アーセナルやエバートンで活躍したケビン・キャンベル氏が54歳で逝去…

2024.06.15 22:04 Sat
54歳の若さで亡くなったキャンベル氏
Getty Images
54歳の若さで亡くなったキャンベル氏
15日、アーセナルエバートンはOBの元イングランド人FWケビン・キャンベル氏が54歳で亡くなったと発表した。

ジャマカにルーツを持つキャンベル氏は、アーセナル下部組織出身のストライカーで、18歳時の1988年にファーストチームデビュー。レンタル移籍も経験しながら1995年まで在籍し、クラブ通算228試合に出場し59ゴールを記録した。
その後はノッティンガム・フォレスト、トラブゾンスポルと渡り歩き、1999年にエバートンへレンタル移籍。完全移籍に切り替わると、黒人選手としてクラブ史上初のキャプテンも務めた。

エバートンでは2005年までプレーし、通算164試合51ゴールを記録。ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)、カーディフ・シティでキャリア晩年を過ごし、2007年に現役を引退した。

引退後はメディア上で解説者としても活躍。なお、息子のタイリース・キャンベルもプロサッカー選手で、チャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティに在籍している。
エバートンは5月に、キャンベル氏が大病を患い、入院していることを報告。「非常に体調が悪い」と発表していた。また、アーセナルは「元ストライカーのケビン・キャンベルが短い闘病の末に亡くなったと知り、大きな悲しみに暮れている」としており、病に臥したことを伝えている。

ケビン・キャンベルの関連記事

アーセナルのイングランド代表GKアーロン・ラムズデールの父親が息子の現状を嘆いた。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 2021年夏にアーセナルに加わり、2シーズンにわたってチームの守護神を務めてきたラムズデール。しかし、今シーズンはスペイン代表GKダビド・ラヤが加入したことによりベンチを温める日々が続いている。 そんな中、ラムズデールの父ニックさんが『Highbury Squad』というポッドキャスト番組に出演。主催のソフィー・ニコラウ氏と常駐スペシャルゲストの元アーセナルFWケビン・キャンベル氏に対し、親から見た息子の現状を伝えた。 「アーロンは今この瞬間、ボールを掴んでいた時の笑顔を失ってしまっている」 「難しいことだ。スタジアムで彼を見るのが本当につらいし、笑顔を絶やしてはいけないと皆で彼に言い続けているよ」 ニックさんは結果的にラムズデールから守護神の座を奪うことになったラヤについてもコメント。息子から良い評判を聞いているようだ。 「ダビド・ラヤは素晴らしいゴールキーパーだし、彼のせいではない。彼は加入したばかりで、アーロンが言うには愛すべき男であり、2人で一緒にハードワークしている。それにアーロンは彼がチームに馴染めるようできる限り手助けしようとしているよ」 その一方、ラムズデールと契約延長した直後の移籍市場でラヤの獲得に動いたクラブのやり方に、ニックさんは難色を示している。 「私は何も知らなかったし、家族も何も知らなかった。アーロンは自分がプレーを続られないことをわかっていなかったんだ」 「アーロンはカップ戦要員になるだろうし、ダビド・ラヤはケガや退場といったことがない限りメインになるだろう」 「そのことについて何か言われたわけでもないのに、アーロンはそれを受け入れなければならない。誰からも伝えられていないんだ」 また、ニックさんはラヤの活躍と同時に息子のチャンスが増えることを願っているが、少なくとも来シーズンまでは状況が変わらないとも覚悟しているようだ。 「頼むからチャンスを与えてやってほしい。私の目から見ればあのやり方は間違っているし、そのことについて話すこともできる。でも、それは決まったことだ」 「本当に心からダビド・ラヤを応援しなければならない。彼はもう家族の一員なんだ」 「この状況が続くのが来年の5月、6月までなのかどうか。そうではないはずだし、私の目にはもっと長く映っている。でもそれはまた別の話だ」 2023.11.14 21:09 Tue
アーセナルOBのケビン・キャンベル氏が、今季目立つことができていないイングランド代表MFエミール・スミス・ロウについて言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 昨季は主力の1人としてリーグ戦33試合に出場し、10ゴールを決める活躍を見せたスミス・ロウ。今季はシーズン序盤に鼠径部の手術を行ったことで離脱が続き、復帰したのは1月。しかし、それ以降も固まってしまった序列を覆すことができず、先発出場の機会も得ることができていない。 最近では、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスや、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドがアーセナルの新戦力候補に挙がっている。新たな中盤の選手の加入がスミス・ロウの退団に繋がる可能性もあると一部では考えられているようだが、キャンベル氏はそれを否定。来季は1つのポジションで戦うべきだという見解を示している。 「エミール・スミス・ロウは残留すると思う」 「スミス・ロウは1つのポジションにこだわらなければならないと思う。彼はいくつかのポジションをこなせるが、例えば『8番が良い』と言う必要があるし、それが彼のポジションになるべきだ」 「彼はここでも、あそこでも、どこでもプレーすることができる。でもスペシャリストを迎えてしまえば、彼らがそこでプレーすることになる」 「噂では(グラニト・)ジャカの役割を彼に教えているようだが、それが本当かはわからない。そんなシーズンだった」 スイス代表MFグラニト・ジャカはシーズン終了後のレバークーゼン移籍が近づいているようで、個人条件の部分ではほぼ合意したと報じられている。 2023.05.18 16:05 Thu
アーセナルのOBが、日本代表DF冨安健洋(24)の移籍の噂に関して完全否定した。イギリス『HITC』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)に日本代表の一員として参加した冨安。W杯前に負傷したことで懸念されたコンディションも、終わってみれば3試合に出場。ラウンド16のクロアチア代表戦では120分間のフル出場を果たしていた。 右サイドバックや3バックの右など、W杯でもユーティリティ性を見せていた冨安。W杯終了後は、日本へと戻らずにUAEでトレーニングキャンプを行っているアーセナルに合流したと報じられている。 そんな中、イタリア『カルチョ・メルカート』は、アーセナルが1月の移籍市場でインテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)の獲得を目指していると報道した。 右サイドハーフや右サイドバックでプレーできるダンフリースだが、『カルチョ・メルカート』は代わりに冨安を差し出すことになると報じていた。 加入1年目の昨シーズンはアーセナルの右サイドバックで主軸を務めた冨安。シーズン終盤に負傷し離脱する期間も長かったなか、今シーズンは復帰後は左サイドバックとして起用されている状況だ。 右サイドバックにはイングランド代表DFベン・ホワイトがレギュラーとしてプレー。冨安はバックアッパーとなっており、左サイドバックにもウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコ、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーと本職の選手がいるため、難しい立場にあるのは事実だ。 しかし、アーセナルのOBで元イングランド代表FWケビン・キャンベル氏はYouTubeチャンネル『The Highbury Squad』でこの噂に言及。ダンフリース獲得のために冨安をクラブが手放すことなど考えられないとした。 「起こらない。次へ進もう。ただの推測だ。それだけだ。何も起こってない」 「それが起きるかって?恐らくノーだ」 「トミヤスは今シーズン、期待されたほどのプレーはしていない。ただ、それはミケル・アルテタが彼を突然必要としなくなったという意味ではない」 「ベン・ホワイトは8月以来、アーセナルの主要な右サイドバックとしての地位を確立している。ウィリアム・サリバ、ガブリエウ・マガリャンイスが、センターバックとして優れたコンビを見せている」 「ただ、トミヤスはそれでも依然としてエミレーツ・スタジアムにおける強力な選手であり、ダンフリースは優れたウインガーではあるが、オランダ代表との契約は完全に独立しているものだ。誰かが去る必要は全くない」 アルテタ監督も冨安への信頼を口にし、冨安もアーセナルでのプレーに満足感を示している状況。ダンフリースの獲得に手放すことは考えにくいが、1月の移籍市場が開いた時に何が起こるのか注目だ。 2022.12.12 11:30 Mon
アーセナルのクラブOBであるケビン・キャンベル氏が、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンを酷評している。イギリス『Football Insider』が伝えている。 アーセナルは8日にホームで行われたプレミアリーグ第8節のアストン・ビラ戦で0-3の完敗。リーグ15位の9得点という相変わらずの得点力不足に加え、この試合では安定傾向にあった守備でも低調なパフォーマンスに終始し、イングランド人FWオリー・ワトキンスに2ゴールを許すなど、リバプール戦と並ぶ今季最多失点となった。 この惨敗はチーム全体の低調なパフォーマンスが大きな原因だが、とりわけ守備面で足を引っ張ってしまったのが、右ウイングバックでプレーしたベジェリンだ。同選手はマッチアップしたイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに翻弄される場面が多く、右センターバックに入ったイングランド人DFロブ・ホールディングと共に相手の攻めどころとなってしまった。 そのため、アーセナルの下部組織出身でトップチームやエバートンで活躍したストライカーのキャンベル氏は、ビラ戦でのベジェリンの守備に関して強い言葉で非難している。 「アルテタはチームのパフォーマンスと屈服ぶりにショックを受けたはずだ」 「ベジェリンは良いディフェンダーではない。そして、ジャック・グリーリッシュを相手にそのことを露呈した」 「グリーリッシュはエミレーツの左サイドを駆け回っていた。そういった中でディフェンスは相手のウイングに対して一対一で守れなければならない」 「とりわけ、グリーリッシュのようなボールプレーヤーに対しては自分の形に戻るだけでは十分ではない。ボールプレーヤーはディフェンスの周囲を動き回って常に出し抜こうとする。グリーリッシュやバークリーがやったようにね。したがって、ディフェンスはボールに対しても影響を与えていく必要がある」 「もちろん、ベジェリンは周囲の助けを得ることができなかった。多くの人はロブ・ホールディングにそれを期待していたが、彼は復帰したばかりだった。そして、オリー・ワトキンスはホールディングがまだまだ錆び付いていることを明らかにした」 2020.11.11 16:13 Wed

エバートンの関連記事

アストン・ビラが、エバートンのベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(22)の獲得に近づいているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 新シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)参戦となるアストン・ビラは、今夏の移籍市場でユベントスからMFエンソ・バレネチェア、ルートン・タウンからMFロス・バークリーを獲得。一方で、MFドウグラス・ルイスをユベントス、MFティム・イローグブナムをエバートンに売却しており、ヒザの前十字じん帯断裂から復帰を目指すMFブバカル・カマラの状態を鑑みると、セントラルMFの獲得は優先事項だ。 そういったなか、クラブは今夏の人気株であるオナナ獲得に接近しているようだ。 報道によると、オナナ自身はすでにアストン・ビラ移籍で個人間合意に至っており、クラブ間では5000万ポンド(約102億4000万円)程度の金額で交渉が行われており、現状ではまとまる可能性が高いという。 近年、財政問題を抱えているエバートンではクラブ内で最も価値が高いオナナとイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイトのいずれかを売却し、もう一方を来シーズンもチームに残す考えを持っており、仮にオナナを売却した場合、相当な金額のオファーが届かない限り、イングランド代表DFを売却する可能性は非常に低くなるという。 オナナは2022-23シーズンにリールからエバートンへ加入。195cmの超大型でありながらも、そのサイズに似つかわしくないボックス・トゥ・ボックスのスタイルに加え、一定水準以上の技術も備え、トフィーズの中盤の要として活躍。 以前からマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ニューカッスルという国内クラブに、バイエルンとバルセロナからの関心も伝えられている。 2024.07.13 23:20 Sat
エバートンの元イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(27)の今後に注目が集まっている。 2016年8月からエバートンに在籍するキャルバート=ルーウィン。2019-20シーズンと2020-21シーズンはプレミアリーグで2桁得点を記録し、一時期はイングランド代表にも招集されていたが、近年はケガに悩まされている。 それでも、2023-24シーズンは大きなケガなく、1年を通してプレー。プレミアリーグで32試合7ゴール2アシストの成績を残し、復活の兆しを見せた。 そんなストライカーとの契約が残り1年のエバートンは、契約延長に着手。しかし、イギリス『TEAMtalk』によると、キャルバート=ルーウィンは直近の延長オファーを拒否したという。 現在はマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているとのこと。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)を手中に収めつつあるクラブだが、さらに最前線を補強する可能性があり、ブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニー(28)と並んで新戦力候補に挙げているようだ。 契約延長オファーを拒まれたエバートンは、来夏のフリー移籍を避けるため、売却に動く可能性も十分。ユナイテッドはその動向に注意を払っている模様だ。 2024.07.10 16:22 Wed
マンチェスター・ユナイテッドが獲得を目指すイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)だが、エバートンは2度目のオファーも拒否したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024のメンバーには入らなかったものの、イングランド代表の未来を支えるCBとして期待されているブランスウェイト。センターバックの補強を進めているユナイテッドがオファーを出している。 6月にはボーナス付きの3500万ポンド(約72億3000万円)のオファーをエバートンに提示したが、これを即座に拒否されていた。 それでも手にしたいユナイテッドは、4500万ポンド(約93億円)+500万ポンド(約10億3000万円)のオファーを提示したとされているが、エバートンはこちらも即座に拒否したという。 ブランスウェイトは、2023-24シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。ユーロの候補メンバーには選ばれているほどで、今後はイングランドを支える可能性が高い。 センターバックが欲しいユナイテッドは、バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)の獲得にも動いており、こちらは4250万ポンド(約87億8000万円)+ボーナスと見られている。 また、リールのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)の獲得にも動いている中、4220万ポンド(約87億2000万円)のオファーでクラブ間の基本合意に至ったとされている。 すでに元フランス代表DFラファエル・ヴァランが退団しており、その他にもセンターバックが退団する可能性がある状況。複数人補強する可能性も残されているが、ブランスウェイトに対して3度目のオファーを出すのか注目が集まっている。 2024.07.10 11:25 Wed
エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)を巡り、マンチェスター・ユナイテッドに新たな動きだ。 今夏の補強に乗り出すユナイテッド。最優先の守備強化ではバイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リストを狙う動きが最近の話題だが、最初に獲得を目指したのはブランスウェイトだった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドは新たなオファーをエバートンに打診。今回の移籍金額は固定の4500万ポンド+アドオン500万ポンドの総額5000万ポンド(約102億9000万円)という。 総額4300万ポンドの1stオファーから増額したユナイテッドだが、エバートンの要求額は6500万〜7000万ポンド(約133億8000万〜144億1000円)といわれており、今回も拒否されると推察される。 ブランスウェイト本人は前のめりとされるが、エバートンが求める移籍金額がネックとなるユナイテッド。デ・リフトの方は話が着々と進むが、ブランスウェイトはいかに。 2024.07.09 08:55 Tue
スタッド・ランスのモロッコ代表MFアミル・リチャードソン(22)にプレミアリーグの2クラブが関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 現役時代にNBAのニューヨーク・ニックスなどで活躍したマイケル・レイ・リチャードソンを父親に持つリチャードソン。その偉大な父とは異なり、幼少期からフットボールの才覚を示すと、生まれ故郷ニースの下部組織を経て加入したル・アーヴルでプロキャリアをスタートした。 2022年9月にランスへ完全移籍したが、ローンバックの形でル・アーヴルで引き続きプレーすると、中盤の主力としてリーグ・ドゥ優勝に貢献。個人としてもUNFP選出のチーム・オブ・ザ・シーズンに輝いた。 その活躍を引っ提げて正式加入したランス1年目は中盤の準主力としてリーグ・アン28試合3ゴール1アシストの数字を残した。 NBAで活躍した父親譲りの195cmの恵まれた体躯、アスリートの能力に加え、正確な左足のキックを活かした展開力、推進力を有するスケールの大きな22歳は、守備的MFとしてもボックス・トゥ・ボックスMFとしても豊かな伸びしろを残す。 ただ、ル・アーヴル時代の恩師であるルカ・エルスネル新監督の就任にも関わらず、クラブは今夏のタイミングでの売却を検討しているという。 そして、現時点ではレスター・シティとエバートンのプレミアリーグ勢2クラブに、セリエAのウディネーゼが関心を示している模様だ。 ランスが要求する1000万ユーロ(約17億4000万円)の移籍金は割高で、前述のクラブが具体的な動きをみせるかは不明だが、今夏のタイミングで海外移籍を選択する可能性は十分にある。 2024.07.04 17:20 Thu

プレミアリーグの関連記事

クリスタル・パレスに完全移籍した日本代表MF鎌田大地が、自身のYouTubeチャンネル『鎌田大地ch』を開設した。 2023-24シーズンはラツィオでプレーしていた鎌田だが、チームとの交渉がまとまらずに1年で退団。7月1日にフランクフルト時代の恩師であるオリバー・グラスナー監督が指揮するクリスタル・パレスへの加入が発表された。 プレミアリーグでプレーすることとなった鎌田。新天地ではすでに馴染んでいる様子も見られる中、14日にYouTubeチャンネル開設を発表。「鎌田大地YouTube始めます。〜クリスタルパレス加入編〜」と題して1本目の動画を公開した。 冒頭、今回のチャンネル開設に関して理由を説明。鎌田らしい正直な理由を明かしている。 「多少なりともお仕事をOFFの期間にさせていただいたんですが、予定が合わない。予定を合わせることができないというのと、OFFに仕事にそもそも行きたくないというのが1つで…」 「色々お仕事いただく中で、なんか毎年聞かれること、質問されることとかも基本的には今シーズンどうでしたとか、こういう時こうでしたとか、1時間話したらそれがめっちゃ短くなったりとか、同じような話を違うところでやって、また違うところでやらなあかんということもあり、自分の中で色々考えた中でYouTubeを自分のメディアとして使うのって面白いんじゃないかなと」 「まだそういう使い方をしている人は僕が知っている限りいないし、自分が今まではどこかに行って、(メディアに関わる)仕事をやっていたのを、自宅とかで全部こう話をして、少なからずファンの方もいるし、自分のことを見てくれるところを自分で持つっていうのが面白いんじゃないかなと思ってやります」 「だから、YouTuberのように企画をやるのではなく、例えばクリスタル・パレスに決まりましたけど、クリスタル・パレスのことだったり、ラツィオでどうだったか、フランクフルトでこのシーズンどうだったとか、皆さんが興味あるようなことを発信していけたらと思ってやってみようかなと思いました」 テレビなどのメディアでは、話したことの一部しか放送されないということも少なくなく、自身の言葉で伝えたいことを全て出せるYouTubeという場で語っていくという鎌田。早速、クリスタル・パレスへの移籍についても語った。 「そもそも、マウリツィオ・サッリ監督の時に、ラツィオで全然試合に絡めなくなった時期があって、それがちょうど冬の移籍市場のタイミングでした」 「その冬の移籍市場のタイミングで、違うプレミアのチームに行こうとしてたんよ。実際、自分がそこのチームの監督と強化部長と話をして、代理人が話を持ってきて、ラツィオの会長と話をして、ラツィオの会長にそれで「No」と言われて、移籍させて貰えへんくて、夏どうしようかなと考えていた時に、オリバー・グラスナー監督が、全然試合に出てなかったけど、俺に直接『WhatsApp』(※メッセージアプリ)でメッセージをくれて」 「『来年の夏自分は大地が欲しい』と言ってくれて、そこから話し合いが始まって、最初は他にも色々なチームがあったからどうしようかと思っていたけど、そんだけ試合に出ていない時から欲しいと言ってくれて、凄いマメにメッセージもくれた」 「最後、ラツィオに残るか、パレスに行くかっていう状態で。多分今までの自分だったら、2、3年前も自分がプレミアにこだわっているのなら、全然プレミアにいけてたと。今まではトップ6にめっちゃこだわっててん。ただ、トップ6からはなかなかオファーをもらえなくて」 「プレミアリーグには挑戦してなかったんやけど、監督が何よりもオリバー・グラスナー監督ということと、色々いな話し合いをして、自分自身をボランチのところで基本的に考えてくれているというのもあって」 「最後の最後までラツィオに残るってなってて、オリバー・グラスナー監督に『ラツィオに残るから行くことができない』っていうメッセージを送ったぐらいラツィオに残る予定だったんだけど、色々あってパレスに行くことが決まった」 <span class="paragraph-title">【動画】鎌田大地がYouTubeチャンネルを開設! 移籍の理由などを語る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RqVhAHaW210";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.15 11:50 Mon
マンチェスター・ユナイテッドは14日、ボローニャからオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)の獲得を発表した。 契約は1年延長オプション付きの2029年夏まで。移籍金を巡ってはボローニャとの契約にある4000万ユーロ(約68億8000万円)の解除条項を発動させての獲得が噂されたユナイテッドだが、一括払いを避けるため、4250万ユーロ(約73億1000万円)の3回払いで決着したとされる。 ジム・ラトクリフ共同オーナーもとで組織をはじめ、あらゆる分野で改革に動くユナイテッド。補強もその1つで、元フランス代表FWアントニー・マルシャルが去った前線の新たな選手として白羽の矢が立ったのが昨季のボローニャで12得点7アシストとブレイクのザークツィーだ。 今夏のユナイテッドにとって、補強第一号となるユーロ2024にも参戦の23歳FWはクラブを通じて、「監督や首脳陣と話をして、この先がどれほどエキサイティングなものになるかわかっている。マンチェスター・ユナイテッドの成功に貢献できるのが楽しみだ」と喜び、決意を口にした。 「僕は常に勝利のためにすべてを捧げてきた選手。次の挑戦、キャリアの次に進み、より多くのトロフィーを獲得する準備ができている。このような象徴的なクラブに入団できるのは光栄だ。代表チームにいたから、しばらく休まないといけないけど、すぐにインパクトを残す覚悟でいる」 2024.07.15 00:27 Mon
日本代表DF菅原由勢(24)のサウサンプトン移籍が決まった。 名古屋グランパスからAZ入りして5年が経つ菅原。オランダでサイドバックを中心に右のスペシャリストとして通算198試合(14得点29アシスト)の出場数を積み上げ、2020年10月のデビューから13キャップ(1ゴール)を刻む代表でも今や常連と化す。 AZとの契約も残り1年となるなか、移籍話が取り沙汰されるようになり、最近では新シーズンからプレミアリーグ復帰を果たすサウサンプトン行きの噂。そして、14日に4年契約でのセインツ入りが公式発表され、イングランド挑戦の運びとなった。 イングランドに舞台を移す24歳DFはクラブ公式サイトで「サウサンプトンに来て、プレミアリーグでプレーするのは小さい頃からの大きな夢の1つだったので、ここに来られて本当に興奮しています」と喜び、即決での移籍を明かした。 「昨夏、プレシーズンでサウサンプトンと対戦しました。サウサンプトンはボールを扱うフットボールがすごくうまい感じましたし、ロングボールを使わず、ショートパスを軸にスマートなプレーぶりでした」 「サウサンプトンは本当に良いクラブだと感じましたし、サウサンプトンからオファーをもらったとき、1秒でイエスと答えたんです!」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、移籍金額はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)。新シーズンに向けては冨安健洋、三笘薫、遠藤航、鎌田大地に続いて、プレミアリーグでプレーする選手となる。 また、ラッセル・マーティン監督は「ユウキは長く注目した選手で、彼のポジションでは我々にとって一番のターゲットだった」とし、期待した。 「彼は良い年齢で加入したし、すでに高いレベルで多くの試合を経験していて、ヨーロッパでの経験も豊富。素晴らしいメンタリティを持つ才能のある選手だし、チームメイトにもとても好かれる性格だと思う」 「彼からは熱意と、成功への決意が感じられる。プレミアリーグでプレーするだけでなく、サウサンプトンでプレーするというのにもとても興奮している」 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢のサウサンプトン入団ムービーが公開!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:35 Sun
サウサンプトンは14日、AZの日本代表DF菅原由勢(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2028年6月30日までの4年間となる。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金はボーナス込みで700万ユーロ(約12億円)とのことだ。 名古屋グランパスの下部組織出身の菅原は、2019年7月にレンタル移籍でAZに加入。2020年7月に完全移籍に切り替わっていた。 右サイドバックや右ウイングなど、右サイドのスペシャリストとしてプレー。エールディビジでは135試合で12ゴール21アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で10試合1ゴール、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で26試合1ゴール4アシストと、チームの主軸としてプレーしていた。 日本代表にも定着し13試合に出場し1ゴールを記録している菅原。今夏は多くのクラブから関心が寄せられ、インテルなどのビッグクラブの関心もあった中、プレミアリーグに挑戦することになった。 サウサンプトンには、過去DF吉田麻也(ロサンゼルス・ギャラクシー)、FW李忠成、MF南野拓実(モナコ)がプレー。日章学園高校のU-19日本代表FW高岡伶颯も高校卒業後の2025年3月に加入することとなっている。 また今シーズンは、DF冨安健洋(アーセナル)、MF三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)、MF遠藤航(リバプール)と昨シーズンプレミアリーグを戦った3名に加え、MF鎌田大地(クリスタル・パレス)が挑戦。菅原は5人目のプレミアリーガーとなる。 なお、AZは菅原と日本代表でポジションを争っているDF毎熊晟矢をセレッソ大阪から完全移籍で獲得しており、すでに後継者を確保していた。 <span class="paragraph-title">【動画】菅原由勢がサウサンプトン移籍!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> x <a href="https://t.co/RLOilImDle">pic.twitter.com/RLOilImDle</a></p>&mdash; Southampton FC (@SouthamptonFC) <a href="https://twitter.com/SouthamptonFC/status/1812411618505933067?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.14 18:07 Sun
マンチェスター・シティがアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(24)とコパ・アメリカ2024後に改めて話し合うようだ。 2022年夏にリーベル・プレートから加わって以降、通算103試合で36得点18アシストのアルバレス。昨季も公式戦54試合に出場し、19得点13アシストと見事な成績を残した。 複数の攻撃的ポジションをこなせるのも魅力の1つだが、シティのセンターFW陣ではノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが不動の一番手。昨季も1stチョイスにはなりきれず。 シティでは今後も間違いなく戦力に計算される存在だが、移籍話がちらほら。シティは当然、売る気なしだが、アトレティコ・マドリーやパリ・サンジェルマン(PSG)の影もちらつく。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者の最新情報によると、シティはコパ・アメリカ後、アルバレスの状況を話し合うため、選手陣営と再びの会談を予定するという。 アルバレスはより多くのプレー機会を求めている一方で、2028年6月までの契約を残すシティは売る気もなければ、値段の通知さえもしておらず。売却意思なしで変わらずの模様だ。 この夏はコパ・アメリカが終われば、パリ・オリンピックにオーバーエイジで参戦と多忙を極めるアルバレス。シティはあくまで引き留めの構えだが、今夏の去就やいかに。 2024.07.14 17:45 Sun

記事をさがす

ケビン・キャンベルの人気記事ランキング

1

アーセナルやエバートンで活躍したケビン・キャンベル氏が54歳で逝去…

15日、アーセナルやエバートンはOBの元イングランド人FWケビン・キャンベル氏が54歳で亡くなったと発表した。 ジャマカにルーツを持つキャンベル氏は、アーセナル下部組織出身のストライカーで、18歳時の1988年にファーストチームデビュー。レンタル移籍も経験しながら1995年まで在籍し、クラブ通算228試合に出場し59ゴールを記録した。 その後はノッティンガム・フォレスト、トラブゾンスポルと渡り歩き、1999年にエバートンへレンタル移籍。完全移籍に切り替わると、黒人選手としてクラブ史上初のキャプテンも務めた。 エバートンでは2005年までプレーし、通算164試合51ゴールを記録。ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)、カーディフ・シティでキャリア晩年を過ごし、2007年に現役を引退した。 引退後はメディア上で解説者としても活躍。なお、息子のタイリース・キャンベルもプロサッカー選手で、チャンピオンシップ(イングランド2部)のストーク・シティに在籍している。 エバートンは5月に、キャンベル氏が大病を患い、入院していることを報告。「非常に体調が悪い」と発表していた。また、アーセナルは「元ストライカーのケビン・キャンベルが短い闘病の末に亡くなったと知り、大きな悲しみに暮れている」としており、病に臥したことを伝えている。 2024.06.15 22:04 Sat
2

「彼は良いDFじゃない」、グリーリッシュに翻弄されたベジェリンをアーセナルOBが酷評!

アーセナルのクラブOBであるケビン・キャンベル氏が、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンを酷評している。イギリス『Football Insider』が伝えている。 アーセナルは8日にホームで行われたプレミアリーグ第8節のアストン・ビラ戦で0-3の完敗。リーグ15位の9得点という相変わらずの得点力不足に加え、この試合では安定傾向にあった守備でも低調なパフォーマンスに終始し、イングランド人FWオリー・ワトキンスに2ゴールを許すなど、リバプール戦と並ぶ今季最多失点となった。 この惨敗はチーム全体の低調なパフォーマンスが大きな原因だが、とりわけ守備面で足を引っ張ってしまったのが、右ウイングバックでプレーしたベジェリンだ。同選手はマッチアップしたイングランド代表MFジャック・グリーリッシュに翻弄される場面が多く、右センターバックに入ったイングランド人DFロブ・ホールディングと共に相手の攻めどころとなってしまった。 そのため、アーセナルの下部組織出身でトップチームやエバートンで活躍したストライカーのキャンベル氏は、ビラ戦でのベジェリンの守備に関して強い言葉で非難している。 「アルテタはチームのパフォーマンスと屈服ぶりにショックを受けたはずだ」 「ベジェリンは良いディフェンダーではない。そして、ジャック・グリーリッシュを相手にそのことを露呈した」 「グリーリッシュはエミレーツの左サイドを駆け回っていた。そういった中でディフェンスは相手のウイングに対して一対一で守れなければならない」 「とりわけ、グリーリッシュのようなボールプレーヤーに対しては自分の形に戻るだけでは十分ではない。ボールプレーヤーはディフェンスの周囲を動き回って常に出し抜こうとする。グリーリッシュやバークリーがやったようにね。したがって、ディフェンスはボールに対しても影響を与えていく必要がある」 「もちろん、ベジェリンは周囲の助けを得ることができなかった。多くの人はロブ・ホールディングにそれを期待していたが、彼は復帰したばかりだった。そして、オリー・ワトキンスはホールディングがまだまだ錆び付いていることを明らかにした」 2020.11.11 16:13 Wed
3

器用貧乏はダメ?復活を目指すスミス・ロウにアーセナルOBが助言「1つのポジションにこだわらなければ」

アーセナルOBのケビン・キャンベル氏が、今季目立つことができていないイングランド代表MFエミール・スミス・ロウについて言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 昨季は主力の1人としてリーグ戦33試合に出場し、10ゴールを決める活躍を見せたスミス・ロウ。今季はシーズン序盤に鼠径部の手術を行ったことで離脱が続き、復帰したのは1月。しかし、それ以降も固まってしまった序列を覆すことができず、先発出場の機会も得ることができていない。 最近では、ウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライスや、ブライトン&ホーヴ・アルビオンのエクアドル代表MFモイセス・カイセドがアーセナルの新戦力候補に挙がっている。新たな中盤の選手の加入がスミス・ロウの退団に繋がる可能性もあると一部では考えられているようだが、キャンベル氏はそれを否定。来季は1つのポジションで戦うべきだという見解を示している。 「エミール・スミス・ロウは残留すると思う」 「スミス・ロウは1つのポジションにこだわらなければならないと思う。彼はいくつかのポジションをこなせるが、例えば『8番が良い』と言う必要があるし、それが彼のポジションになるべきだ」 「彼はここでも、あそこでも、どこでもプレーすることができる。でもスペシャリストを迎えてしまえば、彼らがそこでプレーすることになる」 「噂では(グラニト・)ジャカの役割を彼に教えているようだが、それが本当かはわからない。そんなシーズンだった」 スイス代表MFグラニト・ジャカはシーズン終了後のレバークーゼン移籍が近づいているようで、個人条件の部分ではほぼ合意したと報じられている。 2023.05.18 16:05 Thu

エバートンの人気記事ランキング

1

ユナイテッドにブランスウェイト獲得の新たな動き…総額102億円で再オファー

エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)を巡り、マンチェスター・ユナイテッドに新たな動きだ。 今夏の補強に乗り出すユナイテッド。最優先の守備強化ではバイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リストを狙う動きが最近の話題だが、最初に獲得を目指したのはブランスウェイトだった。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、ユナイテッドは新たなオファーをエバートンに打診。今回の移籍金額は固定の4500万ポンド+アドオン500万ポンドの総額5000万ポンド(約102億9000万円)という。 総額4300万ポンドの1stオファーから増額したユナイテッドだが、エバートンの要求額は6500万〜7000万ポンド(約133億8000万〜144億1000円)といわれており、今回も拒否されると推察される。 ブランスウェイト本人は前のめりとされるが、エバートンが求める移籍金額がネックとなるユナイテッド。デ・リフトの方は話が着々と進むが、ブランスウェイトはいかに。 2024.07.09 08:55 Tue
2

契約残り1年のキャルバート=ルーウィン、エバートンの延長オファー拒否? ユナイテッドが注視か

エバートンの元イングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(27)の今後に注目が集まっている。 2016年8月からエバートンに在籍するキャルバート=ルーウィン。2019-20シーズンと2020-21シーズンはプレミアリーグで2桁得点を記録し、一時期はイングランド代表にも招集されていたが、近年はケガに悩まされている。 それでも、2023-24シーズンは大きなケガなく、1年を通してプレー。プレミアリーグで32試合7ゴール2アシストの成績を残し、復活の兆しを見せた。 そんなストライカーとの契約が残り1年のエバートンは、契約延長に着手。しかし、イギリス『TEAMtalk』によると、キャルバート=ルーウィンは直近の延長オファーを拒否したという。 現在はマンチェスター・ユナイテッドが獲得に興味を示しているとのこと。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)を手中に収めつつあるクラブだが、さらに最前線を補強する可能性があり、ブレントフォードのイングランド代表FWイヴァン・トニー(28)と並んで新戦力候補に挙げているようだ。 契約延長オファーを拒まれたエバートンは、来夏のフリー移籍を避けるため、売却に動く可能性も十分。ユナイテッドはその動向に注意を払っている模様だ。 2024.07.10 16:22 Wed
3

ユナイテッドの103億円オファーもエバートンは拒否、イングランド代表DFブランスウェイトの獲得は難航

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を目指すイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)だが、エバートンは2度目のオファーも拒否したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024のメンバーには入らなかったものの、イングランド代表の未来を支えるCBとして期待されているブランスウェイト。センターバックの補強を進めているユナイテッドがオファーを出している。 6月にはボーナス付きの3500万ポンド(約72億3000万円)のオファーをエバートンに提示したが、これを即座に拒否されていた。 それでも手にしたいユナイテッドは、4500万ポンド(約93億円)+500万ポンド(約10億3000万円)のオファーを提示したとされているが、エバートンはこちらも即座に拒否したという。 ブランスウェイトは、2023-24シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。ユーロの候補メンバーには選ばれているほどで、今後はイングランドを支える可能性が高い。 センターバックが欲しいユナイテッドは、バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)の獲得にも動いており、こちらは4250万ポンド(約87億8000万円)+ボーナスと見られている。 また、リールのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)の獲得にも動いている中、4220万ポンド(約87億2000万円)のオファーでクラブ間の基本合意に至ったとされている。 すでに元フランス代表DFラファエル・ヴァランが退団しており、その他にもセンターバックが退団する可能性がある状況。複数人補強する可能性も残されているが、ブランスウェイトに対して3度目のオファーを出すのか注目が集まっている。 2024.07.10 11:25 Wed
4

アストン・ビラがエバートンMFオナナ獲得に接近か? 個人間合意にクラブ間交渉にも進展

アストン・ビラが、エバートンのベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(22)の獲得に近づいているようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 新シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)参戦となるアストン・ビラは、今夏の移籍市場でユベントスからMFエンソ・バレネチェア、ルートン・タウンからMFロス・バークリーを獲得。一方で、MFドウグラス・ルイスをユベントス、MFティム・イローグブナムをエバートンに売却しており、ヒザの前十字じん帯断裂から復帰を目指すMFブバカル・カマラの状態を鑑みると、セントラルMFの獲得は優先事項だ。 そういったなか、クラブは今夏の人気株であるオナナ獲得に接近しているようだ。 報道によると、オナナ自身はすでにアストン・ビラ移籍で個人間合意に至っており、クラブ間では5000万ポンド(約102億4000万円)程度の金額で交渉が行われており、現状ではまとまる可能性が高いという。 近年、財政問題を抱えているエバートンではクラブ内で最も価値が高いオナナとイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイトのいずれかを売却し、もう一方を来シーズンもチームに残す考えを持っており、仮にオナナを売却した場合、相当な金額のオファーが届かない限り、イングランド代表DFを売却する可能性は非常に低くなるという。 オナナは2022-23シーズンにリールからエバートンへ加入。195cmの超大型でありながらも、そのサイズに似つかわしくないボックス・トゥ・ボックスのスタイルに加え、一定水準以上の技術も備え、トフィーズの中盤の要として活躍。 以前からマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ニューカッスルという国内クラブに、バイエルンとバルセロナからの関心も伝えられている。 2024.07.13 23:20 Sat
5

スタッド・ランスの大型MFにプレミア勢が関心? 父親はNBAの元スター選手

スタッド・ランスのモロッコ代表MFアミル・リチャードソン(22)にプレミアリーグの2クラブが関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が報じている。 現役時代にNBAのニューヨーク・ニックスなどで活躍したマイケル・レイ・リチャードソンを父親に持つリチャードソン。その偉大な父とは異なり、幼少期からフットボールの才覚を示すと、生まれ故郷ニースの下部組織を経て加入したル・アーヴルでプロキャリアをスタートした。 2022年9月にランスへ完全移籍したが、ローンバックの形でル・アーヴルで引き続きプレーすると、中盤の主力としてリーグ・ドゥ優勝に貢献。個人としてもUNFP選出のチーム・オブ・ザ・シーズンに輝いた。 その活躍を引っ提げて正式加入したランス1年目は中盤の準主力としてリーグ・アン28試合3ゴール1アシストの数字を残した。 NBAで活躍した父親譲りの195cmの恵まれた体躯、アスリートの能力に加え、正確な左足のキックを活かした展開力、推進力を有するスケールの大きな22歳は、守備的MFとしてもボックス・トゥ・ボックスMFとしても豊かな伸びしろを残す。 ただ、ル・アーヴル時代の恩師であるルカ・エルスネル新監督の就任にも関わらず、クラブは今夏のタイミングでの売却を検討しているという。 そして、現時点ではレスター・シティとエバートンのプレミアリーグ勢2クラブに、セリエAのウディネーゼが関心を示している模様だ。 ランスが要求する1000万ユーロ(約17億4000万円)の移籍金は割高で、前述のクラブが具体的な動きをみせるかは不明だが、今夏のタイミングで海外移籍を選択する可能性は十分にある。 2024.07.04 17:20 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly