アジアカップ準優勝のヨルダン代表が監督交代…アムータ監督が辞任し、元モロッコ代表MFセラミ氏が就任

2024.06.25 14:40 Tue
アジアカップ準優勝も辞任したアムータ監督
Getty Images
アジアカップ準優勝も辞任したアムータ監督
ヨルダンサッカー協会(JFA)は24日、ヨルダン代表の新指揮官にモロッコ人指揮官のジャマル・セラミ氏(53)が就任することを発表した。

2024年に行われたアジアカップでは決勝まで進出する躍進を見せたヨルダン。2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア2次予選では、グループGでサウジアラビア代表を上回り、首位で最終予選進出を果たしていた。
しかし、チームを指揮していたフセイン・アムータ監督(54)が突如辞任を表明。JFAとは双方合意の下で契約を解除したとのこと。ヨルダンを大きく飛躍させた指揮官の退任は、最終予選を控える中で大きな出来事となった。

新たにチームを指揮するサラミ新監督は、モロッコの強豪であるラジャ・カサブランカやU-17モロッコ代表、U-20モロッコ代表でも監督を務めており、モロッコリーグでは3度の最優秀監督賞を受賞していた。

これまでモロッコのFUSラバトで指揮を執っていた中、アムータ監督の後任としてヨルダン代表監督に就任。初のW杯出場を目指すチームを指揮することとなる。
なお、現役時代はモロッコ代表としてもプレーし、1998年のフランスW杯に出場した経験がある。

フセイン・アムータの関連記事

ヨルダン代表が悲願のワールドカップ(W杯)初出場へリスタートを切った。 アジアカップ2023準優勝のヨルダン代表は21日、2026北中米W杯アジア2次予選第3節でパキスタン代表と対戦。今回はホームでのリターンマッチ(26日)を控えてのアウェイゲームだ。 開始2分、アジア杯準決勝・韓国代表戦(2◯0)の60m独走弾で話題を呼んだエース、MFムサ・アル・ターマリ(モンペリエ)が先制点。続く9分にはMFアルワンのPK弾で早くも追加点…危なげなくゲームを運んだヨルダン代表は、試合終盤にもアル・ターマリがダメ押し点を決め、0-3の完勝を収めている。 アジア杯準優勝で自信を掴んだ男たちに、FIFAランキング195位のパキスタンはなす術もなく…といった90分間。アジア杯前の2次予選2試合で1分け1敗だったヨルダン代表はリスタートマッチで今予選初白星。まだ最終予選進出ラインより下の3位だが、リターンマッチでもパキスタンを叩けばおそらく2位浮上だろう。 『The Jordan Times』も現状3位を問題視せず。 「順当にパキスタンから勝ち点3。モロッコ人コーチ(フセイン・アムータ監督)は我が国ヨルダンを初のW杯へ連れて行ってくれる。関係者は皆、彼のことを信じている」 ヨルダン代表は1986年のメキシコW杯からアジア予選に参加も、ここまで10大会連続で予選敗退。しかし、先のアジア杯で初めてベスト8の壁を破り、同国史上最高の準優勝に。この勢いで…W杯初出場へ。国内の機運は過去最高潮だ。 ◆2次予選グループG(第3節終了時点) 1位 サウジアラビア代表 | 勝ち点9 | +6 2位 タジキスタン代表 | 勝ち点4 | +4 3位 ヨルダン代表 | 勝ち点4 | +1 4位 パキスタン代表 | 勝ち点0 | -12 2024.03.22 12:00 Fri
ヨルダン代表のフセイン・アムータ監督が、準優勝に終わったアジアカップを振り返った。アジアサッカー連盟(AFC)公式サイトが伝えた。 10日、アジアカップ2023の決勝が行われ、ヨルダンはカタール代表と対戦した。 史上初となる決勝に臨んだヨルダン。開催国でディフェンディングチャンピオンを相手にした決勝だったが、前半にPKで失点する。 しかし、後半に入って反撃に出ると、ヤザン・アル・ナイマトのゴールで同点に。逆転を目指したが、その後にPKから2失点を喫し、1-3で敗戦。準優勝に終わった。 試合後、アムータ監督は優勝を逃したものの選手たちを称え、PKを与えたことを悔やんだ。 「彼らは素晴らしい大会を戦ったので、選手たちには大きな誇りしかない。彼らはとても良いプレーをし、我々を決勝に導いてくれた」 「ただ、前半の我々のパフォーマンスは、クロスやパスの精度が悪く、少し苦戦した。後半は改善して同点に追いついたが、その後2つのPKを許してしまった」 「PKのせいでとても難しくなったが、選手たちはベストを尽くした。試合ではミスが起こることを受け入れなければならない」 それでも、ベスト8がこれまで最高位だった中で、見事に決勝まで進出したヨルダン。アムータ監督はこれをベースにする必要があると語った。 「我々は確かにより多くのことを望んでいたがそうはならなかった。でも、選手たちがここから得ることができるものはたくさんある。彼らは新たな道を切り拓いた。そして選手たちがこれを基礎にしていくことが大事だ」 ヨルダンは2026年の北中米ワールドカップに向けたアジア予選で2試合を戦い、サウジアラビア代表に敗戦、タジキスタン代表に引き分けと勝ち点1の状況。アジア2位という結果を持って3月から予選が再開するが、パキスタン代表とサウジアラビア代表との試合ではより良い結果を残す必要があるとした。 「我々は新たなレベルを作り上げたが、今重要なことは技術的、フィジカル的な側面を改善し続けることだ」 「選手たちはよりハードにトレーニングをし、試合でより多くのパフォーマンスを発揮しなければならない。我々が到達したレベルを維持するために、所属クラブで定期的にプレーする必要がある」 2024.02.11 13:55 Sun
アジアカップ2023の決勝が10日に開催。カタール代表のティンティン・マルケス監督が、決勝に向けて意気込みを語った。アジサッカー連盟(AFC)の公式サイトが伝えた。 1カ月にわたって開催されてきたアジアカップも残すところ1試合。日本代表をはじめ、優勝候補とされていた韓国代表、イラン代表、サウジアラビア代表、オーストラリア代表といった強豪が軒並み敗退する中、連覇を目指す開催こうのカタール代表は決勝へと勝ち上がった。 スペイン人指揮官のマルケス監督率いるチームは、グループAを首位で通過。ノックアウトステージではパレスチナ表、ウズベキスタン代表、そしてイラン代表に勝利して決勝へと進んだ。 相手はこれまでベスト8が最高成績だったヨルダン代表。準決勝では韓国代表を下してきた相手だ。 準決勝からは1日準備期間が短いカタール。マルケス監督はその点に触れたものの、選手たちは優勝する力を持ち合わせているとした。 「準決勝のあと、選手たちは回復するのに2日間しか残されておらず、短い立て直し期間だった。特にリスペクトするチームと対戦することを考えれば、休息と回復がとても重要だった」 「私の選手たちは全員、このトーナメントでプレーするに値する以上の能力を備えていると確信している。私は常に選手の強みと、彼らがどのように貢献できるかを知ることを重視してきた。全ての選手が我々を今の地位に導くために役割を果たしてくれた。これは我々の哲学の基本的な部分だ」 「選手は機械ではない。彼らは一生懸命走ってプレーしている。彼らのパフォーマンスが変動するのは正常なことだ。イランがカウンターでゴールするところだったが、我々にも得点チャンスがあった。90分間、ずっと最高のパフォーマンスを維持できる選手はいないが、選手た血は勝利を確実なものにするために最善を尽くしていた」 また、ヨルダンとの戦いについては、フセイン・アムータ監督がカタールをよく知っていると警戒。必ず優勝すると意気込んだ。 「決勝では大会を通して好成績を収めてきたチームとの対戦となり、常にプレッシャーがかかる。それでも我々は、勇気と決意を持ってここにきており、勝利だけを望んでいる。それが我々にとって最も重要なことだ」 「最終的には競争が我々を駆り立て、我々ひとりひとりが勝利を目指している。フセイン・アムータ(監督)はカタールで指導経験のある特別な人物だ。熱戦を繰り広げ、勝利を目指して全力を尽くしていきたいと思う。2位では十分ではない。我々はアジアで1番になることを目指している」 2024.02.10 22:25 Sat
アジアカップ2023の決勝が10日に開催。ヨルダン代表のフセイン・アムータ監督が、決勝に向けて意気込みを語った。アジサッカー連盟(AFC)の公式サイトが伝えた。 1カ月にわたって開催されてきたアジアカップも残すところ1試合。日本代表をはじめ、優勝候補とされていた韓国代表、イラン代表、サウジアラビア代表、オーストラリア代表といった強豪が軒並み敗退する中、史上初のベスト4入りを果たしたヨルダンが決勝に駒を進めた。 モロッコ人指揮官のアムータ監督率いるチームは、グループEを3位で通過。ノックアウトステージでは強豪との対戦を回避すると、イラク代表、タジキスタン代表、そして韓国代表に勝利して決勝へと進んだ。 その相手は、ディフェンディングチャンピオンであり、開催国のカタール。アムータ監督は、重要な試合になるとコメント。ここまで見せてきたパフォーマンスをしっかりと出し切ってタイトルを目指したいとした。 「両チームとも歴史的なタイトルを獲得したいと考えているため、決勝戦がどれほど重要であるかを説明する必要はない。選手たちにこれ以上プレッシャーをかけることなく、通常通りに決勝に向けて準備し、チームのレベルと決勝に進むために自分たちが生み出したものを反映したパフォーマンスを出したいと思っている」 「この試合は非常に重要であり、ヨルダンのサッカー界にとって初のメジャータイトル獲得を目撃することになるかもしれない」 「我々の成果には非常に満足している。ヨルダンを決勝に導くのは、私にとって個人的なチャレンジだったが、目標を達成できた。多少のケガ人はいるものの、チームはフルメンバーで臨むつもりだが、選手たちは準備ができているはずだ」 また、その相手であるカタールについても言及。アウェイでの戦いにになる中、しっかりと戦いたいとした。 「カタールはディフェンディングチャンピオンであり、ホームでプレーしているため、手強い相手だ。彼らと対戦することは簡単ではない。彼らが成し遂げたことを達成することは簡単ではない」 「親善試合をやったが、カタールに対して勝利を確実にすることは大変だった。困難が予想されるが、全員が一致団結して、無事にゴールを奪えることを目指す。我々は期待を超えることを目指している」 2024.02.10 19:20 Sat
韓国代表のユルゲン・クリンスマン監督が、批判される自身の態度について見解を述べた。韓国『聯合ニュース』が伝えた。 6日、アジアカップ2023の準決勝が開催。64年ぶりの優勝を目指す韓国はヨルダン代表と対戦した。 しかし、2試合連続で120分間を戦い抜いた韓国は精彩を欠いてしまい、ゴールレスで前半を折り返すと後半に2失点。完敗に終わり、チームは準決勝で敗退となった。 敗退したことでクリンスマン監督や選手たちには批判が殺到。特に、就任後からすぐに批判の的となっていたクリンスマン監督に対して、試合後の振る舞いが怒りを買った。 クリンスマン監督は、試合後によくある監督同士の挨拶でヨルダンのフセイン・アムータ監督と握手。モロッコ人監督に対してフランス語で称賛したが、その際に笑顔を見せていた。 これが韓国のファン・サポーターの逆鱗に触れ、敗退したのに笑顔を見せる行為に批判が集中。その件について試合後に問われたクリンスマン監督は、自分のスタンスを伝えた。 「より良いフットボールで勝利したチームを祝うことは当然だろう」 「私にとっては当たり前のことだ。もし笑顔で祝うべきではないというのなら、我々のアプローチが違うということだろう」 「かなり腹が立ち、残念ではあった。ただ、相手を祝福し尊重すべき時は、そういう態度や姿勢を見せるべきだと私は思う」 勝利への執念が求められ、ミスなどは大きな批判を受けやすい韓国。負けて笑顔というのは信じがたかっただろうが、リスペクトの精神をクリンスマン監督は主張。スタンスの違いが去就に影響しないことを願うばかりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】批判が殺到!敗退も笑顔でヨルダンを称えるクリンスマン監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="fr" dir="ltr">:<br><br>Vous faites un travail EXTRAORDINAIRE!<br> <a href="https://t.co/8axoQ1Do6C">pic.twitter.com/8axoQ1Do6C</a></p>&mdash; KoraMaroc (@AtKoraMaroc) <a href="https://twitter.com/AtKoraMaroc/status/1754930141392781600?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ar" dir="rtl">(@var_coach) <a href="https://twitter.com/var_coach/status/1754952663374983571?ref_src=twsrc%5Etfw">February 6, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ar" dir="rtl"><a href="https://twitter.com/khaberni/status/1755030046849278172?ref_src=twsrc%5Etfw">February 7, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.07 13:10 Wed

記事をさがす

ヨルダン代表の人気記事ランキング

1

日本はオーストラリアやサウジアラビアとグループCで同居! 韓国は中東だらけのグループに…アジア最終予選組み合わせ決定【2026年北中米W杯】

アジアサッカー連盟(AFC)は27日、2026年北中米ワールドカップ(W杯)アジア3次予選(最終予選)の組み合わせ抽選会を行った。 アジアには「8.5枠」の出場権が与えられている北中米W杯。最終予選でもある3次予選では、6チームが3グループに分かれ、上位2カ国、合計6カ国が出場権を獲得する。 敗れた6カ国は4次予選に進み、3カ国ずつ2つのグループに分かれ、各グループの1位が出場権を獲得。5次予選では2位同士が戦い、勝者が大陸間プレーオフで残りの「0.5枠」を争うこととなる。 抽選会には昨シーズン限りで現役を引退した元日本代表FW岡崎慎司と、イラン代表として活躍し、ハンブルガーSVなどで活躍したメフディ・マハダビキア氏がドロワーを務めた。 ポット6からの抽選となった中、ポット1に入った日本は岡崎が引いた中で最後まで残り、グループCに入ることが決定。オーストラリア、サウジアラビア、バーレーン、中国、インドネシアと同居した。 一方で、韓国は厳しい戦いが待っていると予想されるグループBに。イラク、ヨルダン、オマーン、パレスチナ、クウェートと4カ国が中東という状況となった。 またアジア王者のカタールは、イラン、ウズベキスタン、UAE、キルギス、北朝鮮と対戦する。 最終予選は9月から2025年6月まで開催される。抽選結果は以下の通り。 【グループA】 イラン カタール ウズベキスタン UAE キルギス 北朝鮮 【グループB】 韓国 イラク ヨルダン オマーン パレスチナ クウェート 【グループC】 日本 オーストラリア サウジアラビア バーレーン 中国 インドネシア 2024.06.27 16:40 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly