ボローニャがカラフィオーリ代役を確保、ベティス退団ミランダを獲得

2024.07.04 06:30 Thu
Getty Images
ボローニャは3日、レアル・ベティスを退団した元スペイン代表DFフアン・ミランダ(24)の獲得を発表した。契約期間は2027年6月までの3年間となっている。

スペイン代表として1試合の出場歴がある左サイドバック兼、センターバックのミランダは、バルセロナでプロデビュー。シャルケへのレンタル移籍を経て、2020年夏にユース時代を過ごしたベティスに復帰していた。
昨季は公式戦32試合出場2ゴール2アシストと主力としてプレー。1月にはミラン移籍も報じられていたが、ベティスはオファーを拒否していた。

一方、ボローニャでは昨季大ブレイクしたDFリッカルド・カラフィオーリがアーセナルへ移籍することが濃厚に。ミランダがその穴を埋めることになりそうだ。

フアン・ミランダの関連記事

11日、パリ・オリンピックに臨むU-23スペイン代表メンバーの背番号が決定した。 2大会連続12回目の出場となるスペイン。前回の東京オリンピックでは日本とも対戦し、決勝まで進出。U-24ブラジル代表に敗れて銀メダルに終わっていた。 1992年、自国開催となったバルセロナ・オリンピック以来の金メダルを目指すチーム。率いるのはサンティ・デニア監督だが、10日に本大会の18名とバックアップの4名を発表。背番号も決定した。 今回のメンバーには、ユーロ2024で決勝まで進んでいるスペイン代表のMFアレックス・バエナ(ビジャレアル)とFWフェルミン・ロペス(バルセロナ)がそのまま出場することとなる。 その他、17歳のDFパウ・クバルシ(バルセロナ)なども招集。また、オーバーエイジとしてFWセルヒオ・ゴメス(23/マンチェスター・シティ)、DFフアン・ミランダ(24/ボローニャ)、FWアベル・ルイス(24/ジローナ)の3名を招集している。 スペインはグループCに入り、ウズベキスタン代表、エジプト代表、ドミニカ共和国代表と対戦する。日本はグループDのため、共に勝ち上がれば対戦する可能性も出てくる。 <span class="paragraph-subtitle">◆U-23スペイン代表 パリ五輪メンバー18名</span> GK 1.アルナウ・テナス(パリ・サンジェルマン/フランス) 13.ジョアン・ガルシア(エスパニョール) DF 2.マルク・プビル(アルメリア) 3.フアン・ミランダ(ボローニャ/イタリア) 4.エリック・ガルシア(バルセロナ) 5.パウ・クバルシ(バルセロナ) 12.ジョン・パチェコ(レアル・ソシエダ) 15.ミゲル・グティエレス(ジローナ) MF 6.パブロ・バリオス(アトレティコ・マドリー) 8.ベニャト・トゥリエンテス(レアル・ソシエダ) 10.アレックス・バエナ(ビジャレアル) 14.アイマル・オロス(オサスナ) 15.アドリアン・ベルナベ(パルマ/イタリア) FW 7.ディエゴ・ロペス(バレンシア) 9.アベル・ルイス(ジローナ) 11.フェルミン・ロペス(バルセロナ) 17.セルヒオ・ゴメス(マンチェスター・シティ/イングランド) 18.サム・オモロディオン(アトレティコ・マドリー) ◆予備登録メンバー GK 22.アレハンドロ・イトゥルベ(アトレティコ・マドリー) DF 20.フアンル・サンチェス(セビージャ) 19.クリスティアン・モスケラ(バレンシア) FW 21.セルヒオ・カメージョ(ラージョ・バジェカーノ) 2024.07.12 12:00 Fri
ボローニャがレアル・ベティスから元スペイン代表DFフアン・ミランダ(24)を獲得するようだ。 ボローニャは来季チャンピオンズリーグ(CL)初参戦。エースのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィーが売却濃厚とされるなか、前線も含めた各ポジションの拡充へ積極的に動いている。 まず手始めに左サイドバックを確保か。 スペイン『Relevo』によると、スペイン代表経験を持つバルセロナ産の左利きディフェンダー、ミランダが27日夜にイタリア・ボローニャへ到着。28日にメディカルチェックが行われ、ベティスからのフリー移籍が成立するという。 ベティスは今年1月、ミランダ獲得を望んだミランからのオファーを断固拒否。しかし、今夏で契約が切れ、ボローニャもCL参戦に伴い、かなり魅力的な条件面をミランダ側へ提示することができたとされる。 ミランダは少年時代をベティスで過ごし、バルセロナの下部組織へ移籍後にプロデビュー。トップチームに定着できずシャルケ、古巣ベティスへのレンタル移籍を経験後、21年夏から完全移籍に切り替わっていた。 2024.06.28 17:45 Fri
レアル・ベティスは25日、サウサンプトンからフランス人DFロマン・ペロー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年間となる。 ニースの下部組織出身でニース、スタッド・ブレストと国内クラブで活躍した左サイドバックは、2021年夏にサウサンプトンへ完全移籍。 在籍2年間では左のサイドバックとウイングバックを主戦場に準主力を担ったが、クラブのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格もあって、今シーズンは古巣のニースへレンタル移籍の形で復帰。公式戦22試合に出場した。 正確なクロスと推進力を特長とする攻撃的なサイドバックは、スペイン人DFフアン・ミランダの退団で手薄となった左サイドバックの穴を埋める活躍が期待されている。 2024.06.26 01:02 Wed
ミランがレアル・ベティスのスペイン人DFフアン・ミランダ(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。 ミランダは、ベティスのユースからバルセロナのカンテラに加入。2019年8月にファーストチームへと昇格すると、2019-20シーズンはシャルケに、そして今シーズンはベティスへとレンタル移籍を繰り返した。 左サイドバックを主戦場とするミランダは、今シーズンのラ・リーガで10試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグ(EL)でも2試合に出場していた。 なお、ミランダとベティスの現行契約は2024年6月までとなっているが、この23歳はクラブとの契約を更新しないことを決断したという。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミランはベティスと移籍金約200万ユーロ(約3億2000万円)でクラブ間合意に至ったという。また、個人間では2028年6月30日までの契約となるようで、来年1月の加入になるものとみられる。 2023.12.06 23:30 Wed
レアル・ベティスがリーズ・ユナイテッドで燻っているスペイン人DFジュニオル・フィルポ(27)の復帰を検討しているようだ。フランス『フットメルカート』が報じている。 2021年夏にバルセロナからリーズに完全移籍で加入したフィルポ。しかし、新天地では在籍2年半で、公式戦53試合2ゴール4アシストと思った数字を残せず。今シーズンはチームがチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したなか、序盤に負ったケガの影響などでここまで2試合の出場にとどまっている。 直近2試合は連続で起用されており、今後出場機会が増加する可能性はあるものの、選手自身は今冬の移籍を希望している模様だ。 そういったなか、現時点で移籍先の候補に挙がっているのが、プロキャリアをスタートし2019年まで在籍した古巣のベティスだ。 ベティスでは左サイドバックのレギュラーを務めるスペイン人DFフアン・ミランダが、来夏フリートランスファーでミランに移籍する可能性が濃厚と言われている。そのため、その後継者候補となるフィルポを今冬にレンタルで獲得し、シーズン終了後に完全移籍で買い取る算段のようだ。 2023.11.28 23:00 Tue

記事をさがす

フアン・ミランダの人気記事ランキング

1

パリ五輪に臨むU-23スペイン代表が発表! ユーロ出場のフェルミン・ロペスやバエナが選出、OAは3名【パリ五輪】

11日、パリ・オリンピックに臨むU-23スペイン代表メンバーの背番号が決定した。 2大会連続12回目の出場となるスペイン。前回の東京オリンピックでは日本とも対戦し、決勝まで進出。U-24ブラジル代表に敗れて銀メダルに終わっていた。 1992年、自国開催となったバルセロナ・オリンピック以来の金メダルを目指すチーム。率いるのはサンティ・デニア監督だが、10日に本大会の18名とバックアップの4名を発表。背番号も決定した。 今回のメンバーには、ユーロ2024で決勝まで進んでいるスペイン代表のMFアレックス・バエナ(ビジャレアル)とFWフェルミン・ロペス(バルセロナ)がそのまま出場することとなる。 その他、17歳のDFパウ・クバルシ(バルセロナ)なども招集。また、オーバーエイジとしてFWセルヒオ・ゴメス(23/マンチェスター・シティ)、DFフアン・ミランダ(24/ボローニャ)、FWアベル・ルイス(24/ジローナ)の3名を招集している。 スペインはグループCに入り、ウズベキスタン代表、エジプト代表、ドミニカ共和国代表と対戦する。日本はグループDのため、共に勝ち上がれば対戦する可能性も出てくる。 <span class="paragraph-subtitle">◆U-23スペイン代表 パリ五輪メンバー18名</span> GK 1.アルナウ・テナス(パリ・サンジェルマン/フランス) 13.ジョアン・ガルシア(エスパニョール) DF 2.マルク・プビル(アルメリア) 3.フアン・ミランダ(ボローニャ/イタリア) 4.エリック・ガルシア(バルセロナ) 5.パウ・クバルシ(バルセロナ) 12.ジョン・パチェコ(レアル・ソシエダ) 15.ミゲル・グティエレス(ジローナ) MF 6.パブロ・バリオス(アトレティコ・マドリー) 8.ベニャト・トゥリエンテス(レアル・ソシエダ) 10.アレックス・バエナ(ビジャレアル) 14.アイマル・オロス(オサスナ) 15.アドリアン・ベルナベ(パルマ/イタリア) FW 7.ディエゴ・ロペス(バレンシア) 9.アベル・ルイス(ジローナ) 11.フェルミン・ロペス(バルセロナ) 17.セルヒオ・ゴメス(マンチェスター・シティ/イングランド) 18.サム・オモロディオン(アトレティコ・マドリー) ◆予備登録メンバー GK 22.アレハンドロ・イトゥルベ(アトレティコ・マドリー) DF 20.フアンル・サンチェス(セビージャ) 19.クリスティアン・モスケラ(バレンシア) FW 21.セルヒオ・カメージョ(ラージョ・バジェカーノ) 2024.07.12 12:00 Fri
2

ボローニャがカラフィオーリ代役を確保、ベティス退団ミランダを獲得

ボローニャは3日、レアル・ベティスを退団した元スペイン代表DFフアン・ミランダ(24)の獲得を発表した。契約期間は2027年6月までの3年間となっている。 スペイン代表として1試合の出場歴がある左サイドバック兼、センターバックのミランダは、バルセロナでプロデビュー。シャルケへのレンタル移籍を経て、2020年夏にユース時代を過ごしたベティスに復帰していた。 昨季は公式戦32試合出場2ゴール2アシストと主力としてプレー。1月にはミラン移籍も報じられていたが、ベティスはオファーを拒否していた。 一方、ボローニャでは昨季大ブレイクしたDFリッカルド・カラフィオーリがアーセナルへ移籍することが濃厚に。ミランダがその穴を埋めることになりそうだ。 2024.07.04 06:30 Thu
3

ベティスがセインツから左SBペローを獲得! 今季はレンタルで古巣ニースでプレー

レアル・ベティスは25日、サウサンプトンからフランス人DFロマン・ペロー(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月30日までの5年間となる。 ニースの下部組織出身でニース、スタッド・ブレストと国内クラブで活躍した左サイドバックは、2021年夏にサウサンプトンへ完全移籍。 在籍2年間では左のサイドバックとウイングバックを主戦場に準主力を担ったが、クラブのチャンピオンシップ(イングランド2部)降格もあって、今シーズンは古巣のニースへレンタル移籍の形で復帰。公式戦22試合に出場した。 正確なクロスと推進力を特長とする攻撃的なサイドバックは、スペイン人DFフアン・ミランダの退団で手薄となった左サイドバックの穴を埋める活躍が期待されている。 2024.06.26 01:02 Wed
4

ミラン、200万ユーロでベティスDFミランダの獲得に合意か

ミランがレアル・ベティスのスペイン人DFフアン・ミランダ(23)の獲得を決定的なモノとしたようだ。 ミランダは、ベティスのユースからバルセロナのカンテラに加入。2019年8月にファーストチームへと昇格すると、2019-20シーズンはシャルケに、そして今シーズンはベティスへとレンタル移籍を繰り返した。 左サイドバックを主戦場とするミランダは、今シーズンのラ・リーガで10試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグ(EL)でも2試合に出場していた。 なお、ミランダとベティスの現行契約は2024年6月までとなっているが、この23歳はクラブとの契約を更新しないことを決断したという。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ミランはベティスと移籍金約200万ユーロ(約3億2000万円)でクラブ間合意に至ったという。また、個人間では2028年6月30日までの契約となるようで、来年1月の加入になるものとみられる。 2023.12.06 23:30 Wed

ボローニャの人気記事ランキング

1

ユナイテッドがオランダ代表FWザークツィーを獲得! 補強第一号は退団マルシャルに代わるアタッカーに

マンチェスター・ユナイテッドは14日、ボローニャからオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)の獲得を発表した。 契約は1年延長オプション付きの2029年夏まで。移籍金を巡ってはボローニャとの契約にある4000万ユーロ(約68億8000万円)の解除条項を発動させての獲得が噂されたユナイテッドだが、一括払いを避けるため、4250万ユーロ(約73億1000万円)の3回払いで決着したとされる。 ジム・ラトクリフ共同オーナーもとで組織をはじめ、あらゆる分野で改革に動くユナイテッド。補強もその1つで、元フランス代表FWアントニー・マルシャルが去った前線の新たな選手として白羽の矢が立ったのが昨季のボローニャで12得点7アシストとブレイクのザークツィーだ。 今夏のユナイテッドにとって、補強第一号となるユーロ2024にも参戦の23歳FWはクラブを通じて、「監督や首脳陣と話をして、この先がどれほどエキサイティングなものになるかわかっている。マンチェスター・ユナイテッドの成功に貢献できるのが楽しみだ」と喜び、決意を口にした。 「僕は常に勝利のためにすべてを捧げてきた選手。次の挑戦、キャリアの次に進み、より多くのトロフィーを獲得する準備ができている。このような象徴的なクラブに入団できるのは光栄だ。代表チームにいたから、しばらく休まないといけないけど、すぐにインパクトを残す覚悟でいる」 2024.07.15 00:27 Mon
2

ボローニャ、ザークツィーの後釜にバレンシアの新エースを検討か

ボローニャがバレンシアのスペイン人FWウーゴ・ドゥロ(24)を狙っているようだ。 2023-24シーズンに飛躍を遂げたオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)のマンチェスター・ユナイテッド移籍が目前に迫っているボローニャ。大きな穴となるが、イタリア『スカイ』によると、ボローニャはすでにその後釜探しをスタートしている模様。 そんなボローニャは現在、バレンシアの新エースに成長したウーゴ・ドゥロに注目しているという。 ヘタフェの下部組織で育ったウーゴ・ドゥロは、レアル・マドリー・カスティージャにも所属した経験のあるセンターフォワード。2021年8月にヘタフェからレンタル移籍でバレンシアに加入すると、翌年7月に完全移籍。 バレンシアではレンタル期間も含めて3シーズンで公式戦109試合で25ゴール10アシストを記録。2023-24シーズンはラ・リーガで37試合に出場し、キャリアハイの13ゴールをマークすると、今月4日にはクラブとの契約を2028年まで延長した。 なお、スペイン『ElDesmarqu』によれば、この新契約でウーゴ・ドゥロの契約解除金は8000万ユーロ(約138億)に設定されており、選手自身も13日に行われたバレンシアサポーターの総会の場で「僕は契約更新したばかりだし、バレンシアでとても幸せだ。どんなことが報道されようと、僕には関係ないことだよ」と、今回の報道に関心がないことを名言していることから、移籍の可能性はほぼ皆無という状況だ。 2024.07.14 06:00 Sun
3

カラフィオーリの後釜探すボローニャ、ルガーニが新候補に浮上もユベントスとの関係に問題あり

ボローニャがユベントスの元イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(29)に目を向けたようだ。イタリア『TUTTOmercatoWEB』が伝えた。 2023-24シーズンのセリエAを5位で終え、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)出場を決めたボローニャ。しかし、チアゴ・モッタ監督(41)がユベントス、オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)がマンチェスター・ユナイテッドヘ向かい、イタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリ(22)もアーセナルが争奪戦をリードしており退団が濃厚だ。 そのカラフィオーリに代わる新たなセンターバックを探すクラブは、ドルトムントを退団したドイツ代表DFマッツ・フンメルス(35)やウディネーゼのスロベニア代表DFジャカ・ビヨル(25)に関心。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、そこにルガーニが加わったようで、選手の代理人には希望する契約条件を伝えたという。 問題なのはユベントスとの交渉。カラフィオーリを巡って繋がりのあった両クラブだが、ボローニャが国外への放出を望み、プレミアリーグ行きが加速。この背景から関係は穏やかではなく、打診がしづらい状況のようだ。 ルガーニは5月、ユベントスとの契約を2026年6月まで延長。それでも今夏の移籍が既定路線で、アタランタが新天地候補に浮上し、サウジアラビアからのオファーもあるという。 2015年2月にエンポリからユベントスへ完全移籍し、準主力としてチームの最終ラインを支えてきたルガーニ。スタッド・レンヌやカリアリへのレンタル移籍も経験しつつ、ユベントスで通算148試合プレーしている。 2024.07.18 20:51 Thu
4

アーセナルのカラフィオーリ獲得交渉は停滞中…選手はボローニャのトレーニングに合流か

アーセナルのイタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリ(22)獲得に向けたボローニャとの交渉は、暗礁に乗り上げているようだ。 昨シーズンのプレミアリーグを2位で終え、さらに上を目指すべく守備陣の強化に着手しているアーセナル。ボローニャで頭角を表し、ユーロ2024でも存在感を示したセンターバックのカラフィオーリは格好のターゲットとなっていた。 すでに選手とは年俸約400万ユーロ(約7億円)、2028年夏までの4年契約で合意とも報じられているが、ボローニャとのクラブ間交渉は停滞中。イタリア『スカイ・スポーツ』によるとアーセナルが4000万ユーロ(約68億円)+ボーナスを提示したものの、ボローニャは1000万ユーロ(約17億円)以上の値上げを求めているという。 現在のところ、交渉に進展はなし。ボローニャはこれを受けて、休暇明けとなるカラフィオーリに対してトレーニングへの合流を求めたようだ。 新シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)へ挑むボローニャはカラフィオーリの残留を歓迎している模様。このままならボローニャで新シーズンを迎える可能性もあるが、結局はアーセナルがボローニャの要求額を支払うか次第となっている。 2024.07.18 10:40 Thu
5

ボローニャがFWカンビアギを獲得、昨季まではレンタル先のエンポリでプレー

ボローニャは12日、アタランタのイタリア人FWニコロ・カンビアギ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金は1000万ユーロ(約17億2000万円)とのことだ。 アタランタの下部組織出身である走力に長けたセカンドストライカーのカンビアギは、2022年夏からエンポリにレンタル。在籍2シーズンで公式戦66試合出場8ゴール7アシストを記録していた。 ラツィオやジェノアも獲得に興味を示していたようだが、チャンピオンズリーグに出場するボローニャが獲得を決めた。 2024.07.13 08:00 Sat

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly