デポルティボが32歳左SBルイジーニョと2020年まで契約延長2017.10.10 00:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デポルティボは9日、ポルトガル人DFルイジーニョ(32)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。▽2013年夏にベンフィカからデポルティボに加入した左サイドバックのルイジーニョは、これまでデポルティボで公式戦128試合に出場して5ゴール11アシストをマーク。今季はリーガエスパニョーラ全7試合にフル出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍している。
コメント
関連ニュース
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.22“イルレタのスーペル・デポル(2)”コパ・デル・レイ戴冠/デポルティボ[2001-2002]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.22</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2001-2002シーズン/デポルティボ 〜イルレタのスーペル・デポル(2)〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fom2001-02deportivo.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ハビエル・イルレタ(53) 獲得タイトル:コパ・デル・レイ 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力7:★★★★★★★☆☆☆ タレント7:★★★★★★★☆☆☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層8:★★★★★★★★☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">リーガではバレンシアの後塵を拝すも、コパ・デル・レイ戴冠</div> クラブ史上初となるリーグ制覇を成し遂げた1999-2000シーズン以降も、デポルティボの成功は続く。レアル・マドリーに次ぐ2位で終えた2000-01シーズンを経て迎えた2001-02シーズン、開幕からの9試合で6勝を挙げる好スタートを切ったデポルティボは、第13節までトップを快走する。しかし、シーズン半ばにアウェイ4連敗を喫するなど、 “内弁慶”ぶりは相変わらず。結局、シーズンを通した成績では、本拠地リアソールで13勝4分2敗という素晴らしい成績を残した一方、アウェイでは7勝4分8敗という厳しい結果。これが最終順位にも響き、バレンシアに勝ち点7及ばず。それでも、レアル・マドリー(3位)、バルセロナ(4位)の2大巨頭を抑えて2位の座は確保した。 リーガでは2シーズン連続2位という悔しい結果に終わったが、コパ・デル・レイでは躍進した。準決勝までは格下との対戦が多く、運に恵まれた感もあった。しかし、決勝では、ジダンやフィーゴ、ラウール、イエロ、ロベルト・カルロスらそうそうたるメンツが揃うレアル・マドリーを相手に、セルヒオとディエゴ・トリスタンのゴールによって2-1で勝利。熱戦を制して、1994-95シーズン以来2度目となるコパ・デル・レイ戴冠を果たした。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ダブル・ファンタジスタ&多様なワントップ</div> 主力メンバーは、以前紹介した1999-2000シーズンから多くの変化はない。それでも、選手層は大幅に厚くなっている。 ソンゴーに代わって守護神としてゴールマウスを立ったのは、このシーズンの初めに移籍したモリーナ。また、ナイベトを中心とするディフェンスラインでは、ロメロのバックアップにカプデビラを擁するなど、充実の選手層を誇った。このシーズンは、デポルティボ不動の右サイドバックであるマヌエル・パブロが、骨折によってほとんどの試合を欠場することになっていたが、その代役をスカローニが見事に埋めてみせた。 中盤の底では、マウロ・シルバからセルヒオへと中心選手が変化した。このシーズンにエスパニョールからデポルティボに加入したセルヒオは、豊富な運動量とボール奪取能力に長けた選手。また、機を見た攻め上がりで攻撃にも厚みを加えられることができた。セルヒトはその後、2010年まで9シーズンにわたってデポルティボの主力として活躍する。 アタッカー陣の層も厚かった。両サイドのビクトル&フランは代わり映えしなかったが、ジャウミーニョが君臨していたトップ下には、同じくテクニックに優れるファンタジスタ・バレロンが台頭。彼らは同タイプ、同ポジションだけに、基本的に両者が同時にピッチに立つことはなかった。 そして、ワントップには安定してゴールを挙げることができるマカーイに加え、ディエゴ・トリスタンが成長。さらには、途中出場が多かったパンディアーニも持ち前の決定力で得点を重ねたため、イルレタは頭を悩ませた。このシーズンはトリスタンがスターターとなる試合が多かったが、カウンター戦術を採用する時にはスピードのあるマカーイを起用したり、ときには2トップを採用したりと、イルレタは高いレベルのストライカー3選手をうまく使い分けた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">MFファン・カルロス・バレロン(26)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/valeronpc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> このシーズン、トップ下の定位置を確保し、公式戦53試合に出場。懐の深いボールキープ、繊細なタッチ、針に糸を通すかのようなスルーパスは、多くの観衆を魅了した。また、プレースタイルからジダンと比較されることもある天才肌の選手。日本でも彼のファンは多い。 2019.04.14 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

積極補強のハマーズ、FWルーカス・ペレス獲得へ?

▽積極補強を続けるウェストハムが、今度はアーセナルのスペイン人FWルーカス・ペレス(29)を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ▽FWフィリペ・アンデルソンやFWアンドリー・ヤルモレンコ、MFジャック・ウィルシャーなど、今夏ここまで7選手を獲得しているウェストハム。『スカイ・スポーツ』によると、更なるアタッカーの獲得を目指しているようだ。 ▽伝えられるところでは、ウェストハムはかねてより狙っていたポルトFWヤシン・ブラヒミの獲得に失敗。そこで、快足と得点力を兼ね備えたL・ペレスに白羽の矢を向けたという。 ▽2016年にデポルティボからアーセナルに加入したルーカス・ペレスは、2016-17シーズンのプレミアリーグではわずか11試合の出場で1ゴールと期待された活躍を見せられず。しかし、昨夏からレンタルで加入したデポルティボでリーグ戦33試合に出場し7ゴール5アシストを記録するなど、一定の存在感を披露していた。 ▽今シーズンは、同胞のウナイ・エメリ新監督が就任したことから、アーセナルに残ることも囁かれていたが、シンガポールでのプレシーズンツアーでは控え中心の起用に終始。また、アイルランドで行われたチェルシー、ラツィオとのウォーミングアップマッチには帯同せず、退団が噂されている。 2018.08.06 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

デポルティボがスポルティングの若手DFドゥアルテをレンタルで獲得

▽デポルティボ・ラ・コルーニャは3日、スポルティング・リスボンのDFドミンゴス・ドゥアルテ(23)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 ▽ドゥアルテは、エストリルの下部組織からスポルティングの下部組織に入団。2017年にトップチームへと昇格し、2017-18シーズンはチャベスへとレンタル移籍していた。 ▽スポルティングのトップチームでの出場はないものの、ベレネンセスやチャベスでポルトガル・プリメイラリーグで58試合に出場し1ゴールを記録している。 ▽また、世代別のポルトガル代表を経験し、2015年にはU-20ワールドカップに出場。センターバックとして5試合にフル出場したものの、ベスト8で敗れていた。 2018.08.03 19:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティス、デポルティボのブラジル人CBシドネイを獲得

▽ベティスは2日、デポルティボのブラジル人DFシドネイ(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽2014年夏にベンフィカからデポルティボにレンタルで加入したセンターバックのシドネイは、移籍初年度から主力に定着し、2016年夏に完全移籍。これまでデポルティボで公式戦119試合に出場して2ゴール4アシストを記録し、2017-18シーズンはリーガエスパニョーラで21試合に出場。しかし、チームを降格から救うことはできなかった。 2018.08.03 00:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューカッスルがスイス代表DFファビアン・シェアを獲得!

▽ニューカッスルは26日、デポルティボのスイス代表DFファビアン・シェア(26)を獲得したことを発表した。契約は3年で、背番号は「5」に決定している。 ▽プレミアリーグ初挑戦となるシェアは、加入の喜びを以下のように語っている。 「ここに来られて本当に嬉しいよ。このクラブは僕にとってビッグクラブだからね。素晴らしい機会を貰ったよ」 「僕は典型的なDFじゃない。もちろん守備はするさ。だけどボールを扱うのが得意だから後ろからビルドアップしていきたい。それが僕の強みだと思っている。ヘディングでのゴールも得意だよ。ここで貢献できることを願っている」 「早く練習に参加したい。これから起こる全てのことが楽しみで仕方ないよ。ただスタートを待つばかりだ」 ▽2012年から2015年まで在籍した母国のバーゼルで台頭したシェアは、2015年にホッフェンハイムに完全移籍で加入。2シーズンで公式戦32試合に出場し1ゴール1アシストを記録も、低調なパフォーマンスを批判されることも少なくなかった。 ▽そこで心機一転を図って2017年に加入したデポルティボではチームは2部降格を強いられたものの、昨季リーグ戦で25試合2ゴール2アシストとまずまずのパフォーマンスを披露。また、スイス代表として臨んだロシア・ワールドカップでもグループリーグ3試合に出場し、安定したパフォーマンスを見せていた。 ▽なお、移籍金に関しては公表されていないものの、スペイン『La Voz De Galicia』によれば、デポルティボが2部に降格した際に400万ユーロ(約5億2000万円)の契約解除金が設定されることになっており、ニューカッスルがそれを支払ったと推測されている。 2018.07.26 19:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース