロズの勢いがベルギーに届けば、ワールドカップ初優勝も見えてくるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

元ドイツ代表DFがEL抽選会中に放言…「ELは敗者のカップ…」

かつてバイエルンやドルトムントで活躍した元ドイツ代表DFのトーマス・ヘルマー氏が、ヨーロッパリーグ(EL)の抽選会中に物議を醸す発言を拾われてしまった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 欧州サッカー連盟(UEFA)は10日、EL準々決勝&準決勝の組み合わせ抽選会をスイスのニヨンで実施した。 新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大防止の観点から、通常のように各クラブの代表を会場に集めず、リモート形式で行われた抽選会では音声の不具合など様々な技術的な問題が発生。開始が20分遅れるなど、ややバタバタした運営となった。 その中でUEFA本部にゲストとして呼ばれていたヘルマー氏が、司会者のペドロ・ピント氏に向かって発したコメントが物議を醸すことに。 前述のように多くの問題であたふたしていたピント氏に対して、ヘルマー氏はUEFA書記長のジョルジ・マルケッティ氏を指差しながら、「彼がヨーロッパリーグを何て呼んでいるか知っている?」と質問。そして、ピント氏が答えられずにいると、「敗者のカップだってさ」と、UEFA幹部も真っ青な、どぎついワードを発した。 以前からチャンピオンズリーグ(CL)に劣るELはメガクラブの間でその価値が軽視されることが多く、ヘルマー氏の指摘自体はそこまで目くじらを立てるものではない。ただ、UEFA本部にゲストとして呼ばれたという事情を考えれば、明らかに不適切な発言だったと言わざるを得ない。 ちなみにヘルマー氏は現役時代にバイエルンで3度のブンデスリーガ制覇を成し遂げているが、CLは準優勝1回に留まっている。そして、1995-96シーズンにはELの前身であるUEFAカップを制している。 2020.07.11 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

セリエBで暴行事件? 蛮行で退場のDFが試合後に相手スタッフと揉めて入院

セリエBの選手が、騒動の末に入院する事態となったようだ。 事件が起きたのは10日、セリエB第33節のユーベ・スタビアvsヴィルトゥス・エンテッラの一戦。この試合の54分に退場処分となったヴィルトゥス・エンテッラのイタリア人DFマウロ・コッポラーロ[写真右端]が入院することとなったようだ。 問題となったシーンは左サイドへのロングボールに対し、コッポラーロとルイジ・カノットが競り合いながら追いかけたが、接触に怒りを見せたコッポラーロがカノットを壁に押し付ける蛮行を見せて一発退場。主審は、喧嘩両成敗ということで、カノットにもレッドカードを提示していた。なお、試合は1-1のドローに終わった。 揉めたとはいえ、このシーン自体には大きなケガをする要素はなかったが、イタリア『Tuttomercatoweb』によると、試合後にもこのシーンについて激論が続いたとのこと。コッポラーロは、ユーベ・スタビアのスタッフと揉めた結果、入院するハメになったようだ。 報道によれば、コッポラーロは暴行を受けたため、検査を受けるために入院しているとのこと。現場には、警官とレガ・カルチョの幹部も同席したようだ。 コッポーラは現在23歳。U-17からイタリア代表に招集され、2017年のU-20ワールドカップにも出場。日本代表との対戦も経験し、3位に貢献していた。 また、ユーベ・スタビアは、現在20チーム中17位と残留争い真っ只中。このままではプレーオフに回ることとなる状況だ。 2020.07.11 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

VARの存在価値なし!プレミアリーグ3試合全てでPKの誤審、2試合はドロー

プレミアリーグで由々しき問題が発生した。イギリス『BBC』は、9日に行われたプレミアリーグの3試合全てにおいて、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)がありながらもPKの判定でミスがあったと報じた。 プレミアリーグは9日、第34節の3試合が行われた、エバートンvsサウサンプトンは1-1のドロー、ボーンマスvsトッテナムは0-0のゴールレスドロー、アストン・ビラvsマンチェスター・ユナイテッドは0-3でユナイテッドが勝利していた。 シーズン終盤に差し掛かり、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の出場権、そして残留争いとシビアな戦いが続く中、勝敗を左右するミスが起こっていた。 『BBC』によると、番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』に対し、プレミアリーグがVARで誤ったPKの判定を下したことを認めたとのことだ。 アストン・ビラvsユナイテッドの試合では、0-0で迎えた26分にブルーノ・フェルナンデスがエズリ・コンサに倒されPKを獲得。VARも介入しながらのPKとなったが、このシーンはB・フェルナンデスがターンをした際に倒れ込んだだけ。プレミアリーグは、「間違った決定だった。実際にはコンサのファウルではなかったはずで、VARによって覆されるべきだった」と誤審を認めた。なお、PKを含む3ゴールを奪ったユナイテッドが勝利している。 ボーンマスvsトッテナムでは開始4分のトッテナムのCKの場面。ゴール前にクロスが送られると、ファーサイドで合わせに行ったハリー・ケインをジョシュア・キングが後ろから押しているように見えたが、ノーファウル。これにはジョゼ・モウリーニョ監督も怒りを露わにしたが、判定は覆らなかった。なお、このシーンでVARは介入したもののオン・フィールド・レビューは使われていない。 エバートンvsサウサンプトンでは、ジェームズ・ウォード=プラウズがアンドレ・ゴメスに倒されたとしてPKが与えられた。接触はあったものの、正当なチャージであり、PKではないと判断されるべきだったという。なお、サウサンプトンはこのPKをウォード=プラウズがクロスバーに当てて失敗していた。 プレミアリーグではVARの運用が度々問題視され、特に主審がモニターで映像をチェックする回数が少なく、VARからの助言をベースに決定を変えたり、または全くVARの助言を聞かないというシーンが散見。他のリーグに比べて、主審の権限が強すぎるとし、多くの監督や選手から不満が出ていた。 今回のケースでは、3試合全てで誤ったPKの判定が下されてしまい、改めてVARと主審の関係性が重要であることが浮き彫りになった。この先、プレミアリーグでその辺りが改善される日は来るのだろうか。 2020.07.10 10:41 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルFWヨビッチが自宅隔離、接触した友人が新型コロナ陽性反応

レアル・マドリーのセルビア代表FWルカ・ヨビッチが、自宅で隔離されることとなった。スペイン『アス』が伝えた。 報道によると、ヨビッチは新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応がでた友人と接触していたとのこと。マドリーはプロトコルに従い、ヨビッチを自宅隔離させたとのことだ。 <div id="cws_ad">◆多くの期待を受けたヨビッチがお披露目<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI1ZkZ0emZLSyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ヨビッチの友人は、6日の昼にベオグラードからマドリッドへと渡航。当初の計画では、ヨビッチが友人であっても訪問者を受け入れないということだったが、外国人選手でもあるためにクラブが別の手段を考えたようだ。 マドリーの対応は、選手を訪ねてくる全ての人に検査を実施。その結果、ヨビッチの友人が陽性反応を示したために今回の措置となったようだ。 6日はマドリーのトレーニングが休みであった前、ヨビッチは検査を受けたが結果は陰性。しかし、プロトコルに則り、自宅隔離の措置となった。 なお、マドリーは10日にアラベス戦を控えているが、今後の進行状況によっては、検査の範囲などが拡大される可能性もあるようだ。 ヨビッチは、新型コロナウイルスの感染拡大による中断期間でセルビアへ帰国。しかし、自宅隔離の決まりがある中に外出し、セルビア国民からも大きな非難を受けることに。さらには自宅で骨折したために、中断明けのトレーニングを行えないという不始末も起こしていた。 5日に行われたラ・リーガ第34節のアスレティック・ビルバオ戦には終了間際にカリム・ベンゼマと交代して入り試合に復帰していた。 2020.07.09 09:20 Thu
twitterfacebook
thumb

相手に噛み付いたラツィオDFパトリックは4試合出場停止&罰金1万ユーロ、かつてスアレスが受けた処分は?

相手選手に噛み付いた代償はやっぱり大きなものとなった。 ラツィオのスペイン人DFパトリックが、4試合の出場停止処分を受けることとなった。 ラツィオは7日、セリエA第31節でレッチェとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦。前節、ミラン相手に完敗して首位ユベントスとの勝ち点差を「7」に広げられた2位ラツィオは、降格圏の18位に低迷するレッチェを相手に2戦ぶりの白星を目指したが、試合は予想外の結果に終わった。 その試合終了間際、パトリックは相手DFジュリオ・ドナーティの左上腕部にまさかの噛みつき行為。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)のレビューにより噛み付いたことが確認され、退場処分となっていた。 セリエAの懲戒委員会は8日午後に開かれ、パトリックの愚行に対し4試合の出場停止処分となった。 これにより、サッスオーロ戦、ウディネーゼ戦、カリアリ戦だけでなく、ユベントス戦も欠場することに。さらに、1万ユーロ(約122万円)の罰金処分も下されていた。 噛み付き行為と言えば、現在はバルセロナでプレーするウルグアイ代表FWルイス・スアレスが思い浮かぶだろう。リバプール時代にチェルシーのDFブラニスラフ・イバノビッチに噛み付いた際は、10試合のプレミアリーグ出場停止処分に。2014年のブラジル・ワールドカップでイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付いた際は、4カ月間のサッカー活動禁止の処分を受けていた。 <div id="cws_ad">◆ドナーティの左上腕部をガブり<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Lazio defender Patric was sent off for biting Lecce&#39;s Giulio Donati. <a href="https://t.co/C681xLtPuz">pic.twitter.com/C681xLtPuz</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1280592725570699264?ref_src=twsrc%5Etfw">July 7, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.07.08 22:57 Wed
twitterfacebook