バレンシア、レッドスターからU-21セルビア代表MFラチッチを獲得2018.06.14 04:14 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バレンシアは13日、レッドスター・ベオグラードからU-21セルビア代表MFウロシュ・ラチッチ(20)を完全移籍で獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。▽2016年3月にベオグラードからレッドスターに加入したラチッチは、190cmを超える長身と卓越した戦術眼を武器とする守備的MF。加入初年度の昨季は出場機会に恵まれなかったが、今季はレギュラーに定着。今季は公式戦34試合で3ゴールを記録した。

▽また、各年代のセルビア代表に選出されてきたラチッチは、2017年12月に飛び級でU-21セルビア代表に選出されると、ここまで2試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

デニス・スアレスはリーガ残留を希望! 新天地はバレンシアorセルタ?

今夏のバルセロナ退団が有力視されるスペイン人MFデニス・スアレス(25)が、スペイン残留の意向を示している。スペイン『マルカ』が伝えている。 セビージャとビジャレアルでの活躍を経て2016年にバルセロナに買い戻されたスアレスだが、世界屈指の選手層を誇るチームにおいて思うように出場機会を得られず。今年1月には出場機会を求めて買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに加入。 しかし、新チームのスタイルへの適応の遅れ、コンディションの問題によって、リーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ2試合の合計6試合の出場にとどまり、先発でのプレーは一度もなかった。その後、4月にはそ径部の治療のため今季中の復帰が絶望となったことを明かし、アーセナルを退団していた。 バルセロナと2021年まで契約を残すものの、今夏の退団が有力視されるスアレスは、自身が設立したフットボールスクールの開校イベントの場で去就に関して言及。国外からのオファーを認めながらもスペイン残留を最優先としていることを明かした。 「自分のリズムをもう一度掴んで、どこでプレーするにしても定期的にプレーする必要があると思っているよ。これから数週間のうちに何か決まればいいね」 「個人的に最も重視しているのはスポーツ面で金銭面よりも重要だと考えている。来年ユーロが行われるし、どうにかスペイン代表でプレーしたいんだ」 「僕の優先事項はスペイン残留だ。もちろん、海外からオファーもあるけど、ラ・リーガでプレーしたいんだ」 また、スアレスは移籍候補に挙がるビジャレアル時代の恩師マルセリーノ・ガルシア・トラル監督が率いるバレンシア、生まれ故郷でありかつてアカデミーに在籍していた古巣セルタについても言及している。 「以前にも話したことがあるけど、マルセリーノは自分のキャリアにおいて最も成果を収めることができた時期に指導を受けた監督なんだ」 「また、いつかセルタ・ヴィーゴに戻ると思っている。それがこの夏になるのか、数年後になるのかはわからないけどね」 2019.06.25 00:04 Tue
twitterfacebook
thumb

引く手あまたのブッフォン…バレンシアとアタランタも挙手か

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するも引く手あまたの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)だが、新たに2クラブが手を挙げる可能性があるようだ。『フットボールエスパーニャ』がポルトガル『A Bola』を引用して伝えている。 今シーズンに加入したPSGで公式戦25試合に出場したイタリアが誇る偉大な守護神ブッフォン。すでにバルセロナやブレシア、ポルト、リーズに加えて古巣のパルマなど複数のクラブが獲得に興味を示している状況だ。 ブッフォン争奪戦に関しては現在、リーズがポールポジションに立っている模様。しかし今回、バレンシアとアタランタも獲得に乗り出す可能性があるという。 ただ、バレンシアに関しては現在、ブラジル代表GKネト(29)とバルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とのトレード交渉が進行中であることも噂されており、こちらの状況によっても左右されそうだ。 2019.06.24 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

バルセロナ退団を望むシレッセンとバレンシア守護神ネトのトレード交渉が進行中か!?

バルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とバレンシアに所属するブラジル代表GKネト(29)のトレードに向けた交渉が進行中のようだ。スペインのラジオ局「RAC1」が報じた。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況からシレッセンには移籍の噂が取り沙汰されてきたが、2021年まで契約を残しているバルセロナは同選手の契約解除金を6000万ユーロ(約73億円)に設定しており、一部メディアが獲得報道を出していたベンフィカとの交渉も停滞していた。 だが今回の報道によると、バルセロナとバレンシアはシレッセンとネトのトレードに向けて17日の午前中に交渉を実施したようだ。 ネトは2017年の7月にユベントスからバレンシアへ加入。バレンシアでは守護神として2シーズンで公式戦80試合に出場。今季もリーガエスパニョーラ34試合に出場し2年連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。それでもバレンシアは、ネトよりオランダ代表GKを高く評価しており、今夏での獲得を目指しているようだ。 2019.06.18 00:08 Tue
twitterfacebook
thumb

デニス・スアレスの新天地はバレンシア? 移籍成立にはバルサの譲歩が必要…

バレンシアがバルセロナのスペイン人MFデニス・スアレス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Superdeporte』が伝えている。 今シーズン、ヘタフェ、セビージャとの最終節までもつれる4位争いを制して来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に成功したバレンシア。だが、今シーズン序盤戦はCLとの二足の草鞋に大苦戦を強いられ、深刻な不振に陥っていた。 そして、新シーズンに向けてその反省を生かしたいバレンシアは、チームの明確な課題である得点力不足解消に向けて前線の補強に着手。その中で目を付けているのが、バルセロナに所属する攻撃的MFのようだ。 セビージャとビジャレアルでの活躍を経て2016年にバルセロナに買い戻されたスアレスだが、世界屈指の選手層を誇るチームにおいて思うように出場機会を得られず。今年1月には出場機会を求めて買い取りオプション付きのレンタル移籍でアーセナルに加入。 しかし、新チームのスタイルへの適応の遅れ、コンディションの問題によって、リーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ2試合の合計6試合の出場にとどまり、先発でのプレーは一度もなかった。その後、4月にはそ径部の治療のため今季中の復帰が絶望となったことを明かし、アーセナルを退団していた。 なお、『Superdeporte』が伝えるところによれば、バルセロナは2021年まで契約を残すも構想外のスアレスの移籍金を、2000万ユーロ(約24億5000万円)に設定している模様。一方、バレンシアはこの金額が法外なものであると考えており、バルセロナが減額交渉に応じた場合のみ獲得に動く構えのようだ。 2019.06.11 18:08 Tue
twitterfacebook
thumb

バレンシア、ニューカッスル退団を望むアジョセ・ペレスに興味か

バレンシアが、ニューカッスルのスペイン人FWアジョセ・ペレス(25)の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena Cope』の記事を引用し『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2014年にテネリフェからニューカッスルに加入したアジョセ・ペレスは、以降マグパイズの主力FWとして活躍。ここまで公式戦195試合に出場し48ゴールを記録。今シーズンここまではチームが守備的なスタイルで戦う中、セカンドトップや左右のウイングを主戦場にリーグ戦37試合で12ゴール2アシストの数字を残した。 5年間というひとつのサイクルを経て、今が自身にとって変化すべき時だと感じているアジョセ・ペレスは、3月に行われた『El Chiringuito TV』のインタビューで「僕はサイクルというものを信じている。ここでは5年間を過ごしてきた。そして、個人的に今が変化の時期だと思っている」と退団を示唆するコメントを残していた。 『Cadena Cope』によると、バレンシアを率いるマルセリーノ・ガルシア・トラル監督は複数のポジションをこなせるアジョセ・ペレスを高く評価しており、今夏での獲得に興味を示しているという。 2019.06.11 01:40 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース