バレンシア、レッドスターからU-21セルビア代表MFラチッチを獲得2018.06.14 04:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、レッドスター・ベオグラードからU-21セルビア代表MFウロシュ・ラチッチ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。▽2016年3月にベオグラードからレッドスターに加入したラチッチは、190cmを超える長身と卓越した戦術眼を武器とする守備的MF。加入初年度の昨季は出場機会に恵まれなかったが、今季はレギュラーに定着。今季は公式戦34試合で3ゴールを記録した。

▽また、各年代のセルビア代表に選出されてきたラチッチは、2017年12月に飛び級でU-21セルビア代表に選出されると、ここまで2試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

デニス・スアレスの新天地はバレンシア? 移籍成立にはバルサの譲歩が必要…

バレンシアがバルセロナのスペイン人MFデニス・スアレス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Superdeporte』が伝えている。 今シーズン、ヘタフェ、セビージャとの最終節までもつれる4位争いを制して来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に成功したバレンシア。だが、今シーズン序盤戦はCLとの二足の草鞋に大苦戦を強いられ、深刻な不振に陥っていた。 そして、新シーズンに向けてその反省を生かしたいバレンシアは、チームの明確な課題である得点力不足解消に向けて前線の補強に着手。その中で目を付けているのが、バルセロナに所属する攻撃的MFのようだ。 セビージャとビジャレアルでの活躍を経て2016年にバルセロナに買い戻されたスアレスだが、世界屈指の選手層を誇るチームにおいて思うように出場機会を得られず。今年1月には出場機会を求めて買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに加入。 しかし、新チームのスタイルへの適応の遅れ、コンディションの問題によって、リーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ2試合の合計6試合の出場にとどまり、先発でのプレーは一度もなかった。その後、4月にはそ径部の治療のため今季中の復帰が絶望となったことを明かし、アーセナルを退団していた。 なお、『Superdeporte』が伝えるところによれば、バルセロナは2021年まで契約を残すも構想外のスアレスの移籍金を、2000万ユーロ(約24億5000万円)に設定している模様。一方、バレンシアはこの金額が法外なものであると考えており、バルセロナが減額交渉に応じた場合のみ獲得に動く構えのようだ。 2019.06.11 18:08 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ニューカッスル退団を望むアジョセ・ペレスに興味か

バレンシアが、ニューカッスルのスペイン人FWアジョセ・ペレス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena Cope』の記事を引用し『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2014年にテネリフェからニューカッスルに加入したアジョセ・ペレスは、以降マグパイズの主力FWとして活躍。ここまで公式戦195試合に出場し48ゴールを記録。今シーズンここまではチームが守備的なスタイルで戦う中、セカンドトップや左右のウイングを主戦場にリーグ戦37試合で12ゴール2アシストの数字を残した。 5年間というひとつのサイクルを経て、今が自身にとって変化すべき時だと感じているアジョセ・ペレスは、3月に行われた『El Chiringuito TV』のインタビューで「僕はサイクルというものを信じている。ここでは5年間を過ごしてきた。そして、個人的に今が変化の時期だと思っている」と退団を示唆するコメントを残していた。 『Cadena Cope』によると、バレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は複数のポジションをこなせるアジョセ・ペレスを高く評価しており、今夏での獲得に興味を示しているという。 2019.06.11 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、降格ジローナの逸材右SBポッロ獲得に動く

バレンシアがジローナのU-21スペイン代表DFペドロ・ポッロ(19)の獲得に動いているようだ。スペイン『Superdeporte』が伝えている。 2017年にジローナのリザーブチームにあたるペララーダでプロデビューを飾ったポッロは、右サイドバックと右ウイングバックを主戦場とする新進気鋭のサイドアタッカーだ。 昨年、ジローナでトップチームデビューを飾ると、今シーズンはチームが2部降格を強いられた中、リーグ戦32試合に出場し4アシストを記録した。10代ゆえの粗さが目立つものの、圧倒的な走力とスタミナを武器に攻守両面での仕事量が多く、ウイング出身らしい突破力にも定評がある。 昨夏にジローナと2023年までの新契約を結んだポッロの契約解除金は5000万ユーロ(約60億円)に設定されているが、バレンシアはジローナの降格に伴い、より安価な金額での獲得を目指しているようだ。 なお、ポルトガル代表DFジョアン・カンセロのユベントス移籍以降、バレンシアではイタリア人DFクリスティアーノ・ピッチーニと、本職中盤のデンマーク代表MFダニエル・ヴァスが右サイドバックでプレーしていた。 2019.06.04 17:02 Tue
twitterfacebook
thumb

スキャンダル! 今季リーガ最終節のバジャドリーvsバレンシアで八百長の可能性!

先日、発覚したスペインでの八百長事件に関連する形で、今シーズンのリーガエスパニョーラ最終節、バジャドリーvsバレンシアで試合操作が行われた可能性が濃厚となっている。スペイン『エル・ムンド』が報じた。 先日、スペイン警察は犯罪組織や汚職、マネーロンダリングに関与している疑いで、元レアル・マドリーのラウール・ブラボ(アリス・テッサロニキ)やレアル・バジャドリーのボルハ・フェルナンデス、リーズからヘタフェへレンタル移籍中のサムエル・サイス、デポルティボ・ラ・コルーニャのイニゴ・ロペス、カルロス・アランダら、元選手と現役選手らを逮捕。 また、ウエスカの会長であるアウグスティン・ラサオサ氏、ウエスカのメディカルサービスの責任者であるフアン・カルロス・ガリンド氏も逮捕されたとのことだ。 この調査では、2016-17、2017-18シーズンの一部の試合で八百長が行われ、スポーツベッティングに影響を与えた可能性が追及されている。 そして、今回『エル・ムンド』は警察によって傍受されていた通話記録などの情報を独占的に公表。その記録の中で前述のバジャドリーvsバレンシアで試合操作が行われた可能性を指摘している。 まず始めに今回のバジャドリーvsバレンシアの一戦に関する状況を説明すると、第37節終了次点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に付けていたバレンシアは、同勝ち点で並ぶ5位のヘタフェと、勝ち点2差の6位セビージャと熾烈な4位争いに巻き込まれていた。一方、16位のバジャドリーは前節で残留が決定していた状況でホーム最終戦に臨んでいた。 この一戦では前半の36分に相手最終ラインでのボール回しにプレッシャーをかけたバレンシアFWロドリゴ・モレノのボール奪取からMFカルロス・ソレール。後半立ち上がりの53分にはバジャドリーGKからのショートパスを受けたボックス手前の相手DFからMFダニエル・パレホがボールを奪い、その流れからロドリゴが追加点と、いずれも相手の不用意なミスをゴールに結びつけての2-0の勝利だった。そして、バレンシアは自力で4位フィニッシュを決めていた。 この一戦に関して『エル・ムンド』は逮捕者の1人であるカルロス・アランダの以下のような通話記録を公表している。 「7人のプレーヤーが賄賂を受け取っていた。それ以上のことはない」 「1万ユーロを賭ければ、2万ユーロ勝てるぞ」 前述の試合展開に加え、カルロス・アランダのこの通話記録によって同試合で八百長が行われた可能性が高まっている。 さらに、『エル・ムンド』は逮捕者の1人であるラウール・ブラボが同試合前にバジャドリーのボルハ・フェルナンデスに接触していた事実、バジャドリーのFWケコの自宅でバジャドリーの一部選手たちが試合操作の段取りを打合せしていた可能性についても指摘している。 また、より決定的な証拠がカルロス・アランダの別の通話記録だ。同選手はバレンシアが前半、後半共にリードを得て前後半に1点ずつを決めることまで友人に伝えていた。 「よく聞けよ。バレンシアは前半も後半も勝つ。わかったか?」 「俺の言うことを聞け。彼らは前半も後半のスコアでも勝つ」 「バレンシアはただ勝つだけじゃなく、2つのゴールを2つのハーフに分けて決めるからな」 一連の出来事を考慮すれば、同試合で試合操作が行われた可能性はほぼ間違いないが、今後警察とリーグ機構がいかなる処分を下すことになるのか。 2019.06.04 14:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ロドリゴの獲得を熱望? 60億超のオファー用意か

ナポリが、バレンシアに所属するスペイン代表FWロドリゴ・モレノ(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』がスペイン『ムンド・デポルティボ』の情報をもとに伝えている。 セルタのユース出身のロドリゴは、レアル・マドリー・カスティージャに移籍した後、ベンフィカ、ボルトンを経て2015年7月にバレンシアに完全移籍。昨シーズンはリーガエスパニョーラ37試合で16ゴール7アシストを記録したが、今シーズンは33試合で8ゴール6アシストと期待されているような数字は残せなかった。 それでも、ロドリゴに対してはバルセロナやレアル・マドリー、アトレティコ・マドリーのスペイン3強クラブを含め複数クラブが関心を寄せている模様。そのなかでもナポリが熱視線を送っており、以前に4000万ユーロ(約48億7000万円)のオファーを提示していたようだ。 だが、バレンシアはナポリのオファーを拒否。しかしながら、スペイン代表FWの獲得を諦めないナポリは5000ユーロ(約60億9000万円)のオファーを打診する準備ができているとのことだ。 なお、ロドリゴの推定契約解除金は1億2000万ユーロ(約146億2000万円)に設定されているが、バレンシアは財政面に問題を抱えており、同選手の売却せざるを得ない状況だという。 2019.05.29 17:19 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース