「夢が叶った」劇的逆転勝利で自身初のCL決勝進出、ベリンガムは興奮隠さず「理解するには時間がかかる」

2024.05.09 10:00 Thu
喜びを爆発させるジュード・ベリンガム(写真左)
Getty Images
喜びを爆発させるジュード・ベリンガム(写真左)
レアル・マドリーのイングランド代表MFジュード・ベリンガムが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。
PR
ベリンガムは8日にホームで行われたCL準決勝2ndレグのバイエルン戦で先発。1stレグを2-2で終え、お互い勝利が必要な一戦は、拮抗した展開のままスコア動かずハーフタイムへ。後半、68分に痛恨の失点を許すとそのまま試合終了かに思われた88分、ホセルが相手GKのファンブルを見逃さず同点に追いつくと、アディショナルタイムにはCKの流れから再びホセルに得点が生まれ、劇的逆転勝利となった。
この結果、2戦合計スコアでも4-3となり、マドリーのCL決勝進出が決定。加入初年度から最高の舞台で古巣ドルトムントとの対戦が決まったベリンガムは、喜びを爆発させている。

「夢が叶ったよ。もしシーズン前にこの状況を話したら、信じてくれたと思う?公平に言って、おそらく信じられなかっただろうね。子供の頃はいつも、このクラブでこうなることを想像していた。いまは少し感情的になっているし、衝撃も受けている。これを理解するのには時間がかかると思うよ」

「今夜の試合は『キャラクター』に尽きるだろう。これは僕たちのシーズンのテーマでもあった。僕たちには豊富なクオリティと才能があり、劣勢の試合であってもベンチから出てきて仕事をし、勝たせる選手たちがいるんだ」

PR
関連ニュース

チュアメニのCL決勝欠場が確定…アンチェロッティ監督が明言

レアル・マドリーのフランス代表MFオーレリアン・チュアメニは、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を欠場することになった。 チュアメニは、今月8日に行われたCL準決勝2ndレグのバイエルン戦で左足を負傷。その翌日にクラブは左足中足骨の疲労骨折という診断結果を発表していた。 カルロ・アンチェロッティ監督は24日、ラ・リーガ最終節のベティス戦に向けた前日会見の場で、そのフランス代表MFの状態に言及。 「チュアメニはチャンピオンズリーグ決勝は欠場する。彼はユーロに向けて回復している」と、6月1日に予定されるドルトムントとの大一番の欠場を明言した。 なお、チュアメニは先日に発表されたユーロ2024に向けたフランス代表に招集されており、6月17日に行われる開幕節のオーストリア代表戦に間に合うかは不明だが、現状では大会期間中の復帰できる可能性があるようだ。 2024.05.24 20:15 Fri

レアル・カスティージャ率いるラウール監督、ドイツでの新たな挑戦希望か

レアル・マドリー・カスティージャのラウール・ゴンサレス監督(46)がドイツ行きを望んでいる可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 クラブ最多出場記録を保持するマドリーのレジェンドであり、現役引退後は同クラブのユースで指導者の道を歩み始めたラウール監督。2019年夏からはカスティージャを率いている。 将来的にマドリーのトップチームを率いるのも期待されるレジェンドだが、ドイツ『シュポルト・ビルト』によると、カスティージャでの旅を今シーズン限りで終えることを決意。退団の意思をクラブ側に伝えているという。 ただ、マドリーとの対戦は避けたい46歳指揮官はスペインを離れる意向で、シャルケ時代にプレーしたドイツでの新たな挑戦を希望。現時点で正式なオファーこそないものの、1部もしくは2部で居場所を探しているようだ。 夢に見るのはレバークーゼンをブンデスリーガ初優勝に導いたシャビ・アロンソ監督のような成功。その後、マドリーのファーストチームで指揮を執りたいと考えている模様だ。 なお、ラウール監督が退任となれば、U-19チームを率いるアルバロ・アルベロア監督のカスティージャ昇格が有力に。ラウール監督に近い関係者はこの報道を否定しているというが、今夏のドイツ行きはあるのだろうか。 2024.05.24 19:13 Fri

【ラ・リーガ最終節プレビュー】上位争い&残留争い決着…個人賞にスポットライト当たる今季最終戦に

先週末に行われた第37節の結果、2位争いやヨーロッパ出場権争い、カディスの降格決定で残留争いも完全決着。最終節を前にリーグテーブルの大枠の争いが決着し、この最終戦は個人賞の争いや退団が発表されているレジェンドとの別れにスポットが当たる。 来週末にドルトムントとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えるレアル・マドリーは、その大一番に向けた調整試合として7位のベティスと対戦。また、この試合はユーロ2024での現役引退を発表したMFクロース、今季限りでの退団が決定したカピタンのDFナチョのホーム最終戦という意味合いがある。前節はビジャレアル相手に一時3点差を付けながらも追いつかれて4-4のドローに終わっており、主力を起用する中で守備面の修正を図りたい。トップと4ゴール差のMFベリンガムのピチーチ獲得は厳しいが、個人賞も意識しつつ良い形で決戦の地ウェンブリーに向かいたい。 前節、MFペドリのドブレーテの活躍によって2位を確定させたバルセロナ。ただ、今週に入ってクラブ内ではチャビ監督解任が濃厚となり、すでに後任としてハンジ・フリック氏との合意も報じられている。そのため、サンチェス・ピスフアンに乗り込む13位セビージャとの一戦が現体制でのラストマッチとなる。また、DFカンセロやFWフェリックスといったレンタル組を含め数人の選手が去る可能性が高く、そういった選手たちのラストダンスにも注目だ。 カード的にビッグマッチとなるのは、6位のレアル・ソシエダと、4位のアトレティコ・マドリーの上位対決だ。ソシエダは前節、ベティスとの直接対決を2-0で制してヨーロッパリーグ(EL)出場権確保に成功した。ただ、MF久保建英は9試合ぶりに出場なしに終わった。これで目標のひとつに挙がっていたリーグ2桁ゴール到達には、最終節で3ゴールが必要と厳しい状況だ。週明けにはチームと共に日本へ帰還となる中、今季最終戦では難敵相手のホームゲームで見せ場を作れるか。 対するアトレティコはシーズン最終盤で最大の目標だったトップ4フィニッシュを確定。だが、ホーム最終戦となった前節は格下オサスナ相手に1-4の惨敗。せっかくの良いムードに水を差す形となった。その大敗からのバウンスバックを図る最終戦ではDFエルモソやFWデパイ、FWモラタといった退団の可能性が報じられる選手のプレーにも注目したい。 個人賞で最も大きな注目が集まるピチーチ賞では、レアル・マドリー戦でポーケルを達成する活躍で一気にトップに躍り出たビジャレアルFWセルロートが23ゴールで初タイトルに近づく。それを2ゴール差で追うジローナFWドフビク、前述のベリンガム辺りまでチャンスがありそうだ。 また、スペイン人最多得点者に与えられるサラ賞は、長期離脱中のヘタフェFWマジョラル、直近のベティス戦でゴールを挙げたアトレティコFWモラタが15ゴールで並び、その下の14ゴールにアスレティックFWグルセタ、13ゴールのバレンシアFWウーゴ・ドゥロといった選手がこの最終節で争うことになる。 サモラ賞争いはアスレティックGKウナイ・シモン(0.94)、ソシエダGKレミロ(0.97)が僅差で争う中、指揮官の起用法を含めてバスクの両雄の守護神のパフォーマンスに注目だ。 その他ではこれがプリメーラ最後の戦いとなる降格組、アスレティックのカピタンのMFムニアインといった各クラブレジェンドのラストダンスも必見だ。 《ラ・リーガ最終節》 ▽5/24(金) 《28:00》 ジローナ vs グラナダ ▽5/25(土) 《21:00》 オサスナ vs ビジャレアル 《23:15》 レアル・ソシエダ vs アトレティコ・マドリー 《25:30》 アルメリア vs カディス ラージョ vs アスレティック・ビルバオ 《28:00》 レアル・マドリー vs ベティス ▽5/26(日) 《21:00》 ヘタフェ vs マジョルカ 《23:15》 セルタ vs バレンシア ラス・パルマス vs アラベス 《28:00》 セビージャ vs バルセロナ 2024.05.24 19:00 Fri

腐らずのケパにリーガ最終節でラストダンスの場が? アンチェロッティ監督が計画

レアル・マドリーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ(29)にラ・リーガ最終節で出番が巡りうるようだ。スペイン『アス』が報じた。 今シーズン開幕直前にベルギー代表GKティボー・クルトワが重傷を負い、急きょチェルシーからレンタル加入したケパ。当初は先発が続いたものの、ケガもあってウクライナ代表GKアンドリー・ルニンにポジションを奪われ、クルトワが復帰してからは第3GKとなった。 シーズンが終了すればこのままチェルシーへレンタルバックとなるが、控えでも腐らず、練習中も試合中も献身的な姿勢を見せてきたケパに対し、カルロ・アンチェロッティ監督はプレータイムを与える形で報いたい意向とのこと。25日にホームで行われる最終節のレアル・ベティス戦で起用予定だという。 チャンピオンズリーグ(CL)決勝のドルトムント戦が目前に控えるため、先発はクルトワが濃厚だが、何事もなければ後半のどこかでケパが投入される見込み。最後にプレーしてサンティアゴ・ベルナベウに別れを告げ、ウェンブリー・スタジアムでの決戦へと向かう。 2024.05.24 18:54 Fri

マドリーのCL4連覇を絶った伝説的FKから5年…37歳シェーネがNECナイメヘンと契約更新、来季ラストダンスへ

NECナイメヘンの元デンマーク代表MFラッセ・シェーネ(37)。稀代のフリーキッカーはもう1年、ピッチに立つことを決めた。オランダ『Voetbal International』が伝える。 日本代表FW小川航基、そしてMF佐野航大が所属するオランダ1部・エールディビジのNECは17日、キャプテンを担う37歳シェーネとの契約を1年間更新したと発表。 このシェーネ、母国デンマークでプロデビュー後、現在に至るまで約20年間ほとんどの時期をオランダで過ごし、イングランドやスペイン歴もないが、抜群の知名度を誇る存在。なぜなら、当代屈指のフリーキッカーだからだ。 もはや伝説と言ってもよいのが、アヤックスで中軸を担っていた18-19シーズン。 チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16でレアル・マドリーと対峙し、敵地2ndレグ…シェーネは2戦合計4-3で迎えた72分、左サイドの角度のない位置から弾丸FKを叩き込み、結果マドリーを2戦合計5-3で下したアヤックスが8強入り。名手ティボー・クルトワはシェーネの凄まじい一撃に呆気に取られ、マドリーはCL4連覇が絶たれている。 シェーネはオランダ国内のタイトルを総なめしたアヤックスを退団後、イタリアでの1年半とヘーレンフェーンを経て、若手時代に所属したNECへ2度目の加入。気づけばエールディビジで通算「442」試合出場…外国籍選手で歴代最多の数字だ。 元々は今季でキャリアを終える意向だったようだが、NEC幹部の必死の説得により、契約を1年更新。今季に入って途中出場とケガが増えたことも影響し、22年3月を最後にFKからのゴールがないシェーネ…来季は是非とも観たいし、ストライカー小川にはたくさんFKを獲得してもらいたい。 <span class="paragraph-title">【動画】サッカー史に残るシェーネの伝説的FK</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr"> An unforgettable <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> goal by Lasse Schöne!<br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/FreekickFriday?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FreekickFriday</a> | <a href="https://twitter.com/AFCAjax?ref_src=twsrc%5Etfw">@AFCAjax</a> <a href="https://t.co/95qgIg3SRa">https://t.co/95qgIg3SRa</a> <a href="https://t.co/OPflBif7Dj">pic.twitter.com/OPflBif7Dj</a></p>&mdash; UEFA Champions League (@ChampionsLeague) <a href="https://twitter.com/ChampionsLeague/status/1268853579508572167?ref_src=twsrc%5Etfw">June 5, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.23 20:00 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly