マラガがレアル・マドリー出身FWブエノをレンタルで獲得

2018.01.10 02:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マラガは9日、ポルトのスペイン人FWアルベルトブエノ(29)をレンタルで獲得したことを発表した。期間は今季終了までとなっている。

▽レアル・マドリーのカンテラ出身であるストライカーのブエノは、バジャドリーやラージョ、グラナダにレガネスといったクラブでプレー。アンダー世代ではU-16からU-21までスペイン代表に選出されてきた経歴を持つ。リーガエスパニョーラではこれまで153試合に出場して36ゴール17アシストを記録している。しかし、今季はポルトで出場機会がない状況だった。

▽移籍先のマラガは降格圏の19位に沈み、残留圏内の17位デポルティボとは5ポイント差がある。


関連ニュース
thumb

ベティスGKダニ・マルティンが2部マラガにレンタル

マラガは30日、ベティスからスペイン人GKダニ・マルティン(23)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ヒホン生まれのマルティンは地元クラブのスポルティング・ヒホンでプロキャリアをスタート。リザーブチームのスポルティング・ヒホンBで守護神を務めた後、2017-18シーズンにトップチームデビューを飾った。 その後、2019年夏にはスペイン代表GKパウ・ロペスの後釜としてベティスにステップアップを果たし、加入1年目はプリメーラデビューを飾るなど、公式戦8試合に出場した。 しかし、昨シーズンはヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負った影響もあり、公式戦の出場はなかった。 それでも、優れた反射神経と足元の技術を兼ね備えた実力派はスペインの世代別代表チームの常連であり、新シーズンはプリメーラ復帰を目指すマラガの守護神の座を狙う。 2021.07.31 16:32 Sat
twitterfacebook
thumb

流浪の元ポルトガル代表FWがマラガで現役引退 計8カ国12クラブでプレー

マラガ(スペイン2部)は27日、元ポルトガル代表FWオルランド・サ(33)の現役引退を発表した。 オルランド・サはブラガでプロデビューを果たすと、ポルトなど国内クラブを経て、フルアムへと移籍。その後はAELレマソール(キプロス)、レギア・ワルシャワ(ポーランド)、マッカビ・テル・アビブ(イスラエル)、スタンダール・リエージュ(ベルギー)、河南建業(中国)など様々な国のクラブを渡り歩いた。 そして、今季はキャリアで12クラブ目となるマラガと1年契約を結ぶと、公式戦21試合に出場し、1得点を記録。今夏の契約満了を受けて、現役引退を決断したようだ。 オルランド・サはクラブ公式サイトを通じて「1年間お世話になったし、クラブの活躍を祈っているよ。今、僕は新しい人生と向き合うときが来た。みんなと一緒にプレーを楽しむことができて、とても嬉しかった」とサポーターへ感謝を伝えた 2021.05.28 11:04 Fri
twitterfacebook
thumb

昨季町田でプレーしたFWステファンがスペイン2部マラガに加入

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属するマラガは12日、元セルビア代表FWステファン・シュチェポビッチ(31)の獲得を発表した。 マラガの発表によると、シュチェポビッチはメディカルチェックに合格。日本サッカー協会(JFA)との移籍手続きが完了次第、チームに合流するとのことだ。 シュチェポビッチは、パルチザン・ベオグラードやOFKベオグラードの下部組織で育ち、2008年4月にOFKベオグラードのファーストチームに昇格。セルビア国内クラブでプレー後、2010年1月にサンプドリアへレンタル移籍を果たし、国外でのプレーを経験。 その後も、ベルギーのクラブ・ブルージュやコルトレイク、イスラエルのハポエル・アッコやアシュドッド、スペインのスポルティング・ヒホンやヘタフェ、スコットランドのセルティック、ハンガリーのMOLヴィディ、ポーランドのヤギエロニアとヨーロッパ諸国を渡り歩いた。 2020シーズンはFC町田ゼルビアへと加入。明治安田生命J2リーグで31試合に出場し1得点を記録していたが、1シーズンで退団し無所属状態となっていた。 これまでラ・リーガで34試合6ゴール1アシスト、セグンダ・ディビシオンで78試合30ゴール9アシストを記録しており、マラガにとっては大きな戦力補強となった。 2021.03.13 16:25 Sat
twitterfacebook
thumb

アルバニア代表FWサディクがレバンテを退団…19-20シーズンはマラガで13ゴールを記録

レバンテは16日、アルバニア代表FWアルマンド・サディク(29)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 母国アルバニアのトゥルビナ・ツァリクでプロデビューしたサディクは、ルガーノやチューリッヒ、レギア・ワルシャワでのプレーを経て、2018年の冬にレバンテに加入。 しかし、レバンテは、ケガに悩まされ出場機会を失うと、昨年9月にはセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)に所属するマラガへレンタル移籍。マラガではセグンダで36試合に出場し13ゴール1アシストを記録していた。 なお、2012年にデビューしたアルバニア代表としては、35試合に出場し12ゴールを記録している。 2020.08.17 01:40 Mon
twitterfacebook
thumb

元チリ代表MFイトゥーラが現役引退、ラ・リーガで活躍

元チリ代表MFマヌエル・イトゥーラ(35)が13日、現役引退を発表した。スペイン『マルカ』で語っている。 ボール奪取能力に長けていたファイタータイプのイトゥーラは、2005年にデビューしたチリ代表では34試合に出場。マラガやグラナダ、ラージョ・バジェカーノなど主にラ・リーガで活躍し、1部で118試合に出場した。 昨年1月にビジャレアルを退団して以降はイスラエルのマッカビ・ハイファを経て昨年7月からは母国のデポルテス・イキケでプレーしていた。 現役引退についてイトゥーラは「引退は長い間考えていたことで、コロナウイルスの影響が大きかった。サッカーが再開されて自分がその時ピッチに居ないことが、引退を感じる瞬間になると思う」とコメントした。 2020.05.13 23:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly