ナポリやミランには興味なし!? 伊代表ウインガーはインテル行きを希望か

2018.05.28 03:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽サッスオーロのFWマッテオ・ポリターノは、インテルへの移籍を望んでいるようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。

▽24歳のポリターノは、2017/18シーズンの活躍が高く評価されている選手で、イタリア代表にも呼ばれている。この活躍にミランやナポリも興味を示しているが、選手の希望はインテルのようだ。

▽インテルは今夏の移籍市場で右サイドハーフの獲得を狙っている。その候補にポリターノは挙がっており、相思相愛のようだ。同選手はまずインテルへの移籍を優先に考えており、その他の選択肢は保留にするかもしれない。

▽ポリターノはローマの下部組織で育ったあと、ペルージャへのレンタルを経て、ペスカーラに加入。2015年からサッスオーロでプレーしていた。

関連ニュース
thumb

ローマが開幕3連勝! ファラオーネが後半AT劇的弾でモウリーニョ通算1000試合に638勝目をプレゼント《セリエA》

セリエA第3節、ローマvsサッスオーロが12日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-1で勝利した。 ジョゼ・モウリーニョ新体制で公式戦4試合全勝と最高のスタートを切ったローマ。リーグ3連勝を目指すこの一戦では、昨季エンポリをセリエB優勝に導きデ・ゼルビの後任に抜擢されたディオニージ率いる新生サッスオーロと対戦した。 モウリーニョ監督は自身の監督キャリア通算1000試合目となるメモリアルマッチで、前節のサレルニターナ戦から先発1人を変更。カルレス・ペレスに替えて出場停止明けのザニオーロを右ウイングで起用した。 試合は立ち上がりから行ったり来たりの主導権争いが続く。互いに中盤からの長い持ち上がりで相手を背走させ、ボックス付近までボールを運ぶものの、攻撃を遅らされる場面が散見。そういった流れの中、13分にはボックス右で味方の落としを受けたベラルディが得意の左足のシュートを放って最初の決定機を作った。 以降はローマがボールを握って押し込む時間が続くも、要所でビルドアップのミスを奪ったり、セカンドボールの争いを制するサッスオーロがシンプルなカウンターからより相手ゴールに迫る。26分には最終ラインからの縦パスに抜け出したラスパドーリからボックス右でパスを受けたべラルディが利き足とは逆の右足のシュートでゴールネットを揺らしたが、これはラスパドーリの抜け出しのタイミングでオフサイドを取られた。 一方、全体的に重さと淡白なプレーが目立つローマは、守備時にボールホルダーへの寄せが甘く、再三背後を狙う相手のアタッカー陣へ簡単にスルーパスを通される悪循環に陥る。それでも、33分には右サイドで高い位置を取ったカルスドルプからのアーリークロスから決定機。エイブラハムがボックス内に抜け出してスライディングシュートを放つが、これはわずかに枠の左へ外れた。 この試合最初の決定機をモノにできなかったホームチームだが、直後に意表を突く形からしたたかにゴールを陥れる。37分、相手陣内左サイドで得たFKの場面でペナルティアーク付近に人を集めてゴール前へのクロスを意識させる。だが、キッカーのペッレグリーニは意表を突いてボックス左のスペースへのグラウンダーのスルーパスを選択。これに完璧なタイミングで飛び出したクリスタンテがGKとの一対一の局面で冷静に左足のシュートを流し込んだ。 その後はサッスオーロの反撃に晒されるも、守護神パトリシオを中心に粘り強く守り、前半を1点リードで終えた。 迎えた後半、先に動いたのはサッスオーロ。ラスパドーリを下げてローマの下部組織出身で、今年5月には父親のローマ練習場襲撃が大きな話題となった長身FWスカマッカをハーフタイム明けに投入した。 すると、前線に屈強なターゲットマンが入ったことで、カウンター以外に遅攻の形からもチャンスを作れるようになったアウェイチームがキックオフ直後から分厚い攻めで押し込んでいく。 そして、57分にはボックス手前左でボールを収めたスカマッカが右サイドのベラルディに展開。ボックス内に侵入したベラルディがDFビーニャを巧みなターンでかわして右足のクロスを入れると、ゴール前に飛び込んだジュリチッチが何とか脛に当てたボールが絶妙なループシュートの形でGKパトリシオの頭上を越えて決まった。 劣勢の状況で耐え切れずにスコアをタイに戻されたローマだが、この失点が“気付け薬”となったか、ここから一気に攻撃のギアを上げていく。 失点直後にはムヒタリアンのスルーパスに抜け出したペッレグリーニがボックス右に持ち込んで枠を捉えたシュートを放つ。さらに、GKコンシーリにはじき出されたボールに詰めたエイブラハムが押し込みにかかるが、これは右ポストを叩く。続く62分にはエイブラハムのスルーパスに反応したペッレグリーニがボックス内でDF2枚をフェイントで外して右足を振るが、ここはDFキリケシュの身体を張ったブロックに阻まれる。 一方、同点以降は再びボールを握られる展開となったサッスオーロも、ボガの推進力を生かしたカウンターが機能。68分にはそのボガからボックス内でショートパスを受けたベラルディがGKと一対一の絶好機を迎えるが、ここはGKパトリシオにうまくコースを消されて逆転ゴールとはならず。 勝ち切りたいローマは70分を過ぎてムヒタリアン、ヴェレトゥ、ザニオーロを下げてエル・シャーラウィ、ショムロドフ、カルレス・ペレスとフレッシュなアタッカーを投入。この交代でペッレグリーニをボランチ、ショムロドフをセカンドトップに配置して前がかる。 その後、試合は中盤の間延びが顕著となり、カウンターを打ち合う非常にオープンな展開に。ローマはペッレグリーニ、ショムロドフ、サッスオーロはボガ、ハメド・トラオレに2点目を奪うチャンスが訪れるが、コンシーリとパトリシオの両守護神の再三のビッグセーブやポストに阻まれる。 このまま1-1のドローで試合終了かに思われたが、稀代のエンターテイナーの通算1000試合目は最後の最後までドラマティックだった。91分、自陣からのロングボールのこぼれ球をボックス左でショムロドフが収めて短く落とすと、これをエル・シャーラウィが得意の左45度の角度から右足を一閃。このシュートが右ポストの内側を叩いてゴールネットに吸い込まれると、劇的ゴールに大興奮のモウリーニョ監督もゴール裏に集まる選手たちの元へ駆け寄った。 これでローマの劇的勝利と思われたが、直後の94分にはアイハンのロングボールをボックス右で収めたスカマッカに見事なボレーシュートを決められてしまう。だが、ここはオフサイドの判定に救われてオリンピコ全体が安堵のため息をついた。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、モウリーニョ監督のキャリア通算1000試合目を劇的な形で制したローマが、通算638個目(OptaPaoloのデータ)の白星をプレゼントすると共にセリエA開幕3連勝を飾った。 2021.09.13 05:56 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のサンプドリア、劣勢もサッスオーロにゴールレスドロー《セリエA》

サンプドリアは29日、セリエA第3節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 開幕節のミラン戦でジルーを完璧に抑え込んだ吉田が[4-2-3-1]の右センターバックで先発した一戦。 開幕節、ヴェローナに勝利したサッスオーロに対し、守勢の入りとなったサンプドリアは4分、吉田のパスミスからカウンターを受け、ジュリチッチにミドルシュートでゴールを脅かされる。 続く7分にもCKからフェッラーリのヘディングシュートでGKアウデーロを強襲されたサンプドリアの劣勢が続く序盤となった。 劣勢のサンプドリアは26分、カンドレーバがボックス右から際どいシュートを浴びせて牽制。 35分にマキシム・ロペスに際どいミドルシュートを打たれた中、45分にトールスビーがGK強襲のシュートを浴びせたサンプドリアが、前半半ば以降は互角の攻防に持ち込みつつゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、コリーのバックパスミスからサンプドリアは大ピンチ。しかし、GKと一対一となったカプートはシュートを枠の外に外して助かった。 60分にはボガにオンターゲットのカットインシュートを打たれるピンチを迎えるも、ここはGKアウデーロがセーブ。 終盤にかけてはサンプドリアが集中した守備でサッスオーロにチャンスを許さず。吉田がクリーンシートに貢献し、勝ち点1を得ている。 2021.08.30 03:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ユベントスがロカテッリを買取義務付き2年間のレンタルで獲得! 移籍金増額は約48億円に

ユベントスは18日、サッスオーロからイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)の獲得を発表した。 クラブの発表によると、移籍の形態は買い取り義務付きの2年間のレンタル移籍になるという。2022-23シーズン終了後にロカテッリが出場時間など各種スポーツ面の条件を満たした場合、ユベントス側に買い取り義務が生じ、2500万ユーロ(約32億2000万円)を3年の分割で支払うことに。 また、最大で1250万ユーロ(約16億円)のボーナスが生じる契約となり、移籍金の総額は最大3750万ユーロ(約48億3000万円)になるようだ。 さらに、ユベントスが完全移籍での買い取りを実行した場合、ロカテッリとは2026年までの5年契約を結ぶことになる。 ミランのプリマヴェーラ出身のロカテッリは、2016年にトップチームデビュー。同年にはユベントス相手に鮮烈なゴールを挙げて一気に注目を集めるも、2018年にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加わることになった。 そのサッスオーロではポゼッションスタイルを志向するロベルト・デ・ゼルビ監督の下、中盤の底を主戦場に卓越した戦術眼とキック精度、テクニックを武器にセリエA屈指のレジスタに成長。昨年にデビューを飾ったイタリア代表においても主力として起用され、先のユーロ2020では5試合に出場して2ゴールを挙げる活躍をみせ、優勝に大きく貢献していた。 今夏の移籍市場ではマンチェスター・シティやアーセナルなどプレミアリーグ勢の関心を集めていたが、新天地は自身の希望通り、ユベントスとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】ビアンコネロのロカテッリがお披露目</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">? <br><br> <a href="https://t.co/D2sD4Rq7IK">https://t.co/D2sD4Rq7IK</a><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/LocatelliAnnounced?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LocatelliAnnounced</a> <a href="https://t.co/1md0nmVwxl">pic.twitter.com/1md0nmVwxl</a></p>&mdash; JuventusFC (@juventusfc) <a href="https://twitter.com/juventusfc/status/1428035585063538692?ref_src=twsrc%5Etfw">August 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.08.19 02:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ロカテッリ獲得が決定的に! 移籍金は約45億円+各種インセンティブに

ユベントスがサッスオーロからイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)を獲得することが決定的となった。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 今夏の移籍市場でビッグクラブ行きが有力視されていたロカテッリにはユベントスとアーセナルが熱視線を注いでいた。 そういった中、シーズン開幕までに交渉を完了させたいユベントスは3500万ユーロ(約45億円)+各種インセンティブという条件でサッスオーロとクラブ間合意に至ったという。 また、すでに個人間合意を取り付けているロカテッリとは2026年までの5年契約を結ぶ模様だ。 なお、移籍形態に関しては買い取り義務付きの2年間のレンタル契約となる見込みで、ユベントスは前述の移籍金を何年かの分割で支払うようだ。 ミランのプリマヴェーラ出身のロカテッリは、2016年にトップチームデビュー。同年にはユベントス相手に鮮烈なゴールを挙げて一気に注目を集めるも、2018年にサッスオーロへ買い取り義務付きのレンタルで加わることになった。 そのサッスオーロではポゼッションスタイルを志向するロベルト・デ・ゼルビ監督の下、中盤の底を主戦場に卓越した戦術眼とキック精度、テクニックを武器にセリエA屈指のレジスタに成長。昨年にデビューを飾ったイタリア代表においても主力として起用され、先のユーロ2020では5試合に出場して2ゴールを挙げる活躍をみせ、優勝に大きく貢献していた。 2021.08.17 22:46 Tue
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、五輪金メダリストのマテウス・エンリケらグレミオから2選手獲得!

サッスオーロは11日、グレミオからU-24ブラジル代表MFマテウス・エンリケ(23)、ブラジル人DFルアン(22)の2選手の獲得を発表した。 母国のサン・カエターノでプロキャリアをスタートしたマテウス・エンリケは、2017年にグレミオにレンタル移籍で加入。その翌年に完全移籍に切り替わると、ここまで公式戦112試合に出場し8ゴール3アシストを記録している。 175cmと上背には恵まれていないものの、同じグレミオ出身でユベントスでプレーする同胞MFアルトゥール・メロやパリ・サンジェルマンのイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティを彷彿とさせる万能型MFとして国内では高い評価を集めてきた。 なお、ユベントス移籍が濃厚と見られるイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)の後釜と目される東京オリンピックの金メダリストは、買い取り義務付きの1年間のレンタル移籍での加入となる。 一方、グレミオの下部組織出身のルアンは187cmのセンターバック。2017年にトップチームデビューを飾ると、ここまで公式戦36試合に出場している。 サッスオーロへは完全移籍での加入となるが、今シーズンいっぱいはレンタルバックという形でグレミオに残留することになり、正式加入は2022年1月となる。 2021.08.12 13:32 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly