柏、アカデミー4選手の来季トップ昇格内定を発表

2017.09.14 14:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽柏レイソルは14日、GK猿田遥己(18)、DF田中陸(18)、DF中川創(18)、DF宮本駿晃(18)の来シーズントップチーム昇格内定を発表した。

▽4名は、柏U-18所属の選手。昇格内定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

◆GK猿田遥己
「来季からトップチームに加入することになった猿田遥己です。プロサッカー人生の一歩目をこのクラブで始められることをとても光栄に感じています。これまで支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、恩返しできるように頑張りたいと思います」
◆DF田中陸
「小学4年生の時にセレクションに合格して以来、レイソルでプロになることを目標にしてきたので、トップ加入が決まり、とても嬉しいです。これまで支えて下さった方々に感謝し、チームに貢献できるよう日々精進して行きます」

◆DF中川創
「来シーズンからレイソルのトップチームに加入することになりました、中川創です。柏レイソルでプロサッカー選手をスタートすることができ、大変嬉しく思います。支えてくださった方々への感謝を忘れることなく、チームの力になれるよう日々精進していきます」

◆DF宮本駿晃
「来季から加入することになりました宮本駿晃です。この柏レイソルでプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまでずっと自分を支えてくださった多くのみなさんへの感謝の気持ちを胸に、頑張って行きたいと思います」

関連ニュース
thumb

岡山が水戸MF鈴木喜丈を完全移籍で獲得「身体を張って頑張りたい」

ファジアーノ岡山は1日、水戸ホーリーホックのMF鈴木喜丈(24)の完全移籍加入を発表した。 鈴木は東京都出身で、FC東京の下部組織で育ち2017年にトップチームに昇格。2020年9月に水戸へと育成方期限付き移籍すると、2021年はFC東京でプレーも、2022年に完全移籍で水戸に加入していた。 水戸ではキャプテンマークを巻くこともあり、今シーズンの明治安田生命J2リーグで36試合に出場していた。 鈴木は両クラブを通じてコメントしている。 ◆ファジアーノ岡山 「はじめまして。水戸ホーリーホックから来ました鈴木喜丈です。左利きでポジションはセンターバックです。岡山の屈強なディフェンス陣に負けないくらい身体を張って頑張りたいと思います」 「チームのJ1昇格に貢献できるよう、そしていち早くファジアーノ岡山の一員として認めてもらえるように一生懸命頑張ります。たくさん応援していただけると嬉しいです」 ◆水戸ホーリーホック 「水戸ホーリーホックファミリーの皆さんへ」 「2020年夏からお世話になりました。怪我で丸2年サッカーができず、それでも這い上がるために必死だった自分を温かく受け入れていただいて、ホーリーホックファミリーの皆さんには感謝しかありません」 「移籍に関しては本当にたくさん悩みました。水戸でやり残したこともあるし、自分自身まだまだ水戸で成長できると感じていたからです。しかし、新たな環境で挑戦したいという思いが強くあり、移籍を決断しました」 「水戸ホーリーホックに関わる皆さん、2年半本当にありがとうございました。どこに行っても水戸ホーリーホックの名に恥じないように頑張ります」 2022.12.01 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

福岡CB奈良竜樹が契約更新 来季で移籍3年目に

アビスパ福岡は1日、DF奈良竜樹(29)と2023シーズンの契約を更新した旨を発表した。 奈良はコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)のアカデミー出身で、トップチームに昇格。FC東京、川崎フロンターレ、鹿島アントラーズを渡り歩き、2021年から福岡に加入した。 移籍1年目から主力センターバックになると、シーズン終了後の完全移籍移行が決定。そうして迎えた今季は明治安田生命J1リーグ22試合のほか、ルヴァンカップでも2試合に出場した。 2022.12.01 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

大分DF上夷克典が契約更新で3季目に 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を」

大分トリニータは1日、DF上夷克典(26)の契約更新を発表した。 上夷は2019年に明治大学から京都サンガF.C.に入団後、2021年から大分でプレー。移籍2年目の今季はケガもありながら公式戦27試合に出場して、来季で3年目を迎えることとなった。契約更新を受け、クラブ公式サイトで決意を新たにしている。 「来シーズンも大分トリニータでプレーさせていただけることになりました。今シーズンは思うような結果が出せず、1年でのJ1復帰を果たすことができませんでした。個人的にもシーズン終盤に怪我をしてしまい、チームの力になれず、とても悔しいシーズンになりました」 「来シーズンは必ず優勝、そしてJ1昇格を果たしたいと思います。そのために練習から、もっとこだわり、ピッチの上で表現したいと思います。ひとつでも多くの勝利を、皆様にお届けできるように全力で戦います。来シーズンもぜひシーズンパスを購入してスタジアムに足を運んでいただき、昭和電工ドーム大分を盛り上げていきましょう」 2022.12.01 13:50 Thu
twitterfacebook
thumb

清水、柏のDF北爪健吾を完全移籍で獲得!「自分の持っている全てを懸けたい」

清水エスパルスは1日、柏レイソルからDF北爪健吾(30)の完全移籍加入を発表した。 群馬県出身の北爪は、専修大学から2015年に加入したジェフユナイテッド千葉でプロデビュー。その後、横浜FCを経て2020年に柏へ加入すると、初年度から主力の一人として定着し、明治安田生命J1リーグで23試合に出場した。 しかし、昨シーズンは公式戦13試合の出場にとどまるなど序列が低下。巻き返しを図り臨んだ今シーズンもリーグ戦わずか8試合の出場に終わった。 3年間を過ごした柏を離れ、清水で新たなチャレンジに挑む決断を下した北爪。両クラブを通じてファンへの感謝や新シーズンへの意気込みを述べている。 ◆清水エスパルス 「はじめまして北爪健吾です。学生の時に続き、2回目のオファーをいただいたことは選手としてこれ以上ない喜びです。同時にこのチームのために自分の持っている全てを懸けたいと思い決断しました。チームのJ2優勝、J1昇格をエスパルスに関わる皆様と達成することがとても楽しみです。これからよろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「3年間ありがとうございました。レイソルサポーターのみなさんにはコロナ禍の中でも改めてサッカー選手である喜びを感じさせてもらい、たくさん後押しをしていただき感謝しています」 「日立台で決めたJ1初ゴールは一生忘れません。もう一緒に戦うことができないと思うととても寂しいですが、結果がすべての世界です。清水エスパルスで更に成長し、対戦相手として日立台に戻ってきます。忘れられない3年間を本当にありがとうございました」 2022.12.01 13:48 Thu
twitterfacebook
thumb

山口が今季2度の負傷離脱を経験したFW大槻周平と契約更新「自分らしく楽しんで頑張りたい」

レノファ山口FCは1日、FW大槻周平(33)との契約更新を発表した。 大槻は京都府出身で、福知山成美高校から大阪学院大学へと進学。2012年に湘南ベルマーレに入団した。 その後、ヴィッセル神戸、モンテディオ山形、ジェフユナイテッド千葉でプレー。2021年8月に期限付き移籍で山口に加入すると、今シーズンからは完全移籍に切り替わっていた。 今シーズンは4月に右ハムストリング肉離れ、8月には右ヒザ内側側副じん帯損傷と2度の負傷離脱を経験。明治安田生命J2リーグで19試合に出場し3得点、天皇杯で2試合に出場していた。 大槻はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンたくさんの応援ありがとうございました。今年は怪我を二回してしまい、その時にたくさんの人から「大丈夫?早く戻ってきてね」と言われたことが本当に励みになりました」 「今年の悔しさを生かし、来年は必ず結果で恩返しできるよう自分らしく楽しんで頑張りたいと思います。やまぐち一番をたくさん踊りましょう!」 2022.12.01 13:47 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly