「喜びを与えてくれた」コッパ・イタリア優勝で3シーズンぶりタイトル、アッレグリ監督は歓喜「勝利はユベントスのDNAの中に」

2024.05.16 10:15 Thu
マッシミリアーノ・アッレグリ監督が久々タイトルに歓喜
Getty Images
マッシミリアーノ・アッレグリ監督が久々タイトルに歓喜
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、コッパ・イタリア優勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
ユベントスは15日に行われたコッパ・イタリア決勝で、アタランタと対戦。3シーズンぶりの大会優勝を狙うチームは、開始早々にドゥシャン・ヴラホビッチのゴールで先制すると、その後は守勢に回りつつハーフタイムへ。後半は両チームともチャンスを作りながら最後までゴールは生まれず、集中した守りを維持したユベントスが1-0で勝利した。
これにより、ユベントスの3シーズンぶり15度目のコッパ・イタリア優勝が決定。チームにタイトルをもたらすことに成功したアッレグリ監督は喜びを露わにしつつ、チームを称えている。

「我々にとって重要な夜だった。決勝戦は、いつだって素晴らしいイベントだ。そしてこれは、チームの勝利だと思う。簡単ではなかったが、選手のことを考えると嬉しい」

「彼らは良い仕事をしてくれたし、クラブやファン、そして私に喜びを与えてくれた。ユベントスは重要なクラブであり、我々はチャンピオンズリーグ出場権とコッパ・イタリア決勝でのプレーという、求められていたものを手にできたと思う。そして、彼らは勝利を収めてくれたのだ」
「勝利は決して簡単なものではない。しかしそれは、ユベントスのDNAの中にあるものだ。この勝利は祝福されるべきだが、明日からユベントスは再び勝利するため準備をしなければならない」

PR
関連ニュース

ユベントス、控えDFルガーニとの契約を2026年まで延長

ユベントスは24日、元イタリア代表DFダニエレ・ルガーニ(29)との契約を2026年6月30日まで延長したことを発表した。 エンポリの下部組織出身のルガーニは、2012年にユベントスU-19にレンタル移籍。2013年にエンポリでトップチーム昇格をするも、2015年2月にユベントスへ完全移籍。 2020-21シーズンは出場機会を求めてスタッド・レンヌとカリアリへレンタル移籍したが、それ以外は8年間ユベントス一筋を貫いており、ここまで公式戦147試合で11ゴール1アシストを記録。 これまでは準主力として安定したプレータイムを得ていたが、ここ数年はそれも減少し、今季はここまで公式戦17試合(1186分)の出場にとどまっていた。 2024.05.25 07:30 Sat

インテルの主将ラウタロ・マルティネスがセリエAのシーズンMVPに輝く! ここまで24得点で得点王も確実に

レガ・セリエAは24日、インテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(26)を2023-24シーズンのセリエA最優秀選手賞に選出した。 2018年7月にアルゼンチンのラシン・クラブから加入したラウタロは、加入から6シーズンで公式戦282試合129ゴール43アシストをマーク。 サミル・ハンダノビッチからキャプテンを引き継いだ今季は、ここまで公式戦44試合に出場し27ゴール7アシストをマーク。33試合に出場したセリエAでは24ゴール6アシストを記録し3年ぶり20度目のスクデット獲得に大きく貢献していた。 また、最優秀監督賞にはインテルのシモーネ・インザーギ監督(48)が選ばれた。2022-23シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)決勝までチームを導くも、マンチェスター・シティの前に敗れていたインザーギ監督。今シーズンはセリエAで他を寄せ付けず、29勝6分け2敗で20度目の優勝を果たしていた。 そのほか、最優秀若手選手賞にボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)、最優秀GKにモンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)、最優秀DFにインテルのイタリア代表DFアレッサンドロ・バストーニ(25)、最優秀MFにインテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノール(30)、最優秀FWにユベントスのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(24)が選ばれた。 2024.05.25 07:00 Sat

ユベントス、イタリア代表DFカンビアーゾとの契約を2029年まで延長

ユベントスは24日、イタリア代表DFアンドレア・カンビアーゾ(24)との契約延長を発表した。新契約は2029年6月30日までとなる。 2022年夏にユベントス加入。初年度はボローニャへレンタル移籍で出されるも、今シーズンからチームに復帰すると完全に主力へと定着して、ここまでセリエAで34試合2ゴール3アシスト、コッパ・イタリアで5試合1ゴール3アシストの成績を残している。 また、今年3月にイタリア代表へ初選出されると、同月21日のベネズエラ代表との国際親善試合で代表デビュー。ここまで2試合に出場しており、先日発表されたユーロ2024に向けたイタリア代表候補メンバーにも選出されていた。 なお、カンビアーゾには戦力増強を目指すアストン・ビラが、今夏の獲得に向けて4000万ユーロ(約67億8000万円)のオファーを提示していたが、ユベントスはこれを拒否。選手本人もユベントスでのキャリア継続を希望しており、今回の契約延長によって来季以降も残留することが濃厚となった。 2024.05.25 06:30 Sat

シュチェスニーの控え兼後継者探すユベントス、モンツァのディ・グレゴリオ獲得を推進

ユベントスがモンツァのイタリア人GKミケーレ・ディ・グレゴリオ(26)の獲得に本腰のようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2025年夏に契約満了が迫るポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニー(34)の後継者探しに動いているユベントス。来シーズンはバックアッパーを任せながらチームに順応させ、シュチェスニーが去る2025-26シーズンから正守護神に登用するというプランを立てている。 足元もうまいGKを探しているというユベントスは、アタランタのイタリア代表GKマルコ・カルネセッキ(23)も候補に挙がるなか、プランにも合致する理想の選手としてディ・グレゴリオを選択。すでに接触を図るなどといった最初の段階は過ぎており、同時に元イタリア代表GKマッティア・ペリン(31)のローマ行きの話も進めているようだ。 一方のモンツァはディ・グレゴリオの売却に2000万ユーロ(約34億1000万円)を要求。ユベントスはモンツァのニーズに合う若手選手を複数抱えていることから、今回の取引に絡めての値下げも考えられている。 インテルの下部組織出身で、当時セリエBの2020-21シーズンからモンツァの正守護神として活躍を続けるディ・グレゴリオ。残念ながら、ユーロ2024に臨むイタリア代表候補メンバーの30名には入らなかったが、今夏ユベントスへのステップアップを遂げるのだろうか。 2024.05.24 22:26 Fri

キエッリーニ氏がユベントス復帰へ! 配属不明瞭もダイレクター職に就く模様

元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ氏(39)がユベントスへ復帰する見通しになった。 ユベントスのバンディエラ、キエッリーニ氏。名門トリノ大学を卒業し、経営学の学位とフットボールMBA(経営学修士)をおさめた知性派で知られる名センターバックは現在、現役最後のクラブとなったロサンゼルスFCで技術部門(育成コーチ)に身を置いている。 1月にはインタビューで「将来必ずユーベに戻る。いつになるかわからないけど」と語っていたなか、どうやら数カ月以内の帰還が内定している模様。配属は不明瞭だが、何らかのダイレクター職に就くとされる。 本件はイタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』と『トゥット・スポルト』が報じたものだが、両紙の主張は異なるもの。 前者は「キエッリーニ氏はクリスティアーノ・ジュントリSDの配下となり、トップチームとの関係も密接な役割。補強にも関与する」と報じるが、後者は「ユーベは長期的視野でキエッリーニ氏を信頼。まず育成年代に配置し、最初はトップチームの役割ではない」とする。 どちらが正しいかはわからぬが、後者『トゥット・スポルト』はユベントスのお膝元であるトリノに本社を置くメディア。また、双子の弟クラウディオ・キエッリーニ氏は、リザーブチーム「Next Gen」でテクニカル・ディレクター(TD)を務めている。 いずれにせよ、キエッリーニ氏のイタリア帰国、ユベントス復帰が現実味を帯びているのは、間違いなさそうだ。 2024.05.23 20:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly